KYTアナウンサーブログ

アナ創平のへ〜そうなんだ!家庭ゴミについて

2021.06.14(月)

かごピタの担当コーナー「 アナ創平のへ〜!そうなんだ! 」第2弾が先週金曜日、放送されました。


テーマは、鹿児島市が減量に取り組む「 家庭ゴミ 」についてでした。



朝は、ゴミ収集に同行しましたが、想像以上に分別されていないゴミが多かったのが、衝撃でした。

収集作業員の方に手間をかけ、せっかく再利用できるものもゴミにしてしまうことに繋がると思います。

生ゴミは水を切って出すことでゴミ自体が減るので、1人1人がゴミを減らそうと意識するだけでも大きく変わるのではないかと感じました。


また、分別については9割ルールが目からウロコの情報でした。

ベルトは革と金属の部分がありますが、革が9割を占めるので燃やせるゴミになるというもの。


放送には入らなかったのですが、「名刺サイズ以上」の紙であれば古紙として出せるというのも勉強になりました。

ぐちゃぐちゃの紙でも広げて出していいそうです。


鹿児島市の掲げる1人1日100グラムのゴミ減量というのは、おにぎり1個分に相当するといいます。

 目の前のものをゴミにするか、資源物にするかは自分次第 だと感じました。


今回は、お忙しい中で、様々な現場を取材させていただき、大変勉強になりました。

次回も生活に役立つ情報を伝えられるよう頑張ります!

戻る