« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月 の日記

2010年11月30日

祖父母

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。


週末、宮崎の祖父のところに遊びに行ってきました(^0^)♪

祖父が晩酌しながら昔の仕事の話や若いころの祖母との話をしてくれると、
私も大人になったなぁ~なんて、ちょっと嬉しくなります。


小さいころからずっとじじばばっ子だった私は
夏休みや冬休みの楽しみといえば、祖父母の家に行くことでした。

いつも味方し応援してくれた祖母は大学4年の秋に亡くなり、
働いている姿を見せることは叶いませんでした。

でも、時間の融通がきく大学生だったからこそ、
病と闘う祖母としっかり向き合うことが出来た気がします。
きっと仕事をしていたら難しかった、祖母との時間を過ごすことができました。

病に侵され朦朧としながらも、
KYTから送られてきたカメラテストのときの私の下手な原稿読みの映像を見て
「絶対立派なアナウンサーになれる」と手を握ってくれたことを
今でも鮮明に覚えています。


週末は、祖母が亡くなって丸3年の命日でした。

全国あちこちで造園の仕事をしていた祖父は、
祖母とその場所を旅行して一緒に見るのが楽しみだったらしく、
「もっと連れて行きたいところが沢山あった」と言っていました。
いつか祖父と一緒に見に行きたいなぁ。。

IMG_9380.jpg
(祖父の記録の一部です)


「立派なアナウンサー」
今の私には程遠くていつになったらなれるのかさっぱり分かりませんが、
祖母に言われたからには、「立派なアナウンサー」になるまで
この仕事を諦めることはできないなぁ。。。と思うのです。


きょうも見て下さってありがとうございました(^0^/~~

2010年11月29日

全国高校サッカー選手権大会、組み合わせ決まる!

岡本アナ

オカポンのブロクをご覧いただいている皆様、こんにちは。


先週、東京・日本テレビで行われた
全国高校サッカー選手権大会の組み合わせ抽選会の取材に行ってきました。
鹿児島代表の神村学園、厳しいパートに入りましたね(;一_一)


しかし、神村学園は鹿児島県大会でも
かなりきついパートに入り、見事勝ち抜きました。
県大会で優勝が決まった時、竹元監督は、
「これだけ強いチームを倒してきたのだから
 鹿児島の真のチャンピオンと言えるでしょう」と話しました。


県大会は、1回戦3対0で加治木に勝利、2回戦の松陽戦は1対0。
準々決勝・出水中央戦は5対0。準決勝の鹿実戦は3対0。
そして決勝で、J1広島入りが決まっている鮫島晃太擁する
鹿児島城西を延長の末2対1で破っての優勝。


「鹿児島の強豪をほどんど破った」といっても過言ではありません。


抽選会で、くじ運の悪さを反省していた神村学園の前鶴祥太主将は
「抽選会の前の予備抽選(抽選の順番を決めるくじ引き)で
 38番を引きました。38番というのは、神村学園の練習着の番号なんです」


それで、本抽選でひいた番号は「8」。
公式戦の自分の背番号と同じ番号だったそうです。


抽選の前から前橋育英(群馬代表)のとなりの
トーナメント番号「8」を引く予感がしていたそうです。


初戦を突破しても、室蘭大谷(北海道)と四日市中央工業(三重)の勝者。
その次は、インターハイ王者・市立船橋を破った
流通経済大柏(千葉)との対戦になりそうです。 

その次は、国見(長崎)や去年の優勝校山梨学院大学付属(山梨)あたりかな…
いずれにしても、茨の道を進むことになる神村学園サッカー部です。


鹿児島代表はベスト4以上、国立へ行くのが使命と言われますが、
そのプレッシャーを力に変えて
全国で今年も「神村旋風」を巻き起こしてくれることを願っています。


個人的には、大舞台男・福島遼選手が
全国でも大暴れしてくれるような気がしています(^◇^)


その神村学園を応援する特別番組を
12月29日の午前8時から放送します!
こちらも是非、ご覧下さい!!

2010年11月26日

猛獣

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。

きょうは取材で動物たちに沢山会いました♪


朝はかごしま水族館へ。
イルカの「ミルキー」が先日赤ちゃんを産んだのをご存知ですか?
残念ながら赤ちゃんは死んでしまったんですが、
実は出産前から、準備を進める水族館の取材を重ねてきました。

水族館にはもう1頭妊娠中の子がいます。


IMG_0419.jpg


来年2月出産予定のテンテンです。
イルカを担当する職員の方に
今回の悔しかった思い、そしてテンテンにかける思いを聞いてきました。

そして夕方にかけて「木下大サーカス」通しリハーサルのリポート。
1番の見どころは何と言ってもライオン♪
今回12頭のライオンが出ているんですが、
日本初!ショーに「ホワイトライオン」が5頭出ているんです。
カッコイイですよ~。
アクロバットにも圧倒されました。


ライオンのショーが終わった時点で17時を過ぎてしまい、
原稿作成や本番を考えるとタイムオーバー。
後半は見られなかったので、また行けたらいいなぁ。。
公演は明日から来年1月までです!


それではよい週末を(^^)/~~

あっという間に、、、

内田アナ

1週間が終わりました。
ニュース番組を担当するようになってから、本当に1週間が早く過ぎ去っていきます。
今週は北朝鮮が韓国の島を砲撃するという大きなニュースがありました。every.でもその事件についての街頭インタビューを放送しました。「他人事ではない」「隣国でそんなことが、、、」様々な意見が聞かれました。注意深く見守っていきたいニュースです。

今週はじめ、嬉しいことがありました。
日々の仕事がある評価を受けたのです。すみません。また、正式に決まったら報告します。

頑張っていればいいことはある。

先日も久しぶりに100を切りました。(どうでもいい人にとっては、、、)

【公認 山ちゃん情報】
最近、動物の取材が多い山ちゃん。カバの龍馬くん、ナナミちゃん、イルカのミルキー、、、
そして、今日は木下大サーカスのホワイトライオン。「目が合った、、、」と大興奮でした。
動物好きな山ちゃん。。。それだけ。。

2010年11月23日

OYAJIんピック

内田アナ

今日、11月23日は「勤労感謝の日」。

鹿児島市の鹿児島アリーナで日頃仕事を頑張っているお父さんたちがスポーツ大会に参加し汗を流しました。大会名は「OYAJIんピック(おやじんぴっく)」。なかなか、センスが感じられる名前ですよね(笑)
さっそく、取材に訪れましたが、、、お父さんたち仕事の疲れを微塵も感じさせない頑張り。楽しそうに汗を流していました。

勤労感謝の日ということで、応援に来ていた子どもたちに「お父さんへのありがとうメッセージ」を聞いてきました。普段はなかなか言えない感謝の気持ちをお父さんの目の前でカメラに向かって伝えます。「休みの日も仕事を頑張ってくれてありがとう」「疲れているのにいつも一緒に遊んでくれてありがとう」「算数を教えてくれてありがとう」。たくさんのありがとうが次々と飛び出します。

いじわるな質問。「お父さんに直してもらいたいところはありますか?」
「お母さんとケンカをしないで欲しい。ケンカをした時はイライラしている」「朝起こしてもなかなか起きてくれないので早く起きるようにして欲しい」などなど。。。
子どもたちはお父さんをよく見ています。みなさんご注意を!

【公認 山ちゃん情報】
最近、ヨガをしているようです。
「けっこう汗をかくんですよー♪」。嬉しそうに話す山ちゃん。
マラソンにヨガに、、、最近、路線変更したのかスポーツに勤しむ山ちゃんです。


2010年11月19日

正しい言葉

前畑アナ

きょう担当した企画のナレーションをとったとき
先輩アナウンサーから読み方の指摘を受けました。

料理8品の読みは「はっしな」なのか、それとも「はちしな」なのか?と。

アクセント辞典などで調べますが
「品=しな」という読みは載っていませんでした。

いつでも何どきも正しい日本語を使うというのは難しいです。


そういえば、以前「アクセント辞典を食べるアナウンサーがいた」と
聞いたことがあります。


ヤギ?
ではなく、
一度覚えた正しいアクセントをニ度と忘れないように。
確かに、食べて見られなくなると考えると、、、真剣に覚えます、、、かね?


私にまだまだ足りないプロ意識です。
あしたもお仕事頑張ります!

2010年11月18日

ナゾの・・・!

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。

きょうの昼下がり。
会社でぽちぽち原稿を書きながら、ふと横を見ると・・・
びっくりな光景がw(゚o゚*)w!!!!

IMG_0400.jpg

ナニモノかがさりげな~く打ち合わせに参加してる!!
参加しているというか天を仰いでいる!?


この異様な光景にすぐさまカメラを担いだカメラマンとともに恐る恐る接近。
突撃取材すると・・・

「名前はまだ…言えません」

名乗れぬとは!! ますます怪しい!
・・っと警戒していると、立ちあがったぁぁ!!

IMG_0402.jpg


か、かわゆいー♪♪♪
カメラ目線いただきましたー!


KYTを突然訪問してくれたのは、北海道・旭川のゆるキャラ。
名前は募集が終わったばかりでこれから決めるんだそうです(^^;

ゴマフアザラシ+白クマ、名所の橋や雪化粧した山に、川のズボン。
極めつけは腕にぶら下げた旭川ラーメン!!
旭川を余すところなくPRする、なんてデキル子なの(^0^)/
メロメロです。

IMG_0406.jpg

(岡本キャスターが撮ってくれました^^)
明日、あさって山形屋で会えるそうです♪♪


追伸。
西郷どん御狩場マラソンでステージ進行をされていた方から
嬉しいお便りをいただきました!
楽しい時間を過ごさせて頂いてこちらこそ感謝感謝です★
またお会いしたいなぁ~(^^)


きょうも見て下さってありがとうございました!

2010年11月17日

初マラソン♪

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。


IMG_0393.jpg


行ってきましたぁー!!  御狩場マラソン。

IMG_0394.jpg

一緒に参加した女子メンバー。


IMG_0395.jpg


必死で走っている…フリ。

なんて、スタート前は遊んでる余裕があったんですけどねぇ。。。


なんとなく勢いにのまれスタートから2キロ、超ハイペースでダッシュ。
その結果、、ものの10分で失速。
後半の7キロ(後半?)は1歩踏み出すたび膝に激痛が((>0<))!

半泣き状態の私をスタッフの皆さん、
沿道に出てきて応援してくれる皆さん、
そして私を抜き去っていくランナーたちが励ましてくれます。


最後の上り坂では
まるで青春ドラマのような!? 大声援のおかげで…
なんとかゴールすることが出来ました。

1時間も走ったのは人生初ですよ~(@o@)
「ペース配分が大事」って、学びました。

同じく学んだ方、もう一人はっけーん。


IMG_0398.jpg


流星のようにしゅーーー!とすごい速さでスタートしていった
内田先輩のその後でした。。(^^)


炊き出しの美味しいイノシシ汁を頂き、
高城温泉で汗を流して帰りました。

大会を成功させよう、盛り上げようと
走り回るスタッフの皆さんのおかげで
本当に楽しい1日を過ごせました(^0^)
ありがとうございました♪♪

中継!

内田アナ

今日のevery.では裁判所から中継をしました。
中継とはみなさんが思っている以上に人手や手間ひまがかかるものなんです。
って、別に偉そうに言っているわけじゃないですよーー。

例えば、取材をして原稿を作成する私を含めた記者数人、そして、その原稿をチェックする現場デスク。
もちろん、カメラマンも必要です。そして、私に対して残り尺などを出してくれるADさん。さらには、中継車を操る技術スタッフ数人。現場から本社に上がって来るVTR素材を受ける人間。編集する人間などなど。

その全員が力を結集しなければ中継は成功しません。とても難しい。。。
だからこそ、やりがいがある。
スタジオから飛び出し、現場から中継をすると色々なことを学びます。

【公認 山ちゃん情報】
たまに中継や出張などでスタジオをあけると、、、、まわりのスタッフに言われること。
「スタジオで山下が生き生きしていたよーーー」。
なかなか、きつい言葉です。

どうなの?山ちゃん。私の隣の席ではやりづらい?
本人に聞いてみたところで笑って流されそうなので、、、聞きません。

今日もevery.とブログをご覧下さりありがとうございました。

2010年11月15日

完走!

内田アナ

kytrunningbu.jpg
スタート前のこの笑顔。あっという間に消え去りました。薩摩川内市で14日に開かれた「西郷どん御狩場マラソン大会」。KYTランニング部も出場。写真はevery.のメンバー。山ちゃんと竹ノ内さん、そしてADの谷山ちゃん(前列左手)とミキティー(田中さん)です。

学生時代、マラソンはどちらかというと得意な方でした。スタートダッシュをしてその後、耐えるというのが私の幼いころからの作戦。それを昨日は32歳にもなって実践!10キロという距離を舐めていました。最初の1キロを3分ちょっとで走り抜け、その後はみるみる体力を失い残りの9キロは文字通り地獄でした。やはり、ペース配分は大切。

ふらふら倒れそうになり、、、沿道からの「ウッチー頑張れーー!!」の声に励まされ、、、そして、再び倒れそうになり、、、吐きそうになり、、、、またもや「ウッチー頑張れー!!!!」の声。ここで立ち止まってはダメだ。。。自分自身を叱咤激励、、、なんとか、一度も立ち止まることなく走り切りました。間違いなく大人になってから、体力的に一番キツイ時間を過ごしました。

タイムは52分55秒。なんとか、1時間をオーバーすることなくゴールしました。

くじけそうになった時にかけられる声がこれほどまでに大きいと感じたのは初めてでした。地元のみなさんの温かい声援があったからゴールできました。ありがとうございます!また、会場の設営や後片付けなどスタッフの皆さんの頑張りには目を見張るものがありました。地元を盛り上げようという強い思いがそこにはありました。
本日、体中が悲鳴をあげたくなる程の痛み、、、しばらくはランニングはおろかゴルフの練習もできそうにありません。

【公認 山ちゃん情報】
写真のように笑顔でスタートした山ちゃん。痛めていた足は大丈夫だったのか?走っている時は心配する余裕はありませんでしたが、、、ゴールした後落ち着いたら、、「途中でぶっ倒れているのでは??」心配になりました。きっとブログで報告があるでしょう。
彼女も根性で頑張り切りましたよ。すごいすごい!!

今日もevery.とブログをご覧下さりありがとうございました。

2010年11月11日

火山屋の覚悟

内田アナ

私にとって1つの大きな仕事を無事に終えることができました。昨日まで連日放送した「桜島と生きる 火山屋 インドネシアへ」。京都大学井口正人准教授に密着したシリーズ企画です。帰国後、大雨や台風、裁判員裁判、高校サッカーなど担当する仕事の合間を縫って放送の準備を進めてきました。

桜島と生きる私たちにとって大切なこと。

それは、、、「火山を知ること」。そして「災害は必ず来るものという意識を持つこと」。
誰もがわかっていることではありますけど、、、とても大切なことです。意識が変われば行動が変わります。改めてそのことを井口さんに教わりました。

さて、このブログを読んでくださっている方から指摘を受けました。「インドネシアの写真をアップしてください」。わかりました。 ということで、今日は久しぶりに写真をアップします。

まずは、ご存知 井口さん。熱さとちゃめっけ?を持った方です。
カメラの前でも自分を作ることなく真っ直ぐに表現してくれる。とても珍しい方です。僕は人間味あふれる井口さんが大好きです。
igutisan.jpg
続いて、地震計を設置する様子。本体以外は現地で調達したものばかりです。火山活動には揺れを伴います。地震計を設置して時間をかけゆっくり観測することがとても大切です。
jisinnkei.jpg
続いて、今回ともに取材を行った小松カメラマン。報道カメラ陣のチーフを務めていて私が最も信頼するカメラマンです。一緒に相談をしながら作った企画が今回の特集でした。
komatsukamera.jpg
最後に、インドネシアを訪れた火山屋たちと撮影した写真を1枚。みなさん自分の仕事にプライドを持った人たちばかりで多くの事を学びました。やはり1つの事に熱くなっている人というのは格好いい!!
kazanyatati.jpg
前列左から東京大学の中田節也教授、京都大学の大倉敬宏准教授、井口正人准教授、そして後列左から北海道大学の吉本充宏博士。小松カメラマン。

井口さんは取材の中で「桜島の昭和火口は死ぬまで見届ける」。その覚悟を語ってくれました。

自分が取材して作ったVTR。改めて自宅で見直しました。もちろん反省点はたくさんあります。それでも1つの仕事をやり切ったという充実感もあります。さらに、いい作品が作れるよう精進します。

今日もevery.とブログをご覧下さりありがとうございます。

【公認 山ちゃん情報】
山ちゃんの足が心配です。
刻一刻と迫るマラソン大会。山ちゃんは先週のお休みの日「走り込み」をしたそうです。
しかし、足を痛めてテーピングでぐるぐる巻きの状態。大丈夫か????頑張りすぎです。
本番、走り切れるのか?山ちゃん。
まぁ、人の心配をしていられるほど私も余裕はないのですが、、、

2010年11月10日

高校生に教わったこと

前畑アナ

先週は高校サッカー漬けの毎日でした。
日々の取材はもちろん、寝る前も、ご飯の時も、買い物してるときも・・・
とにかく何をしているときも高校サッカーのことを考えていました。


県大会決勝の放送が終わってしまい、
これから私自身は、選手と会う機会が一気に減ります。
(KYTとしての取材や応援は全国大会の決勝まで続きます!)


熱中しているものがなくなると、一気に寂しくなるものです。


決勝の舞台、鴨池陸上競技場で
それぞれの学校に戻る選手の姿や、
県代表・神村学園の選手の背中を見送りながら
悲しい気持ちになりました。別れを惜しむ母親の気分?笑


今回、サッカーに青春をかける高校生に
「頑張れるものがあるということの素晴らしさ」を教えてもらいました。
輝く人に教えてもらうことはたくさんあります。


さて、あすも感謝の心を持って、力の限り頑張りたいと思います。

2010年11月09日

磯の王者イシダイに魅せられて⑥

蛭川アナ

熊本県民テレビのO先輩との釣行。
もう10数年以上前のことだ。

でも、その思い出は色あせることなく今も私の脳裏に鮮明に焼き付いている。


解禁日の3月1日。芦ノ湖は雪だった。

でも私達は冷たい湖に腰まで入って竿を振った。
なるべく水深のあるところまでフライ(毛針)を飛ばしたいからだ。

fly5.jpg

「ヒルヒルちゃん!きょうは入れ食いだよ」

O先輩は1回り年下の私を「ヒルヒルちゃん」と呼んで可愛がってくれた。

私が当時所属していた東京支社営業部は広告主(スポンサー)からCMをいただくのが仕事。
広告主と放送局の仲人的な存在が広告代理店だ。

広告主や代理店に通ってCMをいただく。
 
例えば鹿児島地区にAスポンサーがCMを流す場合、予算が100万円あったとする。
民放が4局あるので均等に割れば1局あたり25万円となる。しかし、そうはいかない。

その局の視聴率パワー、販売促進における貢献度、そして何より影響力があったのは
「いかに通って担当者と良好な関係を築いているか」であった。

つまり、広告主や代理店に通った分だけ他社より多くのCMをいただくことができたのだ。

各営業マンの“人間力”がものいう世界・・・。
現在私が所属している報道部は取材先に足を運んだ数だけ、「情報」が取れる。
どのセクションも「得られるモノ」は違えど、仕事の中身は全く同じだと感じている。

O先輩とは担当する広告主や代理店が重なっているところが多く、
先方との懇親会があるときなどよく私を誘ってくれた。

「Oさんが可愛がっている後輩なら・・・。」と
KYTにとって新規の広告主もたくさん紹介してもらった。

公私ともにお世話になった“恩人”だ。

そのO先輩はわずか数投目で50センチオーバーのレインボートラウト(ニジマス)を釣って見せた。

「バチッバチッ」

雪の上で銀色の巨体が跳びはねた。

fly2.JPG

「す・凄い!さすが先輩!! 俺も大物を釣ってみたいです!」

私はかじかむ手に「はぁっー」と息を吹きかけながら何度も竿を振った。

この日は水中に沈むタイプのフライ(毛針)を使い、
着水後20~30秒数えてからリトリーブした。(ラインを小刻みに引くこと)

まるで水生昆虫が水中で泳いでいるように・・・。   

するとー

「グ・グ・グーン!」

買ったばかりのオービス(洋竿メーカー)の竿が弓のように鮮やかな弧を描いた。

「きたー!」

かかったのは色鮮やかなレインボートラウト(ニジマス)!
O先輩には及ばないものの、45センチはあろうかという大物だった。

「ヒルヒルちゃん!やったね!!」

O先輩の満面の笑みが凍えそうな私の体を温めてくれた。

その後もブラウントラウトという同じマス科の珍しい魚も釣ることができた。

fly6.jpg

黄金色に光る斑点が美しかった。

キャッチ&リリースが基本のフライフィッシング。

すぐに湖へ帰してあげないと魚が弱ってしまう。

だが、その美しい魚体にしばし見とれるヒルヒルちゃんであった(笑)。
                           
                                              つづく

高校サッカー万歳!

岡本アナ

89回目の高校サッカー選手権鹿児島県大会は、
延長戦の末、神村学園の劇的な勝ち越しゴールで幕を閉じました。
神村学園の選手の皆さん、優勝おめでとうございます。
そして、惜しくも3冠を逃しましたが、城西の選手の皆さん。
最後まであなたたちが走り抜いた姿は、
見ていた人たちの目にしっかりと焼き付いています。


今大会も様々なドラマがありましたが、
決勝戦の100分間の死闘は、鹿児島の覇権を争うにふさわしいゲームでした。
今まで16年間、高校サッカーの取材を続けていますが、
鹿児島の高校サッカーの歴史に残るゲームだったのではないでしょうか?

鹿児島城西、神村学園、共に全国で戦う姿が見てみたいと思いながら、
放送席で実況をしていました。

試合終了のホイッスルがなった瞬間、城西イレブンは泣き崩れました。
試合後のロッカールームで、城西の小久保監督は
「今まで厳しい練習の中、苦しい中、頑張ってきた仲間をこれから一生の財産にして
すばらしい仲間に恵まれたことをお互いに感謝しながら、
今後は立派にまた社会の場に巣立って行って頑張ってほしい」と
選手たちに言葉を贈りました。


32チームが参加した今大会。
去年、病気でチームメイトを亡くした鹿児島商業イレブンは、
最後まで彼の事を忘れることなく戦いました。

夏のインターハイ、国分を決勝まで導いた粕谷純平選手は、引退せずにチームに残り、
サッカーに大切な「笑顔」、そして「感謝の心」を後輩たちに伝えました。

16年ぶりにベスト4に進出した尚志館。
来年こそ決勝の舞台に勝ち上がってきて下さい。

いろんな人達の、様々な思いが詰まった高校サッカー。
今大会、参加したすべての選手にこの言葉を送ります。


「最高の感動をありがとう」。


神村イレブン、国立が君たちを待っています!

2010年11月08日

☆・・・先生、もはやネタですか?・・・☆

岡本安代アナ

こんにちは♪

最近、長電話をすると肩がつる、ヤスヨオカモトです♪

みなさんは、お変わりなくお過ごしのことと、お喜び申し上げます(*^_^*)

早いもので、もう11月。

時の流れは容赦ないですね。。ほんとに。


ついこの前まで、私のおなかの中に入っていた3男も、


あっという間に離乳食を卒業し、家の中を自由につたい歩くようになりました。


来月満1歳。

一方で、

だいぶ前、何かにぶつけてできた足のアザが、いくばくの時を重ねても、


未だあとは消えず、痛々しさを放ったまま、好転することもなく、


我は本日33歳と8ヶ月を迎えたのでございます(*^_^*)b

久しぶりのブログとなりました。。。

みなさまに聞いて頂きたいことがいっぱいで、爆発しそうです!(^^)!


きょうは、天才的な表現力を持つ、


我が次男坊の担任の先生のお話をさせていただきたいと思います♪


そう、それは、先日幼稚園に子供達をお迎えに行ったときのことでした。。。

*****AT 幼稚園********

ヤスヨ「きょうもお世話になりましたぁ♪」


次男「ママぁ!!」

先生「こんにちわぁ!岡本さん!きょうもセーヤ君、いっぱい食べて、


食欲モリモリでしたよぉぉ♪わたしの分まで食べましたぁ♪」


ヤスヨ「あらぁ、、、先生、スミマセン・・・


うちのセーヤは、人間の三大欲のうち、食欲が一番なんです(^_^;)」


先生「そうですかあぁ!いいんですよ!食べるのはいいことです!!


どんどん大きくなりますねぇぇ♪


三大欲といえば、最近、セーヤ君、性欲もお盛んで・・・!(^^)!」

ヤスヨ「は?」

満面の笑みで我を見る先生。。。

ヤスヨ「性欲。。ですか?まだセーヤは3歳ですけど。。。」

先生「えぇ!!えぇ!!最近女の子とよく遊ぶんですよぉぉ!」

先生、まさかの、使い方、間違いです。。


男の子と女の子がともに手を取り合って遊ぶことを「性欲」とおっしゃるならば、


今後、冷静に幼稚園行事に参加する自信がございません。。。

ヤスヨ「またまたぁ!先生、それって、性欲とは言わないですよぉぉ!!」

先生「いや、岡本さんが三大欲のお話をされるから、


私も食欲に変わる、ほかの欲でセーヤ君を表現しようと思って・・・」


ヤスヨ「それで、性欲ですか?」


先生「だって、あとほかに思いつかないですもん。。。。


そもそも三大欲って何でしたっけ?食欲、性欲、、、」

ヤスヨ「食欲、性欲、、、。いや、先生、食欲の次が、あるじゃないですか?」

先生「え?海水浴?ですか?」

ヤスヨ「・・・・・」


先生、真顔でおっしゃるのも、もはやネタですね?


そもそも海水浴が、欲望の一種なら、


どんだけ海水好きですか?


ヤスヨ「睡眠欲です(-_-;)」


先生「あーー!!そうだった!


ところで、岡本さん、、私、びっくりしたんですけど、


ハロウィンって終わったんですよ!知ってました?」


ヤスヨ「もう11月4日ですもんねぇ。」


先生「終わったなんて、誰も教えてくれないんですよっ!」


先生、私も、これまでハロウィンが終わった翌日に、


ハロウィンが終わった報告を受けたこともないですし、報告をしたこともないです。


いたって当然の報告なしだと思います。。。


先生、私でよければ、来年の1月1日に、


「昨日の大晦日、終わったよ!」とご連絡申し上げましょうか?


先生の明るさが、子供達の笑顔につながり、各家庭の幸せにつながっております♪


ヤスヨオカモトのブログにお越し頂いた皆様、


最後までおつき合い頂き、ありがとうございました。。。

話はまだまだ尽きませんが、


きょうは、このあたりで失礼させて頂きたいと存じます!(^^)!

近いうちにまたこのブログでお会いしましょう♪

ありがとうございました!

最後に、育メン育ガールの皆様に心からのリスペクトを捧げます。

感動

内田アナ

高校生たちの熱い戦いに感動しました。
全国高校サッカー選手権県大会決勝。
ベンチリポーターを務めました。
結果は神村学園が鹿児島城西を2対1でくだし見事、優勝。
本当に素晴らしい試合でした。
ホイッスルが吹かれる瞬間まで走り切る懸命さ。私も熱くなりました。

試合後の城西ロッカールーム。
小久保 悟監督は選手たちに語りました。

「よぅ、頑張った。でも、勝ち切れんかった。詰めがあまかったよな。この悔しさをこれからに生かして欲しい」。

これで、すべてが終わってしまったわけじゃありません。
また、新たな目標に向かって頑張って欲しいと思います。
そして、神村学園の選手たちには敗れていった学校の分も全国大会では戦い切って欲しいと思います。

さて、先日のブログにも書きましたが、、、
火山屋 京都大学 井口正人准教授の特別企画。本日8日のevery.から3日連続で放送します。
ぜひ、ご覧ください!!

【公認 山ちゃん情報】
昼休み。たまに、お弁当を食べている山ちゃん。
どうやら自分で作ってきてるみたいなんです。
世の中には弁当女子、弁当男子、たくさんいるでしょうが。
あれだけバリバリ働いて、早起きして弁当を作る山ちゃんは
本当にスゴイと思います。
私には到底できない芸当。(料理コーナー元担当者なのに!)

なかなか家庭的なevery.キャスター、山ちゃんです。

2010年11月05日

なべ

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。


きょう、取材のためヘリに乗りました。
が、地上でも寒くなって来たのに上空ははるかに寒い!!
マイクを持つ手が固まりました(@0@)
でも、晴れた日に上空から見る桜島はサイコーです★


さて、寒くなると食べたくなるのが、鍋。

「1人で鍋するの!?」と言われますが…
1人で鍋、するんです(^0^)


なんたって野菜を山盛り美味しく食べられるので
冬場かなりの頻度で登場します。


私、学生の頃は食べることにあまり興味がなく
家以外ではかーなり適当な食生活だったんです。
その分、体が弱く・・しょっちゅう体調を崩したり倒れたり(笑)


今も忙しかったり疲れていたりでダメダメ生活になってしまうことは
よくありますが、ちょっとずつ、体に優しい生活を意識するようにしています。

追伸。
かわいい料理はあまり出来ません。
どうしても成功しないのが、ふわとろ~なオムライス。
卵の中心にナイフを入れると
とろとろ~って流れるのがやりたいのに、大体こんなことに…


IMG_0372.jpg

無理やり広げたらなんか隙間できちゃったバージョン。


きょうも見て下さってありがとうございました。
よい週末を(^0^)/~~

2010年11月03日

裁判

山下アナ

こんにちは♪ 山下です。

きょうは祝日。週の真ん中がお休みって嬉しいですよねー♪

全国でも最長、40日間に渡る裁判員裁判がきのう始まりました。
被告人は全面否認。弁護側と検察側の主張は真っ向から対立しています。


死刑か、無期懲役か、それとも無罪か。

全国から注目を集める裁判だけに、
700人近くの傍聴希望者がいたそうです。
確か鹿児島第1号の裁判員裁判のときより多いのでは…


今回私は裁判を傍聴していないので、
きょう新聞各紙で初公判の詳細を読み、
私たち一般市民から選ばれた裁判員は
非常に難しい判断をしなければならないのだと改めて強く感じました。


追伸。
内田キャスターが中継のため、スタジオは私1人でした。
ところがこんな日に限って様々なアクシデントが…(>_<)

裏では放送事故にならないよう必死でバタバタしている気配。
でも、私がその空気をちょっとでも画面に出してしまったら、
全員の努力が無駄になってしまいます。


「うちださぁぁーん!!かえってきてーーー!」


何度も心の中で叫びながら、何とか終えたのでした(*0*)


あすは、もうすぐ平川動物公園にやってくる
龍馬くんのお嫁さんを一足早く紹介します!
ぜひ見て下さいね♪♪


きょうも見て下さってありがとうございました!

体調管理

前畑アナ

月日が流れるのは本当に早いです。


会社の個人デスクには、1か月分のシフトが書かれた紙を貼っています。
9月の終わりはバタバタしていて、10月分にとりかえるのが遅くなりました。
10月分にかえてからまだ少ししか経っていないのに・・・
気付いたときには11月が始まっていました。


日にちの感覚を忘れるぐらい何かに追われているときこそ
体調を崩しやすのです。


マスクをつける等 風邪をひかにように予防することが大切ですね。
みなさんも体調にはお気をつけください☆


裁判員裁判

内田アナ

全国で最も長い裁判員裁判が鹿児島地裁で始まりました。
これまでに鹿児島地裁で開かれた裁判員裁判は17件。
一般市民が審理に参加してきました。

鹿児島市下福元町で去年起きた強盗殺人事件。
被告が無罪を主張しているため、裁判員は難しい判断を求められそうです。
さらに追い打ちをかけるのが「40日間」という長い裁判期間です。
肉体的、心理的にも非常に厳しい状態が続くかもしれません。

一般市民の感覚を裁判に反映させることを目的に導入された裁判員裁判。
知識が無い市民が人の生き死にに関わることの難しさを指摘する専門家もいます。
今後、この制度が定着するか?どうか?今回の裁判は大きな節目と言えるかもしれません。

昨日のevery.では裁判所からの中継を担当しました。
以前、ブログでも書いたようにスタジオキャスターが中継をするというのは稀。
現場で取材をして自分の言葉で伝える。
取材活動の基本ともいえることを実体験で来たような気がします。

every.では この裁判のニュースを随時お伝えします。

いつ自分が裁判員とし大きな責任を負う立場となるかわからない制度です。
注目してください。

【公認 山ちゃん情報】
夢をみました。山ちゃんにマラソン大会で負ける夢。
足を負傷した私は、山ちゃんに大きな差をつけられ完走もできない。
マラソンの夢をみるなんて!!!
なんだか、嫌な寝起きでした。
マラソン大会参加まであと10日あまりです。

今日もevery.とブログをご覧下さりありがとうございました。

2010年11月02日

高校サッカー

前畑アナ

きょうも高校サッカーの取材に行きました。

私は社会人になるまでサッカーにあまり興味がなく、
オフサイドって何ですか?レベルでした。


社会人になり、高校サッカーに出会って2年目。
最初は仕事だから・・・と
半強制でサッカーのルールを勉強していた私も
高校生の頑張りを見て、サッカーを見るようになり
取材に行くのが楽しみになり、
いつしか高校サッカーのファンになりました。


高校サッカーを知れば、サッカー興味ない人でも
大好きになれます。私のように!


みなさんも高校サッカーのファンになりませんか?
いつでもウェルカムです♪

2010年11月01日

チームワーク

前畑アナ

先日、奄美での中継のことをブログに書きました。


中継後のディレクターとカメラマンの言葉が忘れられません。


喋りに対する私への指摘について、カメラマンは
「喋り手への指摘は自分への指摘でもあるから。
現場を客観的に見て雰囲気を作るのは自分の仕事でもあるから」と言いました。


ディレクターも言います。
「それはみんなの責任。放送はみんなで作り上げるものだから」と。


これまで、喋りへの指摘は私自身に対する指摘。
同様に、映像への指摘は、カメラマンに対する指摘だと思ってきました。

人への指摘を自分への反省点と感じるスタッフを見て、
真の意味での「放送はチームワーク」ということを
理解できていなかったんだということに気付いたのです。


放送はチームワークが肝心です。
良い放送ができるというのは、つまりチームワークが良いということです。


ぜひ今後も、成長し続けるKYTのチームワーク力にご期待ください!

アナウンサーブログ一覧

  • テニスのオージサマ
  • オカポンの全力実況
  • ウッチーの一言入魂
  • かおりズム
  • さーやのー!やってみよう♪
  • かなばたけ
  • あおいのお天気日記
  • ハッシーの言葉の架け橋
  • 二本木いつも一本気
  • 元気よさのかたまり
本ホームページの内容は、著作物であり、著作権法によって保護されており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。
Copyright(C) 2008Kagoshima Yomiuri Television All rights reserved.