« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月 の日記

2010年10月31日

どうでもいい人にとっては、、、

内田アナ

どうでもいい人にとっては、どうでもいい話。
と、これまで書いてきた「ゴルフ」話ですが、意外とどうでもよくないことがわかりました。
どうやら、世の中にはゴルフ好きの方が多いらしいのです。
「この前のコンペはどうだった?」「なかなか、ベスト更新できないみたいだねぇ」などなど、ゴルフに関することを視聴者の方に話しかけられることが多いのです。

このブログを読んでくださっている方、けっこういるんですね。ありがたいです。

ということで、ゴルフの話。
たいして上手くもないのに、、、むしろ下手なのに。ゴルフというスポーツの魅力について考えました。ドライバーでかっ飛ばした時の快感。アイアンショットでクリーンヒットしグリーンに乗せた時の何とも言えない余韻。そして、ラインを読み切ったのか?まぐれなのか?自分の打ったボールを見送りカップに吸い込まれた時の「カコーン」という音を聞く瞬間。すべてが素晴らしい。もちろん、ナイスショット以上に情けないミスショットが多いのが現実ですが、また練習に向かう新たな気力が満ちてくる。

ゴルフを始めて約2年。このスポーツを通して本当にたくさんの人との出会いがありました。練習場に行けば同じ話題で盛り上がれる仲間がいて、用品店に行けばギアについての情報を教えてくれるいつもの店員さんがいる。初めて会った人でもひとつの話題ですぐに打ち解けられる。これって、すごいことだと思います。(実家に帰れば父との話題も専らゴルフ。義兄とその父上もゴルフをするので、、、正月は親子ゴルフ対決が計画されています)

ゴルフが好き。やればやるほど、どうしようもなく好きになっています。

あー。やっぱり、どうでもいい人にとってはどうでもいい感じの内容になってしまいました。申し訳ありません。来週もみなさん頑張りましょう。

【公認 山ちゃん情報】
ちょっと前に韓国旅行に行った山ちゃん。お土産に「パック」と言うんでしょうか?(顔の形に切り抜かれた紙に化粧水らしき物が たっぷり含まれている)。そんな物をもらいました。アナウンサーたるもの。肌には気をつかいましょう。ということなのかなー。

これ、すごいですね。

実は今日のブログ。自宅でこのパックをしながら書いていたんですが、、、たった今 終えました。肌がつるっつる!もっちもち!!これは気持ちいい!!!肌が20歳ぐらい若返ったような気がします。

山ちゃん。スタジオの隣の席で私の肌年齢の衰えを感じたのでしょうか。。ナイスなお土産でした。今日もKYTの番組とブログをご覧くださりありがとうございました。

2010年10月30日

台風一過

中西アナ

こんにちは、中西です。

奄美大島を襲った豪雨のあと、今度は台風14号が接近しました。
直撃は免れましたが、奄美の方々は「こわかった」と、二次災害への
不安があったことを口にされていました。

今のところ台風での大きな被害はないということですが、豪雨による
復旧作業は続いています。
避難生活が続いている方もいらっしゃいますし、後片付けに追われるなどして
疲労もピークに達しているかと思います。
また会社で情報収集していますと、ライフライン回復のために働いている方や
ボランティアなど大勢が、奄美の復旧のために懸命に作業されていることも
わかります。

本社に送られてくる映像には災害の恐ろしさや悲しみ、人の優しさや勇気など
様々な様子が映し出され、胸が痛くなったり、自分には何ができるのだろうと
考える1週間でした。

台風は過ぎましたが、奄美の災害はまだ終わっていません。
復旧までの様子をしっかりと見守り、お伝えしていかなければならないと改めて感じます。


奄美のみなさんに、一日も早く穏やかな日々が訪れますように。

2010年10月29日

台風接近の奄美

前畑アナ

先週の豪雨災害後に台風が接近した奄美大島。
おとといから取材に行ってきました。


現場は想像以上に無残な姿でした。
崩れた土砂から勢いよく流れ出る雨水、
浸水被害で思い出の大切なものまで泥まみれになった住宅、
長い避難生活を余儀なくされているみなさんの疲れた表情。


元の生活に戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。


私たちにできることは何か。
改めて、真剣に考える必要がありそうです。

高校サッカー選手権、いよいよ開幕!

岡本アナ

台風も去り、南国・鹿児島も徐々に秋が深まってきました。


自宅から会社まで自転車にまたがり、
秋の風を体で感じながら会社へ向かうと
「いよいよ高校サッカーの季節だな」と実感しますね。


この高校サッカーを全力で盛り上げるため
KYTでは、10月31日(日)午後4時から
「高校サッカー応援宣言!」を放送します。


また、11月1日(月)から始まる
高校サッカー選手権の速報を
ニュースエブリーの中でお伝えします。


決勝戦は11月7日(日)
今年の解説は、サッカー元日本代表・城彰二さん。
全国大会ではよく解説をしていただいていますが、
県大会で解説をしていただくのは今回が初。
サッカーファンの皆さま、是非ご覧下さい!

2010年10月27日

急に・・・

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。


寒いっ!!
急に冷え込んできましたね。
竹ノ内さんに「寒くなるよ」と言われていたのに
きのうの夜、カットソー1枚で帰ろうとして
「ひょーーー(>_<)!」となりました。
体調管理気をつけなきゃですよ皆さま。

さて、奄美の豪雨災害から丸1週間経ちました。
きょうはこの1週間を振り返るVTRを作りました。


これまで撮影された100本近い?取材テープには、
被災した奄美の人々が映し出されています。
その声や表情からは、さまざまな感情が伝わってきました。

悲しみ、やるせなさ、落胆、痛み・・・そして、
愛情、喜び、勇気、希望。


壊滅的な被害状況ばかりだった映像の中に、
日を追う毎に、ライフラインが復旧していくようすや
協力し合ってあと片づけや作業を行う姿が増えてきました。


しかし、
今回の被害の全容はまだ明らかになっていません。
台風も心配です。。。
今後の情報にご注意くださいね。


きょうも見てくださってありがとうございました!

覚悟。

内田アナ

井口先生は「覚悟」という言葉を頻繁に使います。
広辞苑で意味を調べてみました。
仏教用語では「迷いを去り、道理を悟ること」。
また、「心構え」という意味ものっていました。

いつか火山災害が発生するであろうという覚悟を持っておくことが大切だと先生は話します。
心構えが変われば行動が変わります。
万が一の時に備えて、今できることは何なのか?と考えます。
でも、これは火山災害に限ったことではありませんよね。

豪雨が襲った奄美大島。
帰国後、毎日 このニュースをお伝えしています。
学校が再開され子供達の元気な笑顔が画面に映し出されました。
辛いニュースを伝える中で、ふと笑顔になれる瞬間。
山下キャスターとともに、スタジオで「私たちの方こそ元気をもらった、、、」と会話しました。
復旧作業は進んでいます。
ただ、検証が必要です。同じ被害に遭わないために。
それでも、いつか災害はやってくる。
覚悟を持ち続けるのは、すごく体力がいること、、、
でも、最も大切なことなんだ。井口先生から取材を通して学びました。

できることから、みなさんやりましょう!

ペットボトルの水を買いだめしておく。

缶詰の食料も準備しておく。

些細なことでも、いざという時には大きな違いとして出てくるはずです。

【公認 山ちゃん情報】
以前は、社内で隣の席だった山ちゃん。
今はちょっぴり離れた席。
それまでと比べると極端に会話が減ったような気が、、、
放送直前に、ようやく一日の初会話。
「おつかれさーん」。
ということも、しばしば。

ということで、ネタ不足。
会話がないとネタが生まれません。
いま、ネタが無いことをネタに書いてます。

次回のブログでは、とっておきの情報を載せられるよう頑張ってきます。(悲)

今日もevery.とブログをご覧くださりありがとうございました。

2010年10月26日

インドネシア滞在記。

内田アナ

井口先生とまず向かったのが火山災害軽減センター。
国の防災を担当する機関です。
驚いたことに、ここには井口先生のかつての教え子が多勢います。
日本に留学し、井口先生から観測技術を学んだスタッフがかなりいるんです。
当然、現地のスタッフの井口先生への信頼は絶大なものがあります。
17年という歳月をかけ、井口先生はインドネシアという国に日本の火山観測の機材、技術を根付かせてきました。
世界で最も多くの火山災害による犠牲者を出してきた国、インドネシア。
ひょっとすると火山を知ろうという気概、思いは 日本以上のものがあるかもしれません。
一つでも多くのことを学ぼうとしているのか、井口先生と話す現地スタッフの表情は真剣そのもの。
目は輝いていました。
自然と共存するには、どうすべきか?
火山の災害を防ぐには何が必要なのか?
桜島とともに生きる鹿児島県民が、もっと考えなければならないことです。


【公認 山ちゃん情報】
刻一刻とマラソン大会が近づいています。
最近、練習が疎かになっている私。
試しに、山ちゃんに大会の話を振ってみたところ、、、
「考えたくありません。。。」苦笑い。

あ、この子も練習やってないのね。
ちょっぴり安心。

そうなんです。社会人は忙しいのです。
(ゴルフの練習は別だけどー・・・)

今日もevery. とブログをご覧くださりありがとうございました。
みなさん、明日も頑張りましょー!

2010年10月25日

復帰。

内田アナ

今日からevery.復帰しました。また、よろしくお願いします。

インドネシアの滞在記を書いていきますね。

17日の夜、インドネシア スマトラ島のメダン空港に到着。
そこから、滞在先のブラスタギまで車で移動。所要時間は、なんと2時間!
やはり、海外は距離、時間の感覚が違いますよね。
現地の人にしたら、なんてことのない距離みたいです。
ブラスタギは、標高約1200メートルの街です。寒っ!!!
インドネシアというと赤道に近い国。シャツ1枚の上にウィンドブレーカーを着込んで寝ました。

翌日から京都大学 井口准教授の密着取材が始まったのでした。。。

【公認 山ちゃん情報】
やはり、井口先生。山ちゃんが相当お気に入りなのか、、、
お話をしていると「火山」の次に出てくる話題が「every.」その次に「山ちゃん」。
鹿児島で着実にファンを増やしている相棒。頼もしい限り!

今日もKYTの番組とブログをご覧下さりありがとうございました。

大切なこと

前畑アナ

きょうも奄美大島では懸命の復旧活動が続けられています。
現地からの映像を私たちは本社で見守ります。


きょうから元気に登校を始めた子どもたちは
「学校が泥だらけで驚いた」
「ここは住用町じゃないみたい」と話しました。


奄美のコミュニティラジオでは、懸命に島民を励ますスタッフ。
目には涙が光っていました。


また、現地で被災者の掃除の手伝いをする先輩記者の姿もありました。


はっと気付かされます。


私たちの仕事は全力で情報を収集して、事実を伝えること。
でも、それ以前に、心を大事にできる人間であるかどうか。
被災した方々の気持ちを考えて、同じ立場に立つこと。
大前提であり、何より大切なことです。


大変なときこそ、お互いに励まし合い、大切に思う事が必要ですね。


多くを失った今、奄美全体がまさにそのときなのかもしれません。

2010年10月24日

帰国

内田アナ

帰国して奄美大島の災害状況を知り愕然としました。ライフラインを寸断された、地元の人たち。疲れもピークに達していることと思います。今週のevery.も、きっとこのニュースで持ちきりになるでしょう。一日も早く元通りの生活が送れるようになることを願います。帰国した昨日も、さっそく大雨被害の放送に携わりました。島から送られてくる膨大な映像素材をさばく仕事。大量に送られてくる地元の人たちのインタビュー映像。この人たちの家族、友人が ひょっとしたらテレビを見るかもしれない。元気に頑張っている姿を確認して、少しは安心するかもしれない。そう考えると、番組スタッフが取材した映像がとてもとても貴重なものに感じ、大切に放送しなければ、と思いました。
今日もKYTの番組をご覧くださりありがとうございました。

復旧へ

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。

奄美の豪雨災害から5日目。
日曜のきょうは豪雨からはじめての晴れ間が出て、
本社に送られてくる映像も青空のもと皆さんが協力し合って
片づけや復旧作業をしているものが多くありました。
市町村による安否確認も終了したそうです。

とはいえ、明日も再び雨が降るおそれもあり油断できません。
明日以降も引き続き復興に向かう奄美の現状をお伝えしていきます。


私がテレビの仕事に就きたいと真剣に考えるようになったのは、
5年前、福岡で西方沖地震を体験したときでした。

大学生だった私はアルバイト先で震度6弱の地震にあいました。


壁の一部が崩れ、電話も繋がらない状態に陥り
家族全員ばらばらの場所にいたので安否も分からず
とてもとても不安でした。

何が起こっているのか、今どういう状況なのか・・・


テレビの情報だけが頼りでした。


そのときとは被害状況も全く違いますが、
そんなことを思い出しながら、ニュースを伝えています。


追伸。
今朝会社に着いたら、テーブルに外国チックな
お土産のお菓子が置いてありました。

内田先輩はきのう無事戻って来たようです。
あすから若干インドネシア風になっている・・かもしれない
every.ご期待下さい。


きょうも見て下さってありがとうございました(^0^)/~~

2010年10月22日

奄美の声

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。

奄美大島を襲った豪雨災害からきょうで3日目。

当初、取材クル-もなかなか現場に入れない、
そして電話も繋がらないという状況で、
情報も少なく、一体どんな状況になっているのか…と戸惑いました。


きのうの夕方、放送まで1時間をきったところで、
浸水した学校から出られなくなり生徒とともに夜を過ごした先生と
ようやく連絡が取れ、電話でお話を伺いました。

「ろうそくの明かりだけが頼りで、夜になると泣きだす子たちもいた。
自分たちは徹夜で救援物資を運んだ…」

そんな生の声を聞き、愕然としました。

上級生が不安がる下級生を励ましたり、
不安にならないようゲームをしたりといった場面もあったそうです。
「情報が入らない、このことがとにかく不安だった」  と仰っていました。


地元の消防の方も、
「救助要請を受けてもあちこちで崩落し道路が寸断されていて救助に向かえない。
こんな腹立たしい、もどかしいことはない」  と電話口で悔しさを滲ませていました。

きょうも朝から、現地の取材チームからどんどん映像が送られてきました。
ひっくり返った車、大きくえぐられた山、
大量の土砂で見るも無残な姿と化した家や施設、道路。
そして疲れを滲ませる住民の方々・・・

どうか、これ以上の犠牲が出ないことを、ただ祈るばかりです。
そして、奄美の皆さんに必要な情報を届けられるよう、頑張ります。


きょうも見て下さってありがとうございました。

2010年10月21日

大雨

前畑アナ

大雨の被害できょうも奄美では不安な夜を過ごす人がいます。


電話などの通信手段が寸断され、正確な情報が入りにくくなり、
事実を伝えることが仕事の私たちにも不安と焦りが募ります。


私たちでもこうですから、
取り残されて孤立状態になっている方々を思うと言葉になりません。


7月には南大隅で土砂災害が起こり、甚大な被害が出ました。

災害は突然やってきます。

予想を上回る被害が出ることがあります。

私も含め、多くの人がまさか自分が被災者になるなんて想像していません。

私たちは災害から必ず何かを学び、生かさなければなりません。


まずは、これ以上の被害が出ないように。

1日でも早く奄美に平穏な日々が帰ってくるようにただただ祈るばかりです。

☆・・・ナンダこりゃ!!・・・☆ 

岡本安代アナ

最近、ピンクを意識して身につけるようにしている33歳、ヤスヨオカモトです♪

え?なぜかって?

若々しさを保っている女性は、ピンク好きが多いんですって(^-^)

脳にいい刺激を与えるらしい・・・

我はガマガエルか?というほど、カーキ色をよく着用している我も、


最近は子供たちを送り出した後、パステルピンクのチークをさし、


ビートルズを聞きながら、コーヒーをいただくのでございます。。

こんなピンク、松田聖子さんしか似合うまい…」

そんな思いを抱きながら、ビートルズに合わせて、天使のウィンクを歌ってみるのです。

そして私もウィンク(^_-)!

っはぁぁぁ。。。。

苦しい。。。

ウィンクした自分が、、、


恥ずかしい。。。



正直なところ、ウィンクできない私。

単に、鏡に向かって

思いっきり、まばたきしただけ、、、


はたから見ると、


単なるドライアイか眼精疲労・・・。


ヤスヨ、ドンマイ♪

もう一人の自分の声がする・・・。


そんな日は、カレーを食べて、元気を出すのでございます。


その昔、サンロイヤルホテルの前川総料理長


に学んだカレーのレシピで本格カレー作りに勤しむ週末の昼下がり。。。


子供たちが喜ぶ顔が目に浮かび、嬉しくなる母ヤスヨ。


昨日はナンを添えてみた我が家の食卓。。


ミレー(3)「ママ!これ何?」


ヤスヨ(33)「ナンだよ!」


ミレー「え?何て??」


ヤスヨ「だから、ナ・ン!」


ミレー「え?何?何て?」


ヤスヨ「だから!ナンだって!」


ミレー「『なんだ』って何??」


ミレーよ。。。。


我々の会話は、きっと、たぶん、


相当耳の遠いお年寄りのようだよ・・・


将棋盤で卓球するような、テニスコートでバタ足の練習するような、

もどかしい気持ちに襲われるのであります。

ミレーよ。。。


ナンはナンなんだ。。。。


ナンは何?じゃない。。。。


ナンは何かと聞かれれば、ナンだよと母は答える。。。

それ以外ないであろう・・・



『ナンなんだ 何がナンだか わからない
 ただなんとなく ナンを食らふ 我が娘』

(母うまくナンを説明できず、結局ミレーはナンを何なのかわからぬまま何となく夕食を食べていたぞ、許してねの謝罪の句)


ミレー、今度はナンを食べに行こうね♪


世の子育て中の育ガール育メン様。

子育て中はいろいろ事件の連続です(^_-)


日々、お疲れさまでございます!


いろいろ大変ですが、

かわいく、楽しく、幸せでもありますよね♪


お互いがんばりましょう♪


きょうも最後までおつき合い頂きありがとうございました!




2010年10月20日

勝たんといかんばい!

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。


「勝たんといかんばい!」

私の地元、福岡の街のいたるところに掲げられていたこの言葉。

リーグ1位だったソフトバンクホークスは
またしてもクライマックスシリーズで勝ち抜くことが出来ませんでした。。(泣

が、優勝した千葉ロッテマリーンズといえば鹿児島キャンプ!
1年前、西村監督にはスタジオで生放送に出て頂きました。
優勝、おめでとうございます!!


さて、きょうのevery.は、「勝たんといかんばい!」を実行した
「ビッグ」なお迎えします。

先週、相撲の世界ジュニア選手権(団体戦)で見事優勝した
鹿児島商業高校の坂元 元規くんです。
なんでも、身長180センチ以上、体重160キロ。楽しみです。


追伸。
お約束通り、うっちー情報です。

every.の中で全国のカルチャー&スポーツを紹介するコーナーがあります。
たまに、難しーい真剣な顔でVTRを見ている先輩。
次の段取りとか考えているのかな…?話しかけない方が…?
と様子をうかがっていると、

「やっぱり石川遼くんは★$%&…ドライバーが#@&◆…」

ゴルフかーいっ☆

先輩のゴルフ話を聞いていると
趣味っていうよりもはや部活・・・?と思うきょうこの頃です。


きょうも見て下さってありがとうございました(^0^)/~~

2010年10月19日

やってくれました!

前畑アナ

先週、every.の特集でご紹介した
鹿児島商業高校相撲部の坂元 元規くん。


16日にポーランドで開かれた国際大会に
日本代表として出場しました。


結果は・・・
なんと、優勝!
高校相撲の世界一に輝いたのです!!


うまくいくときも思い通りにいかないときも
いつも相撲と真っ直ぐ向き合いひたむきに走り続けました。
口で言うほど簡単ではない、本当にすごい精神力です。


取材時、坂元くんの下宿先の部屋に書いてあった
『念じれば花開く』という言葉が思い出されます。


大輪の花が咲いて本当によかった。
おめでとうございます☆


そして、坂元くんはあす鹿児島に帰ってきますが、
その足でevery.に生出演です☆


喜びの声、彼の人柄、ぜひご覧ください♪


磯の王者イシダイに魅せられて⑤

蛭川アナ

私は高校・大学時代テニス漬けの毎日を送った。
その間釣りの事は忘れていた。


時は流れ、1994年4月。
私はKYT鹿児島読売テレビに一期生として入社した。
最初に配属されたのは東京支社営業部。

そこで「人生の師匠」と出会うことになる。

当時、KKT熊本県民テレビ東京支社営業部に勤務していたO先輩だ。

O先輩は私が少年時代ルアー釣りにのめり込んだことを知ると
「こんな釣りもあるぞ!」とあらたな釣りを教えてくれた。

「フライフィッシング」だった。


fly1.JPG
       (これは福島県の川で初めて釣ったイワナ)


フライとは鳥の羽根などで魚の餌となる水生昆虫を模して作る洋風毛針のこと。
ブラッド・ピット主演の映画「リバーランズ・スルー・イット」に出てくる釣り、
と言えばご存知の方もいるかも知れない。

はやる気持ちを抑え道具一式をボーナス払いで買い揃えた。

O先輩にはじめて連れていってもらったのは神奈川県の芦ノ湖だった。
ウェーダーと呼ばれるウエットスーツをはいて水の中へ。

腰のあたりまで水に浸かり、教えてもらった通り竿を振ってみる。
だが、糸はなかなか出ていかない。
fly3.JPG
       (ただひたすら魚と向き合う筆者 しかし・・・)

フライフィッシングに「重り」はない。

頭の上で竿を前後に振り、遠心力を使ってライン(糸)を少しずつ出しながら
狙ったポイントにフライ(毛針)を落とす釣りだ。

フライフィッシングへのデビューは投げ方の練習で終わった。

次回の釣行に備え、私は空き地でフライを投げる練習に没頭した。
リーダー(細い糸)の先端にフライ(毛針)のかわりに毛糸を結んで何度も投げた。

遠くに空き缶を置き、中にフライが落ちるよう何度も竿を振った。
そう何度も何度も・・・。地味な練習だがこれが大事だと教えられた。

私のキャスティングがなんとかさまになってきたと判断した先輩は
私を再び神奈川県の芦ノ湖に誘ってくれた。

ここで私は人生最大の獲物と出会うことになる。

                             つづく

2010年10月18日

今週は!

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。


きょうから1週間内田キャスターがevery.お休みです。

普段と違う環境にどきどき…
していた昨夜でしたが、きょうはいつも通り直前までバタバタで
あっというまに放送が終わっていました(^^;


代打の岡本キャスターは私なんかより
超ベテランなので心配することは何にもありません。
どんなときも涼しい顔でなおかつ高速で仕事をこなす先輩です。

いつもと違う1週間、岡本キャスターから色んなことを学びたいと思います!

追伸。
うっちーファンの皆さまが寂しくないように、
今週は内田先輩情報を更新してみます。


先輩は人を巻き込むのが上手です。
人望が厚く、行動力があるってことです。

放送前の雑談(!?)から生まれた「ランニング部」。
いつのまにか来月の10キロマラソンに参加する人も増え、
社内はちょっとしたランニングブームです。

そして肝心の先輩は
「おれ高校生のとき速かったんだよー マラソン得意だよー」と
自分を追い込んでいます。
インドネシアでも練習してるのかなぁー。

きょうも見て下さってありがとうございました(^^)/~~

2010年10月17日

ライブ♪

前畑アナ

先日、近藤アナウンサーとライブハウスに行きました♪


いつも思います。
生の音楽って良いなぁと。


音楽があれば初めて会った人たちと1つになれて、
みんなで盛り上がり、楽しい会話だって生まれます。
音楽、最高!!!!


今、その日のことを思い出しながらブログを書いています。


歌、とってもうまかったなぁ。


酔いしれたなぁ。音楽と・・・お酒に。


おいしかったなぁ。・・・お刺身。


あれ?


音楽とともによみがえってくるのは、、、


会場で飲んだおいしいビールと
そのあと近藤アナと食べた絶品お刺身の味。


昔から「食べ物」に関する記憶だけは一流です☆


秋の夜長、好きな音楽と好きな食べ物、いかがですか?


福岡へ移動

内田アナ

本日、京都大学の井口准教授と福岡まで移動してきました。
宿泊先のホテルでブログ更新です。
道中、防災についての井口先生の考えを聞かせて頂きました。
また、なぜ火山の研究にそこまで没頭するのか、、、
その思いも聞くことができました。
後日の放送でたっぷり紹介します!

アナウンサーになって10年目。
これまで、様々な物事に熱中するたくさんの人と出会ってきました。
そして、多くの刺激を受けてきました。

「アナウンサーという仕事の魅力は何ですか?」

たまに学生の方に質問されることがあります。
まさに、その答えがここにあるような気がします。

17日、朝の便で井口先生と信頼するカメラマンとともにインドネシアに発ちます。

インドネシアで、どんな人たちとの出会いがあるのか?
どんな刺激を受けることができるのか?
本当に楽しみです。

【公認 山ちゃん情報】
京都大学、井口准教授。
このブログをチェックしてくれていることが発覚。
当然、この山ちゃん情報も。
先生の中で、山ちゃんに対する関心も高まっているようです(笑)

今日は、山ちゃんと会っていないため、、、
新情報がありません。。。(悲)
申し訳ありません。

私が一週間いない間も、every.の山ちゃんにご注目!

今日もブログを読んでくださり、ありがとうございました。
では、今度こそ本当に。

いってきます!!!

2010年10月15日

コカコーラカップフットサルフェスタ2010

岡本アナ

コカコーラカップフットサルフェスタ2010が
今年も鹿児島市の鴨池ドームで開かれました。


ゲストは、サッカーの元日本代表前園真聖さん
私と同い年なんですが、とても貫禄がありますよね(*^_^*)


同世代でサッカーをしていた人なら、
前園さんの活躍ぶりは今でも目に焼き付いているはずです。
うちのADでも前園真聖さんに憧れてサッカーを始めたという子がいて、
ちょっと緊張気味に握手していました。


大会の後、一緒にとってもらった写真です。
zonoboku.jpg

フットサルフェスタ2010は、
10月30日午前10時放送です。
是非、ご覧下さい!

はじめまして☆

中西アナ

今年4月にKYTに入社しました、中西沙綾です。
あっという間に半年が過ぎました。
地元でお仕事をさせていただけることに感謝しながらこれからも頑張りますので、どうぞよろしくお願います☆

さて、今回は私が密着取材している子どもたちをご紹介♪
全校児童8人(1年生4人、6年生4人)の霧島市立持松小学校の子どもたちで、11月4日の学習発表会で『オペレッタ』に挑戦するんです!
内容は、持松地区に古くから伝わる民話を題材にしたもので、歌も台詞も猛特訓中なんですが…
ハプニングの連続で、取材中は笑いっぱなし☆
無邪気で可愛らしい子どもたちに、たくさんの元気をもらっています(*^_^*)

ネタばれになってしまうので詳しいことはお伝えできませんが…
一生懸命な子どもたちの姿をぜひ見に来てあげてください!!


日程:11月4日(木)の午後2時~
場所:霧島市立持松小学校体育館(どなたでも入場可)


※練習&本番の様子は後日、KYTのevery.で放送予定です!こちらもお楽しみに~♪

高いよ。。

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。


野菜の価格が高騰しています。
夏の猛暑の影響だとか。。。


朝晩冷え込むようになってきたこの季節。
私のだーーい好きな「豚汁」も・・・


IMG_0367.jpg


いつもより具が少ないぃ・・(泣)
「豚肉あるから豚汁にしよー♪」と冷蔵庫を開けたら、
野菜が少なかったのです。。


冬と言えば鍋。お野菜の美味しい季節です。
なんとか価格が下がってくれることを期待します。


追伸。
内田キャスターが来週はお休みです。
うっちーファンのみなさまごめんなさい。
留守は報道チームみんなで守ります。

来週もevery.をよろしくお願いします!

それではよい週末を(^^)/~~

いってきます!

内田アナ

明日から私がインドネシアに行く理由。

桜島!!!!
kyounosakurajima.JPG
実は私が以前から追いかけている人物。
京都大学防災研究所の井口正人准教授。30年間桜島を見続けている研究者です。
その井口さんが17年前から観測をしているのがインドネシアの火山です。

「桜島の今後を予測する際に1つでも多くの火山を見ておく必要がある」。

井口さんの言葉です。
今回は2か月前に400年ぶりに活動を再開したスマトラ島のシナブン火山を観測します。
その同行取材です。
もちろん、その様子は後日 エブリィで放送します。
来月第2週目ぐらいになる予定です。
来週1週間は山ちゃんは先輩の岡本キャスターとともにお伝えします。
私が次に画面でみなさんとお会いするのは、、、25日(月)です。

【公認 山ちゃん情報】
今日の山ちゃんはいつもと髪型が違いました。
髪を後ろに束ねている感じでした。
スタジオに入る前(原稿を下読みしている時!)。
「おっ!いつもと髪型が違うねぇ~」と声をかけたら、、、

そっけない感じで、、、「はい。そうです」。

あまりにも、つれない感じだったので、、、

「いいと思うよ。その髪型。。。」(本当にさわやかだったので)
と、さらにたたみ掛けたら、、、

「ありがとうございます」、、、、と、とてもとても丁寧な口調で返事。
(普段はこんな感じじゃないのにー ホワイ!!なぜ!!!)

どうやら、下読みに集中していた時にちょっかいを出してしまったようです(悲)。

このままでは引き下がれないので、、、
「あまり、髪型のこととか色々言ったら、、、セクハラとか言われるんだろうねぇ」。
と、さらにさらに、たたみ掛けたら、、、笑顔で笑ってました。

スタジオに入る前は、そんな他愛もない会話をしています。

今日もevery.とブログをご覧下さりありがとうございました。
では、インドネシア行って参ります!!

みなさんお元気で!私も元気に頑張ってきます。
(どうも、社内では、、、まるで私がバカンスに行くかのような雰囲気があります。仕事仕事!!)

磯の王者イシダイに魅せられて④

蛭川アナ

小学生の頃、夢中になって呼んだ漫画がある。

「釣りキチ三平」である。

いわずと知れた矢口高雄さん原作の少年漫画。

大きな麦わら帽子がトレードマークで釣りが大好きな少年の物語だ。

田舎に住む少年が「四万十川の幻のアカメ」など日本中の魚はもちろん、
海外のブルーマリーン(カジキ)などの大会にも果敢に挑戦する。

アニメ放送が始まると人気が爆発。
日本中の子どもたちが釣りに夢中になった。

私は当時、MBCラジオの「アニメでGO!GO!」の大ファンで
釣りキチ三平のオープニング主題歌「若き旅人」をハガキでリクエストして
実際に流していただいたこともあった。
(この場を借りて御礼申し上げます)

そう、私が両親から初めて買ってもらった釣り竿は
この「釣りキチ三平」モデルの竿だった。

近くの川でフナやウグイを釣るにはちょうどいい柔らかさだった。

中学生になると鹿屋の自宅から自転車で30分ほどの場所に養魚場が経営する
ニジマスの釣り堀がオープンした。

私は兄とそこで初めてのルアー釣りに挑戦した。

金属片がクルクル回って魚を虜にする「スピナー」
スプーンのような形をしたその名の通り「スプーン」

湧き水で清らかな池。

何度投げても腹ペコ?のニジマスが大群で追いかけてくる。

「兄ちゃん!また釣れたよ!!」

時間を忘れて兄と釣りまくった。クーラーは満杯になっていた。
帰ろうとすると釣り堀の管理者の説明を聞いて青ざめた。

「100グラム●●●円になります」

料金は忘れたが、その釣り堀は釣った魚を100グラム単位で
客が買い取るシステムだったのだ。

「兄ちゃんいけんすいや?(どうしよう)」
「父ちゃん母ちゃんに電話すいが!」

両親に迎えにきてもらった。

ふたが閉まらないほどクーラー一杯のニジマス・・・。

「一体いくらになるのだろう」

おそるおそる会計をしている母を見ると、
財布の中から何枚もお札が出て行くのが見えた。

「ヤバイ、怒られる・・・。」

ところが両親の反応は全く逆だった。

「よくこんなに釣ることができたね!」
「2人は将来釣り名人にならせんどかい?(なるかもね)」

自宅に帰ると両親はうれしそうに私達が釣った魚を近所の人たちに配っていた。

「雄二たちが釣ったの。食べきれんから食べて」と。

夕飯はニジマスの塩焼き。ほくほくした白い身にポン酢をかけて食べた。
少年時代の思い出の味だ。

この頃から本格的に釣りが好きになった。と同時に、
“ほめて伸ばす教育法”を取ってくれた両親にいま感謝している。

                         つづく

☆・・・わぉ!・・・☆

岡本安代アナ

こんにちは♪
最近、スーパーサイクリングニストの
ヤスヨオカモトです♪


どこにいくにも、「前後に子供乗せられるぜ②号」にまたがり、

颯爽と駆け抜ける33歳☆

(ちなみに①号は主人の愛車で「後ろに子供乗せられるぜ①号」デス)

心地よい秋風を受けて走るその姿に、

私の中の青春偏差値は軽く70を越え、

ショーウィンドウの前を駆け抜けるたびに、


私だけの秘密の劇場が幕開けるのでございます・・・


「あれ?原田知代って今、鹿児島に来てるのかしら?・・・・

っって思ったら、、、やだぁぁ!!私だったぁぁ(~o~)


あまりに爽やかだから、自分でもまちがっちゃうじゃなーい(^_^)v」的な、


原田知世さんに甚だ無礼千万な勘違いを、前後に子供を乗せながら、


繰り広げているヤスヨオカモトなのでございます^^;

さて、先の日曜日は幼稚園の運動会が行われました!


お天気にも恵まれ、絶好のフェスティバル日和☆


子供達も正々堂々と一生懸命がんばってくれました!


なんといっても、醍醐味はかけっこする我が子の姿♪

練習では、いつも1等賞だったらしく、
「ママ!しっかり見ていてね♪1番になるから!」と早くも1位宣言♪


張り切るこどもたちの姿が、嬉しく頼もしく感じる母心。


いざ、運動会当日。

いつの時代もスポーツの勝敗は不確かなもの。

スタートラインに並ぶ、5歳の次女。

満ちゆく緊張の中にも、自信があふれ、生き生きとした表情で、ゴールをめざし、駆け出す我が子。

スタートダッシュ、1位に躍り出る我が子。

思わず、声を上げ、エールを送る母。

笑顔で眺める兄弟達。

スタートからどれほどたったのでしょう…

我が子、転倒。。。。


5歳になる我が子の姿が突然、

視界から消えたのであります。。。。

地に手を突いた我が子は、


後続ランナーに踏まれ、蹴られ、2回転。。

先生方が駆け寄り、抱き上げる、、、

我が子の号泣する姿に、前の晩、私がお弁当の準備をする傍らで、「絶対1位になるからね」と、満面の笑みで話していた姿が蘇る。

娘のゴールシーンをカメラにおさめようと、ゴールテープ横にスタンバイしていたの前を
後続ランナーが次々とゴール・・・


我が子、頑張れ!切なる家族の想い。。


気がつけば、大きな運動会会場で、ただ一人先生に抱かれ号泣する娘のもとに、駆け寄る母ヤスヨ。


「大丈夫、ケガはない。最後まで走ろう!」


私は娘を抱き、無我夢中でトラックを駆けたのでございます。。。


娘のために、再びはられたゴールテープ。


スタートから、だいぶ遅れてたどり着いたゴールでした。。。


ミレー、よくがんばった(^-^)

次男のセーヤは危なげなく1位でゴール(^_^)v


「セーヤね、ぶっちぎり☆いっちばーーん☆ミレーねーちゃんは?」


っておいおいおいおい。。。。。


見ていただろう?君も。


号泣する姉ちゃんの頭をヨシヨシしていたじゃないか。。。


傷口にタバスコかけるようなマネはしないでおくれ。。。


ちなみに、この前、試写会の司会のお仕事でお出かけするため、スーツに着替えた母ヤスヨを見たときも、すぐさま駆け寄り、、、

セーヤ(3)「ママ、、誰と戦うの?」


ヤスヨ(33)「特に、戦いには行かないよ。。。」


セーヤ(3)「え?カッパ?」


息子よ、、、戦いには行かぬと言っているであろう、、、、


しかも、なにゆえカッパか?


どんなコミュニケーション能力か。。。


先日、私がケガを指をケガした時も・・・

セーヤ(3)「ママ、大丈夫?」


ヤスヨ(33)「大丈夫よ♪ちょっと血が出ただけ・・・」


セーヤ(3)「え?ザリガニ?」

セーヤ、ザリガニと何があった?


犬でもなく、カメでもなく、なぜザリガニなのかい?


なんの脈絡もないであろう。。。

親になって、こどもたちにはいろんな想いを経験させてもらいますね。。。ホント・・・


ありがたいことですね。。。

こんなにザリガニに興味を持つのも33年生きてきて初めてですし。


『伊勢エビを 生まれて初めて 食べたから
    勘違いかもと パパは言う」

(先日伊勢エビをいただいて、初めて口にしたセーヤ、きっとそれをザリガニだと思いこみ、最近連発しているのではないかと主人が推理していたので、なるほどねぇぇの句)


今回も長々とおつきあい頂き、ありがとうございました!

応援メールも、お葉書も、とっても嬉しいです!

ありがとうございます!


よい週末をお過ごしくださいませ♪

2010年10月14日

磯の王者「イシダイ」に魅せられて③

蛭川アナ

イシダイとの衝撃的な出会い。
これが私の“釣り人生”を大きく変えることになった。


そもそも私が釣りを始めたのは小学校低学年の頃だ。
もう30年も前の話だ。
鹿屋市に住む祖母がよく川に連れていってくれたのだ。

私達が遊びに行くと祖母は笑顔で迎えてくれた。
手作りの竹竿が家の壁に3本立てかけてある。
兄と私と妹の分だとすぐに分かった。

台所の外の湿った地面をスコップで掘ると餌となる小さなミミズがたくさん獲れた。

祖母の家から5分も歩くと川(肝属川)に着く。

上流に焼酎工場があり、時期によっては原料のサツマイモを処理したカスが流されて
多少臭うこともあったが、私達にとっては最高の遊び場だった。

キラキラ光る川面と優しく見守ってくれた祖母の笑顔がいまも脳裏に焼き付いている。

その横で「ちょん」と竿を出すと小さなウキはすぐに流れの中に消えていく。


「ばあちゃん!なんかきたよ!!」


「あげっみやい!」


小さな小さな針には10センチほどのウグイがかかっていた。
普段、メダカを網ですくって遊んでいた私達にとってそれは“大物”だった。
その後もフナやウグイが面白いように釣れた。


「雄ちゃんは上手だね」


祖母が褒めてくれるたびに「ばあちゃんにもっと大きな魚を釣って見せよう」と
日が暮れるまで糸を垂らしていたものだ。

私の“釣り好き”はこのころから始まったのかも知れない。


大好きだった祖母はいまも天国から私を見守ってくれているに違いない。


「今度、雄ちゃんはどんな魚を釣るのかな?」と。
                            
                              つづく

2010年10月13日

救出

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。


チリの鉱山落盤事故から2か月。
クリスマスまでかかるかも…と言われていた救出活動が
当初の予定より随分早く始まりました。


きょうは1日会社で阿久根のリコール本請求の原稿を作成していたのですが
救出が伝えられるたびに思わずテレビを観てしまいました。


地下に閉じ込められていた作業員の33人皆さんが、
「救出は自分が最後でいい」と仰っていたとの話もありました。
閉所恐怖症の私は、想像しただけでおかしくなりそうな世界ですが、
団結力、周りを思いやる優しさ。。 感動しました。
無事救出作業が終わることをお祈りしています。

きょうも見て下さってありがとうございました!

東南アジア

内田アナ

学生の時に東南アジアを1か月半ほど1人で旅したことがあります。
カンボジアから入ってアンコールワットをめぐった後、ラオスへ。
カンボジアのプノンペンに戻ってから川を下って、、、タイに入国。
バスで国内をめぐり、北部の都市。チェンマイへ。
そこから、さらにバスに乗って 首長族の村に宿泊し交流するツアーに参加しました。
その後、マレー鉄道に乗ってマレーシア、シンガポールへ南下。

今、思えば本当に自由気ままな旅でした。
そして、たくさんの人との出会いがありました。
社会人になると旅行に行くこともあまりできませんよねぇ。
学生のみなさん時間のある今のうちに旅行を!!

突然ですが、今週末からインドネシアに行くことになりました。
久しぶりの東南アジア。バカンスではありません。仕事です。
何を取材するのか。。。次回のブログで報告します。

チリの鉱山での落盤事故。救出作業が続いています。
家族と再会する姿、世界が注目していたでしょうね。
家族にとっては素晴らしい1日となりました。おめでとうございます!!!

【公認 山ちゃん情報】
先日の体育の日。前畑アナが体力測定に挑戦しました。
結果は、、、体力年齢なんと40歳代。
なんでやねん!!入社2年目の前畑アナがですよ!!驚愕。

そして、そのVTRを見て感想を述べるスタジオ部分。
隣にいた山ちゃんが前畑アナにアドバイス。
「VTRに出ていたロッククライミングの体験。足腰が鍛えられますからね
 前畑さんにはオススメです」。

ランニングして途中でリタイアする山ちゃん。
隣の席で「よく言うよなぁ。。。」なんて思ったのでした。ちゃんちゃん。

今日もevery.とブログをご覧下さりありがとうございました。

磯の王者「イシダイ」に魅せられて②

蛭川アナ

男性の竿に反応があった。
モゾモゾと何かが餌のウニをかじっている。


竿先が細かく揺れる。


その瞬間、海面に向けて竿先が「ズドーン」としなった。


「あんなに太い竿がこんなにしなるの?」


恐怖さえ感じた。

男性が竿を上げて会心の合わせを叩き込む!!


「イシダイですよ」


体を持っていかれそうなくらい強烈な引き。

ベテランにもなるとその引きの感触で本命と分かるらしい。
十二分にやり取りを楽しんだあと、海面に奴が姿を現した。


「うぉ!イシダイだ!!」


男性は一気にぶり上げた。

奴はしぶきをあげながら“バチッバチッ”と跳ねまわった。

図鑑などでしか見たことのない幻の魚・・・。
銀色のボディに鮮やかな7本の縞。
ヒレは千枚通しのように太く尖っている。
エラも切れ味のいい刃物のよう。
あごは彫刻刀を上下に2本重ねたように鋭い。
この強靭な歯でウニの殻を砕いて食べるのか・・・。
それにしてもその精悍な顔立ちに私はしばし時を忘れて見とれていた。


「これが荒磯の王者 イシダイ・・・ですか?」


「そうだよ!刺身もうまいよ!!皮も湯引きすると最高だよ!」


「俺も釣ってみたい」


心からそう思った。一目惚れだった。

つづく


体が・・・

前畑アナ

きょうも筋肉痛から解放されません(>_<)


先日の体育の日、取材で体力測定をしました。
高校の体育の授業以来です。
あんなに激しく運動したのは・・・。


その日の夕方にはすでに体が痛い・・・。
そしてきょうも未だに痛いのです。


ちなみに、私 前畑静香23歳。
体力年齢はずばり!40~44歳だそうです。
我ながら慰めの言葉も見つかりません。


体力作りのために走ろうかな・・・


”筋肉痛が治まったら”運動します!笑

2010年10月12日

磯の王者「イシダイ」に魅せられて①

蛭川アナ

精悍な面構え、7本の縞模様、群を抜く強烈な引き・・・

荒磯の王者・イシダイ!!
釣ることの難しさから「幻の魚」とも呼ばれている。

ishidai1.jpg

この1年間、私は「イシダイ」釣りに夢中になっている。
これはイシダイに魅せられた私の1年間の記録だ。

去年秋、私は鹿児島市の鴨池海づり公園を訪れた。
お目当てはアラカブ。

型の良いアラカブは煮つけに最高だ。
「4~5匹釣れれば良いか・・・」などと考えながら
いつもの場所に糸を垂らした。

潮風に吹かれ、雄大な桜島を眺めながらの釣りは
日常のストレスから心身ともに解放してくれる。
さわやかな朝日もまぶしい夕陽も心地いい。

ここは水深が20メートルから25メートル前後もあり、
様々な種類の魚が釣れることから週末は多くの家族連れで賑わっている。

エビを餌に簡単な仕掛けを垂らすだけで上層ではクロ(メジナ)、
中層では小アジやマダイ、底まで沈めるとアラカブなどが釣れる。
ときには釣れた小アジに青物(カンパチやハマチなど)やヒラメも
食いついてくるからたまらない。

この日は潮が良かったのか、アラカブが入れ食い状態だった。
私も夕食には十分な数を手に入れることが出来た。
arakabu.jpg

帰り支度を終え、長い釣り台を出口に向かって歩いていると
見たこともないような大掛かりなタックル(仕掛け)で釣りをしている
常連の男性が目にとまった。

これが私の人生を大きく変えることになる運命の出会いとなる。

太い竿と大きな両軸リール、絶対に切れそうにない太い糸・・・。
竿はこれまた見たこともない金属製の金具で頑丈に床と固定されている。
(のちにその金具は「ピトン」と呼ばれる竿受けの部品であることを知った)

「この常連さんはいったい何を釣ろうとしているんだ・・・。」

見当もつかなかった。
しばらく眺めていると、男性がリールを巻いて仕掛けを引き上げた。
糸の先にはなんとワイヤ。その先には大きな針がついていた。

男性はバケツから黒い物体を取り出した。なにやら無数のトゲトゲが付いている。
よくみると「ウニ」だった。

男性はそのトゲトゲ(ケン)をハサミで切り始めた。

全体のトゲを切るとまるで黒いたわしのようだ。

その中心に金属の棒で穴をあけ、針を装着して海の中に放り投げた。
底まで落としてアタリを待つ。

5分たっても10分たっても何の変化もない。
記者の性か、気になって仕様がない。聞かずにいられなかった。

「何を釣っていらっしゃるんですか?」
「イシダイですよ」
「イシダイ?イシダイって磯の王者と言われるあのイシダイですか?」
「そうだよ」
「こんなところでも釣れるんですか?」
「たまにね」

そんな会話を交わした後、私は遠巻きに男性の竿がしなるのを待っていた。

「イシダイがかかったらどれくらい引くんだろう・・・?」

このとき私はまだ、イシダイのど迫力を知る由もなかった。

                             つづく

いまだ、成長した姿見せられず、、、

内田アナ

社内のコンペがありました。
先週の土曜。朝から雨、雨、雨。
参加者全員、ずぶ濡れになりながら、クラブを振り続けました。
ハーフをまわって15番ホールに来た辺りでようやく雨は小康状態。
結果は100を切れず、、、
日々の練習の成果を見せることはできませんでした。
しかし、ドラコンホールで会心の一撃を放ち、まさかのドラコン獲得!
なんとか、一矢報い 心の平静を保ったのでした。
なかなか、うまくいかないからこそ!
また、燃えるんでしょうねぇ。
でも、そろそろ大きな結果を残したいものです。
今年初めに掲げた目標。「90台の安定」。
難しそうです。

【公認 山ちゃん情報】
「週末、走りましたよ!」
得意げに話してきた山ちゃん。
でも、よくよく聞いてみたら、、、
Uターン地点で疲れ果てて、帰りは歩いて帰ってきたとのこと。
山ちゃん。思うんだけど、、、
マラソンを走り切るためにはペース配分が大事だと思います。
今日もevery.とブログをご覧下さりありがとうございました。

2010年10月11日

携帯

前畑アナ

最近、携帯の調子が悪いのです。


充電フルにして、数秒電話して、次の瞬間もう残量20%とか。
電話かかってきてとったら電源が切れるとか。


まだ買ってから1年弱なんですけどねぇ(>_<)


あるときは洗濯機で回され(良い子はマネしてはいけません)
またあるときは5mぐらい投げ飛ばされても
いつも元気でいてくれた携帯ちゃんよ。


乱暴に扱ってごめんなさいい(;O;)
決して故意ではないのです。


モノは大切に扱いましょう。


修理に出して、末長くこの携帯とお付き合いする予定です♪

響炎

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。


きのうに続き、きょうもいいお天気に恵まれましたね!
日なたで取材していたら暑いくらいでした。


きょうから1週間がんばるぞ!!と会社に着いたら

はて、会社の正面玄関が閉まっておる…(@0@)

ここでやっときょうが祝日だということを悟りました。
というわけできょうは仕事ですが会社もちょっとだけ祝日な雰囲気でした。


きのうのお休みは、
日置市吹上町であった「山神の響炎」に行ってきました(^0^)♪
1万本以上もの手作りの松明が田園が広がる一帯にずらーーーっと並べられ、
灯が灯されるんです。

img1.jpg

img.jpg

img3.jpg

むー。写真ではこの美しさは伝わらない(>_<)
ホント感動的な光景だったんですよ。


ステージでは炎や美しいライティングのなか
勇壮な太鼓が披露され、、、幻想的な世界でした。
吹上青松太鼓の会長をはじめ皆さん本当に温かくて気さくな方ばかり。
素敵な時間をありがとうございました。


きょうも観て下さってありがとうございました♪♪

2010年10月09日

前畑アナ

世の中には自分に似た人が3人?いるとかいないとか。


最近よく 違う人と間違われます。


きょう取材に伺ったコカコーラ杯フットサルフェスティバルでは・・・
「いつも見てます!every.!!」。


話をよ~く聞くと、山下アナと勘違いしているよう。


先日の話。知り合いからは・・・
「きのうお昼にニュース読んでたね!」。
いえ、それは私ではなく、中西アナです。


毎日のように会社で顔を合わせていると似てくるのでしょうか?
長年連れ添った夫婦のように。


もしよかったら顔覚えてくださいね♪


ポイントは、、、申し訳なさそうについている鼻ですよ!!

2010年10月08日

ついに、、、来た(汗)

内田アナ

手元にあるのは、いぶすき菜の花マラソンの参加申込書。
誰が置いてくれたのか(汗)、、、気をきかせてくれたんですねぇ。
なんか、改めて申込書を読むと、、、なんだか手から汗が出てきました。
nanohanapanf.JPG
「健康管理には各自が注意し、自己の責任において参加して下さい」。
↑書かれていた注意書き。

いかんせん、初めての参加なもんで。こういったフレーズにも敏感に反応してしまいます。
フルマラソンに出場するんだ!という緊張感でいっぱいです。
大丈夫か、、、最近、走ってない、、、体力はもつか、、、

でも、敢えて出場するにあたっての目標をたてます。

「歩かないで完走」。←無謀でしょうか?フルマラソンを舐めています?

昔から自分には甘い方なので、、(汗)
こうやって公言することで、自分を練習から逃げられない状況に追いこもうとしています。

今日もevery.とブログをご覧下さりありがとうございました。

【山ちゃん情報】
どうやら、山ちゃんも練習がほとんどできていない状況のようです。
菜の花の前哨戦、薩摩川内市のマラソン大会まで1か月あまり。
2人で危機感を募らせています。

悪人

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。


読書の秋。
先輩にきのう面白そうな本を借りたので、
週末は美味しいコーヒーを入れてゆーっくり
読書タイムしたいな♪
あぁーー想像しただけで幸せ(*^-^*)
小さいころから活字好きです。

最近読んだのは、「悪人」。


実は映画を先に観たんですが、
福岡や佐賀、長崎が舞台なので言葉も空気も、懐かしい。
そして、深津さん妻夫木さんはもちろん、
樹木希林さんや柄本明さんなど素敵な俳優さんたちに
とにかく胸がぎゅぎゅーーっと締め付けられました。

で、そのあとすぐに本を買って帰ったわけです。


原作を読んで映画を観たい!という方が多いかもしれませんが、
私はどちらかというと逆なんですよね。
子どものころ、テレビドラマのノベライズ本とか大好きでした。
活字を読んでいるほうが、
頭の中で映像の世界がもっと自由に広がるんです。

読書の秋。お勧めの本があったらぜひ教えてください♪


きょうも観て下さってありがとうございました(^0^)/~~


☆・・・シビレルぅぅ・・・☆

岡本安代アナ

こんにちは♪
岡本安代ブログへようこそお越しくださいました♪

こちらは、5人の子宝に恵まれたヤスヨオカモトの、エキサイティングな毎日を

徒然なるままに綴らせて頂いている、

子侍のつぶやきと母侍の遠吠えが中心となっております♪

お越しになった際は、どんなに賢い方も、脳みそのネジを5、6本ゆるめてから、


ご一読いただければ、幸いでございます。。。


さてさて、先の日曜日は、小学校にて大運動会が開かれました(*^_^*)

保護者の皆様方、朝早くからのお弁当作りに応援、写真や動画の撮影、果ては後片づけに至るまでお疲れさまでございました<(_ _)>

ヤスヨオカモト、33歳。5日たってもなお、疲れがとれない現実・・・(-_-;)


「中高年の温泉旅行 3日出掛けて4日寝込む」とおっしゃっていた、きみまろさん、その的確な表現に、私のエイジングセンサーはビンビン反応しております(^o^)

まさに我の現在の心境は「幼稚園の運動会 2日後にせまり また寝込む」

そうなんです。我が家は2週連続運動会、1週あけて、

再来週は地域のあいご運動会…。


4年後は長女が中学生となり、一ヶ月間、毎週日曜日は運動会になる近未来、、、

どんだけアスリート一家なんでしょう…

我がお弁当レパートリーも尽き果てるのは必至…^^;

とにかくエンジン全開で駆け抜けるのみでございます。。。

さて我が家は第1子と2子が小学校に在籍しておりまして、

あいにくの雨となりましたが、その勇姿を見ることができました♪

1年生の長男と3年生の長女。


我が子の奮闘に、目頭が熱くなり、こんな機会を与えてもらったことが本当にありがたい<(_ _)>

先生方も子供たちを束ね、猛暑の日々にも関わらず、ご指導頂き、感謝の気持ちでいっぱいでございます!


長男…見事に1位!

長女…ステキな3位!

スタートラインに立つ我が子の表情は、まさに侍(^-^)

ゴールを見据え、勇ましいお顔でございました♪天晴れ!!我が子!

その夜、息子は終始得意げでございました☆

タイセー「ママ!1位だった♪ぶっちぎり!」

ヤスヨ「すごいねぇぇ!かっこよかったよ!」

・・・・・数分後・・・・・

タイセー「ママ!なんでポッキに注目するの?」

ヤスヨ「ポッキに注目?何?ポッキって。」

タイセー「きょうの運動会でもあったでしょ!後ろ向いて、ポッキに注目って!」

ヤスヨ「あったっけ?」

タイセー「あったじゃん!みんなでさ、後ろ向いたらさ、日本の旗が揚がるの。」


長男よ、、どんだけの空耳かい?


言わずもがな、、、、


それは、、、、


国旗だ・・・。


日本の、日の丸という、、、


国旗だ・・・。


しっているだろ。。。


国の旗を、

国旗という。。。


君は国旗が好きでいっぱい覚えているではないか・・・。

日常会話でも「国旗がとくいなんだぁ♪」と申しているではないか。

なにゆえフォーマルな場に限って、ポッキなのかい?

「ポッキ掲揚!
全員回れ、右!
帽子をぬいで、ポッキに注目!

さぁ、みんな、きょうもゴキゲンなナンバー、

「君がYO!!」に合わせて、掲揚するぜ!Here we go!」的な,


とってもファンキーな香りがするのは、私だけだろうか・・・

もはや、なに人?

日の丸に失礼であろう。。。

『国旗がポッキ ポッセツ骨折 ラーメンならばポッテリとんこつ  

次なる空耳 ポウ(乞う)ご期待♪』

(息子のユルユル日本語偏差値に、脳みそトロトロになりそうな母ヤスヨは、あえて訂正するわけでもなく、むしろソラミミストとしての息子の偏差値の高さにビンビン反応していますの前向きな標語)


いよいよあさって、幼稚園の運動会!
がんばらなくっちゃ!


お母様方、お父様方、ともにがんばりましょう!

世の中の親御さん達をリスペクトしてやまぬヤスヨオカモトでございました♪

最後までおつき合い頂き、ありがとうございました!


よい週末をお過ごしください♪

2010年10月07日

介護

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。


きのう、介護・福祉の現状や人材確保の取り組みについて特集しました。


国の制度を利用してこの春全く違う業種などから
福祉の世界に飛び込んだ方も取材しました。
協力していただいたのは鹿児島市のゆうかり学園で働く3人です。


密着させて頂いたのはほんの短い時間ですが、
昼食も障がい者の皆さんに気を配りながら一緒にとり、
午後の作業が始まるまでの短い時間も歯磨きなどの指導。
朝から夕方まで休まる暇もない様子に驚きました。

私たちは、利用者の方が話しかけて来て下さっても
その全てを理解することはできませんでした。
しかし3人は、同じ説明を何度も何度も根気よく優しく繰り返したり、
すっかり打ち解けた様子で冗談を言っていたり、
そして口を揃えてこの仕事のやりがい、楽しさを語っていました。

しかし今、多くの福祉施設では、人材確保に頭を悩ませています。
夜勤や当直のあるところも多く、精神的にも肉体的にもハードな仕事。
しかもほかの業種と比べると賃金が低く、
離職率が高い=長く働き続けづらいという現状があるのです。


2000年に始まった介護保険制度は3年ごとに改定されていますが、
去年初めて介護報酬がプラス改定となりました。
2年後の改定に向けて議論も行われています。


「介護保険制度のなかで、施設の運営と
働く人がしっかり生活を送れるような改正をしてもらいたい」

人手不足に悩む福祉施設の方が仰っていました。


介護や福祉の問題については
今後も取り上げていければなと思っております。

追伸。
今回の企画の撮影から編集まで担当して下さったTカメラマン。
朝から仕事の日も明け方釣りに出てから出勤するというほどの
大の釣好きです。

%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg


釣れたて(!?)のお魚ちゃんを頂いたので(お頭付き!)
お刺身にしたり、焼いたり、お味噌汁に入れたり美味しく頂きました(^^)


きょうも見て下さってありがとうございました(^^)/~~

2010年10月06日

韓国

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。

きょうは特集コーナーの担当のため、社内で編集作業です。
お昼休憩は久しぶりにお弁当を作って会社で食べました(^^)♪

P1000423.JPG

現在復旧作業中の、火事で焼けてしまった南大門です。


先月の夏休み、円高の波に乗り・・・?
かなり久々に、韓国に行ってきました!


買い物、ごはん、エステ、買い物、ごはん、ごはん……という。。
観光というより、ストレス発散ツアーです(^0^)

帰って撮ってきた写真を見たら、半分くらい食べ物でした(^^;


P1000413.JPG


こちらは「景福宮」という焼肉屋さん。サービスのおかずもいっぱい出てきて、
「おいしー!」と盛り上がっていたらお店の方が色々サービスしてくれました笑


P1000420.JPG


コンビニには100円ぐらい?でペットボトル入りの「マッコリ」が
売られています。
(大人な味でした・・・)


今回は福岡から行ったのですが、ソウルまで僅か1時間あまり!
飛び立って間もなく、すごいスピードでお弁当が配られ、
食べ終わって映画でも観ようか…と思いきや序盤で終了。
「アリスインワンダーランド」を観ていたのですが
 大好きなジョニーデップが出てくる前に到着してしまいました(笑)


ほっんと近いですね。

電子辞書で調べながら必死で話す韓国語は
ナゼかことごとく通じませんでしたが(泣 
まぁ、人間同士なんとかなるものです♪ 楽しい思い出が増えました。

先日の県議会で話が出ていたのですが、
鹿児島空港の国際線の利用者数はここ3年、右肩下がりだそうです。
ソウルには鹿児島からも直行便が出ていますから皆さまぜひ♪♪


きょうも見て下さってありがとうございました(^^)/~~


2010年10月05日

始まりました!

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。


きょうから鹿児島市立美術館で田中一村展が始まりました♪
オープニングセレモニーの司会をさせて頂き、
そのまま夕方ニュース用に取材してきました。


田中一村の甥である新山さんは
「若い方にぜひ見てもらいたい」 と仰っていました。
私も、どうしても美術館や博物館って
プライベートで行くにはちょっと構えてしまっていましたが、
「ホンモノ」を見るって、大事なことですよね。


これだけ一村さんの作品が揃うこともめったにないと(初めて!)と思うので
ぜひみなさま芸術の秋を楽しみましょう★


私もホンモノにたくさん触れて、
より伝わるリポートを出来るよう、知性と感性を磨かねばっ!!


追伸。

10月からちょっと新しくなったevery.
全国のスポーツ&芸能コーナーが入っています。
県内のニュースはもちろん、
全国のトレンド(!?)をチェックしてくださーいね♪

きょうも見て下さってありがとうございました(^^)/~~

2010年10月04日

アクネ、うまいね自然だね

内田アナ

先日、鶴翔高校の先生と食事をする機会がありました。
鶴翔高校は旧阿久根農高。
授業でみかんジュースや豚みそなどを作ったりしています。
頂いた、みかんジュースをさっそく飲みましたが、
、、
mikanjyusu.JPG
これが、予想以上に美味!!!
ラベルを見ると、「食品技術科」の生徒が作ったと書かれています。
高校生が作ったとは思えない質の高さ。
私が好きな、甘すぎない味。酸味がほどよく効いていて、
美味しく頂きました。
なんでも、地元のスーパーや道の駅などで売られているということです。
こうした地産地消の取組み。素敵ですよね。
北薩方面へ行く機会があれば、ぜひ!!!

【公認 山ちゃん情報】
CM中、二人でイロイロ相談しながら放送しています。
今のスタジオのトークはどうだった。こうだった。などなど。
先週金曜日のオープニング。
山ちゃんは、挨拶のお辞儀をするタイミングを間違えました。
視聴者の方にはわからないかもしれませんが、
、ちょっとしたタイミングのズレでした。
で、今日の放送では私が間違えました。
完璧な放送とは難しいものです。
ひょっとすると、100点満点の放送というのはないのかもしれません。
昨日よりも今日。今日よりも明日。
少しでも良い放送をしたい。
そんな気持ちで山ちゃんとスタジオに入ってます。

今日もevery.とブログをご覧下さりありがとうございました。

2010年10月02日

幸せなひととき

内田アナ

今日は気の合う仲間とラウンドでした♪
スコアは決して良くはなかったものの、、、
それでも、やはりゴルフは楽しい!!
珍しく竹ノ内さんの予報も外れて(笑)雨も降らず最高のコンディションでした。

一緒に回ったメンバー。実は元々は練習場で知り合った方々。
とても、いいお付き合いをさせて頂いてます。
仕事以外で仲間の輪が広がることの素晴らしさ。
異業種の人と一日一緒にいると色んなことが勉強になるし刺激も受けます。
アナウンサーという仕事は様々な人との出会いによって成り立っています。
コミュニケーション能力が求められる仕事だと思っています。
だから、私にとってはこういった出来事ひとつひとつが肥やしになるわけです。
なーんて、難しい話抜きにして、、、
やっぱ、ゴルフは最高。
リフレッシュしました☆

【公認 山ちゃん情報】
私は山ちゃんは聞き上手な人間だと思ってます。
番組中、色んなニュースに対して私はできる限り庶民感覚の感想を言うようにしてます。
その感想に対する、山ちゃんの反応。
なんというか、こちらが話しやすい空気を作ってくれています。
絶妙なあいづち。
どうぞ、放送中の山ちゃんにご注目ください。

今日もブログをご覧下さりありがとうございました。

アナウンサーブログ一覧

  • テニスのオージサマ
  • オカポンの全力実況
  • ウッチーの一言入魂
  • かおりズム
  • さーやのー!やってみよう♪
  • かなばたけ
  • あおいのお天気日記
  • ハッシーの言葉の架け橋
  • 二本木いつも一本気
  • 元気よさのかたまり
本ホームページの内容は、著作物であり、著作権法によって保護されており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。
Copyright(C) 2008Kagoshima Yomiuri Television All rights reserved.