社会

義兄鉄パイプで殴り男を殺人未遂容疑で逮捕
(鹿児島県)
奄美市で義理の兄の頭を鉄パイプで殴り殺害しようとしたとして男(56)が殺人未遂の疑いで逮捕された。その後、義理の兄は死亡し警察は殺人容疑も視野に捜査する方針。逮捕されたのは、奄美市笠利町の自称農業、塩田末一容疑者(56)。警察によると、塩田容疑者は、19日午後2時ごろ、義理の兄の貴島武義さん(69)を殺害しようと、頭を鉄パイプで数回殴るなどした疑い。警察の調べに対し、塩田容疑者は「殺すつもりで鉄パイプで頭などを殴った」と容疑を認めているという。貴島さんは、病院に搬送されたが約2時間後に死亡した。2人の間には以前からトラブルがあったということで、警察は殺人容疑も視野に捜査する方針。
[ 3/20 11:45 KYT鹿児島読売テレビ]