KYT天テレ博2016 開催にあたって

まず、このたびの「平成28年熊本地震」において、被災された皆様にお見舞い申し上げます。
隣接する熊本県など九州各地で大きな被害が発生した中で、当イベントを開催する是非について、
弊社内で検討を重ねてまいりましたが、当イベントの本来の主旨である「鹿児島を元気にすること」は、
鹿児島にとどまらず、九州全体を元気にすることに繋がっていること。また地震で交通網が完全復旧に至っておらず、
県民の皆様の行楽の選択肢が例年より限られている状況の中で、弊社の理念の一つ「For the 鹿児島」の観点からも、
県民の皆様に楽しんでいただける番組やイベント、エンターテインメントを提供することが重要であると判断し、
来場者の皆様の安全確保に努めながら予定通り開催することを決定致しました。

一方で熊本地震の被災者のために何かできることはないかについても検討し、
「24時間テレビ 平成28年熊本地震緊急募金」(※)を、番組やイベント会場全体で呼びかけることに致しました。
イベント会場では、総合案内や出展ブースに募金箱を設置するほか、出展者の皆様にも募金に協力していただきます。
またゲストの方々を含めた出演者全員が、被災地にエールを送る気持ちを一つにして特別番組をお届け致します。
皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

平成28年4月25日
KYT天テレ博運営委員会

※平成28年熊本地震緊急募金は、鹿児島読売テレビを含む全国31の放送事業者が会員となっている
「公益社団法人 24時間テレビチャリティー委員会」が行っているもので、
これまでに全国で4500万円余りが寄せられており、全額支援活動に活用させていただきます。
24時間テレビは、福祉支援、環境保護、災害復興の3つを大きな柱にしており、
昨年6月には口永良部島の噴火に対する緊急援助も行っております。