KYTアナウンサーブログ

異動のご挨拶

2020.12.25(金)

私事ですが1月1日付で現在の報道制作局から編成局編成推進部に異動することになりました。

1994年の入社以来、東京支社での営業、本社編成を経て報道制作局には2001年からアナウンサー兼記者として約20年在籍しました。

その間、北朝鮮の工作船事件、志布志事件、大崎事件、ドミニカ移民訴訟、拉致問題などを主なテーマに取材活動を行ってきました。

原動力となったのは取材対象の皆さんの不正義に対する怒り、社会への訴え、苦しみでした。 

時には一緒に奥歯を噛みしめ、涙を流し、笑顔になったり。 

振り返れば皆さんに育てていただいた20年だったと思います。

私にとって災害報道も大切なテーマでした。

鹿児島は南北600劼板垢、大雨や台風被害に見舞われることが多い県です。

活火山が11もあり全国の活火山の1割を占めます。

県民の皆さんが危険に晒されそうなとき、放送でどのような呼びかけをしたら避難行動に結びつくのか考え、悩み続けた20年でもありました。

アナウンサーとしては夕方のニュース番組のキャスターも経験させていただきました。

また、2014年10月にスタートした金曜日の情報番組「かごピタ」では街歩きの「行ってみっが」コーナーのナレーションを番組開始から担当させていただきました。


視聴者の皆様の応援や激励のメールやお手紙は一生の宝物です。

本当にありがとうございました。

新たな部署ではWEB配信、海外への番組販売、広報、視聴率分析などを担当します。

各セクションの架け橋となりKYTを盛り上げていく役割を担います。

「皆様へもっともっと良い番組をお届けする」。

これからの目標です。

12月24日(金)にスタートした「かごしまソロ活」のようにコロナ禍の中でも前を向いて一歩を踏み出す人々を応援する、鹿児島を元気にする番組を発信して参ります。


「news every.かごしま」もさらにパワーアップしてスタッフ一同、皆様の「見たい、知りたい」にお応えすべく精進して参ります。


KYTの番組を引き続きよろしくお願いいたします。


戻る