全国のニュース

最高裁判所の判事に就任 宇賀克也氏が会見

新たに最高裁判所の判事に就任した宇賀克也氏が会見を開き、抱負を語った。 宇賀氏は、東京大学大学院で行政法の教授を務め、内閣官房情報保全諮問会議構成員や内閣府公文書管理委員会委員長などを歴任した。 宇賀氏は、「責任の重さに身の引き締まる思い。研究生活の中で培った知見は、裁判の場でもいかしていけると考えている」と抱負を語った。

東京2019.03.20 22:15

広島・原爆ドーム前の慰霊碑に“汚物”

広島・平和公園の原爆ドーム前にある慰霊碑が、汚物のようなもので汚されているのが見つかった。警察は器物損壊の疑いを視野に調べている。 汚されたのは、広島市中区の原爆ドームの前に置かれた石造りの慰霊碑。20日午後1時半頃、「石碑にふんが塗りつけられている」と警察に通報があった。石碑に刻まれた「慰霊」の文字に人の汚物のようなものがこすりつけられていたという。 19日午後5時頃、公園の警備員が巡回したときは異常はなかったということで、20日昼頃までの間に汚されたとみられる。 通報した人「恥ですよ。世界遺産の前よ。みなさんが黙とうする、その場所であった」 警察は、公園内の防犯カメラなどを確認し、器物損壊の疑いを視野に調べている。

広島2019.03.20 22:04

ジャパンビバレッジ 手数料2億円未払い

公正取引委員会は、自動販売機運営大手のジャパンビバレッジが前回の消費税増税以降、設置場所を提供する事業者らに手数料の増税分2億円余りを支払っていなかったとして、再発防止を勧告した。 ジャパンビバレッジは、自販機の設置場所を提供した事業者や個人に対し、消費税込みで販売手数料を支払っている。しかし、ジャパンビバレッジは約3万5000の自販機設置事業者らに対し、2014年に消費税が8%に引き上げられた後も手数料を5%に据え置いたまま支払っていたという。 増税分の不払い額は約2億2000万円と過去最大で、公正取引委員会は不払い分の支払いと再発防止を求める勧告を行った。ジャパンビバレッジはこれまでに支払いをほぼ終えたとしている。 公正取引委員会としては10月の消費税率引き上げを前に、注意喚起を図る狙い。

東京2019.03.20 21:59

制裁は日ソ共同宣言に違反〜露駐日大使

北方領土問題に関連し、ロシアのガルージン駐日大使は、クリミア編入を巡って日本がロシアに行っている制裁は、領土交渉の基礎となる日ソ共同宣言に違反しているとの考えを示した。 ガルージン駐日大使「ロシアに対する経済などの制裁に加担することは、それは日ソ共同宣言の第1条に明記されています友好と善隣の精神に合致しているのでしょうか。我々はそうではないと思っています」 また、平和条約交渉を進めるためには、北方領土に対するロシアの主権を認めることや、ロシアの安全保障上の懸念を解消するため、在日アメリカ軍の撤退が必要との認識を示した。 いずれも交渉に対するロシア側の基本的な考え方を表明したもので、日本側は改めて厳しい条件をつきつけられた形。

東京2019.03.20 21:55

ロッテとブルボン自主回収へ 金属片混入か

ロッテとブルボンは20日、クッキーなどに金属片が混入している可能性があるとして一部商品の自主回収を発表した。 回収の対象はロッテの「ビックリマンチョコ」や「チョコパイ6個入り」など8品目、およそ151万個。さらに、ブルボンも「アルフォートミニチョコレート」や「プチチーズ」など7品目、およそ60万袋を自主回収する。 19日にヤマザキビスケットが原料に金属片が入っていたとして自主回収を発表しているが、ロッテやブルボンも同じ宇部興産から仕入れた膨らまし粉を使用していた。製造過程で機械の金属が破損して混入した可能性があるとしており、口に入れるとけがをする恐れがあるという。 宇部興産では食品メーカーなどおよそ50社に破損した機械を使った製品を納入しているが、影響は「わからない」としている。

東京2019.03.20 21:49

死んだクジラの胃からビニール袋40キロ

フィリピンで海岸に打ち上げられたクジラの胃から、40キロものビニール袋が発見された。海洋汚染による生物への被害が深刻化している。 ロイター通信などによると、フィリピン・ミンダナオ島の海岸で16日、アカボウクジラが衰弱した状態で打ち上げられ、その後、死んだ。海洋生物学者などが死んだクジラの胃を解剖したところ、胃の中には、米用の袋などを含む約40キロものビニール袋が入っていたという。このアカボウクジラは死ぬ直前まで血を吐いていたということで、死因は胃の中にたまったごみによるものとみられている。 フィリピンの海洋生物学者によると、過去10年間で61頭のクジラがフィリピンの海岸に打ち上げられ、うち57頭が漁の用具やプラスチックごみなどが原因で死んだという。 アメリカの海洋保全団体が発表した2015年の報告書によると、世界の海のプラスチックごみによる汚染の約6割がフィリピンや中国、インドネシアなど、経済成長を遂げているアジアの5か国によるものだという。

2019.03.20 21:33

実質賃金の伸び率 厚労省「算出は困難」

毎月勤労統計における不正調査の問題を受けて、野党側が求める方法で実質賃金の伸び率を算出できるか話し合う厚生労働省の検討会は、「さらに検討する」などとした中間報告を国会に提出した。 野党側はこれまで、不正な調査が発覚後、再集計した去年1月から11月の毎月勤労統計で、前の年に調査したのと同じ事業所の数値同士を比較して、実質賃金の伸び率を算出するよう求めてきた。 これを受けて、厚労省は専門家による検討会を設置し、議論してきたが、20日、国会に中間報告を行った。それによると、同じ事業所の数値はサンプルに偏りがあることなどを指摘し、算出は「困難」としている。その上で最終的に算出し、公表するかについては「さらに検討するため必要な作業を進める」と報告した。 これに対し、野党側は反発している。 立憲民主党・逢坂政調会長「税金を使って長い時間をかけて引き延ばし工作をしているとしか思えない内容だ」 立憲民主党の逢坂政調会長はまた、「政府は、実質賃金の伸び率がマイナスになるから出したくないのだろう」と述べた上で、予算委員会の集中審議の開催を求めていく考えを示した。

東京2019.03.20 20:39

“平成改元行政文書”保存期限を5年間延長

内閣府は、元号を「平成」に改めた際の経緯などを記した行政文書について、今月末までの保存期限を5年間延長することを決めた。 1989年に作成された、平成の代替わりの際の行政文書は、今月31日に30年の保存期間が満了する。保存期限を過ぎた行政文書は原則、国立公文書館に移管されて公開されるが、来月1日の新たな元号の発表や5月1日の改元と時期が重なることになる。 このため、内閣府は、静かな環境で代替わりを迎えることが望ましいと判断し、保存期限を5年間、延長することを決めた。これにより、2024年3月末までは、情報公開請求に対して開示が認められない限り、公開されないことになる。 今後、さらに保存期限を延長するかどうかは、5年がたった時点で改めて判断するとしている。

東京2019.03.20 20:35

5年で約10倍…“バニラ高騰”影響と対策

止まらない食品の値上げ。中でもアイスの値上げが相次いでいて、背景の一つとしてバニラの原料の高騰が指摘されている。菓子作りの現場全体に広がるその影響とは?           ◇ ■人気メニューがピンチ…菓子店悲鳴 都内にある洋菓子店。フランスの焼き菓子を中心に約20種類のメニューを販売している。人気メニューの一つが、カスタードがたっぷり入ったシュークリーム。しかし、店ではある懸念が。 パティスリーレザネフォール・菊地賢一代表取締役「もうバニラを使っているメニューをやめるしかなくなってしまうので」「状況はひっ迫しています」 さらに、こうした動きはアイスにも。「ハーゲンダッツ」は6月の出荷分から20品目ほどのアイスクリームを値上げすると発表した。対象となるのは、ミニカップやクリスピーサンドなどで、20円から100円ほどの値上げを予定している。 こうした要因の一つとなっているのが、植物のバニラの種を加工したバニラビーンズの高騰だ。輸入を行うメーカーによると、日本ではその輸入の8割ほどをマダガスカル産に頼っているが、2017年の台風の影響などで生産が減少。さらに、中国などでは需要が拡大していることが要因だという。6年前は1キロの平均価格が約6000円だったものが、2018年には約6万円にまで上がり、10倍ほどの価格になっていた。 パティスリーレザネフォール・菊地賢一代表取締役「(仕入れ価格は)2〜3年前だと、1キロ1万5000円ぐらい。今現状ですと、1キロ12万円から13万円ぐらいになっています」 仕入れ価格が高騰しているため、香りづけなどに欠かせないバニラビーンズを購入するのが難しい状況に。シュークリームの他に、フランスの焼き菓子・カヌレにも影響が出ているという。 では、どんな対策を取っているのだろうか。カスタードクリーム作りを見てみると…。バニラの風味を少しでも出すため、バニラビーンズより安く手に入るというバニラペーストなどの代用品で対応していた。 ■あの北海道土産にも…メーカーは独自対策 一方、大胆な試みで対応しようとする動きも。北海道土産の定番「白い恋人」は、ホワイトチョコの風味を豊かにするため、バニラビーンズは欠かせないという。一体、どんな対応なのか。 取材班は札幌市内にあるビニールハウスに向かった。「白い恋人」を製造する「石屋製菓」では、バニラの価格高騰に対応するため、2017年から自社でバニラを栽培。バニラは低温に弱いため、暖かいハウスでの栽培が適しているという。 石屋製菓・新規事業支援室 澤田修平主査「自社で使う分だけではなく、販売の方もしていきたいなと」 来年の出荷を目指しているという。

2019.03.20 19:59

だいたひかる、乳がん再発「しつこく治療」

2016年2月に乳がんのため右乳房の全摘手術を受けたお笑い芸人のだいたひかる(43)が20日、再発したことを公表した。 だいたはこの日、ブログを「検査結果」というタイトルで更新。 「検査結果は再発でした。全摘しても再発するのか…と皆さんの不安を煽りそうで嫌なのですが、全摘して再発する人はごく稀なケースなので、全摘した皆様ご心配なくです」と報告した。 今後の治療についても「これから薬を変えたり、放射線をするなど次の手を打ちます」と記述。 早期発見だったようで、「1年に1回の細かい検査で4ミリという、小さい時点で見つけられた事を喜びとして、(今回見逃して1年後にどれ位になるか考えるとゾッとします)ガンはしつこいですが、ガンよりしつこく治療していこうと思います」と記している。

東京2019.03.20 19:40

神戸蘭子、第2子出産報告「たまらない」

モデルの神戸蘭子(36)が第2子を出産したことが20日、分かった。 神戸はこの日、「出産。」というタイトルでブログを更新。「先日、第二子を無事に出産しました」と報告した。 神戸は2016年5月に第1子を出産。家族が増え、「これからもきっと大変な事もあり、不安もありますが、楽しみもいっぱいです。より賑やかな家庭になるといいな。2人の子供の母として、さらにパワーアップしていきたいです!」と記している。 また、生まれたばかりの赤ちゃんが神戸の指を握る写真もアップ。 「小さいお手手がぎゅっと握りしめてくれる、この感じ。たまらないです」と幸せいっぱいの様子でつづっている。 なお、所属事務所によると、出産日時や体重など詳細は公表していない。

東京2019.03.20 19:40

聖火リレーのトーチお披露目「桜」モチーフ

東京オリンピックの聖火リレーで使われるトーチがお披露目された。 東京オリンピックの聖火リレーのトーチは、「桜」をモチーフにしていて、花びらと五輪に見立てた5か所の穴からそれぞれ火が出て、一つの大きな炎になる。 トーチは1万本以上が用意され、東日本大震災の被災3県で解体された仮設住宅の資材を再利用したアルミニウムも使われている。 トーチをデザインした吉岡徳仁さん「被災地の方々の心の復興になるようなものを作りたいというのがすごくあった」 聖火は来年の3月20日、宮城県の航空自衛隊松島基地に到着し、被災3県で「復興の火」として展示された後、3月26日に福島県のJヴィレッジからリレーがスタートする。具体的な聖火リレーのルートは、夏に公表される予定。 また、聖火リレーの公式アンバサダーには、柔道五輪金メダリストの野村忠宏さん、パラリンピック射撃の田口亜希さんのほか、女優の石原さとみさんと漫才師のサンドウィッチマンが就任する。

東京2019.03.20 19:35

平成最後の皇居・乾通りの一般公開へ

桜が見頃を迎える見込みの今月30日から来月7日にかけて、平成最後の皇居・乾通りの一般公開が行われる。 宮内庁は、皇居・乾通りの一般公開を3月30日(土)から4月7日(日)までの9日間行うと発表した。一般公開時には桜が見頃を迎える見込みで、乾通りに植えられたソメイヨシノやシダレザクラなど様々な種類の桜や、お堀や石垣など皇居ならではの景色を楽しむことができる。 乾通りの一般公開は天皇陛下の傘寿・80歳を記念して2014年に始められたが、今回が平成最後の公開となる。 JR東京駅側の坂下門から入り、日本武道館側の乾門か東御苑に抜けるコースで、入場は午前9時から午後3時半まで、事前申し込みは不要。

東京2019.03.20 19:32

音大卒業生らの演奏会 皇后さまらが鑑賞

皇居の音楽堂で、音楽大学の卒業生らによる恒例の演奏会が行われ、皇后さまや皇太子ご夫妻をはじめ、皇族方がそろって鑑賞された。 20日午後、皇居の東御苑にある音楽堂・桃華楽堂で行われた演奏会は、毎年、卒業シーズンにあわせて都内の音楽大学などで優秀な成績を修めた卒業生たちを招いて開かれている。 20日の演奏会は皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら皇族方がそろって鑑賞された。東京芸術大学など5つの大学から12人の卒業生が参加し、バイオリンやピアノの演奏、ソプラノの独唱などを披露した。 皇后さまは、演奏が終わるたびに拍手を送り、隣の皇太子さま、秋篠宮さまと笑顔で会話をされていた。

東京2019.03.20 19:22

女子生徒に“スラックス”制服多様化のワケ

学生服といえば、女子はスカート姿というこれまでの常識が今、変わりつつある。女子学生が男子と同じスラックスを選べる学校が増えているという。背景に何があるのだろうか。           ◇ ■今年導入の高校では女子生徒の2割が購入 長崎県諫早市の県立西陵高校。春休みを目前に、生徒たちは真剣な表情で授業に取り組む。その制服をよく見ると、スカートではなくスラックスをはいている女子生徒がいた。この高校では今年の1月から、女子の制服として、スカートのほかにスラックスも選べるようになった。 スラックスを買った生徒「朝とか帰りが寒いので、ズボンだったら暖かいと思って買いました」「スカートよりも動きやすいし、スカートが広がるのを気にしなくていいので楽です」「普段着があまりスカートをはかなくて、ズボンとかカジュアルな格好が多いので、はいてみたいと思いました」 学校側の予想を超えて、女子生徒の2割にあたる66人が購入したというスラックス。なぜ導入を決めたのだろうか。 生徒指導部・百枝貴志教諭「今年度初めに提案してですね。固定観念を払って、女子にもズボンをはいてもらおうと。多様な制服の選択ができるようにというのが第一ですね。あとは防寒対策と、性的被害の未然防止、自転車通学者がいるのでそれの配慮」 女子生徒たちも、この決断を歓迎していた。 女子生徒「女子はスカートとか決まってなくていいと思います」 スカートとスラックス、どちらも選べるようにする動きは全国で広がっている。東京・八王子市の都立高校では、去年4月に入学した女子向けにスラックスを導入。性別にとらわれず選択できるようにしたという。 ■多様化する制服…男子がスカート可の中学校も 千葉県柏市の市立中学校でも、女子用のスラックスが導入された。男子がスカートやリボンを選ぶこともでき、学校側は「自由に組み合わせて着てほしい」としている。 制服を選ぶ自由。その背景には、こんな配慮も。文部科学省は4年前、性同一性障害などの子どもについて、それぞれが認識する性別の制服着用を認めるなど、対応への配慮を求める通知を全国の学校に出した。これをきっかけに、性別に関係なく選べる制服が広がっているという。 学生服大手のトンボに聞いた。 トンボ・スクール商品開発課 奥野あゆみさん「弊社の取り扱いの学校で、今年からスラックスを採用した学校は昨年と比べると約2倍、2年前と比べると約3.5倍増えています」 現在、女子用のスラックスを300校近くに納入しているという。 トンボ・スクール商品開発課 奥野あゆみさん「性的マイノリティーの生徒だけではなく、子どもたちは時代の背景によって、抱えている悩みはいろいろ違っているので、そういったところに配慮した支援をできれば」 ニーズに合わせて多様化する制服。生徒たちが自分らしくいられるよう、今後も普及が進むとみられている。

2019.03.20 19:16

ダンスイベント7人搬送 菓子に大麻成分か

今月、東京・荒川区で行われたダンスイベントで、参加者7人が体調不良を訴え、病院に搬送された。7人の尿からは大麻の成分が検出され、警視庁は7人が食べた菓子に大麻の成分が含まれていたとみて調べている。 警視庁によると、今月10日、東京・荒川区で行われたダンスイベントで軽食を食べた50代から80代の男女7人が吐き気など体調不良を訴え、病院に搬送された。 その後、病院で検査したところ、7人の尿から大麻の成分が検出された。7人は会場で外国製とみられる同じチョコレートを食べていたという。 チョコレートはイベント参加者らが軽食として誰でも自由に取れる場所に置かれていて、警視庁はチョコレートに大麻の成分が含まれていたとみて調べている。

東京2019.03.20 18:29

新幹線車内にハサミで傷 男性が不起訴処分

東海道新幹線の車内で、ハサミで壁を傷つけたとして逮捕された男性が不起訴処分となった。 先月20日、JR三島駅から熱海駅の間を走行中の東海道新幹線の車内で、ハサミで壁を傷つけたとして逮捕された56歳の男性について、横浜地検小田原支部は19日付で不起訴処分とした。 検察は不起訴の理由について明らかにしていない。

2019.03.20 18:16

安倍首相 4選を明確に否定

安倍首相が自らの自民党総裁4選を明確に否定した。 安倍首相「連続3期9年までというのが自民党の明確なルールでございますので、正真正銘3期目が最後の任期となります」 去年の総裁選で3選を果たした安倍首相は、再来年9月に自民党の規約で定められた任期の満了を迎える。4選をめぐっては自民党の二階幹事長が「十分あり得る」と述べる一方、党内から反発も出ていた。

東京2019.03.20 18:16

都会で楽しめる新感覚の“桜イベント”

もうすぐ桜の季節が到来。そこで今、ひと足お先に、新感覚の“桜”を楽しめるイベントが続々登場しているんです。家田恵理佳ちゃんが取材しました。 まずやってきたのは、日本橋にある商業施設です。先週から日本橋一帯でスタートした“桜フェスティバル”。人の動きに反応して桜を一面に咲かす、プロジェクションマッピングが楽しめます。 さらに、ビルの間に満開の桜が出現。よく見ると、葉の一枚一枚に電球があります。その数、約10万個!本物の桜を再現するために、最新技術が使われていて、センサーが風をキャッチすると、ライトが揺らめく仕掛けです。風に揺れる桜を表現しています。 恵理佳ちゃん「本物の桜とは違った味わいがありますね。日本に生まれてよかった!」 グルメも注目!日本橋周辺の約190店舗で様々な“桜グルメ”が登場。ステーキ店で食べられるのはロールケーキに桜あんを合わせたスイーツ。 恵理佳ちゃん「口の中が桜満開です!桜餅のような風味で、華やかな香りといちごの酸味が合わさってこれはおいしい!」 特製の桜あんは、白あんをベースに桜の花の塩漬けを練りこんだもので甘さと塩気、いちごの酸味が絶妙にマッチしています。 スイーツだけではありません。あるレストランでは、桜えびと菜の花をたっぷりのせたピザが登場。特徴は付け合わせのオリーブオイル。実は、桜の塩漬けを1日漬け込んでいるんです。 恵理佳ちゃん「桜のオイルで爽やかな香りで、菜の花のシャキシャキ感も楽しめて、春らしい一枚ですね」 お次は、品川にある水族館。今月から、ペンギンと“お花見”気分が味わえるイベントや、クラゲと桜色のコラボレーションなど桜をテーマにした企画が盛りだくさんです。中でも注目は、360度から楽しめる新感覚のイルカショーです。ショーが始まり、会場は桜満開に!舞い散る桜に合わせてイルカが豪快にジャンプ。 恵理佳ちゃん「すごい!!」 360度に12台ものプロジェクターが仕掛けられているので迫力満点です。 【お問い合わせ情報】 (1)日本橋桜フェスティバル 【電話】03−3242−0010 (日本橋案内所 10:00〜21:00) ★会期は4月7日(日)まで。各イベントの詳細は、日本橋案内所にお問い合わせください。 (2)マクセル アクアパーク品川 【住所】東京都港区高輪4−10−30(品川プリンスホテル内) 【電話】03−5421−1111 <音声ガイダンス> 【営業時間】10:00〜22:00(最終入場21:00) 【料金】※いずれも税込み ・大人(高校生以上)2200円 ・小・中学生    1200円 ・幼児(4歳以上)  700円 ★サクラアクアリウムの会期は4月21日まで。各イベントの詳細は水族館にお問い合わせください。

東京2019.03.20 18:13

景気判断を3年ぶり下方修正 月例経済報告

政府は3月の月例経済報告で、景気の判断を前の月に比べ下向きに修正した。政府が景気認識を下方修正するのは3年ぶり。 3月の月例経済報告で政府は、これまで「緩やかに回復」としてきた景気の総括判断に「このところ輸出や生産の一部に弱さもみられる」と付け加え、3年ぶりに下方修正した。 中国向けの輸出が落ち込み緩やかに増加、としていた生産がおおむね横ばいになったためとしている。 一方で個人消費と設備投資は増加が続いているため、景気が回復局面にあるという認識そのものは維持した。 政府は今回の下方修正で、戦後最長の景気回復が途切れたとは考えていないとしているが、専門家は「輸出の落ち込みなど、状況が厳しくなっていることは確かで、当面、景気が悪化する不安は残るだろう」としている。

東京2019.03.20 17:54

旧民主の鷲尾氏が自民入党へ 新たな火種に

旧民主党で無所属の鷲尾英一郎衆議院議員が20日、自民党に入党届を提出し、党内で新たな火種となっている。 鷲尾議員の入党は二階幹事長が主導したものだが、同じ選挙区には他の派閥の現職議員がいるため調整が難しくなると批判の声が上がっている。 鷲尾氏は新潟2区選出で、将来的には二階派に所属するだろうとみられている。しかし、同じ選挙区には安倍首相の出身派閥である細田派の細田健一議員がおり、競合することになる。 細田派の幹部からは反発の声が上がっており、20日の緊急会議では細田議員を支持する方針を確認した。 自民党・細田派 下村事務総長「細田健一をしっかり守っていくということについては執行部にもしっかり伝えたいと思います」 鷲尾氏については地元の県連でも支持する動きがあり、二階氏の周辺は「選挙に強い議員を受け入れるのは当然だ」と述べている。しかし二階幹事長が野党だった細野豪志議員を自らの派閥に入れたこともあり、「自分の派閥を拡大しようとしてやり過ぎだ」と反発の声も高まっている。

東京2019.03.20 17:46

離れた場所“つなげて”世界を変える男 5

株式会社ブイキューブ代表取締役・間下直晃氏に聞く「飛躍のアルゴリズム」。最後のキーワードは「自分たちが欲しい物を創る」。間下氏の語る“飛躍のアルゴリズム”とは? ■“困って作ったもの”が成長の原動力に ——間下さんの飛躍のアルゴリズムをお願いします。 「自分たちが欲しい物を創る」と書きました。先ほどからの話にもあるように、実は我々が成長してきたものの中心は、我々自身が困って作ったものが多い。当然、思いも違いますし、本当に何が必要かというのが一番わかるじゃないですか。こういうものを中心に据えて、しっかり取り組んでいくとそういう飛躍のアルゴリズムにつながるのではないかなと思います。

東京2019.03.20 17:38

離れた場所“つなげて”世界を変える男 4

株式会社ブイキューブ代表取締役・間下直晃氏に聞く「飛躍のアルゴリズム」。4つ目のキーワードは「これから求められる人材とは」。海外でも活躍する間下氏だからこそ見えてくるキーワードとは? ■多様性を受け入れるのも“能力” ——時代の流れに敏感にビジネスを進めてきた間下さんですが、その視点から見た、これから求められる人材を教えていただけますか。 月並みな話になりますが、ここから先グローバル化がどんどん進んできますので、世界の標準語である英語をしゃべることは当然になるのではないかなと思います。それと多様性です。先ほどもお話ししたようにシンガポールは多様性がありますが、日本は残念ながら多様性はあまりない国とされています。 日本人が中心で日本の常識で動いているわけです。ただ、シンガポールに行くと食べるものも全然違ったり、宗教も違う。その中でお互いの違いを理解した上で、ビジネスをしていくことが求められますから、グローバル化が進むと多様性を受け入れられる人材というのは当然必要になると思います。 同時に「常識を疑う力」は非常に重要になると思っています。常識を疑うというのは、何か新しいことをしていこうとか、世の中を変えていこうと思うと、常識に沿っている限りは変わらないわけですね。 本当に今の常識は正しいのかとか、この常識が世の中にとっていいのかということをしっかり見ていかないと変えていくことはできないですよね。変化が激しい時代になってきていますから、今自分が持っている常識を疑っていかないと前に進めないのではないかなと感じています。 ■「変わらないこと」は将来足かせになる ——常識を疑うところまではできても、もう一歩、やってみようというとこまでなかなか行けない人が多いと思うんですけど、そういうときはどう頑張ればいいんでしょうか。 どんどん前に進むしかない時代、そして変わったからといって実は死ぬわけでもないし、どんどんトライをして変わり続けられるんだということを理解していく必要があると思いますし、「変わらないこと」が実はこれから先、非常に足かせになるということを認識していく必要があると思います。 ——逆境をチャンスに変える力というのもまた求められるところだと思われますか。 そうですね。逆境を楽しむぐらいになってくるとやはり世の中はもっと明るくなるのではないかなと思います。

東京2019.03.20 17:37

離れた場所“つなげて”世界を変える男 3

株式会社ブイキューブ代表取締役・間下直晃氏に聞く「飛躍のアルゴリズム」。3つ目のキーワードは「シンガポールに移住、社長が先頭に立ち海外展開」。シンガポールに拠点をおいた意外なワケとは—— ■現地の様子、肌で感じるために ——間下さんは2013年からシンガポールに拠点を移してそこから東京の本社に指示を出しているということですが、なぜシンガポールへの移住を決断されたのでしょうか。 実は2009年から東南アジアに向けた展開を開始しているんですが、なかなか進まないんです。なぜかとみていくと、現地から上がってくる色々な不思議なリポート——現地はこうだから、こうしなければ売れませんという言い訳なのか、本当なのかわからないリポートが上がってくるんです。 これは日本にいると日本の常識ではなかなか理解できないんです。ずっとテレビ会議を通じたり、出張を通じながらコミュニケーションをとってやっていましたが、なかなかそれがどうなるかわからない。そうなると本社は動いてくれないんです。東南アジアで頑張っているチームがいても、本社が協力しないので、なかなか前に進まないということに気づいたのです。 これを解決するためには自分が行ってみるしかないと。行ってその場にいれば現地の様子は肌で分かりますし、特に日本のことは感覚がわかっているのでテレビ会議でシンガポールから日本に指示をしていてもできるんですよ。この差は大きかったですね。 ——実行派というか行動派というところですね。 まあ、海外に住んでみたかったというのもあるんですけどね(笑)。 ■アメリカが“行きにくい場所”狙った ——数ある東南アジアの国の中でシンガポールを選んだ理由というのは何かあったんですか。 アジアでの展開を考えるとその国の安定性や知的財産の保護みたいなものが当然重要になってきます。だから選択肢としては、まずひとつ、シンガポールが出てくる。家族も一緒に行くことになっていたので、家族にとって一番安心安全なのはシンガポールだったということだと思います。 ——ビジネスとしてシンガポールがやりやすいというメリットもあったのでしょうか。 それもあります。シンガポールはやはり周辺国から色々な方々が集まってくる場所なんです。実はシンガポール人は人口の半分以下しかいなくて、外国人が非常に多く、ものすごく多様な国なんです。色々な人材を集めやすいというのは非常に大きなポイントです。当然ハブになっていますから、そこからどこにでも行きやすいというのは非常に大きいと思います。 ——アメリカに企業を置くところも多いと思うのですが、アメリカではなくシンガポールというのは何かあるのでしょうか。 アメリカがITの世界では一番大きな国ですから、アメリカへの展開というのも、もちろん2003年からやっていました。そこで気がついたのは、やはり資本力の差が日本企業ではなかなか埋まらないということです。調達できる資金であったり、上場したときにつく時価総額の評価みたいなものも同じ規模でもアメリカの方が圧倒的に大きくなってしまう。そうなったときになかなかアメリカでそういった会社と対等に渡り合うのは難しい。 逆に彼らが行きにくい場所というのは、実はアジアなんです。アメリカからは遠いですし、分からない地域であるアジア。こういったところで逆に我々の立ち位置をつくっていくというふうになりました。

東京2019.03.20 17:35

離れた場所“つなげて”世界を変える男 2

株式会社ブイキューブ代表取締役・間下直晃氏に聞く「飛躍のアルゴリズム」。2つ目のキーワードは「リーマンショックで上場延期、しかしピンチがチャンスに」。その真意を聞いた。 ■リーマンショックがチャンスに ——テレビ会議がインターネットでできるシステムを主力事業に据えたことでブイキューブは順調に発展しました。2009年には上場を目指して準備を進めていたということなんです。しかしその時リーマンショックが起きたんですよね。これがチャンスになったということですが、どういうことなのでしょう。 リーマンショックによって起きたことというのは、やはり全体的に景気が悪くなりますから、経費を削減しないといけないというふうになります。そうした時にやはり大きな経費として移動交通費というのがあるんです。そういう交通費の削減をしたいとなると、テレビ会議が有効だという発想になります。多くのお客様がそれに気づいてきてくれたのです。 同時に経費削減ですから、投資もできない。いわゆる専用の機械を使ったような昔からあるテレビ会議、これは先ほど我々は買えなかったように1000万とか値段が高いですから、これを買うことも許されないわけです。 我々みたいにパソコンとかスマートフォンで動く安価に使える仕組み、こういったものにお客様からの注目が一気に集まったというのがリーマンショックによって起きた我々にとっては良い効果だったと思います。 ■「悩んでいる暇はなかった」 ——ただリーマンショックで上場が一時延期となりました。社内の雰囲気はどうだったのですか。 「上場するぞ」とみんなにいっていたわけではないので、しかし関わった人からするとがっかりな部分はありますよね。 ——真下さんご自身はモチベーションが普通に考えればちょっと下がってしまった時だったのかなと思うのですが、その時はどういう気持ちだったのですか。 がっかりした部分はありましたが、世の中が大きく変わり始めたタイミングでもあり、先ほどのお話の通り我々にとってはすごいチャンスだったんです。1年間でお客さんは3割増えましたから、非常に飛躍するチャンスだったんです。 ただ、同時にみなさん2008年までは、先ほど1000万とか高い仕組みだと買えないという話をしたものの、それまでは我々の仕組みを丸ごと買っていただくような大企業が何千万円で買ってくれていたんです。 だから、比較的すぐに売り上げや利益が計上できたので、2009年に上場できるかもしれないというところまでいったのですが、2009年からは月額課金モデル、我々はクラウドといっていますが、月々の利用料金を払っていただいて我々の仕組みを使っていただくようなモデルに変わりました。 これは、なかなか売り上げがすぐに上がらないんです。毎月払っていただくということは、毎月売り上げじゃないですか、時間がかかるじゃないですか。そうすると短期的にはものすごく厳しくなるんですね。ですのでもう悩んでいるヒマはないんです。 なんとかこれを切り抜けて、ただお客さんがどんどん増えてきますから、増えていけば将来は明るい。しかし、足元を何とか回していかなければいけない。上場の延期のショックよりも目の前は何とかして、次につなげていかなければいけないという方が大きかったですね。 ■ドローンを現場に飛ばして“つなげる” ——ピンチをチャンスに変えて、世の中の変化も自身のビジネスへ変化させるきっかけにする力で動かれてきたんだと思うのですが、今また新たにドローンを活用されたビジネスも始めたそうですが、どういうものなのでしょう。 これはドローンのハブ、“ドローンハブ”という仕組みで、我々からカーブアウトしたセンシンロボティクスという会社でやっておりますが、災害対策やインフラの点検など、色々な社会課題があって人が足りません。 例えばインフラがどんどん老朽化している中でそれを点検する人がいない、または災害が起きたとき、どうやって被害を最小限にしていくか、こういうところでドローンが活躍できる場が出てきています。そこに我々のテクノロジーを使っていこうということです。 (モニターに映っている)こちらはドローンの基地局で普段は閉まっているのですが、必要に応じて開いてドローンが飛び立って現場に飛んでいき、現場の様子をテレビ会議を経由して指令室から見ることができる。そういった仕組みを色々なところにも提供しています。 ■世の中をイーブンにしていく ——離れた場所にいる人同士がコミュニケーションをとれるという意味では今までの技術をさらに応用して、活用したという形ですね。他にもなにか新しい取り組みなどはあるのでしょうか。 やはり働き方だけではなくて、世の中に色々ある地域格差みたいなものや東京一極集中の問題、少子化の問題、これらをどう解決するかということに取り組んでいます。 例えば東京にいないと仕事がない、子供の世話をしなければいけないから仕事ができない、介護があるから仕事ができない…これらはよくある話ですよね。こういったところをテレビ会議やウェブ会議の仕組みを使って解決していこうという流れの延長で、いま例えば地方に行くと医者が足りない、先生が足りない、こういったところを我々の映像の仕組みを使って解決していこうと。 具体的にいいますと、今までは、必ず面前で会わないといけないとされていたものがどんどん変わってきているんです。テレビ会議であってもいい。お医者さんに行くのもテレビ電話を通じて行けばお医者さんに行くことができたりとか授業をテレビ電話を通じて受けることができるようになったりとか、こういった変化が起き始めています。 こういうところに我々の仕組みを提供して世の中をよりイーブンにしていく。こうした取り組みをさせていただいています。

東京2019.03.20 17:33

離れた場所“つなげて”世界を変える男 1

様々なジャンルのフロントランナーからビジネスのヒントを聞く「飛躍のアルゴリズム」。今回のゲストは、株式会社ブイキューブ代表取締役・間下直晃氏。働き方改革が進む中、注目されているひとつがWeb会議システム。このサービスを生み出した背景には、間下氏の経験と行動に基づいた確かな勝算があった。(聞き手:青木真波記者 日本テレビ報道局・経済部) 【間下直晃氏プロフィール】 1977年東京都新宿区生まれの41歳。慶応義塾大学理工学部在学中の1998年、20歳の時に企業のホームページ制作やシステム開発を行うブイキューブインターネットを設立。その後、Web会議サービスの提供へと事業を転換。2012年12月からはシンガポールに移住し、海外での事業拡大を、自ら先頭に立ち進めている。ブイキューブはその翌年の12月に東証マザーズに上場、2015年7月には東証一部に市場変更している。 ■学生時代にHP作成、全てはそこから始まった ——1つ目のキーワードは「ホームページ制作からテレビ会議に。きっかけはアメリカ進出」。間下さんは初めに会社を作ったのは、大学在学中の20歳の頃だったということですが、きっかけはあったのでしょうか。 学生になるとアルバイトをしますが、どうも人がやっている普通のアルバイトをしたくなくて、何か違ったものはないかと探していたんです。20数年前ですから、インターネットがまだ世の中に始まった頃です。ホームページはまだ一般的ではなかったのですが、ホームページを作りたいという声をいただいたんです。当時は、今みたいにレベル高くないですから簡単に勉強すればできちゃったんです。 ——もともと知識はあったんですか? 理工学部にいましたし、パソコンは家にもありましたので、そこの知識を使いながら少し勉強して2週間かけて作りました。今の時代は、立派なホームページがありますが、当時は写真とテキストがあったら十分なんです。2週間で20万円もらえました。 ——それはすごいですね。 学生の20万円はとても大きいと思います。それと同時に自分たちがやったことに対してお金をもらえることが、すごくうれしかったんです。 ■就活の時期には、すでに会社が軌道に ——当時の時代背景とかインターネットが普及し始めたというのもまたポイントだったと。 そうですね。まだまだ世の中でインターネットが一般的になっていない時代ですから、実は20万円ってお客さんからするとものすごく安かったんです。当時の相場は多分200万くらいだったろうと、後になってわかったんですが、200万のものも私たちが作ったのもあまり変わらなかったんです。お客さんからすると、とても安いのにちゃんとしたものを作ってくれるということで、どんどん紹介で広がっていったというのが始まりですね。 ——就職活動は考えなかったですか。 実は就職しようと思っていました。ただ、就職活動する時期、2001年の頭ぐらいですね、この時によく見たら自分の社内に正社員がいると…これは辞められませんよね。しっかり続けていかなければいけない。そして軌道に乗っていましたから、辞めてまた一から会社に入るのもどうなのかなと思いまして、就職活動をやめて、そのまま本格的にやっていこうということで株式会社にして展開を進めていったというかたちです。 ■「Web会議」は自分たちが欲しかったもの ——その企業のホームページ制作が発展した形から始まった会社ということなんですが、今のブイキューブはテレビ会議とかWeb会議のサービスが主力事業になっているそうで。なぜこの事業を主力に? 実は2003年にアメリカにオフィスを開いています。ブイキューブUSAという会社で今も展開していますけど、当時は携帯電話のiアプリなどを開発していて、これをアメリカに持っていこうということで作った会社なんです。つくった途端に、日本とアメリカのコミュニケーションに困りました。小さな会社ですから、私が日本にいるとアメリカの仕事はとまり、アメリカにいると日本の仕事は止まるんです。 これはコミュニケーションをなんとかしなきゃいけない。でも、電話やメールでは埒(らち)があかないし、出張するにも限界があります。じゃあこれはテレビ会議だろうと。テレビ会議を買おうと思ったら1千万ぐらいかかるんです。 当時は安いものはありませんでしたから、我々の規模ではとても買えない。しょうがないからもう作るかということで、社内で相談をしていたら、作ってもらったのが簡単なパソコンで動く映像をやり取りするソフトウエアだったんです。これを私が使い、目の前の人間(現在のCTO)に、要望を出すと、どんどん良くなっていくんですね。半年もすると立派な、今でいうWeb会議の仕組みができ上がったんです。 ——最初は自分の会社の海外進出で、テレビ会議が必要になったと。そこからシステムをどんどん進化させていったということですか。 そうです。で、ある時、気づくんです。これってもしかしたら売れるんじゃないか。これと同じことで困っている人はいっぱいいるのではと思い始めたのが2004年です。 そこからいわゆる市場調査やマーケティングで、いろいろなお客様に「こういうものはどうですか?」ということを話しはじめました。これが今まさにやっている本業の始まりなんです。 ■「Web会議システム」の進化版とは? ——そうした中で、電話ボックス型のシステムも新しく開発されたと? これはようやく昨年に出したテレキューブという仕組みで、こういう電話ボックス型の中に入って、電話ができたりとかテレビ会議ができたりするような仕組みです。 いま、働き方改革とかテレワークとかって言葉が世の中に浸透し始めましたが、実は我々がずっとテレワークなどを自分たちでやっているわけです。常に私もあちこち移動しながら会社とコミュニケーションを取って仕事を進めてきているわけですが、一番困るポイントは「場所がないこと」ですね。 例えば、家で何か仕事をする場合に作業はできますけど、家族がいると、テレビ会議とかって難しいですよね。じゃあカフェでできるかというと、騒がしかったり、大事なことは話したりできないんです。空港のラウンジでも電話は禁止です。 つまり、テレワークというけど場所がないじゃないかということに実は僕らはすごく困っていたんです。じゃあ、世の中が変わってテレワークが普及していくにしても、みんなこれに困るなと。これを解決できる仕組みを出そうということで作ったのがこのテレキューブなんです。 ——秘匿性の高い会話もこれだったら大丈夫という面もありますよね。 そうですね。いわゆる普通の電話ボックスと違って、防音や空調も効いていますので、この中に入って静かな環境で、どこかとのコミュニケーションを取ることができると。こういったものがオフィス内にあれば便利ですし、家の中に置くのは難しいかもしれませんが、例えばショッピングモールや駅、空港、病院とかに置いてあると、働く場所とかが広がってくるわけですよね。

東京2019.03.20 17:23

家裁で離婚調停中の妻刺す 夫確保を撮影

20日午後、東京・霞が関にある家庭裁判所でアメリカ人の男が31歳の日本人の妻の首を刃物で刺したとして現行犯逮捕された。日本テレビのカメラは、男の身柄確保の現場を撮影した。 現場から逃走した男が日比谷公園の中で身柄を確保された際の映像—。複数の警察官が男を取り押さえているのがわかる。 警視庁などによると、20日午後3時半前、東京・霞が関で「家庭裁判所1階玄関で女性が首を刺された」と通報があった。警察官がかけつけると、日本人の女性が家庭裁判所のロビーで血を流して倒れていて、病院に搬送されたが、心肺停止の状態だという。 目撃者「一生懸命警備員の方から逃げようとしていた。刃物を持って逃げているのしか見えない状態で、自分も無我夢中で逃げた」 女性を刺したのは、アメリカ人の32歳の夫とみられ、現場から逃走していたが、近くにある日比谷公園で殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された。女性とアメリカ人の夫は離婚調停中で、20日、家庭裁判所を訪れていたという。

東京2019.03.20 17:06

中2男子が同級生刺す 素行めぐりトラブル

20日朝、愛媛・西条市の中学校で2年生の男子生徒が同級生の頭をナイフで刺し殺害しようとしたとして、現行犯逮捕された。 20日午前8時半ごろ、西条市立西条北中学校で、体育館で行われていた集会中に2年生の14歳の男子生徒が果物ナイフのようなもので、同級生の後頭部を刺したという。刺された生徒は、意識ははっきりしていて命にも別条はないという。 警察は、殺人未遂の疑いで刺した男子生徒を現行犯逮捕した。男子生徒は容疑を認めているという。 居合わせた同級生「一瞬止めようとは思ったが、目の前でやばいことが起こったので体が動かなかった」 2人の同級生によると、加害生徒の素行をめぐって被害生徒との間にトラブルがあったという。警察は、犯行の動機や経緯について捜査を進めている。

東京2019.03.20 16:55

まるで動物園!大量のオブジェのワケは?

乗り合いバスの後部にしがみついている茶髪の女性——赤いハイヒールにミニスカといういで立ち、実はこれは等身大のオブジェです。車内から顔を見れば一目瞭然、ある施設の送迎用バスとして運行しています。 バスに乗り込むお客さん。向かった先にあるのは、兵庫県三田市に建つ“エムクラスガーデン・三田”です。300坪の敷地内にある3階建ての建物に、飲食店をはじめ美容室やマッサージ店、学習塾など8店舗が入居する複合商業施設です。 普通にお店が営業しているだけでなく、屋外の広場や敷地内のいたる所に動物のオブジェが点在するユニークな施設。屋外では5m弱のブラキオサウルスがお出迎え、ほかにもアフリカゾウ、ライオンのファミリー、口を開いたワニなど、リアルなオブジェがいっぱい。まるで動物園のようです。 建物の中にもたくさん設置されていて、オブジェの数は実に300体以上。人間のオブジェもちらほら。仕掛け人の宮田さんは—— 「駅の近くや都心に人が集まるのは当たり前になるので」「少し条件の悪いところで人が集まる仕組みを作りたかった」 SNS映えを意識した空間設計・施工の会社を経営、動物オブジェの設置もプロデュースしています 宮田さん「アニマルを置くお店には、人が集まることはわかっていたので、挑戦という形でこの場所を選んだ」「皆さん写真を撮られるのでSNSを通じて拡散してもらう」 ちなみにバスの後ろがなぜこの“女性”なのか聞くと—— 宮田さん「単純に僕のタイプの女性です」 【the SOCIAL viewより】

東京2019.03.20 16:19

円安傾向うけ…日経平均株価42円高

20日の東京株式市場で日経平均株価は値を上げた。終値は前日比42円7銭高の2万1608円92銭。 アメリカと中国の貿易協議の先行き不透明感から前の日のニューヨーク市場でダウ平均株価が値を下げた。これを受け東京株式市場でも取引開始直後は売り注文が入ったが、円相場が19日に比べて円安に傾いている事から、日経平均株価はその後上げに転じた。 東証1部の売買代金は概算で2兆863億円。売買高は概算で11億4516万株。

東京2019.03.20 16:12

家裁1階ロビーで「女性が刃物で刺された」

警視庁などによると、20日午後3時半ごろ、東京・霞が関にある家庭裁判所1階にあるロビーで「女性が刃物で刺された」と通報があった。女性は、首を刺されて心肺停止の状態だという。 その後、近くにある日比谷公園で被疑者とみられる外国人風の男の身柄が確保されているということで、警視庁が詳しい状況を調べている。

東京2019.03.20 15:59

遠藤憲一「原点に返って、勉強したい」

俳優の遠藤憲一(57)が20日、都内で行われたハウス食品「カレーライスにする?シチューライスにする?」のキッチンカーオープニングセレモニーに出席した。 同CMにも出演している遠藤は、ご飯の「5」とシチューの「4」を掛けた「20」という語呂合わせから、「毎月20日を『シチューライスの日』に制定します」と宣言。 きのう19日もシチューライスを食べたそうで、「おいしいんですよ。ホントに…。シチューライスは、さっぱりしているんで、朝もいけます。僕も仕事に行く前に食べているんで、朝から食べてもらいたい」とアピールした。 「新元号でやってみたいこと」を聞かれると、「もう1回、原点に返って、いろいろ勉強したい。映画を見たり舞台を見たり…なんとか時間を見つけて、ほかの人たちが作り上げた作品をもう一度勉強し直したい」と話した。

東京2019.03.20 15:59

山口智子お疲れの日々?「自然に浸りたい」

女優の山口智子(54)が20日、都内で行われた缶チューハイ「アサヒ もぎたて」の新CM発表会に出席した。 午前10時過ぎに登場した山口は、壇上で同商品をひと口飲んで「あぁ〜!」と感嘆の声を漏らし、「午前中の『もぎたて』もいいですね」とにんまり。 2日から放映される新CM「教えてあげる」編に出演しており、「自分の仕事のポリシーとして、絶対に心から共感できるものとしかお付き合いしないことにしているので、本当に自信をもってお届けできます。ぜひ飲んで幸せになってください!私も幸せになります」と笑顔で同商品をアピールした。 24時間以内に搾汁した果汁を使用した商品にちなみ、「24時間以内にやりたいことは?」と質問されると、山口は「完璧に10時間寝たい。そして自家用ジェットか自家用ヘリを使って、山頂とか、海の広がる崖っぷちに移動して、ただただ自然を眺めて浸っていたい。そしてボーッとしながら『もぎたて』をガーッと飲みたい」と返答。 司会者から「お疲れじゃないですか?」と問われると、「今はちょうど労働期間、一生懸命働く期間に突入しているので…」と話し、笑いを誘った。

東京2019.03.20 15:58

家裁で首刺され女性が心肺停止 男を確保

警視庁などによると、20日午後3時半ごろ、東京・霞が関にある家庭裁判所の中で『女性が刃物で刺された』と通報があった。女性は、首を刺されて心肺停止の状態だという。 その後、近くにある日比谷公園で被疑者とみられる外国人風の男の身柄が確保されているということで、警視庁が詳しい状況を調べている。

東京2019.03.20 15:56

観光客に人気「ゴミ拾い侍」がごみを成敗!

侍の姿で東京・渋谷の街でゴミを拾う集団が、話題となっています。「モラルのない心を成敗」するため、きょうも渋谷の街を駆け巡ります。 「ゴミ拾い侍」が街を行くと急にしゃがんでごみ拾い。ごみを拾いながら、チャンバラパフォーマンスも披露します。 「成敗!」——彼らが腰元に差しているのは、刀ではなく「火ばさみ」。華麗な火ばさみさばきが、SNSに投稿した動画で話題になり、街でも声を掛けられます。外国人観光客にも人気です。 メンバーは「一刀流の悠資(ゆうすけ)」、2か所のごみを同時に拾う「二刀流の恵介(けいすけ)」、挟みにくいビンもなんのその「手刀の洸大(こうた)」です。 彼らは、「劇団 一世一代時代組」に所属する劇団員。公園でおばあちゃんがごみを拾うのを見て、それが“刀をもった侍”と重なり、チャンバラとゴミ拾いを組み合わせることを思いつきました。火ばさみの素振り練習は、欠かしません。 恵介さん「パフォーマンスをしながら(ごみ拾いを)することによって、ごみ拾いをかっこいいイメージにして、皆さんが(ごみ拾いに)興味を持っていただければと、こういう活動をしている」 「ゴミ拾い侍」は、日曜の午後、渋谷に現れます。 【the SOCIAL viewより】

東京2019.03.20 15:42

統計不正“元秘書官の関与”首相見解ただす

国会では20日、厚生労働省による統計不正問題で野党側は、元首相秘書官の関与について改めて安倍首相の見解をただした。 立憲民主党の杉尾秀哉議員は、元首相秘書官が厚労省に問題意識を伝えたのは統計への政治的な介入だと追及した。 立憲民主党・杉尾秀哉議員「戦時中に公的統計がその機能を果たし得なかったことが、わが国を無謀な戦争へ駆り立てたことの痛切な反省から、統計法が戦後制定された。政治から統計への介入というのは厳に戒めるべきなんじゃないでしょうか」 安倍首相「統計の作成に当たっては、恣意(しい)的操作を極力排し、結果の客観性、正確性が保たれることが極めて重要であると」 立憲民主党・杉尾秀哉議員「統計(調査)方法の変更をめぐる中江元秘書官の問題意識の伝達。あれは統計への政治介入ではないんですか」 安倍首相「専門家の皆さんに検討していただきたい。そうした問題意識を伝えることは当然のことではないだろうか」 また杉尾議員は「秘書官は首相の手足であり分身だ。その人が担当者を呼び出したら、どういうプレッシャーになるか分かるだろう」と追及した。 これに対し、安倍首相は調査方法に問題があったことを指摘し、元秘書官が問題意識を伝えたことは当然だと反論した。

東京2019.03.20 15:40

不在連絡票でクレカ不正入手し詐取 男逮捕

クレジットカードが配達された際の不在連絡票を抜き取り、不正に受け取ったカードを使ってあわせて2万5000円相当をだまし取ったとして42歳の男が逮捕された。 警視庁によると、自称・会社員の神馬一太容疑者は今年1月、不正に入手したクレジットカードを使って東京・新宿区の量販店で買い物をし炊飯器など14点あわせて2万5000円相当をだまし取った疑いが持たれている。 神馬容疑者は、渋谷区内のマンションの郵便受けからクレジットカードが配達された際の不在連絡票を抜き取り、郵便局で偽造した健康保険証と一緒に示して、クレジットカードを入手したとみられている。 このクレジットカードではあわせて200万円あまりの不正利用が確認されているが、神馬容疑者は容疑を否認しているという。

東京2019.03.20 15:36

鈴木長官「前に進むしかない」竹田会長退任

JOC(=日本オリンピック委員会)の竹田会長が19日、6月の任期満了での退任を表明したことを受けスポーツ庁の鈴木長官は、「多少の影響はあるが前に進んでいくしかない」などと話した。 スポーツ庁・鈴木長官「色んな諸事情を勘案されて、総合的に今回(竹田会長)ご自身が判断されたんだろう」 スポーツ庁の鈴木長官は「東京大会の招致活動の成功など、竹田会長のこれまでの貢献に改めて敬意を表したい」とした上で、次のようにコメントした。 スポーツ庁・鈴木長官「(Q大会への影響は?)もちろんこういう騒動にもなっていますので多少の影響はあるかと思いますが、我々は止まっているわけには参りませんので、(関係団体と)さらに今後連携を強化して前に進んでいくしかない」

東京2019.03.20 15:28

警察名乗り「アポ電。だまされたふりを…」

電話で資産状況などを聞き出す“アポ電”の警察の警戒につけこんだ手口で、長野県佐久市の70代女性が現金150万円をだまし取られた。 今月中旬、佐久市の70代女性の自宅に甥(おい)を名乗る男から「電車の中でかばんを取られた。すぐに150万円が必要」などと電話があり、女性は現金を用意し市内の駅に向かった。 その後、女性の携帯電話に警察を名乗る男から、「あなたにかかってきたのははやりのアポ電です。警察官を配備しているのでだまされたふりをしてお金を渡して」と電話があり、甥の会社の事務員を装った男に現金150万円を手渡した。女性は警察官が現れないことを不審に思い、詐欺被害に遭ったと気づいた。 “アポ電”を受けた東京・江東区の女性が殺害された強盗殺人事件のあと、警察の警戒を逆手に取った詐欺の手口で警察が注意を呼び掛けている。

長野2019.03.20 15:24

「ありがとう」を伝えることが幸せの近道

世の中で議論を呼んでいる話題について、ゲストに意見を聞く「opinions」。今回の話題は「ありがとう 言っていますか?」。「幸福学」の研究をする慶応義塾大学大学院教授・前野隆司氏に聞いた。 ゴディバジャパンが行った日本語の「ありがとう」に関する調査によると、口頭やメール等で「ありがとう」と伝えている頻度は、1日平均で14.1回だった。年代別でみると、最も多いのが20代男性で29.4回、これは仕事で「ありがとう」と言う機会が多いことが要因とみられる。一方で、最も少なかったのは60代男性の3.5回だった。 また、1日4回以上「声」に出して「ありがとう」と伝える人は、4回未満の人に比べて幸福度が高く、年収も20万円以上高いということだ。 ネット上ではこんな意見が見られた。 「今の日本人、みんな足りないわ」 「年配ほど『すみません』と言う機会が増えている」 「年配は生きていることそのものに感謝している」 ——この話題について前野さんにフリップを書いていただきました。 (年代別幸福度のグラフを出す) 私はこの結果少し意外でした。といいますのは、年齢と幸福度の研究というのがありまして年齢が上がっていくほど幸福度は高まります。 若いときは幸せで、しだいに幸福度が下がりまして40代が底で、そしてまた上がるんです。ということは60代というのは20代と同じくらい幸せなので、しかも感謝を言う人は幸せですから、60代と20代の感謝の数というのは同じくらいだと予想していたのですが、あんなに違うというのは意外でしたね。 ——やはり、仕事の環境や立場で思っていても、なんとなく言わないというか「ありがとう」と言われることのほうが年配の方は多いのかもしれませんね。 思っているのならば、実は幸せかもしれませんし、もしかしたら年配の方は「ありがとう」の回数をちょっと忘れているのかもしれませんね。実は記憶力が低い方が幸せという研究結果もあるんです。 ——例えば、嫌な事を簡単に忘れられたりということもあるんですか。 「ありがとう」の回数をすごく正確に覚えているということが幸せかどうかという議論の余地があるかもしれません。 ——「ありがとう」の前に、つい「すみません」とつけてしまうことがあると思うのですが、これはどうなのでしょうか。 やはり「すみません」はネガティブな単語なので、何かしてもらったら「ありがとう」というほうが幸福度は高まると思いますね。 ——素直に「ありがとう」ということだけを口にしたほうが幸せになるということなのですかね。いずれにしても「ありがとう」をメールでも言葉でもいいので伝えるということが幸せへの近道ということですかね。 なるべく多く言ったほうが良いと思います。 【the SOCIAL opinionsより】

東京2019.03.20 15:22

漫画家の聖地『トキワ荘』再現交番お披露目

手塚治虫さんら昭和の有名漫画家たちが暮らした『トキワ荘』にそっくりな交番が20日、東京・豊島区でお披露目された。 20日にお披露目されたのは、警視庁目白警察署の東長崎駅前交番。この交番は手塚治虫さんや石ノ森章太郎さん、赤塚不二夫さんら日本を代表する漫画家たちが、下積み時代を共に過ごしたアパート『トキワ荘』の外観デザインを取り入れている。 『トキワ荘』は1982年に解体されたが、新しくできた交番は『トキワ荘』の窓の雰囲気などが再現されている。 豊島区は、漫画の聖地としての『トキワ荘』を活用した街のPRを進めていて、目白警察署は、『地域住民に親しまれる交番にしていきたい』と話している。

東京2019.03.20 15:17

透析中止“意思確認が不十分”都が認定

東京の公立福生病院で、透析患者の治療が中止され死亡した問題で、東京都が、透析中止に至る患者の意思確認が不十分だったと認定していることが分かった。 この問題は、去年8月、公立福生病院で重い腎臓病の女性患者の透析治療が中止され、その後、死亡したもので、東京都などが立ち入り調査を行っている。 女性は医師らと話し合った上で、透析治療の中止を希望して確認書に署名していたが、亡くなる前に治療の再開を求める意向も示していたことから、都が、透析中止に至る患者の意思確認が不十分だったと認定していることが分かった。都は今後、病院に対し、文書で指導する予定。 福生病院ではこの女性以外にも、3人が透析治療を中止しその後、死亡していて、都はこれらの経緯についても調べている。

東京2019.03.20 15:15

トランプ氏と“ブラジルのトランプ”会談

アメリカのトランプ大統領と「ブラジルのトランプ」と呼ばれる、極右のボルソナロ大統領が19日、会談し、軍事面も含めた両国の協力関係を強化することを協議した。 ブラジルのボルソナロ大統領はこれまでの左派政権の方針を見直し親米路線を進めていて、その過激な発言から「ブラジルのトランプ」とも呼ばれている。 会談で両首脳は、それぞれの国のサッカー代表チームのユニフォームを交換し、友好関係をアピールした。 トランプ大統領「ブラジルには素晴らしいサッカー選手がいる。私はペレ選手らを覚えている」 また、トランプ大統領はブラジルとの間でNATO(=北大西洋条約機構)の加盟国並みの軍事協力を進めたいとの意向を明らかにした。 さらに、両首脳は、政情不安が続く南米ベネズエラの問題で連携を確認。トランプ大統領はアメリカの対応について「全ての選択肢がある」と改めて警告した。

東京2019.03.20 14:22

浦えりか妊娠!DJ LOVE夏にもパパに

タレントの浦えりか(32)が20日、第1子を妊娠したことを発表した。 浦はブログで「この度、新しい命を授かりました。現在安定期に入り、8月下旬に出産を予定しております」と報告。 仕事は当面、続けるそうで、「全てが初めての経験で不安もありますが、生まれてくる子のことを思うと、この子が笑顔で過ごせるようにより一層頑張っていかなきゃなと力をもらえます」と記している。 浦は昨年9月、「SEKAI NO OWARI」のDJ LOVEと結婚したことを発表した。 夫のDJ LOVEもツイッターで「この度、第一子を授かりました」と公表。「夫婦共々新しい命が無事に生まれてくれることを願っています。これからは夫としてだけでなく父としても幸せな家庭が築けるよう励んで参りますので、あたたかく見守っていただけたら幸いです」と呼びかけている。

東京2019.03.20 14:22

グランクラス車内サービスがリニューアルへ

新幹線の“ファーストクラス”「グランクラス」で、来月1日から提供される軽食など車内サービスがリニューアルされる。 「グランクラス」は、東北・北海道新幹線や北陸新幹線に導入されているグリーン車の上のクラスの車両で、今月16日から上越新幹線でも導入された。1両の座席は横3列の計18席で、幅もグリーン車よりも広くなっていて車内では軽食やアルコールなども提供されている。 この「グランクラス」で来月1日から車内サービスがリニューアルされ、軽食が2011年のサービス開始以来、初めて一新されることになった。 新たな軽食は車窓から移り行く風景をイメージして作られ、沿線の地域の食材が使われているということで、JR東日本は、「新幹線の移動も旅行の一部として楽しんでほしい」としている。

東京2019.03.20 14:22

ドコモに不正アクセスiPhone盗んだか

NTTドコモのオンラインショップに不正アクセスし、勝手にiPhoneを注文して盗んだとして中国人の男ら2人が逮捕された。 不正アクセス禁止法違反などの疑いで逮捕されたのは、中国籍で無職の李文標容疑者とアルバイトの石田哲也容疑者。警視庁によると2人は去年8月、NTTドコモのオンラインショップに他人のIDとパスワードで不正にアクセスし勝手にiPhone6台を注文して盗んだ疑いが持たれている。 石田容疑者は3年前、特殊詐欺事件で逮捕され有罪判決を受けて執行猶予中で、詐欺事件で指示役だった中国人グループとSNSで連絡を取って今回の犯行に及んだとみられている。 調べに対し2人は容疑を否認しているという。

東京2019.03.20 14:22

墓石9基たたき割られ…器物損壊容疑で捜査

長野県中野市の寺の墓地で19日、墓石9基がたたき割られているのが見つかり、警察が器物損壊の疑いで調べている。 19日午前11時ごろ、中野市の安養寺で墓石が壊されているのが見つかり、被害に遭った女性が警察に通報した。警察が確認したところ、およそ300基ある墓石のうち9基がハンマーのようなものでたたき割られていた。 被害にあった女性「こんな田舎で恨みを買うことはない。びっくりしすぎて涙も出ない」 安養寺の住職によると、去年の秋に全ての墓石を確認したが、その際に異常はなかったという。住職などは19日、警察に被害届を提出していて警察が器物損壊の疑いで調べている。

長野2019.03.20 14:14

タクシー“事前確定運賃”年内にも開始へ

スマートフォンの配車アプリを使って、タクシーの運賃を乗車前にあらかじめ確定させる新たなサービスが早ければ年内にも始まることになった。 新たに始まることになったのはスマートフォンの配車アプリを活用し、乗る場所と目的地などからタクシーの運賃を乗車前にあらかじめ確定させる「事前確定運賃」サービス。 タクシーが目的地に到着するまで運賃がいくらになるのか分からないことに対する不安の解消が狙いで、2017年に行われた実証実験では約7割の利用者がアンケートに対し、「実用化されれば利用したい」と回答していた。 国交省はルール改定に向けたパブリックコメントを実施していて、「事前確定運賃」サービスは早ければ年内にも始まる見通し。

東京2019.03.20 14:10

同級生の頭ナイフで刺す 男子中学生を逮捕

愛媛・西条市の中学校で20日朝、14歳の男子生徒が同級生の頭をナイフで刺し殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された。 20日午前8時半ごろ、西条市立西条北中学校で、体育館で行われていた集会中に14歳の男子生徒が果物ナイフのようなもので、同級生の後頭部を刺したという。刺された生徒は救急搬送されたが、意識ははっきりしていて命に別条はないという。 警察は、殺人未遂の疑いで刺した男子生徒を現行犯逮捕した。男子生徒は容疑を認めているという。 警察によると、これまでに2人の間のトラブルの相談はなかったということだが、現在、犯行の動機や経緯について捜査を進めている。学校は、生徒全員を下校させて対応にあたっている。

愛媛2019.03.20 14:07

「幸福学」住めば住むほど幸せになる家とは

「幸福学」の研究をする慶応義塾大学大学院教授・前野隆司氏に“住めば住むほど幸せになる家”について話を聞いた。 ■前野隆司氏プロフィル 幸せになるためのメカニズムを解明する独自の学問領域「幸福学」を提唱。幸福・欲求・共感・感動を計測する研究などを行っている。もともとはロボットや脳科学の研究者としてロボットの「心」の研究をしていたが「人を幸せにするロボットを作る」過程で、どうすれば人間は幸せになれるのか、そのメカニズムを追究するようになった。現在は企業ともタッグを組み、人々が生活の中で「幸福学」を活用できるようにする取り組みも行っている。 【the SOCIAL guestより】

東京2019.03.20 13:53

約30年実権握るカザフスタン大統領辞任へ

中央アジアのカザフスタンで30年近く実権を握ってきたナザルバエフ大統領が19日、大統領を辞任すると発表した。 ナザルバエフ大統領は19日に放送されたテレビ演説のなかで、「大統領を辞めるという簡単ではない決断をした」と、任期を1年ほど残して、20日付で辞任することを発表した。 ナザルバエフ大統領は、旧ソ連時代の1990年に大統領に就任してから、30年近くカザフスタンの実権を握ってきたが、現在78歳で後継選びが問題になっていた。演説では、「自分の課題は新たな世代への政権移行を保証することだ」と述べていて、辞任は後継者の準備を主導し、スムーズな権力移行を目指すためとみられる。 大統領の任期が切れる来年4月までは、トカエフ上院議長が大統領代行を務めるという。

2019.03.20 12:54

“核実験の再開”トランプ氏に大きな影響を

アメリカのボルトン大統領補佐官は19日、北朝鮮が「核・ミサイル実験の再開を決断すれば、トランプ大統領に大きな影響を与えるだろう」と述べ、けん制した。 北朝鮮の高官は先週、核とミサイル実験の中断を続けるか金正恩委員長が近いうちに決断を下すと指摘している。 こうした中、ボルトン補佐官は19日、テレビのインタビューで「もし北朝鮮が核・ミサイル実験の再開を決断すれば、トランプ大統領に大きな影響を与えるだろう」と述べ、けん制した。 また、北朝鮮が非核化に応じれば経済発展の可能性があるとし、選ぶのは「北朝鮮次第だ」と強調した。 一方、アメリカの研究機関は東倉里にあるミサイル発射施設の最新の衛星写真を公開し、今月上旬に通常の稼働状態に戻って以降、「大きな動きはない」と分析している。

2019.03.20 12:46

出会い系“サクラ”使い詐取 29人逮捕

いわゆる“サクラ”の女性を使って、出会い系サイトの利用者から現金をだまし取ったとして、サイトの運営会社が摘発され、男女29人が逮捕された。 詐欺の疑いで逮捕されたのは、出会い系サイト運営会社の社長・伊藤俊容疑者や従業員の品川真理子容疑者ら男女29人。 警視庁によると、伊藤容疑者らは今月、出会い系サイトを利用していた岡山県の男性から、いわゆる“サクラ”の女性と電話番号を交換するための費用などの名目で、現金およそ7万円をだまし取った疑いが持たれている。 男性は、現金を支払ったものの女性と電話番号は交換できなかったという。調べに対し、伊藤容疑者は、黙秘しているという。

東京2019.03.20 12:32

脱税疑いダンススタジオ経営会社を刑事告発

ダンススタジオを経営する会社が脱税の疑いで刑事告発された。 法人税法違反の疑いで関東信越国税局から刑事告発されたのは、群馬県太田市の「EN」と小沢勇介社長。 関係者によると、小沢社長は、ダンススクールのイベント参加費などを自分の口座に振り込ませ、売り上げを少なく見せるなどの手口で、2016年までの3年間で約1億800万円の所得を隠し、法人税約2600万円を脱税した疑いが持たれている。脱税で得たカネは預金や自宅の購入に使っていたという。 小沢社長は既に修正申告と納税を済ませたとした上で、「深く反省し、おわび申し上げます」とコメントしている。

東京2019.03.20 12:28

トランプ大統領“日本とFTA締結目指す”

アメリカのトランプ大統領は議会に提出する「大統領経済報告」で、日本などと「FTA(=自由貿易協定)」の締結を目指す姿勢を強調した。 トランプ大統領は19日に公表した今年の「大統領経済報告」で、貿易政策に関して日本やEU(=ヨーロッパ連合)などと幅広い分野を対象にした「FTAの交渉に入る」と表明。アメリカの利益になるよう「農産物や工業品、そしてサービス分野の貿易障壁を引き下げる」と強調している。 特に日本についてはTPP(=環太平洋経済連携協定)の参加国に比べ、アメリカが豚肉などの輸出で高い関税を課せられていると指摘。「FTAの締結によって公平な競争条件が得られる」との見通しを示している。 一方、日本は、新たな協定の分野は物品のみとの立場で、交渉の開始前から両国の立場の違いが鮮明になった形。

2019.03.20 12:22

ドコモ“端末と通信料分離へ”プラン見直し

NTTドコモは、携帯の端末と通信料金を分離するとして、これまでのプランを終了する方針であることがわかった。 ドコモが終了する方針のプランは、特定の端末の購入を条件に通信料金を毎月1500円割り引く、利用者およそ500万人の「docomo with」や購入する端末に応じて最大2年間通信料金を割り引く「月々サポート」。新たな契約は終了するが、これまでの利用者は継続できるという。 一方でドコモでは端末と通信料金を分離させ、通信料金だけを2割から4割程度値下げしたプランを来月にも発表する方針。 携帯料金をめぐっては、料金体系が複雑との批判からKDDIやソフトバンクでも分離プランを導入している。ドコモもこれに追随する形で、今後、値下げ競争が加速しそうだ。

東京2019.03.20 12:13

秋篠宮ご夫妻 皇位継承後初の外国訪問へ

宮内庁は、皇位継承後初めての皇族の外国訪問として、秋篠宮ご夫妻によるポーランドとフィンランド訪問が検討されていると発表した。娘の眞子さまと佳子さまも外国訪問が検討されている。 宮内庁によると、秋篠宮ご夫妻は今年6月下旬から10日間程度、日本との外交関係樹立100周年を迎えるポーランドとフィンランドを訪問される検討が進められているという。5月の皇位継承後、皇族として初めての外国訪問となる。 長女の眞子さまは7月中旬に日本人が移住を始めて120周年を迎えた南米のペルーとボリビアへの訪問が検討されている。 また、関係者によると、二女の佳子さまも9月中旬に外交関係樹立150周年を迎えるオーストリアとハンガリーへの訪問が検討されているという。佳子さまの外国公式訪問が実現すれば初めてのこととなる。

東京2019.03.20 11:51

元死刑囚遺骨“松本元死刑囚に囲まれ”保管

地下鉄サリン事件でサリンを製造したなどとして、去年7月に死刑が執行された遠藤誠一元死刑囚の遺骨が、一時、麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚の写真に囲まれた状態で保管されていたことがわかった。 遠藤誠一元死刑囚は、地下鉄サリン事件でサリンを製造したなどとして死刑判決が確定し、去年7月に死刑が執行された。 公安当局によると、遠藤元死刑囚の遺骨は火葬後、オウム真理教の後継団体主流派「アレフ」の施設に運び込まれたが、同じ日に死刑を執行された松本元死刑囚の写真に囲まれた状態で保管されていたという。 保管場所にはモニターやスピーカーが置かれていて、松本元死刑囚の説法などが流されていたとみられている。遠藤元死刑囚の遺骨は、施設で49日間保管された後に北海道小樽市で海に散骨されたという。 公安調査庁は「アレフ」が松本元死刑囚への帰依を捨てていないと分析していて、去年だけで100人近く信者を増やしていることから警戒を続けている。

東京2019.03.20 11:48

地下鉄サリンから24年 霞ケ関駅で慰霊式

オウム真理教による地下鉄サリン事件から24年となる20日、東京・霞ケ関駅で慰霊式が行われた。 1995年3月20日に起きたオウム真理教による地下鉄サリン事件では、13人が死亡、5800人以上が負傷し、去年、幹部ら13人の死刑が執行された。 事件現場となった霞ケ関駅では、事件発生とほぼ同じ時刻の午前8時に駅員らが黙とうをささげた。また、事件で夫を亡くした高橋シズヱさんも献花に訪れた。 高橋シズヱさん「去年、死刑が執行されまして、その後の初めての今日は献花、命日ということで。(死刑執行から)半年たってすごく、日々死刑というものの重みが増してきたように思います」

東京2019.03.20 11:44

NZ銃乱射“犯行動画”拡散 対策求める声

ニュージーランドで起きた銃の乱射事件で、実行犯が配信したとみられる犯行動画がネット上で拡散し続けたことを受けて、ソーシャルメディア各社に対策を求める声が高まっている。 この犯行動画は世界中で複製され、フェイスブックやユーチューブ、ツイッターなどで拡散した。フェイスブックによると、投稿から24時間以内に削除した動画は150万件にのぼるという。アメリカメディアなどはソーシャルメディア各社の対策が不十分だったことが拡散を招いたと批判している。 また、オーストラリアのモリソン首相は19日、ソーシャルメディアの規制強化について、今年6月のG20大阪サミットで取り上げるよう安倍首相に要請したことを明らかにした。

2019.03.20 10:37

サイクロン襲来モザンビークで死者千人超か

アフリカ南部を熱帯低気圧サイクロンが襲い、モザンビークで死者が1000人を超える恐れが出るなど、甚大な被害が出ている。 アフリカ南部のモザンビークでは先週後半、サイクロンが襲来し、豪雨によって洪水が発生するなど、被害が拡大した。ロイター通信によると、モザンビークではこれまでに84人の死亡が確認されているが、ニュシ大統領は18日、最終的に死者が1000人を超える恐れがあるとの見方を示した。 また、隣国のジンバブエとマラウイでも多数の死者と行方不明者が出ていて、アフリカ南部の国々で甚大な被害が出ている。

2019.03.20 10:26

きょうの株価・為替予想レンジと注目業種

20日の日経平均株価は、前営業日比18円20銭安の2万1548円65銭で寄りついた。 20日の予想レンジは、日経平均株価は2万1500円〜2万1800円、為替はドル/円=111円00銭〜112円00銭。注目ポイントは「米FOMCの結果」。注目業種は「情報通信株」。 証券アナリストの植木靖男氏が解説する。(詳しくは動画で)

東京2019.03.20 09:39

NYダウ 米中貿易協議に不透明感で反落

19日のアメリカ・ニューヨーク株式市場ダウ平均株価は上昇して始まったが、アメリカと中国の貿易協議の先行き不透明感から5営業日ぶりに反落して取引を終えている。 19日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価の終値は前営業日比26ドル72セント安の2万5887ドル38セントで取引を終えた。一方、ハイテク株が中心のナスダック総合指数は、9.47ポイント上げて7723.95で取引を終えている。 この日は、FOMC(=連邦公開市場委員会)の結果発表を翌日に控え、利上げを後退させる姿勢が改めて示されるとの期待からダウ平均は上昇して始まり、一時200ドル近く値を上げた。その後、アメリカの有力メディア「ブルームバーグ」が米中貿易協議で中国側がアメリカ側の要求に抵抗していて、アメリカ側の担当者が懸念を持っていると報じると、相場は失速し、ダウ平均は5営業日ぶりに反落して取引を終えている。 市場関係者は「翌日のFOMCの発表で、利上げ観測が一段と後退したり、利下げにまで言及するような内容となれば市場は大きく反応する可能性もある」と話している。

2019.03.20 07:34

20日:春本番の暖かさ、東京は20℃超も

20日は全国的に晴れる。ポイントは「春本番の暖かさ」。桜開花の便りが届くかも。東京は20℃を超えて今年一番の暖かさになりそうだ。 【予報】 北海道から九州沖縄にかけて全国的に晴れるだろう。日本海側を中心に朝は霧が出る所がありそうだ。見通しが悪くなるので車の運転などには注意が必要。日中は春の日差しが降り注ぎそうだ。昼間は天気の崩れはなさそうだが、九州は、夜遅い時間になると雨が降り出す所が出てくるだろう。 【予想最高気温】 20℃前後まで上がる所が多いだろう。東京は21℃。名古屋も20℃。福岡も21℃だろう。那覇は24℃で夏日一歩手前の陽気となりそうだ。 【花粉】 20日も仙台や東京など非常に多く飛びそうだ。

2019.03.20 07:28

“墜落”ボーイング機 米運輸省が調査へ

墜落事故が相次いだボーイングの旅客機をめぐり、アメリカの連邦航空局の安全認証手続きに問題がなかったか、運輸省が調査に乗り出した。 エチオピアで墜落した「ボーイング737MAX8」は去年10月にも墜落しており、2つの事故には「明らかな類似点がある」と指摘されている。 事故原因として、機体を制御するソフトウエアの不具合や操縦士に対する訓練の不足などが浮上する中、ボーイングのCEOは18日、次のように述べた。 ボーイング デニス・マレンバーグCEO「懸念に対処するため、ソフトウエアを更新し、新たな操縦士の訓練方法を導入する」 ソフトウエアや操縦士の訓練については、FAA(=連邦航空局)が安全認証の手続きを行っており、FAAの上位組織である運輸省が調査に乗り出したことが新たに分かった。 操縦士の訓練では飛行シミュレーターを使わず、電子端末を用いた簡単な方法で行うことをFAAは認めていた。認可を急ぐために安全性を軽視したとの指摘もでており、今後、議会などでも追及される見通し。

2019.03.20 07:24

牛丼「松屋」ロシア出店へモスクワで試食会

牛丼チェーン大手の「松屋」が、来月にもロシアで1号店をオープンするのに先駆け、モスクワで19日、試食会が行われた。ロシアでの日本食人気を受けて、5年間で30店舗の展開を目指すとしている。 「松屋」のロシア1号店は、モスクワ市内に早ければ来月にもオープンする。メニューについては、「本物の日本食を提供したい」という考えから、ロシア人に合わせるのではなく、あえて日本と同じ味つけで勝負するとしている。 試食したロシア人「とても気に入った。日本的な味だと思った」 ロシアでは近年日本食人気が高まる一方、本格的な日本食は高額の上、店もきわめて限られている。こうした状況を受け、松屋では、牛丼の価格を日本円で500円程度に抑えたほか、トンカツや焼き肉なども提供し、主に若い層の需要を取り込みたい考え。 今後5年間で、ロシアで30店舗の展開を目指しているという。

2019.03.20 07:21

貿易協議の決着目指し 米中閣僚級協議へ

アメリカと中国が来月の終わりまでに貿易協議を決着させることを目指し、来週、北京で閣僚級の協議を行うと有力紙が報じた。 「ウォール・ストリート・ジャーナル」が19日に報じたところによると、来週、USTR・アメリカ通商代表部のライトハイザー代表が北京を訪問し、中国の劉鶴副首相と会談。その翌週には劉副首相がワシントンを訪問し、貿易摩擦の解消に向けた詰めの協議を行う予定だという。 両国は来月終わりまでの合意を目指していると伝えている。 アメリカ・トランプ大統領「中国との貿易協議は非常にうまくいっている」 トランプ大統領は19日も、中国との協議は「順調」との認識を強調しているが、有力メディアの「ブルームバーグ」は、中国がアメリカ側の要求に抵抗していて、アメリカ側の担当者が懸念を持っていると伝えている。

2019.03.20 05:56

森会長“ご英断”山下氏“後任人事はまだ”

東京オリンピックの招致をめぐりフランスの司法当局から贈賄の疑いで捜査対象になっている日本オリンピック委員会の竹田会長の退任表明について、関係者の反応。 JOC・山下泰裕選手強化本部長「理事からその話を聞きまして、非常に残念に思います」 後任として有力視されている山下泰裕JOC選手強化本部長は、今後の人事については、「まだ話す状況ではない」と述べた。 東京都の小池知事は、竹田会長から電話で連絡をうけたとした上で、次のように話した。 東京都・小池百合子知事「潔白を主張していきたいと強くおっしゃっておりましたので、その気持ちを受け止めていきたい」 一方、組織委員会の森会長は、「ご英断だ。やっぱり20年というのは長い。」などと話した。また、竹田会長についてIOC(=国際オリンピック委員会)のバッハ会長と電話で複数回話したことを明かしたが、内容については「言えない」とした。

東京2019.03.20 04:46

JOC竹田会長“任期満了”で退任を表明

東京オリンピックの招致をめぐりフランスの司法当局から贈賄の疑いで捜査対象になっている日本オリンピック委員会の竹田会長が、6月の任期満了で退任すると正式に表明した。 日本オリンピック委員会・竹田恒和会長(71)「この定年を迎える6月27日をもちまして、任期を終了し退任することといたしました。次代を担う若いリーダーにJOCを託して、そして東京五輪を通じて日本の新しい時代を切り開いてもらうことが最もふさわしいと」 竹田会長は19日、JOCの理事会で会長と理事を任期満了で退任し、さらにIOC(=国際オリンピック委員会)の委員も辞任すると表明した。 (Q.招致活動そのものがグレーな部分があって…) 日本オリンピック委員会・竹田恒和会長(71)「いや、そういうことではありません。私は不正なことをしたとは思っていません」 竹田会長は疑惑について改めて潔白を主張し、今回の退任とは関係ないとしている。しかし、東京大会への影響などを懸念したIOC側からは、竹田会長の早期辞任を求める強い意向が、水面下で示されていたという。

東京2019.03.20 04:29

小惑星「リュウグウ」に水 はやぶさが観測

小惑星探査機「はやぶさ2」による観測で、小惑星「リュウグウ」に水が存在することがわかった。地球の水がどこから来たのか、解明につながる可能性もある。 科学誌「サイエンス」のウェブサイトに掲載された「はやぶさ2」研究チームの会津大学・北里宏平准教授らの論文によると、「リュウグウ」の地表面に反射した太陽光を分析した結果、水の存在を裏付けるデータが得られたという。 こうしたことから、「リュウグウ」には水分を含む鉱物として、水が存在することがわかったという。こうした水分を含んだ鉱物は、太陽系が生まれた46億年前の状態をとどめている可能性もあるとされている。 北里准教授は、「水の存在がわかって安心した。今回の観測でわかったことと、はやぶさ2が持ち帰る物質の分析で、地球の水の起源に迫りたい」としている。

2019.03.20 03:38

中国・山西省で地滑り 15人が死亡

中国・山西省で15日、地滑りが発生、4棟の建物が倒壊し、15人が死亡した。現場は山あいの傾斜のある場所で、捜索は難航し、今も取り残されている人々がいる。 中国北部の山西省の山あいで15日、地滑りが発生し、仮設住宅や公衆浴場など4棟の建物が倒壊した。 合わせて700人以上で救出活動が続いている。現場は傾斜で地質的に不安定なため、重機を持ち込めずに手作業や救助犬を使って捜索している。 ロイター通信によると、死者は15人にのぼり、これまで13人が救出されているが、いまだ5人が行方不明となっている。 地滑りが起きた現場は、山あいに住居などが立ち並ぶ場所で、土壌が軟らかく、地元住民は以前から建物に亀裂が見られたと話しているという。

2019.03.20 03:12

財界の論客“敗北の平成日本”再起への提言

ゲストは財界きっての論客としても知られる、経済3団体のひとつ「経済同友会」の代表幹事・小林喜光氏。 小林氏は「平成は日本企業にとって敗北時代」、日本は「ぬるま湯につかった“ゆでガエル状態”」だと訴える。なぜ日本は道を間違えたのか? そして再起の秘策はどこにあるのか? 日本の生き残り策を問う! ※BS日テレ「深層NEWS」3月19日放送分より。詳しくは動画でご覧ください。

東京2019.03.20 02:08

留学生“所在不明”東京福祉大学に調査へ

700人以上の留学生が所在不明になっている東京福祉大学について、柴山文科相は立ち入り調査を行う考えを明らかにした。 大学によると、去年と2017年の2年間で所在不明を理由に除籍になった留学生はあわせて743人で、さらに今年度の除籍見込みはおよそ700人に上るという。 こうした事態を受け、柴山文科相は法務省と合同で大学に立ち入り調査する考えを明らかにした。 柴山文科相「通学実績がないにもかかわらず、定員充足のために留学生を受け入れているとすれば大変ゆゆしき問題。法務省と連携し早急に実地調査を行うこととしています」 管理が適正でないとわかった場合は、私立大学に交付される補助金の減額や不交付などの措置も検討するとしている。

東京2019.03.20 02:02

オランダ銃撃事件 被害者と接点見つからず

オランダ中部ユトレヒトの路面電車の中で起きた銃撃事件で、捜査当局は19日、逮捕された男と被害者の間に接点が見つかっていないと明らかにした。テロとの見方が強まっている。 この事件は18日、ユトレヒトで路面電車に乗っていた男が突然銃を発砲し、3人が死亡、5人がケガをしたもの。 逮捕されたギョクメン・タヌシュ容疑者による無差別の犯行なのか、トラブルにより特定の人物を狙った犯行なのかが焦点となっているが、ロイター通信によると、捜査当局は容疑者と被害者の間に接点が確認されていないと明らかにした。 捜査当局は無差別テロの疑いが強いとみている。

2019.03.20 01:56

導入から10年 裁判員制度フォーラム開催

国民が裁判員として刑事裁判に参加する裁判員制度が始まってからまもなく10年になるのを前に、19日、制度について話し合うフォーラムが開かれた。 東京地裁で開かれたフォーラムには、裁判員裁判を経験した男女6人と、検察官や弁護士など法曹関係者らが参加し、裁判員制度の現状や課題について話し合った。法律を学ぶ学生らおよそ40人も招かれ、制度への理解を深めた。 フォーラムの中で、裁判員の経験者は裁判員裁判に参加したことについて、「司法の世界は関わりのない世界だと思っていたが裁判員を経験して身近なものに感じられた」、「経験したことで生活感がかわり、自分の世界を広げられた」と意義ある経験だったと話した。 一方で、別の裁判員経験者は「限られた時間の中で情報と意見を整理しながら判断していく作業は大変で、もっと裁判員に負担のない環境が必要」などと課題を指摘した。

東京2019.03.20 01:13

前橋“いじめ自殺”学校「重大事態」と報告

先月、群馬県前橋市で女子高校生がいじめを苦に自殺したと遺族が訴えている問題で、学校側が「重大事態」であると教育委員会に報告していたことがわかった。 前橋市の県立高校に通う伊藤有紀さん(17)は先月1日、踏切で電車にはねられて死亡し、警察は自殺とみている。 県の教育委員会によると、伊藤さんが通っていた学校は今月8日、いじめ防止対策推進法で規定する「重大事態」に該当すると県に報告していたという。 学校は、いじめによって伊藤さんに「重大被害」が生じた疑いがあると認めた、という。 学校は現在、いじめの有無について調査を進めているが、遺族によると、今月中に調査結果の報告が遺族に対して行われるという。そして、学校の調査終了後、第三者委員会が調査を行うとみられる。

群馬2019.03.20 01:12

「すかいらーく」全店舗で全面禁煙へ

「ガスト」などを展開する「すかいらーくホールディングス」は、全店を禁煙にすると発表した。ファミリーレストラン大手での全面禁煙は初めて。 すかいらーくによると、「ガスト」や「ジョナサン」など全国およそ3200店舗のレストラン全てを、9月から全面禁煙にするという。喫煙室は一切設けず、今まであった分煙ルームは来月から順次改装し、8月末までに、授乳室など子連れ客に配慮したスペースに切り替える方針。 大手ファミリーレストランでの全面禁煙は初めて。 また、すかいらーくは社内の人事制度も変更し、職場で禁煙する社員の割合を増やせた管理職にボーナスでプラスの評価を行うことも決めた。 オリンピックを控え、受動喫煙をなくす狙いもあるという。

2019.03.19 23:36

もっと読み込む