全国のニュース

台風17号が発生 27日未明~昼前かけ小笠原諸島に最接近の見込み

小笠原近海で、台風17号が発生しました。 26日午前9時に発生した台風17号は、27日未明から昼前にかけて、小笠原諸島に最も接近する見込みです。台風は、28日に関東の南東海上の離れた所を通過する予想です。 関東地方への影響は小さいものの、小笠原諸島では、大雨による土砂災害や高波などに警戒が必要です。

2022.09.26 10:49

【天気】東海地方は昼間暑く…朝晩と日中の気温の差に注意

【全国の天気予報】 26日(月)は近畿~北海道にかけては晴れる所が多いでしょう。九州は雨で、雷を伴って激しく降る所がありそうです。四国や中国地方でも、傘の出番があるでしょう。 ■予想最高気温 北日本は25度前後で過ごしやすいでしょう。青森は25度、仙台は26度の予想です。東日本、西日本は30度以上の所もありそうです。 東京は29度、名古屋や大阪は31度の予想です。昼間は暑いくらいでしょう。朝晩と日中の気温の差が大きいため、服装で上手く調節をしてください。 【週間天気予報】 27日(火)は、西日本から東海、北陸にかけて雨でしょう。10月のスタートは、広く晴れる見込みで、西日本を中心に30度くらいまで気温が上がる予想です。

2022.09.26 12:49

冬の味覚 トラフグの初競り 山口・下関市

冬の味覚、フグのシーズンの訪れです。山口県下関市の南風泊市場でトラフグの初競りが行われました。 下関市の南風泊市場には、26日朝、山口県沖の日本海や瀬戸内海などでとれた天然のトラフグ200キロと養殖もの1.5トンが入荷しました。 午前3時20分、今シーズンのセリがスタート。競り子が差し出す黒い袋の中に仲買人が手を入れ指の握り方で値段を決める伝統の「袋競り」で初値が決まりました。 新型コロナや残暑の影響でフグの相場が下がり、天然トラフグの最高値はキロ当たり1万6000円と去年より2000円安い取引となりました。 下関唐戸魚市場・郷田祐一郎社長「寒いときに一番おいしいフグをしっかり、全国の皆さんに食べていただきたい」 競り落とされたトラフグは、東京や大阪を中心に全国に出荷されています。

山口 2022.09.26 12:26

「国葬」あすに控え 岸田総理、午後から弔問外交スタート

安倍元総理大臣の「国葬」を27日にひかえ、岸田総理は26日午後から国葬に参列する各国首脳らとの「弔問外交」をスタートさせます。 国葬への反対論が広がる中、岸田総理としては弔問外交で成果を強調し、意義をアピールしたい考えです。 外務省では26日午前、林外務大臣がエルサルバドルの外相と会談を行うなど弔問外交が始まりました。 岸田総理は午後から、東京・赤坂の迎賓館でアメリカのハリス副大統領やベトナムのフック国家主席らと会談を行うことにしています。 26日からの3日間で30人以上の各国首脳らと会談する予定ですが、カナダのトルドー首相が暴風雨への対応で参加を取りやめたため、G7=主要7か国の首脳全員が国葬には参列しないことになりました。 NNNと読売新聞の世論調査では、国葬の実施を「評価しない」が56パーセントにのぼっています。 総理周辺は「弔問外交を含め、国葬の全体像を見て評価してほしい」と期待を寄せますが、弔問外交でどこまで国民の理解が広がるかは不透明な情勢です。

2022.09.26 12:39

ロシア・ダゲスタン共和国“動員”反対デモ 警官隊と衝突し100人拘束

ウクライナ侵攻をめぐりロシアが部分的な動員令を出したことを受け、ロシア南部のダゲスタン共和国では動員に抗議するデモが行われ、少なくとも100人が拘束されました。 空に向けて威嚇射撃する治安部隊。ダゲスタン共和国では各地で動員に反対するデモが行われました。市民らが道路をふさぐなどして警官隊と衝突し、ロイター通信によりますと、少なくとも100人が拘束されました。 ダゲスタン共和国は、ロシアでも貧しい地域で前線に送られた兵士が多数、死亡したとされています。 ゼレンスキー大統領は、ダゲスタンの市民などに抗議を続けるよう呼びかけました。 ゼレンスキー大統領「子供たちを死なせないために戦うのだ。犯罪的なロシアの動員で連れて行かれてしまう全員のために」 デモはロシア各地で行われ、人権団体は24日に800人以上が拘束されたとしています。

2022.09.26 12:17

“平成の三冠王”松中信彦が村上宗隆の三冠王へエール「犠牲フライ0は本当にすごい」

令和初の打撃三冠王への期待が膨らむヤクルトの村上宗隆選手。現在、打率・本塁打・打点の3部門でリーグ1位の座を守っています。25日の日本テレビ「Going! Sports&News」では、2004年ダイエー(現ソフトバンク)で平成唯一の三冠王(打率.358、本塁打44、打点120)に輝いた松中信彦さんにインタビュー。村上選手について松中さんが感じるすごさに迫りました。 ◆「ビックリします!犠牲フライがない」 村上選手が三冠王獲得すれば、松中さん以来18年ぶり8人目の快挙。ともに熊本出身でもあり、「(村上選手が達成すれば)8人しかいない中での2人が同じ熊本。自分のようにうれしい」と、記録達成を望んでいる松中さん。 そして村上選手の記録で最も驚いていることに「ビックリします!犠牲フライ0は本当にすごいと思います」と挙げました。 ここまで打率.322、55本塁打、132打点(9月25日終了時)を記録している村上選手。過去100打点以上の打点王で犠牲フライ0本は、プロ野球の歴史にありません。松中さんは「(3塁ランナーがいる場面で)凡打していたら、なかなか100打点を超えない。犠牲フライになっている打球は多分スタンドインしてる(笑)」と話しました。 ◆打撃フォーム「弓を引いた状態」「背番号55が見える」 そして松中さんは村上選手の打撃フォームについて「すごく弓を引いた状態というか、思い切り右手を張る状態で構えているので、いつでも振れる状態。村上選手はそこからバットが動かないので、無駄な動きがない。タイミングを外されても、泳いでもボールとの距離が取れるので、どういうボールにも対応できるのが一番の特徴」と分析。 一方で右手を張ることは難しい動作とも話す松中さん。その理由は「右肩がすごく(キャッチャー寄りに)入った状態で構えないといけない。(村上選手を)テレビで見ると、背番号55がしっかり見える。あれだけ肩が入った状態でインコースを打つのは難しい」と言います。 今年の序盤は右投手のインコースに苦しんでいたと話す松中さん。その中でインコースを完璧に克服し、放ったというのが8月23日広島戦の45号本塁打。島内颯太郎投手の内角153キロのストレートをライトスタンドに運びました。 「あれだけ右肩が入るとインコースはすごく苦しいんですけど、厳しいところをしっかり上からたたいてホームランにした。厳しい内角をさばかれたら、(投手は)もう投げるコースがないと僕は確信しました。インコースまっすぐをホームランし始めてから。ググッと打率も上がってホームランも増えてきた」 インコースを完璧に攻略していった村上選手。三冠王の可能性について聞かれると。 「僕個人の意見なんですけど、三冠王は確実に取れると思っている。60本塁打が届かなくても来年、再来年と彼のモチベーションにもなってくると思います。今年は三冠王、リーグ優勝、日本一でいいんじゃないかと熊本の先輩としては思っております(笑)」

東京 2022.09.26 12:27

新型コロナ「全数把握」全国で見直し開始

26日から新型コロナウイルス感染者の届け出をする「全数把握」が全国一律で見直しが始まりました。届け出対象は、重症化リスクのある人などに絞られます。 新型コロナ感染者の詳細な届け出をする全数把握は26日から全国一律で、65歳以上の人や妊婦など重症化リスクがある人に限定されます。届け出の対象外の人は、年代別の人数のみを報告することになりました。 平成立石病院・稲葉武事務長「入力作業に関しては事務的な面の負担は軽減されると思っております」 先行して見直しを始めた県では、届け出が8割減少したとの声がある一方、対象外の人は、自治体の健康フォローアップセンターに相談できるものの、急に重症化した場合などに速やかに治療につながるかなど課題もあります。

東京 2022.09.26 12:21

マクドナルド 今年2回目の値上げ

日本マクドナルドは、9月30日から全メニューのおよそ6割の品目について、店頭価格を10円から30円値上げすると発表しました。3月以来、今年2回目の値上げです。 例えば、ハンバーガーは現在の税込み130円から150円に、ビッグマックは390円から410円に、マックフライポテトのMサイズは280円から290円に値上げされます。 原材料価格の高騰や物流費の上昇のほか、急激な為替変動の影響で輸入コストが増加したことなどが理由だとしています。

2022.09.26 11:18

静岡市清水区6.3万世帯で大規模断水が続く 自衛隊に災害派遣要請

台風15号による大雨の影響で、静岡市清水区では、3日目の26日も6万世帯を超える大規模な断水が続いています。こうした事態を受け、川勝知事は、26日午前、自衛隊に対し、災害派遣を要請し了承を得たという事です。 興津川の取水口が流木などで詰まり発生した静岡市清水区の大規模な断水被害について、静岡市は26日現在もおよそ6万3000世帯に及んでいると発表しました。 静岡市清水区の小学校では、近くの住民がタンクなどを持参して給水を待つ長蛇の列ができていました。清水区内では26日も生涯学習交流館や小学校など27か所のほか、清水港でも海上保安庁の巡視船が給水活動を行っています。 自宅が断水した女性は「トイレと洗濯ができないし、料理が作れても洗い物ができない」 また、静岡市の田辺市長は25日、被災した水道施設などを視察し、「1週間以内に断水を解消したい」と復旧の見通しを示しています。

東京 2022.09.26 11:58

小1女児不明から4日目 120人態勢で捜索

千葉県松戸市で小学1年生の女の子が行方不明になってから26日で4日目です。警察は、26日も午前10時から120人態勢で捜索を行っています。 警察によりますと千葉県松戸市の小学1年生・南朝芽さん(7)は、今月23日の午前11時半ごろ、近くの公園に向かうため1人で自宅を出た後、行方が分からなくなっています。 これまでに朝芽さんが向かう予定だった公園とは別の公園で、朝芽さんが使っていたとみられるキックスケーターが見つかり、その公園から300メートルほど離れた江戸川の河川敷からは、朝芽さんの靴下と並べられた状態の靴が見つかっていました。 近隣住民「家族連れ多くてお子さんだけ遊んでいるとか、親子連れとかばっかりの地域なので、そんなことが近くで起きたのっていう恐怖が」 朝芽さんは身長115センチメートルのやせ形で、薄ピンクの半袖Tシャツに青色の半ズボン姿で、警察は情報提供を呼びかけています。

東京 2022.09.26 11:52

老人ホーム女性“殺害” 逮捕の男「蹴られたり、挑発されたことを思い出して怒りがエスカレートした」

東京・北区にある老人ホームで入所者の高齢女性を殺害したとして、25日、札幌市内で逮捕された施設職員の男が「過去に被害者に蹴られたり挑発されたことを思い出し、怒りがエスカレートした」などと供述していることがわかりました。 警視庁によりますと、北区の「浮間こひつじ園」の職員・菊池隆容疑者は今月15日から16日にかけて、入所者の山野辺陽子さんに暴行を加えるなどして殺害した疑いが持たれています。 警視庁は、菊池容疑者を指名手配して行方を追っていましたが25日、札幌市内で逮捕しました。 その後の警視庁への取材で、菊池容疑者が殺害した動機について「過去に被害者に蹴られたり、挑発されたことを思い出して怒りがエスカレートした」などと供述していることがわかりました。 また、菊池容疑者は都内から北海道に移動していましたが、「昔住んだり行ったことのある場所を通って北海道で死のうと思った」などと話しているということです。 警視庁は、詳しい犯行や逃走の経緯を調べています。

東京 2022.09.26 11:46

W杯まで2か月!サッカー日本代表の守護神 権田修一を支える妻・裕美さん キーパーならではの“食のこだわり”

今年11月に開幕するサッカーW杯カタール大会。日本テレビの番組「サンデーPUSHスポーツ」は、アジア最終予選10試合中9試合フル出場で7大会連続のW杯出場へ導いた日本代表の守護神・権田修一選手と妻・裕美さんに密着取材しました。 Jリーグ清水エスパルスに所属する権田選手のある試合日に密着。試合終了後に権田選手が向かったのはトレーニングジム。夜8時から10時までの2時間、ハードなトレーニングに励んでいました。 試合後にトレーニングをする理由について権田選手は「ゴールキーパーなので、今日も走行距離見ても4キロ弱しかない。普段の練習の方がトータルの運動量としては全然多いですし、逆にここでしっかり集中してトレーニングするくらいの余力がある方がいいので」と語りました。 そんな権田選手が大事にしているのが食事。 「シーズン中は揚げ物や炒め系を控えている。焼くか、ゆでるか、調理法で脂をとる量が変わってくるので、できる限り消化しやすいものを食べるようにしている」と権田選手は話します。 その食事を支えているのが妻・裕美さん。権田選手と結婚後、資格を取得するなど料理に関して勉強し、今ではレシピが200種類以上あります。実際に調理する様子を見せてもらうと、砂糖の代わりにメープルシロップを使うなどの工夫が。 「キーパーは毎日走る練習があるわけではないので、体重が増えてきたら減量メニューに切り替えています。キーパーは跳ばなくてはいけないので、体重コントロールがかなり重要です」とゴールキーパーの妻ならではのこだわりを教えてくれました。 妻・裕美さんのサポートに権田選手は「助かります」と感謝の言葉を述べています。

東京 2022.09.26 11:00

イタリア総選挙 中道右派連合が過半数獲得の見通し…初の女性首相誕生へ

25日に投票が行われたイタリア総選挙は、中道右派連合が過半数を獲得する見通しとなり、イタリア初の女性首相に選出されるとみられる極右政党の党首が勝利宣言を行いました。 地元メディアは、出口調査の結果をもとに、中道右派連合が上下両院で過半数の議席を獲得する見通しだと伝えています。 第1党になると予想されているのは、ファシズムの流れをくむ極右政党「イタリアの同胞」で、党首のメローニ氏が勝利宣言を行いました。メローニ氏はイタリア初の女性首相に選出されるとみられています。 今回の選挙ではロシアのウクライナ侵攻で生活費が高騰する中、野党として政府を批判してきた「イタリアの同胞」が国民の不満の受け皿になった形です。 中道右派連合にはロシアへの制裁に否定的な意見もあるため選挙後、引き続き各国が対ロシア政策で足並みをそろえていけるのか、懸念もでています。

2022.09.26 10:42

日経平均一時600円以上下落 約2か月ぶりの安値

26日朝の東京株式市場で、日経平均株価は大幅に値を下げ2万7000円を割り込みおよそ2か月ぶりの安値となっています。 26日の東京株式市場は、取引開始直後から売り注文がふくらみ、日経平均株価が一時600円以上値を下げました。 平均株価は22日におよそ2か月ぶりに一時2万7000円を割り込みましたが、26日朝はさらに値を下げる展開となっています。 先週、アメリカが大幅な利上げを決めたことで景気が後退するとの懸念が広がり、ダウ平均株価が4営業日で1400ドル以上値を下げました。その流れを受け東京市場でも売りが先行しています。 市場関係者は「アメリカ株の影響を大きく受ける日本市場では、アメリカでのインフレが続く限り当面不安定な相場展開となる」と話しています。

2022.09.26 10:39

新型コロナ「全数把握」見直し開始 専門家は「大事な方向性」

新型コロナウイルスのすべての感染者の情報を集める「全数把握」の方法が、26日から全国一律で見直されます。 依然感染者が多い中、見直しで何が変わるのか、なぜ見直しが必要なのか。厚生労働省の専門家会議の構成員などを務める東邦大学教授の舘田一博医師に聞きました。 ■感染者の「全数把握」とは 新型コロナ感染者の「全数把握」は、医療機関がすべての陽性者の氏名や住所、電話番号などを記入し、保健所に提出する「発生届」をもとに行われます。 しかし感染の第7波では感染者が急増し、この発生届の記入が医療機関の負担になっているとの声が多くあがりました。 政府は入力項目を減らすなどして対応してきましたが、連日感染者数が過去最高を更新する中で、さらなる負担軽減が求められていました。 オミクロン株の感染が主流となってからは、ほとんどが軽症者、その多くが自宅療養で対応出来ることなどから、政府はすべての陽性者の詳細な情報を把握するのをやめ、9月26日から全国一律で発生届の対象者を限定することとしました。 対象となるのは65歳以上や入院を要する人、重症化リスクがあり、コロナ治療薬や酸素投与が必要だと医師が判断した人、妊婦です。 それ以外の感染者については、医師から保健所に年齢別の人数のみを報告します。 発生届の対象者はこれまで通り保健所が健康観察し、対象外の人は自治体の健康フォローアップセンターなどに相談できるようにします。届け出がない場合でも、治療費は無料です。 政府は26日を待たずに、申し出のあった都道府県は発生届の対象を限定する措置をすでにとっていています。 ■「全数把握」の見直しは妥当? 「全数把握」を見直すことは、感染状況を把握する上で問題はないのか。感染制御学が専門の舘田一博医師は、今回の見直しは「大事な方向性」だと話します。 東邦大学教授 舘田一博医師 「10万人、20万人というような感染者数が出ている状況で、軽症者も多いため、おそらく検査を受けていないような陽性者がたくさんいらっしゃるような状況。そんな中いつまでも全数把握を続けていくというのは、無理があるし効率もあまり良くない」「すべての感染者を把握する、その分母はしっかりおさえながら、調査するのは重症化リスクの高い人たちにしぼり、重点化を進めるのは大事な方向性だと思います」 その上で、新しい変異株の出現や、感染状況が変われば、感染動向の把握のためにも、またすべての感染者の発生届を出す方式の全数把握に戻すことも念頭に柔軟な対応が必要だと指摘します。 ■だんだんと緩和?コロナの扱いは 舘田医師は、感染者の多くが軽症である第7波のような感染状況においては、対応の見直しをしていく必要があると言います。 その上で、新型コロナを感染症法上の「2類相当」(医療機関に全患者の氏名などの報告が求められる)として扱っている今の状況についても変更を考えるべきだとしています。 舘田医師 「国内で2000万人が感染するような感染症になってきている。そして第7波では、1000万人が感染をし、1万人が亡くなっている。その死亡率は0.1%。そういう状況になってきている中で、2類相当で見ていくということに関しては、そろそろ限界に達している。対策そのものを見直すべき状況です」 ■「全数把握」の届け出対象でなくとも基本的な感染対策を 「全数把握」が見直され、政府や自治体が呼びかける対策が緩和されても、マスク着用、手洗い、密の回避、換気など基本的な感染対策は引き続き行う必要があります。 舘田医師は次の感染の波が来る可能性を指摘し、ワクチンを接種するなどひとりひとりの感染対策の徹底を呼びかけています。 舘田医師 「第7波は行動制限をかけずに感染のピークを乗り越えることができた。 ただ医療現場は非常に厳しくて、医療のひっ迫、一部医療の崩壊に近いような状態が見られてしまった」「療養期間も徐々に短縮されていますが、仕事に早く復帰するにしても、自分はまだウイルスを持っている、ウイルスを出している可能性があるというふうに考えて、基本的な感染対策を徹底していくということが大事になります」「第8波が来る可能性が高い。 そういう状況の中で、基本的な感染対策はまだしっかりと維持していただきながら、ワクチンの接種の接種券が届いたら、できるだけ早く接種を進めていただくということが大事になると思います」 終わりの見えない新型コロナの感染の波ですが、うまく対策に緩急をつけ、医療提供体制と社会経済活動を両立させることが改めて求められています。

2022.09.26 08:32

長万部町 50日たったきょう「水柱」の噴出止まる…音もせず

北海道・長万部町で先月8日に噴出した水柱ですが、50日たった26日、噴出が止まっているのが確認されました。 長万部町の関係者によりますと、水柱の周辺では26日未明からごう音が聞こえなくなり、26日午前6時ごろ、噴出が止まっているのが確認されたということです。26日午前10時現在も水柱の姿は確認できず、音もとまったままです。 付近住民「2~3回どっどっと止まることがあって、午前2時に目が覚めた時 にはすっかり止まっていた」 およそ30メートルの高さがあった水柱は、21日から一時3分の2程度まで下がるなど、勢いが衰える兆候が見られていました。 一方、26日から予定されていた京都の専門業者による防音パネルの設置工事は予定通り行われています。

北海道 2022.09.26 10:25

【関東大学女子駅伝】不破聖衣来欠場の拓殖大2位 中央大が本戦出場権を獲得

◇第28回関東大学女子駅伝対校選手権大会(25日、千葉・印西市) 来月30日(日)に宮城県仙台市で開催される第40回全日本大学女子駅伝の出場権をかけた関東大学女子駅伝が25日に開催されました。 周回コースで駅伝形式での開催となった今大会。すでにシード権を持つ拓殖大の注目選手、不破聖衣来選手は欠場しましたが、チームメートに沿道から声援を送ります。その拓殖大は総合2位でフィニッシュしました。 4年連続31回目の出場を狙う中央大学は序盤出遅れますが、5区で1年生の浜野光選手が2位まで順位を押し上げ、総合4位で本大会出場権を勝ち取りました。 中央大学・鈴木智香子監督は「エース格の風間歩佳、並木美乃がいないメンバーで、予想以上に走ってくれた。去年までは本戦に出ることが目標だったが、これからはシードをとるのが当たり前、駅伝が強い中大にならないといけない」と、コメントしました。 【第28回関東大学女子駅伝対校選手権大会 総合成績】※は本戦シード校 優勝 日本体育大学 ※ 2位 拓殖大学 ※ 3位 大東文化大学 ※ 4位 中央大学 5位 東洋大学 6位 玉川大学 7位 東京農業大学 8位 筑波大学 各地区の予選会に加え、選外となった中から5000メートルで6人のタイム上位6校が本戦に出場できます。第40回全日本大学女子駅伝は10月30日(日)午後0時10分に宮城県仙台市でスタートします。

東京 2022.09.26 09:53

きょうの株価・為替予想レンジと注目点

26日の日経平均株価は、前営業日比374円39銭安の2万6779円44銭で寄りつきました。 26日の予想レンジは、日経平均株価は2万6400円~2万7000円、為替はドル/円=143円00銭~144円00銭。きょうの注目業種「ディフェンシブ」。今後の見通しは「権利取り最終」。 注目ポイントなどauカブコム証券の山田勉さんが解説します。(詳しくは動画で)

2022.09.26 09:14

【天気】広範囲で秋晴れ…西日本は雷雨の所も

【全国の天気予報】 26日(月)は、高気圧に覆われて近畿~北海道にかけて晴れる見込みです。秋晴れが広がるでしょう。 一方で湿った空気の影響などを受ける九州は雨や雷雨でしょう。中国地方や四国でも傘の出番がありそうです。 ■予想最高気温 西日本や東日本は30℃以上の所があるでしょう。大阪、名古屋は31℃の予想。東京は29℃でしょう。昼間は半袖の出番となりそうです。北日本は25℃前後で過ごしやすい陽気です。 朝晩と日中の気温の差が大きくなりますので、服装で上手く調節をしてください。 【週間の天気予報】 27日(火)は、西日本から東海、北陸にかけて雨でしょう。北海道や東北北部は晴れる日が続く見込みです。 10月のスタートは、各地で青空が広がる見込みで、西日本や東日本は30℃くらいまで気温が上がるでしょう。まだ日中は半袖が活躍しそうです。

2022.09.26 08:09

ウクライナ4州“住民投票” 30日にもロシア編入の手続きか

住民投票が行われているウクライナ東部と南部の4つの州をめぐり、ロシアメディアは早ければ30日にもロシア編入の手続きが行われる可能性があると伝えています。 ウクライナ東部と南部の4つの州で行われている住民投票は27日に終了します。タス通信は、その後、ロシア編入にむけた関連法案が29日に議会で審議され、早ければ30日にも編入の手続きが行われる可能性があると伝えています。 一方、ロシアでは、戦闘への部分的な動員への抗議が広がっています。 ダゲスタン共和国では25日、群衆を威嚇するため、治安当局が空にむけて発砲しました。また、戦争反対と叫ぶ市民らが道路をふさぎ警官隊と衝突する騒ぎとなりました。ダゲスタン共和国は、ロシアでも貧しい地域で、戦闘の前線に送り込まれたダゲスタン共和国出身の兵士が、多数死亡したとされています。 人権団体によりますと、24日にはロシア各地の抗議デモで800人以上が拘束されたということです。

2022.09.26 06:02

逮捕の職員「素手で殴って殺害した」老人ホーム入所者殺害

東京・北区の特別養護老人ホームで入所者の高齢女性を殺害したとして指名手配されていた施設職員の男が、25日午後、北海道札幌市内で逮捕されました。 逮捕された「浮間こひつじ園」の職員・菊池隆容疑者(50)は、今月15日から16日にかけて入所者の山野辺陽子さん(92)に暴行を加えるなどし、殺害した疑いが持たれています。 警視庁は、菊池容疑者を指名手配して行方を追っていましたが、25日午後、札幌市白石区のマンションの非常階段に不審な人物がいるとの通報があり、駆けつけた警察官が菊池容疑者を発見したということです。 調べに対し、「素手で殴って殺害した」と容疑を認め、「女性から『バカ』などと言われカッとなり、暴行した」「死ぬなら北海道に行って死のうと思った」などと供述しているということです。 逮捕を受け、山野辺さんの息子が25日夜、取材に応じました。 山野辺さんの息子「逃げ回ってたんでしょうけど、早く出てきてほしかったです。ちょっと許せないというか」 警視庁は、犯行の経緯などを詳しく調べる方針です。

2022.09.26 05:42

【今週の天気】北日本を中心に晴れ 東~西日本は30℃前後に

<天気> 今週は、北日本を中心に晴れの天気が続きそうです。26日(月)は九州で雨になり、27日(火)は東海~九州で雨になりそうです。関東は晴れる日が多くなりますが、朝と夜は雨が降るところがありそうです。 <気温> 日中は全国的に平年を1~2℃上回りそうです。北日本で25℃前後、東日本と西日本で30℃前後と、昼間はシャツ一枚で過ごせそうです。朝は全国的に平年並みの気温です。東京は18℃前後で上着が必要な気温になりそうです。

2022.09.26 05:36

職場や学校への復帰も…補助人工心臓の治療の今と課題とは?

去年4月、国内で、心臓移植を前提としなくても、植え込み型の人工心臓による治療ができるようになりました。9月23日から京都で開催されている学会で、この治療の第一線で活躍する東京大学の波多野将医師は、教育講演を行い、社会復帰を遂げた患者について紹介し、「できる限り生活の質を保つのが、この治療の目標」と話しました。      ◇ 9月23日から京都で「第70回 日本心臓病学会学術集会」が開催され、東京大学医学部附属病院 高度心不全治療センター センター長・准教授の波多野将医師が、「補助人工心臓の適応と現状」について教育講演を行いました。 これまで、重度の心不全の患者は、心臓移植の登録をした上で、補助人工心臓による治療を受けていました。 しかし、去年4月末に適応が拡大され、年齢や腎機能などの基準をクリアした患者は、心臓移植を前提としなくても、補助人工心臓による治療が受けることができるようになりました。 この治療は、現在、東京大学や千葉大学など7施設で行われていて、順次拡大していくということです。 補助人工心臓は、体の外に設置するタイプから、現在は、体の中に植え込むタイプが主流となっていて、この変化により、感染症などの合併症は減っているものの、「補助人工心臓を装着しているにもかかわらず再度心不全を呈してしまう、晩期心不全などの合併症をいかに解決していくかが今後の課題だ」と波多野医師は、指摘しています。 また、体の外に設置する補助人工心臓は、入院が必須となっていましたが、植え込み型が主流となったおかげで、治療しながらでも退院することも可能になりました。 また、東京大学における補助人工心臓の手術後の5年生存率は83%で、日本が世界で一番の成績だということです。 こうした中、移植を前提としない補助人工心臓の治療は、「終わりの始まりでもある」と波多野医師は話しています。 補助人工心臓を植え込んだまま死亡することが前提となり、将来、胃ろうをするのか、人工呼吸器をつけるのかなど、「どのような“終わり”にするのか考えないといけない治療」だと指摘しています。 座長をつとめた東京大学大学院医学系研究科・心臓外科の小野稔教授から、退院後の生活の質=QOL(クオリティー・オブ・ライフ)を保った生活をどれだけ送れているのかについて問われると、波多野医師は、「この治療は社会復帰をしていただくことを目標にしている」と話し、治療を受けた患者が、職場への復帰や大学に復学した例をあげました。 波多野医師は、「できる限り生活の質を保つのが、この治療の目標なので、多くの方にそうしていただけるように願いを込めて治療している」と話しています。 一方、心臓移植については、ドナー(提供者)不足が指摘され、移植を待つ患者は毎年増加しており、移植までに平均して6年~7年の時間が必要になるということです。

2022.09.26 00:37

高齢女性殺害か…指名手配の施設職員を逮捕 被害女性の遺族「許せない」

東京・北区の特別養護老人ホームで入所者の高齢女性を殺害したとして指名手配されていた施設職員の男が、25日午後、北海道札幌市で逮捕されました。 逮捕された「浮間こひつじ園」の職員・菊池隆容疑者(50)は、今月15日から16日にかけて入所者の山野辺陽子さん(92)に暴行を加えるなどし、殺害した疑いが持たれています。 警視庁は、菊池容疑者を指名手配して行方を追っていましたが、25日午後、札幌市白石区のマンションの非常階段に不審な人物がいるとの通報があり、駆けつけた警察官が菊池容疑者を発見したということです。 調べに対し容疑を認め、「女性から『バカ』などと言われカッとなり、暴行した」「死ぬなら北海道に行って死のうと思った」などと供述しているということです。 逮捕を受け、山野辺さんの息子が25日夜、取材に応じました。 山野辺さんの息子「逃げ回ってたんでしょうけど、早く出てきてほしかったです。ちょっと許せないというか」 警視庁は、犯行の経緯などを詳しく調べる方針です。

2022.09.26 00:40

イタリア総選挙“中道右派連合が優勢” 初の女性首相誕生か 対露政策への影響に懸念も

25日に投票が始まったイタリア総選挙は、中道右派連合が優勢と伝えられています。初の女性首相誕生の可能性があるほか、対ロシア政策への影響も注目されています。 地元メディアは、事前の世論調査をもとに、中道右派連合が過半数の議席を獲得する勢いだと伝えています。 支持率でトップとなっているのが、ファシズムの流れをくみ、移民排斥などを訴える極右政党「イタリアの同胞」で、党首のメローニ氏がイタリア初の女性首相に選出される可能性があります。 ロシアのウクライナ侵攻で生活費が高騰する中、野党として政府を批判してきた「イタリアの同胞」が、国民の不満の受け皿になった形です。 中道右派連合には、ロシアへの制裁に否定的な意見もあるため、引き続き各国が対ロシア政策で足並みをそろえていけるのか、選挙後への懸念もでています。

2022.09.26 00:58

“CO2吸収ドローン”で地球を救う! 小学4年生「小さな発明家」の挑戦…夏休みの自由研究で10歳が描いた未来図

日本テレビなど民放キー局とNHKの6局が参加する、気温上昇を止めるためのキャンペーン「1.5度の約束」。 地球温暖化を防ぐため「ドローンで二酸化炭素を吸収する」という未来図を思い描く小学4年生の加藤諄之くん(10)。試行錯誤の末、“CO2吸収ドローン”を大空に飛び立たせることができた、夏休みの自由研究に密着しました。 (9月25日放送『真相報道バンキシャ!』より。詳しくは動画をご覧ください)

2022.09.25 20:53

中国共産党、党大会参加の代表を選出 “習近平新時代”堅持の2296人

中国の共産党は、来月16日に始まる予定の党大会に参加するおよそ2300人の代表の選出を終えました。 中国国営メディアによりますと、選出されたのは全国の2296人の代表で、少数民族など様々な分野の党員が含まれているとしています。また、代表は「習近平新時代の中国の特色ある社会主義思想」を指導理念とすることを堅持することなどの要求に従って選考されたと伝えています。 来月16日から始まる党大会では、代表の中からおよそ200人の党中央委員会の委員などを選出し、その後の第一回中央委員会全体会議、いわゆる「一中全会」で、党のトップを含む最高指導部が選ばれる見通しです。

2022.09.25 23:45

ヤクルトがリーグ連覇 三冠王へ村上宗隆「押しつぶすぐらいプレッシャーをかけてもらいたい」

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト1x-0DeNA(25日、神宮球場) サヨナラ勝ちで2年連続9回目のリーグ優勝を決めたヤクルト。試合後に共同会見を行い、リーグ優勝に大きく貢献し、三冠王を目指す村上宗隆選手が、その喜びを話しました。 ▽以下、村上選手の一問一答 ――率直に今の気持ちは? 「最高です」 ――2位DeNAとの3連戦で優勝を決めた。 「いい巡り合わせで、2位のチームとマジック2で戦うことができて、負けたらすごく苦しいと思っていましたけど、選手僕たちみんな集中してましたし、今日絶対決めるぞという気持ちでやっていたので、今日決めてすごくうれしいです」 ――高津臣吾監督からすごい胴上げとありましたがあの時の気持ちは? 「天まで飛ばしてやろうかなと思ってやりました」 ――神宮でみなさんと喜びを分かち合えるというのは格別だと思うが、今日の1日はどうでしょうか? 「シーズン143試合は色々なことがあり、勝つ日もあれば負ける日もあり、打てる日もあれば打てない日もある。難しいというかその日のその1打席1打席で感情が出てしまうので、すごく難しいというのもあるのですけど、こうして最後に優勝して、喜びを分かち合って、この瞬間があるから本当に苦しいことも耐えられますし、今日この瞬間が素晴らしいです」 ――シーズン中、記録との戦い、成績について。 「まだ終わっていないので、もっともっとプレッシャーかけて、押しつぶすぐらいプレッシャーをかけてもらいたい」 ――残りレギュラーシーズンは6試合。ポストシーズンに向けて力強い意気込みをお願いします。 「とにかく皆さんの期待に応えられるように頑張りたいなと思いますし、大きな目標としては日本一というのもあるので、そこに向けて頑張ります」 ――最近、チーム個人の2つのプレッシャーと戦ってきた、大きなプレッシャーがなくなった。個人の大きな記録へ向けての意気込み。 「とにかく今日は優勝したことがうれしい。あさってから記録との戦いもありますけど、そこに挑戦できるのは今、僕しかいないので。挑戦できることに幸せを感じながら。いろんなプレッシャーもありますけど、自分ならできると信じて頑張りたい」

東京 2022.09.25 23:16

史上初・新人のサヨナラ打 ヤクルトドラ2ルーキー丸山和郁 ファン「丸山くんは持ってる子」 “丸山和郁”がトレンド入りも 大学時代は六大学ベストナイン獲得など

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト1x-0DeNA(25日、神宮球場) ヤクルトがサヨナラ勝ちで2年連続9度目、悲願のリーグ連覇を成し遂げました。 0対0で迎えた9回、悲願の瞬間をもたらしたルーキー・丸山和郁選手は前橋育英高から明治大学に入学。4年時には主将を務め六大学ベストナインも2度獲得。満を持してプロ志望届を提出すると、2021年のドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから2位指名を受け外野手として入団しました。 入団後は俊足と巧みなバットコントロールを持ち味にルーキーイヤーから開幕一軍をつかみ取ると、3月25日の開幕戦で初出場。初安打は6月3日西武戦、高橋光成投手からでした。そして優勝を決めたこの日、8回にサンタナ選手に代わり守備から出場すると、9回大一番で回ってきた打席を優勝決定サヨナラ打という最高の形で締めくくりました。 史上初の新人が優勝決定サヨナラ打という快挙にSNSでは「丸山くん、かっけーぞー!」「丸山の勝負強さが光ったな」「丸山くんは持ってる子」など称賛が寄せられ、“丸山和郁”がトレンド入りするなど注目が集まっています。

東京 2022.09.25 22:33

【MotoGP】ジャック・ミラー3年ぶりに開催の日本GP制す「日本のファンの前で勝てて本当に嬉しい」 中上はケガの痛みを耐え見事完走

◇2022MotoGP第16戦日本グランプリ MotoGP決勝(23~25日、モビリティリゾートもてぎ) 新型コロナウイルスの影響で3年ぶりに開催されたMotoGPの日本グランプリ。前日の予選とは打って変わって晴天のもと行われたMotoGPクラス決勝で速さを見せたのは、ジャック・ミラー選手。 周を重ねるごとに2位以下を引き離し独走すると、最終的に2位に5秒以上の差をつけてフィニッシュしました。 いつも笑顔でファンに接することで日本でも人気のあるミラー選手は「昨日も雨の中たくさんのファンが予選を見に来てくれていた。そんな日本のファンの前で勝てて本当に嬉しい」と語り、喜びの今シーズン初優勝を飾りました。 またケガからの復帰2戦目で、得意のもてぎで3年ぶりのポールトゥウィンを狙うマルク・マルケス選手ですが、1周目で出遅れるも粘りの走りをみせ、4位でチェッカーフラッグを受けました。 あと一歩で表彰台の4位に「完全復帰への手ごたえを感じた」と語りました。 一方、年間ポイントランキングトップを争うファビオ・クアルタラロ選手とフランチェスコ・バニャイア選手はラスト2周で、し烈なデッドヒート。 しかし最終ラップで8番手のクアルタラロ選手に迫るバニャイア選手が3コーナーで痛恨の転倒。10ポイント差でトップのクアルタラロ選手を追いかけていたバニャイア選手にとって、悔しいリタイアとなりました。 そして右手のケガの痛みがある中、決勝への出場を決断した中上貴晶選手は20位でレースを完走し、母国グランプリでファンに勇姿を見せました。 またワイルドカードでスポット参戦の長島哲太選手は10周目で惜しくも転倒しリタイア。ジョアン・ミル選手の代役出場となった津田拓也選手はバイクが炎上するマシントラブルに見舞われ、12周目で無念のリタイアとなりました。 【MotoGP日本GP放送&配信予定】 ■日本テレビ 地上波(関東ローカル)VTR放送 25日(日) 25:50~27:00 ■日テレスポーツ公式YouTube 決勝ハイライトVTRなど配信予定

東京 2022.09.25 22:03

ソウルで日韓文化交流イベント “対面”開催は3年ぶり

日本と韓国の文化交流を目的とした毎年恒例のイベントが25日、ソウルで開かれました。“対面”での開催は3年ぶりです。 「日韓交流おまつり」はことしで18回目の開催で、日本と韓国の子どもたちが同じステージ上で合唱を披露したほか、両国の伝統文化などを体験できるブースが設けられました。 新型コロナウイルスの影響で去年まで2年連続でオンラインでの開催でしたが、ことしは3年ぶりに誰でも会場を訪れることができる本来の形での開催となりました。 来場者「予想以上にブースも多くて日本を体験できるようで楽しいです」 主催者側は「相互理解には人と人との触れ合いが重要。このイベントがコロナ禍からの日韓交流の第一歩となってほしい」と話しています。

2022.09.25 21:58

リーグ連覇 高津臣吾監督「涙はまだ流していないです」「みなさんも優勝の立役者です」

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト1x-0DeNA(25日、神宮球場) 9回丸山和郁選手の劇的サヨナラヒットで優勝を決めたヤクルト。 本拠地神宮で高津臣吾監督が優勝インタビューに答えました。 ー本拠地神宮で優勝を決めた気持ち 「皆さんと一緒ぐらいうれしいです。おそらくみなさんも喜んでいただいていると思います。そのぐらいうれしいです」 ー丸山選手の打球が抜けた時の気持ち 「気持ちの整理がついてないですけど。丸山だけでなく、チームのみんな、選手みんな、コーチみんな、スタッフみんなを信頼してきた。ファンのみなさんも一緒にチームスワローズとして、今日の一勝がチームスワローズであげた大きな大きな一勝だと思っています」 ー勝てば優勝、選手にどんな言葉 「特には言葉はかけてません。いつも通りのあいさつといつもとおりの形。なかなか平常心で戦うのは難しかったですけど、こういう終わりかたして、みんなほっとして気分もいいですし。今日はゆっくり寝れそうです」 ーー今季快進撃。その後試練もあったそれを乗り越えた意味 「開幕の大逆転からスタートして交流戦の優勝。7月に入ってからチームとしてはコロナがまん延して残念だったんですけど、なかなか崩れない。なかなか輪が崩れない。すばらしいチーム、一丸となって戦えた結果がこの9月25日を迎えられたと思います」 ーー去年日本一なっても泣かなかった監督が泣きました 「いや、泣いてないです。涙はまだ流していないです。とっています」 ーー2年連続優勝、29年ぶり 「優勝することがすごく難しい。連覇はもっと難しいです。難しいことをした選手たちにもう一度大きな拍手を送ってください。ほんとによく頑張ってくれました」 ーけん引した4番の評価は 「最近は後ろ姿が小さくなっていますけど、7月の大変なときも孤軍奮闘でよく頑張ってくれたと思いますし、バット1本でチームを引っ張った。ムラ(村上宗隆選手)よく頑張ったよ。おめでとう」 ーポストシーズンへ 「2月1日のキャンプスタートのときに、キャプテン山田(哲人選手)が今年大きな高い壁があります。乗り越えていきましょうと言いました。1つ壁を破ったかなと。まだまだ壁が待っていると思います。クライマックスをしっかり戦い、本当に大きな山の頂点に立ちたいと思っています。これからも頑張ります」 ー全国のヤクルトファンへ 「神宮球場へお越しのヤクルトスワローズファンのみなさん、いろんなところで観戦していただきました全国のヤクルトスワローズファンのみなさん。セ・リーグ優勝おめでとうございます。みなさんもチームスワローズの一人です。みなさんも優勝の立役者です。1年間、セ・リーグを盛り上げていただき、スワローズの一員として頑張っていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします」

東京 2022.09.25 22:06

全国で新たに4万6788人感染 先週日曜から約1万7000人減

東京都では25日、新たに5621人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。 東京都内の新たな感染者は5621人で先週日曜日から2456人減り、3日連続で前の週の同じ曜日の人数を下回りました。 直近7日間の感染者数の平均は5972.4人で前の週の71.3%となり、35日連続で100%を下回っています。 従来の都の基準による重症者は24日から1人増えて16人でした。70代から90代までの男女9人の死亡が報告されています。 NNNのまとめによりますと、25日の全国の新たな感染者は4万6788人で、先週日曜日からおよそ1万7000人減りました。亡くなった方は49人報告されています。 また、厚生労働省によりますと、24日時点の全国の新型コロナウイルスの重症者は前の日から1人増え239人でした。

東京 2022.09.25 21:57

リーグ連覇で“ヤクルト”がトレンド1位 ファンも歓喜「今年も躍進のヤクルト最高!」

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト1x-0DeNA(25日、神宮球場) ヤクルトがサヨナラ勝ちで2年連続9回目のリーグ優勝を決めました。 これにSNSでは“ヤクルト”がトレンド1位になり、「圧倒的2連覇おめでとうございます」「元気をもらった」「ノムさん以来か…すごい!」「今年も躍進のヤクルト最高!」といった、歓喜と祝福のコメントであふれていました。 他にもサヨナラ勝ちの“サヨナラ”、そのサヨナラタイムリーを放った丸山和郁選手の“丸山くん”、そして“リーグ優勝”や“#swallows”といったワードもトレンド入りしました。

東京 2022.09.25 21:57

ヤクルトがリーグ連覇 ルーキー丸山和郁がサヨナラタイムリー ファンは「最後に最高の仕事をしてくれた!」

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト1x-0DeNA(25日、神宮球場) ヤクルトがサヨナラ勝ちで、2年連続のリーグ優勝を決めました。 0-0で迎えた9回。先頭のオスナ選手がショートへゴロを打つも、全力疾走で内野安打とすると、続く中村悠平選手が送りバントを決め、1アウト2塁とサヨナラのチャンスを作ります。 ここで打席にはドラフト2位ルーキーの丸山和郁選手。2球目のストレートを逆らわずに打ち返すと、2塁ランナーがホームイン。ヤクルトがサヨナラ勝ちで、リーグ連覇を果たしました。 丸山選手のサヨナラタイムリーにファンは「最後に最高の仕事をしてくれた!」「スター街道に乗った」と、コメントしていました。

東京 2022.09.25 21:35

【天気】本州付近は晴れる所多く 九州は次第に雨雲広がり雷雨になる所も 中国、四国も夜は雨の所が

●熱帯低気圧 日本の南で熱帯低気圧が発生しました。今後は26日(月)にも台風に発達し、27日(火)には小笠原諸島に接近するおそれがあります。 その後は北東方向へ進む予想で、今のところ本州を直撃することはなさそうです。 小笠原諸島では26(月)から27日(火)にかけて雨や風が強まるでしょう。27日(火)は伊豆諸島でも雨が強まる見込みです。 ●あす26日の全国の天気 26日(月)も本州付近は晴れる所が多いでしょう。北日本と東日本、近畿や中国、四国も晴れる予想です。 ただ、九州では次第に雨雲が広がる予想で雷雨になる所もありそうです。中国、四国も夜は雨の降り出す所があるでしょう。 ●あすの予想気温 朝の最低気温は福岡で23℃、大阪と金沢で20℃、名古屋で21℃、東京で19℃、仙台で16℃、札幌で15℃でしょう。 日中の最高気温は西日本や東海で27~30℃くらい。 大阪と名古屋は30℃まで上がる予想です。東京は29℃でしょう。 仙台は26℃、札幌は24℃で快適な陽気でしょう。 ●週間予報・大阪~那覇 27日(火)は広く雨で、朝は雨脚の強まる所もあるでしょう。その後は大きなくずれはなく、晴れ間の出る日が多そうです。 今度の土曜日にはもう10月がスタートしますが、昼間の気温は30℃くらいですからまだまだ半袖が活躍しそうです。 ●週間予報・札幌~名古屋 27日(火)は東日本で雨が降るでしょう。北陸や東海は午前中から降り出す予想です。 関東の雨は熱帯低気圧の動き次第でタイミングや降り方が変わってきそうですので、今後の情報にご注意ください。東海は30日(金)も雨の予想です。

2022.09.25 20:35

「すごい試合だな」セ・リーグ天王山ヤクルトが7回2アウト満塁のチャンスも無得点で均衡は破れず

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) 0対0のまま迎えた7回。ヤクルトは満塁のチャンスを迎えましたが無得点に終わりました。 DeNA先発・今永昇太投手を打ち崩せないまま迎えた7回、ヤクルト打線は1アウトから中村悠平選手がレフトへのヒットで出塁すると、続くサンタナ選手もライトヒットでチャンスをつくります。 続く長岡秀樹選手はショートフライに倒れ2アウトとなると、代打で登場したのはベテラン青木宣親選手。冷静にフォアボールを選び、2アウト満塁とこの日1番のチャンスを迎えます。打順は1番に返り山崎晃大朗選手の打席となります。 5球目をはじき返すと、打球は一塁へのゴロ。山崎選手は俊足を飛ばしますが、ソト選手の送球を受けた今永投手がわずかに早くベースを踏みアウト。この回も得点とはなりませんでした。 SNSでは「ヤクルトvsDeNA熱すぎるな」「ガチの投手戦」「すごい試合だな」などのコメントが寄せられています。

東京 2022.09.25 21:28

ヤクルト・村上宗隆第4打席 高校の先輩 DeNA伊勢にレフトライナー 打率は.322に

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) ヤクルト・村上宗隆選手の第4打席はレフトライナーでした。 この日ノーヒットで迎えた8回。第4打席での相手は、九州学院高校の先輩、DeNAの伊勢大夢投手。 3球目を捉えするどい打球を飛ばすも、レフトライナーに打ち取られました。 これで4打席ノーヒットとなった村上選手。 打率は.322となっています。

東京 2022.09.25 21:19

「今シーズンMVPでもいい」ヤクルト清水昇 ピンチを抑えガッツポーズ 両チーム無得点で9回へ

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) ヤクルトは8回に2アウト3塁のピンチを招くも、3番手の清水昇投手が無失点に抑えました。 ヤクルトは0-0で迎えた7回に2アウト満塁のチャンスを作るも、山崎晃大朗選手が内野ゴロに打ち取られ先制できません。 すると直後の8回。3番手として登板した清水投手が、1アウトから代打オースティン選手に2ベースを打たれピンチを招きます。 そして続く佐野恵太選手のライトフライで、2塁代走の関根大気がタッチアップし2アウト3塁とピンチを広げます。 それでも4番・牧秀悟選手を1ボール2ストライクの4球目、低めにフォークボールで空振り三振に仕留め、大きくガッツポーズ。 チームの2年連続のリーグ優勝へ向け、清水投手がこのイニングを無失点に抑えました。 この投球にファンはSNSで「ガッツポーズガチでかっこいいな」「今シーズンMVPでもいい」と、盛り上がってました。

東京 2022.09.25 21:15

「ほんと見応えある対戦」 ヤクルト チャンスで青木宣親 今永との勝負はフォアボール 今永は笑顔も見せる

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) 7回、2アウト1、2塁の場面でヤクルトはこの日1軍昇格の青木宣親選手が代打で登場し、フォアボールを選びました。 マウンド上は好投を続けるDeNAの先発・今永昇太投手。2アウト1、2塁で石山泰稚投手に打席が回ったところで代打青木選手がコールされます。 青木選手は初球、147キロのストレートを空振りすると、2、3球目は低めに外れるボールを見送ります。続く4球目は高めのストレートを空振りし、2ボール2ストライクとされると、5球目は低めの際どいストレート。ボールの判定に今永選手も笑みを浮かべます。最後は6球目が高めにはずれフォアボール。青木選手が冷静に見極めチャンスを広げました。 この対戦にSNS上では「ほんと見応えある対戦」「中継見てるだけでも落ち着いてられないのに今永は緊張しないわけないよな」といった声が上がりました。

東京 2022.09.25 21:09

もう諦めた? 今年最多の“値上げの秋”へ…苦肉の「節約術」で乗り切る人々

加速する円安や原油高の影響もあり、10月には年内最多となる6532品目の値上げが予定されています。止まらない値上げの波に、街の人からは「もう諦めた」と嘆く声も。 そんな中、少しでも値上げに対抗しようと涙ぐましい努力で創意工夫する人々の「節約術」を追いました。 (9月25日放送『真相報道バンキシャ!』より。詳しくは動画をご覧ください)

2022.09.25 20:44

「ライアンに勝ちを!」ヤクルト小川泰弘が6回無失点 2四球でピンチ招くも踏ん張る

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) ヤクルトの先発・小川泰弘投手が6回に迎えたピンチを切り抜けました。 5回まで2安打無失点でDeNA打線を封じ込めていた小川選手は6回。1アウトから制球が定まらず、2者連続フォアボールを与え1アウト1、2塁のピンチを招きます。 この場面で打席には4番・牧秀悟選手。2ボール2ストライクからの6球目のカットボールを痛打されますが、ライトのサンタナ選手がキャッチし2アウト。 続く宮崎敏郎選手はストレートでセカンドゴロに抑え、ピンチを無失点で切り抜けました。 気迫のこもった投球を見せた小川選手に対しSNS上では「ライアンに勝ちを!」「そろそろ援護してあげよう」といった打線に奮起を求める声が上がりました。

東京 2022.09.25 20:26

【56号はいつ?】ヤクルト・村上宗隆 DeNA・今永昇太に3打席連続凡退で打率も.323に下降

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) ヤクルト・村上宗隆選手の第3打席は空振り三振でした。 日本選手最多の第56号ホームランに期待がかかる村上選手、しかし13日の巨人戦で抑えの大勢投手から55号ホームランを放って以来、8試合ノーアーチとなっています。 優勝マジック2で迎えたこの日のDeNA戦でも先発・今永昇太投手の前に初回の第1打席では152キロのストレートに空振り三振。3回の第2打席でもDeNA・ソト選手の好守備もありファーストゴロ。2打席連続で凡退となっていました。 迎えた6回の第3打席、今永投手から徹底した外角攻めを受けた村上選手、最後はカウント2-2からの5球目、アウトコースの球を空振り三振。この日はここまで3打席連続で凡退に抑えられ、試合前.325だった打率も.323まで下がっています。

東京 2022.09.25 20:26

胴上げ阻止狙う2位DeNA 6回にノーヒットで得点圏のチャンス迎えるも生かせず無得点に終わる

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) ヤクルトの胴上げを阻止したい2位DeNAは、6回に得点圏のチャンスを迎えましたが無得点に終わりました。 ヤクルト先発小川泰弘投手を前に5回まで無得点に抑えられていたDeNA。この回は1番からの打順でしたが、先頭の桑原将志選手はピッチャーゴロに倒れます。それでも大田泰示選手がストレートのフォアボール、続く佐野恵太選手も6球目でフォアボールと、ノーヒットで得点圏にランナーを置きます。 一打先制となる場面でしたが、4番牧秀悟選手がライトフライ、宮崎敏郎選手がセカンドゴロと、抑え込まれ得点とはなりませんでした。

東京 2022.09.25 20:32

元プロ野球投手・村田兆治さん釈放「心配とご迷惑をかけたのは事実…もう一度、彼女に誠心誠意謝りたい」 東京地検が勾留請求せず

23日、羽田空港の保安検査場で女性検査員に暴行を加えたとして逮捕された元プロ野球の投手村田兆治さん(72)が、25日夕方、釈放されました。 村田兆治さん「本当にご心配とご迷惑をかけたということは事実です。もう一度、彼女に誠心誠意謝りたい」 村田兆治さんは、23日、羽田空港・第一ターミナルの保安検査場で、30代の女性検査員の肩を押す暴行を加えた疑いで逮捕されていましたが、25日午後5時半すぎに釈放されました。東京地検が勾留請求をしなかったということです。 村田さんは、逮捕直後の調べに対し、「肩を押していない」などと容疑を否認していました。 今後は、在宅で捜査が続けられることになります。

東京 2022.09.25 19:02

「引き締まった投手戦」ヤクルト小川泰弘がDeNA打線を5回まで無失点

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) ヤクルト先発の小川泰弘投手が5回までを無失点に抑えています。 立ち上がりからファウルで粘られるなど、2回まで無失点に抑えるものの、44球を投じた小川投手。 それでも3回は三振を含む三者凡退、4回には自身の好プレーもあり三者凡退と、4回までノーヒットピッチング。 しかし5回、1アウトからソト選手に、この試合初めてのヒットとなるツーベースを打たれピンチを迎えます。 それでも続く嶺井博希選手の打席で、セカンド山田哲人選手がゴロをサードに送球しアウトを奪う好判断を見せるなど、この回も無失点でしのぎ切りました。 一方、DeNA先発の今永昇太投手も5回まで無失点に抑えており、SNSでは「引き締まった投手戦」「ライアンに援護あげて~」「素晴らしい試合」などのコメントが寄せられています。

東京 2022.09.25 20:04

「てっとのおかげで失点防いだな」 ヤクルト・山田哲人が好判断 走者2塁から3塁補殺で小川救う

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) 両チーム無得点の5回、1アウト2塁のピンチでヤクルトのセカンド・山田哲人選手が好判断を見せ3塁をアウトにしました。 マウンド上は小川泰弘投手。1アウトからソト選手にこの日初の被安打となるツーベースを浴び、ピンチを招きます。この場面で、続く嶺井博希選手の詰まった打球はセカンド前方への小フライに。これをワンバウンドで捕球した山田選手はすかさず3塁に送球。3塁タッチアウトとし、2アウト1塁となりました。 このプレーにSNS上では「てっとのおかげで失点防いだな」「今のは1打点に値するプレー!」といった声が上がりました。

東京 2022.09.25 19:57

「これはボクサー並みの反射神経」 ヤクルト・小川泰弘が強烈ピッチャー返しに鋭い反応

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト―DeNA(25日、神宮球場) ヤクルトのエース・小川泰弘投手が鋭い反応でピッチャー返しを止め、一塁をアウトにしました。 3回まで無安打1四球でDeNA打線を封じ込めていた小川選手。4回も5球で2アウトを奪うと、打席には牧秀悟選手を迎えます。粘られて迎えた8球目。チェンジアップを捉えられた強烈な打球はピッチャー返しに。 センターに抜けるかと思われた当たりでしたが、これを小川選手が鋭い反応でグラブに当て一塁に送球。アウトを奪い、上位打線の攻撃を3人で抑えました。 小川選手の超反応にSNS上では「これはボクサー並みの反射神経」「援護したれヤクルト打線」といった声が上がりました。

東京 2022.09.25 19:43

「ストレート気持ち良すぎ」DeNA今永昇太 序盤から三振の山を築く 4回まで毎回の7奪三振

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) DeNAのエース今永昇太投手は序盤ヤクルト打線を圧倒するピッチング。 初回、日本選手最多の56本塁打に期待がかかる4番村上宗隆選手を152キロ高めのストレートでこの日最初の三振を奪うと、2回には3つのアウトをすべてストレートで三振を奪います。 3回には山崎晃大朗選手をチェンジアップで三振。4回にはオスナ選手から150キロのストレートで空振り三振。7番サンタナ選手を外角低めにコントロールされた151キロのストレートで、この試合早くも7つ目の三振を奪いました。 ストレートで6つの三振を奪っている今永投手にSNSでは「今永先生ストレート気持ち良すぎ」「最高のコースに最高のストレートやわ」「まっすぐやばすぎ」など、球威と制球に申し分ないストレートに絶賛のコメントが多数寄せられています。 ヤクルトの大松尚逸コーチは「今永投手はストレートにキレがあり初回からどんどんと飛ばしてきている印象、なかなかチャンスをつくるのが難しいと思うが甘く入ってきたボールを一発で仕留める努力をすること、追い込まれた場合は一球でも多く投げさせるよう心掛けてほしい」とコメントしています。

東京 2022.09.25 19:44

「昨日のやつ大丈夫そうで何より」前日打撃直撃のDeNA・宮崎敏郎がダイビングキャッチ

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) DeNA・宮崎敏郎選手がダイビングキャッチを見せ、球場を沸かせました。 両チーム無得点で迎えた4回、DeNA先発・今永昇太投手は1アウトから中村悠平選手にレフト前に抜けようかという打球を三遊間にはじき返されます。しかしこのゴロをでサード・宮崎選手が横っ飛びでダイビングキャッチすると、すぐさま1塁に送球してアウトに。 前日の試合で打球を右の鎖骨付近に受けた宮崎選手の体を張ったプレーに、敵地である神宮球場でも大きな拍手が。宮崎選手が好守備で先発・今永投手をもり立てました。 SNSでは「宮崎敏郎さん身体もうボロボロだろうに涙が出る」「みんなほんと気持ち入ってるね」「宮崎さんのファインプレーでドキドキしてもうた」「流石の宮崎さん。昨日のやつ大丈夫そうで何より」といった声が上がっています。

東京 2022.09.25 19:42

「今日のキーマンはソトかも」ヤクルト村上宗隆の第2打席はファースト強襲もDeNAソトの好守備に阻まれる

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) 日本選手最多56号にリーチをかけているヤクルト村上宗隆選手。第2打席はファーストゴロに終わりました。 初回の第一打席では空振りの三振を喫し、3回、2塁にランナーを置いて迎えた第二打席。2球目までを見送り、いきなり2ストライクと追い込まれます。 3球目のつり球を見送って4球目のストレートを強振した打球は一塁線への強い当たりとなりますが、これをDeNAのファースト・ソト選手が飛びついてキャッチ。惜しくもファーストゴロに終わりました。 SNSでは「今日のキーマンはソトかも」「村上もいい当たり出てきたんじゃない?」「今日決めてほしい」などのコメントが寄せられています。

東京 2022.09.25 19:32

「魅力を存分に味わえた」日本ハムのドラ1ルーキー達孝太が初登板初先発で3回無失点

◇プロ野球パ・リーグ 日本ハム-楽天(25日、札幌ドーム) 日本ハムのルーキー達孝太投手が初登板初先発で3回を無失点に抑え、降板しました。 天理高校からドラフト1位で日本ハムに入団した達孝太投手は、初回に2アウト1、2塁のピンチを招きますが、辰己涼介選手を145キロのストレートでセンターフライに打ち取り、このピンチを切り抜けます。 その後もランナーを出しながらも、キャッチャー・宇佐見真吾選手の盗塁阻止にも助けられ、3回を被安打1無失点で降板しました。 ファンはSNSで「魅力を存分に味わえた」「達くんイケメンすぎる」と、コメントしていました。

東京 2022.09.25 19:26

元プロ野球投手・村田兆治容疑者を送検 羽田空港で検査員に暴行

23日、羽田空港の保安検査場で女性検査員に暴行を加えたとして逮捕された元プロ野球の投手で、「マサカリ投法」で知られる村田兆治容疑者が25日朝、送検されました。 警視庁によりますと、元プロ野球選手の村田兆治容疑者は、東京・大田区の羽田空港・第一ターミナルの保安検査場で23日、30代の女性検査員の肩を押す暴行を加えた疑いで25日朝、送検されました。 保安検査場の職員から「男性が暴れている」との訴えを受けた警察官が駆けつけたところ、村田容疑者と女性検査員がトラブルになっていたということです。 村田容疑者は金属探知機に何度もひっかかったことに腹を立てたとみられていて、調べに対し、「肩を押してない」などと容疑を否認していました。

東京 2022.09.25 10:42

公明党 山口代表の8期目続投を正式承認

公明党は25日、党大会を開催し、山口那津男代表の8期目の続投を正式に承認しました。 山口代表「『生活現場の小さな声を聴く力』『ネットワークを生かした政策実現力』二つの力に一段と磨きをかけ、一刻も早く危機を打開し、国民に安心と希望を届けていこうではありませんか。」 党大会では山口代表の続投に加え石井啓一幹事長と北側一雄中央幹事会会長を留任させ、新たな政調会長に高木陽介選対委員長をあてる人事が承認されました。 ベテランを多く起用した人事について山口代表は、来年の統一地方選挙に向け「骨格を維持することを重視した」と述べました。 一方、世代交代が進まない現状については、「選挙戦を通じて次の世代にしっかりとバトンタッチする」、「任期は総仕上げしていく期間と心得て後輩の育成に臨む」と強調しました。

東京 2022.09.25 19:01

指名手配の職員を札幌市内で逮捕 東京に移送へ 老人ホーム入所者殺害

東京・北区の特別養護老人ホームで入所者の高齢女性を殺害したとして指名手配されていた施設職員の男が、25日午後3時すぎ、北海道・札幌市内で逮捕されました。 逮捕された東京・北区の「浮間こひつじ園」の職員・菊池隆容疑者は、今月15日から16日にかけて、入所者の山野辺陽子さんに暴行を加えるなどし、殺害した疑いが持たれています。 警視庁は菊池容疑者を指名手配して行方を追っていましたが、25日午後3時すぎ、北海道・札幌市内で菊池容疑者を逮捕したということです。 捜査関係者への取材で、菊池容疑者は今月16日、都内から岩手県を経由し、翌日17日には北海道の新函館北斗駅に新幹線で移動していて、同じ日の正午前に函館駅で札幌駅までの特急券を購入する姿が防犯カメラに映っていたことがわかっていました。 警視庁は菊池容疑者の身柄を東京に移送し、本格的な調べを進める方針です。

北海道 2022.09.25 18:05

ヤクルトが2回のチャンス生かせず オスナが四球と盗塁で1死2塁も後続続けず 3つのアウトは全て空振り三振

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト―DeNA(25日、神宮球場) この試合に勝てば連覇が決まるヤクルトは、2回にチャンスを作りましたが先制点をあげることはできませんでした。 マウンド上はDeNAのエース・今永昇太投手。 変化球の制球に苦しむ今永選手から、先頭のオスナ選手がフォアボールを選び出塁します。 続く中村悠平選手が空振り三振に倒れる間に盗塁を決め、1アウト2塁のチャンスを迎えますが、サンタナ選手は空振り三振。 8番の長岡秀樹選手もフォアボールを選び、2アウト1、2塁とチャンスを拡大しますが、小川泰弘投手も空振り三振で3アウト。 結局アウト3つは全て空振り三振で奪われ、先制点をあげることはできませんでした。

東京 2022.09.25 19:06

大相撲秋場所 玉鷲が37歳10か月で昭和以降最年長優勝

◇大相撲秋場所千秋楽(25日、両国国技館) 玉鷲(東前頭三枚目)○-●高安(西前頭四枚目) 幕内最年長37歳の玉鷲が2019年初場所以来となる2度目の優勝を果たしました。37歳10か月での優勝は2012年の夏場所で旭天鵬が記録した37歳8か月を抜いて、昭和以降最年長での優勝記録となりました。 12勝2敗で単独トップに立っていた玉鷲は11勝3敗で優勝の可能性を残す高安と直接対決。 玉鷲は立ち合いから高安に激しくぶつかると、低い姿勢からの突きやのど輪で高安の上体を上げさせ、最後は押し出しで勝負を決めました。 優勝インタビューで玉鷲は、今日の取り組みについて「何が何でも自分の相撲を取ると思いました」と振り返り、最年長優勝記録について聞かれると「ありがとうございます。みなさんの熱い応援のおかげです」と応援が元気の源になったと感謝を述べました。

東京 2022.09.25 19:04

【天気】新たな台風発生か 27日には小笠原諸島に接近おそれも

■新たな台風発生か 南の海上の熱帯低気圧が、26日には台風に発達し、27日には小笠原諸島に接近するおそれがあります。 小笠原諸島では、26日から27日にかけて風が強まり、海上は、うねりを伴い波が高くなるでしょう。 27日は、警報級の大雨となる可能性があり、十分注意が必要です。28日以降は、日本の東の海上へと進むでしょう。 ■全国の26日(月)の天気 3連休明けの26日(月)は、高気圧に覆われて、晴れ間の出る所が多いでしょう。ただ、西日本はしだいに雲が広がりそうです。 天気は西から下り坂に向かい、九州では、昼過ぎから雨が降りだし、雷を伴う所があるでしょう。 中国・四国地方も、夜は、雨のぱらつく所がありそうです。 最高気温は、九州から関東で30℃くらいの所が多く、北日本は25℃前後でしょう。 朝と日中の気温差が10℃前後ありますので、調整しやすい服装でお過ごし下さい。 予想最低気温(前日差) 札幌   15℃(±0 9月中旬) 仙台   16℃(+1 平年並み) 新潟   18℃(+3 9月中旬) 東京都心 19℃(-1 平年並み) 名古屋  21℃(+3 9月中旬) 大阪   20℃(+2 平年並み) 高知   20℃(±0 平年並み) 福岡   22℃(+3 9月中旬) 鹿児島  24℃(+2 9月中旬) 那覇   26℃(±0 9月中旬) 予想最高気温(前日差) 札幌   24℃(+1 9月上旬) 仙台   26℃(-1 9月上旬) 新潟   25℃(+1 平年並み) 東京都心 29℃(+1 9月上旬) 名古屋  30℃(+1 9月中旬) 大阪   30℃(+1 9月中旬) 高知   30℃(+1 9月中旬) 福岡   27℃(-1 平年並み) 鹿児島  30℃(±0 9月中旬) 那覇   31℃(±0 9月中旬) ■全国の週間予報 27日は、西日本から東日本で雨が降るでしょう。28日は、西日本と北日本で晴れ間が出ますが、関東や東海は、雲の多い天気が続きそうです。 29日は、全国的に晴れる所が多くなりますが、30日は、東日本を中心に雲が広がり、太平洋側では雨の降る所があるでしょう。 10月1日(土)から2日(日)は、全国的に秋晴れになりそうです。

2022.09.25 18:05

「粘りの姿勢素晴らしい」胴上げ阻止へDeNA打線がヤクルト小川に2回まで44球投げさせる

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) DeNA打線がヤクルト先発小川泰弘投手に2回まで無得点に抑えられるものの、44球を投げさせる粘りを見せています。 初回、2番の大田泰示選手は三振に倒れるものの、ファウルで10球目まで粘りを見せます。すると2回にもソト選手が2ボール2ストライクから7球ファウルを続け、13球目でフォアボールを選ぶ粘り勝ち。さらに続く7番嶺井博希選手もセカンドファウルフライに倒れたものの8球目まで投げさせる粘りを見せ、2回まで小川投手に対し合計44球を投げさせました。 SNSでは「粘りの姿勢素晴らしい」「執念を感じる」「次につながるはず!」と打線の粘りを賞賛するコメントが寄せられています。

東京 2022.09.25 19:01

イタリアで初の女性首相誕生なるか 総選挙始まる

イタリアで総選挙の投票が始まりました。初の女性首相が誕生する可能性がありますが、一方で、対ロシア政策への影響も注目されています。 今回の総選挙はドラギ首相の辞任に伴い行われるもので、日本時間午後2時から投票が始まりました。 地元メディアによりますと、事前の世論調査では極右政党「イタリアの同胞」がトップに立っています。 ロシアのウクライナ侵攻で生活費が高騰する中、野党として政府を批判してきた「イタリアの同胞」に支持が集まった形です。 所属する中道右派連合が地滑り的に勝利する勢いで、党首のメローニ氏はイタリア初の女性首相に就任する可能性があります。 一方で、中道右派連合にはロシアへの制裁に否定的な意見もあり、今後も各国と足並みをそろえられるのか、選挙結果が注目されます。

2022.09.25 18:58

「ライアンに任せた!」勝てばリーグ連覇のヤクルト先発小川泰弘が初回2回を無安打

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) ヤクルト先発の小川泰弘投手が初回と2回を無安打に抑えました。 勝てばリーグ連覇となるヤクルト。先発のマウンドにはエース・小川投手が上がります。 まずは先頭の桑原将志選手を1球でセカンドゴロに打ち取ります。 2番の大田泰示選手にはファウルで粘られるものの、10球目146キロ低めのストレートで空振り三振とこの勝負を制します。 さらに続く佐野恵太選手にはスライダーを2球続けピッチャーゴロに打ち取り、初回を危なげなく抑えました。 2回は牧秀悟選手をライトフライ。 宮崎敏郎選手もライトフライに打ち取ります。続くソト選手にフォアボールを与えますが、嶺井博希選手をセカンドファウルフライに抑え安定した立ち上がりを見せています。 SNSでは「ライアン、表情が違うね」「気合入ってる」「ライアンに任せた!」などのコメントが寄せられています。

東京 2022.09.25 18:43

【MotoGP】21歳の佐々木歩夢が母国グランプリで表彰台 軽量クラスMoto3で日本人21年ぶりの快挙

◇2022MotoGP第16戦日本グランプリ Moto3決勝(23~25日、モビリティリゾートもてぎ) 3年ぶりに開催されているMotoGP日本グランプリ。予選までは台風による悪天候でしたが、決勝は一転し快晴の中で行われたMoto3決勝。 この軽量級クラスで日本人選手は2001年以来、表彰台からも遠ざかっており、25歳の誕生日だった前日にポールポジションを獲得した鈴木竜生選手へ期待がかかります。ところが、レースが始まって5周目に4番手を走行していた鈴木選手は後輪が滑り、まさかのクラッシュでリタイアとなりました。 一方、4番グリッドからスタートし、今シーズン2勝している21歳の佐々木歩夢選手は5周目でトップに立つと、レース終盤までトップ争いを繰り広げます。 その後4番手となり残り4周の走行中に、2番手を走っていたジャウマ・マシア選手が転倒。これで先頭を走っていたイサン・ゲバラ選手と3番手デニス・フォッジア選手、4番手佐々木選手との差が開いてしまいます。 佐々木選手は残り3周でトップをとらえようとしますが、差を縮められず3位でフィニッシュ。それでも母国グランプリで日本人が表彰台に上ったのは、軽量クラスでは21年ぶりとなる快挙となりました。 佐々木選手は2戦連続、今シーズン7回目の表彰台で、年間ポイントランキング4位につけています。 その他の日本人選手は、山中琉聖選手が8位、古里太陽選手が14位で初のポイント獲得となりました。また途中で転倒した鳥羽海渡選手は21位で完走しました。 佐々木選手はレース直後のインタビューで「残り5周で少しリアタイヤが減ってしまい、トップ争いが難しかった。でも、日本のファンの前で表彰台に上れてとてもうれしい」と、話しました。

東京 2022.09.25 18:21

【MotoGP】21歳・小椋藍が母国グランプリで優勝 Moto2日本人16年ぶりの快挙にファン歓喜!師匠・青山博一も「自分の優勝より嬉しい」

◇2022MotoGP 第16戦日本グランプリ Moto2決勝(23~25日、モビリティリゾートもてぎ) 今シーズンMoto2の年間チャンピオン争い2位につけ、日本で7人目となる世界チャンピオンに期待がかかるAiこと21歳の小椋藍選手。 3年ぶりに母国開催となった日本グランプリで、最後の日本人チャンピオンである青山博一監督が2006年に優勝して以来の地元優勝に挑みました。 前日の予選では悪天候による中断などでペースがつかめず、5列目13番グリッドからのスタートとなりましたが、序盤で5番手まで順位をあげます。 残り10周で小椋選手は先頭に躍り出ると、終盤も最速タイムを記録するなど落ち着いた走りでトップをキープ。 そして残り6周で年間チャンピオン争いをしている2位アウグスト・フェルナンデス選手との差を1.8秒に広げると、最後までトップを守りフィニッシュ。チェッカーフラッグを受けるとグランドスタンドから大歓声が起きました。 小椋選手が青山監督以来となる、16年ぶりの母国グランプリ日本人優勝を果たしました。また、Moto3では佐々木歩夢選手が3位に輝き、日本人のダブル表彰台は、2005年以来17年ぶりの快挙となりました。 16年ぶりに日の丸が掲げられた表彰式。小椋選手は最後にスタンドに向けて「日本のファンの前で優勝することができたことがとてもうれしいです」と、詰めかけたファンに手を振りました。 愛弟子の見事な優勝を見届けた青山監督は第一声で「疲れちゃいました」と安堵の表情をみせながら、「最後の何周かは手に汗握って、緊張しました。自分が優勝するよりも、自分の選手が優勝してくれる方が嬉しいです。色々な要素が揃わないと優勝できないのでそれが日本という舞台でできたということは藍の自信になると思いますし、残り4戦に期待していきたいと思います」と、語りました。 レース後、小椋選手はパドックに戻る途中、ファンに囲まれ少年にお願いされると、その場で着ていたつなぎの膝についている黒いバンクセンサーをプレゼント。優しい一面をみせていました。 日本人7人目の年間チャンピオンへ、ランキング1位のフェルナンデス選手との差を2ポイントまで縮めた小椋選手は、来週から残り4戦で逆転を目指します。

東京 2022.09.25 18:33

上皇さま きょう右目の白内障と緑内障の手術 東大病院を訪問

上皇さまは25日、右目の白内障と緑内障の手術をするため、東大病院を訪問されました。 上皇さまは25日午前9時半頃、東京・文京区にある東大病院に到着されました。今月19日の左目の白内障手術に続いて、右目の白内障と緑内障の手術を受けるためで、25日は眼鏡を着けられていました。 上皇后さまも付き添いのため、午前10時過ぎに病院に入られました。 宮内庁によりますと、上皇さまはこれまでの検診の中で両目の水晶体に濁りがみられ、白内障と診断されたほか、右目は緑内障の症状もあり、点眼治療を続けられていたということです。 上皇さまはことし7月には、右心の心不全と診断されましたが、その後特段の変化はなく、上皇后さまと変わりなく日常を過ごされているということです。

東京 2022.09.25 10:40

「めっちゃ見応えある対決やった…」 ヤクルト・村上宗隆の第一打席は空振り三振 DeNAのエース・今永昇太と真っ向勝負

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) NPBの日本選手史上最多ホームランを狙うヤクルトの4番・村上宗隆選手の第1打席は空振り三振でした。 マウンド上はDeNAの今永昇太投手。今シーズンはここまで7打数2安打の対戦成績を残すDeNAのエースに対し、高めのストレート2球で追い込まれます。続く3球目の低めに外れたカットボールは見極めますが、4球目の高めのストレートに空振り三振。152キロのストレートで真っ向勝負に出た今永選手に軍配が上がりました。 今永選手と村上選手の対決にSNS上では「めっちゃ見応えある対決やった…」「痺れる4球だった」といった声が上がりました。

東京 2022.09.25 18:45

路上で男性の顔をいきなり殴ったか 米海兵隊の男を逮捕 那覇市

25日朝、沖縄県那覇市の路上でアメリカ海兵隊の31歳の男が20歳の男性の顔をいきなり複数回殴り、ケガをさせたとして逮捕されました。 警察によりますと、逮捕されたのはアメリカ海兵隊の一等軍曹で自称・キャンプフォスター所属のジェーソン・ゴンザレス容疑者(31)です。 ゴンザレス容疑者は25日午前5時半ごろ、那覇市の路上で知人とタクシーを待っていた20歳の男性の顔をいきなり手で複数回殴り、打撲などのケガをさせた疑いがもたれています。 ゴンザレス容疑者と男性に面識はなかったということです。 その後、通報を受けた警察がかけつけ、事件の一部始終を見ていた男性の知人の話などからゴンザレス容疑者をその場で逮捕しました。 調べに対し、ゴンザレス容疑者は容疑を否認しているということです。 ゴンザレス容疑者の呼気からはアルコールが検出されたということで、警察が詳しい経緯を調べています。

沖縄 2022.09.25 18:21

「高卒ルーキーの躍動はうれしい」日本ハム・ドラ1達孝太が初登板初先発 初回を無失点

◇プロ野球パ・リーグ 日本ハム-楽天(25日、札幌ドーム) プロ初先発初登板となった日本ハムのドラフト1位ルーキー、18歳の達孝太投手が、初回を無失点に抑えました。 194センチの長身から勢いのあるストレートで、先頭打者を1球でセカンドゴロに仕留めると、続く打者には低めのフォークでファーストライナーに打ち取り2アウトを奪います。 その後2者連続で四球を与え、2アウト1、2塁のピンチを招きますが、辰己涼介選手を145キロのストレートでセンターフライに打ち取りました。 ファンはSNSで「高卒ルーキーの躍動はうれしい」「ストレートきれいだな~」と、コメントをしています。

東京 2022.09.25 18:18

東京都 新たに5621人の感染確認 35日連続で7日間平均100%を下回る

東京都では25日、新たに5621人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。 東京都内の新たな感染者は5621人で、先週日曜日(18日)から2456人減り、3日連続で前の週の同じ曜日の人数を下回りました。直近7日間の感染者数の平均は5972.4人で、前の週の71.3%となり、35日連続で100%を下回っています。 従来の都の基準による重症者は24日から1人増えて16人でした。また70代から90代までの男女9人の死亡が報告されています。

東京 2022.09.25 16:47

「頼もしい男が復活」ソフトバンク・大関友久 左精巣の腫瘍摘出からの復帰登板で2回無失点好リリーフ

◇プロ野球パ・リーグ ソフトバンク 10-0 ロッテ(25日、PayPayドーム) ソフトバンクは10点の大量リードを奪って迎えた8回、マウンドに大関友久投手を送ります。 大関投手は先月、左精巣がんの疑いで腫瘍の摘除術を受けていて、7月30日の西武戦以来の1軍マウンドとなりました。 その初球、ロッテ・中村奨吾選手にはいきなり150キロのストレートを投じます。その後、レフトへのヒットを打たれ出塁を許しますが、後続をきっちり打ち取りこの回を無失点で切り抜けます。 大関投手はそのまま9回のマウンドにも上がると、ここでもセンターフライ、レフトフライに打ち取り、2アウトとします。その後ランナーを背負いますが、最後はショートゴロに打ち取って試合終了。復帰登板で2回無失点と好リリーフを披露しました。 大関投手の復活登板にSNSでは「頼もしい男が復活」「笑顔が見れてよかった」「大関友久投手、本当にお帰りなさいっ!」と復帰を喜ぶ投稿が並びました。

東京 2022.09.25 16:50

『ボール拾わんと』『いらねえよ』ソフトバンク千賀滉大 6回無失点11勝目 今季1号甲斐拓也との会話あかす チームはM5に

◇プロ野球パ・リーグ ソフトバンク10-0ロッテ(25日、PayPayドーム) 優勝へ負けられないソフトバンクはエースの千賀滉大投手が先発。途中満塁のピンチを背負う場面がありながらも、6回無失点5奪三振で先発の仕事をこなし11勝目を挙げました。 チームは甲斐拓也選手の今季第1号スリーランホームランや中村晃選手の2試合連続スリーランホームランなど、打線が爆発して大量10得点を挙げると、投げては千賀投手の後を継いだ田中正義投手、大関友久投手がそれぞれロッテ打線を無失点に抑え込み、完封リレーで勝利。チームはマジックを5に減らしました。 ▽千賀滉大投手ヒーローインタビュー ――6回無失点11勝目。大事な試合の先発だったと思うがどんな思いでマウンドに上がった? 「しっかり先発の仕事をしようと思ってマウンドに上がって、先発(の仕事を)最低限できたかなと思います」 ――3回の満塁のピンチはどんな思いで投げた? 「とにかく点を与えないようにという思いでマウンドにいたので、うまく拓也(甲斐拓也選手)とやっていけたかなと思います」 ――甲斐選手の今季第1号、どういうふうに見た? 「早くボール拾いに行かないとと思ったんですけど、なんか『いらない』と言っていたので後でファンの人としゃべってきます」 ――その後何か甲斐選手と声をかけた? 「『ボール拾わんと』と言ったら『いらねえよ』と言われました」 ――優勝争いの最中だが、ベンチのムード、チームの雰囲気は千賀投手から見てどうか? 「しびれる戦いをしているなと思います」 ――ファンにメッセージを。 「残り本当に少ししかないですけど、みんなで頑張っていきます。これからも熱い声援お願いします。ありがとうございました」

東京 2022.09.25 17:58

3安打猛打賞で“リーグトップ154安打” 中日・岡林勇希 3年目で最多安打タイトル獲得なるか?

◇プロ野球セ・リーグ 中日7-1巨人(25日、バンテリンドーム) 中日の高卒3年目・岡林勇希選手が3安打の猛打賞を記録し、セ・リーグ単独トップの154安打に到達しました。 1番バッターとして、3回の第2打席にライト前にヒットを放つと、続く5回の第3打席にもレフト前へヒット。さらに6回の第4打席では右中間を破るスリーベースヒットを放ちました。 積み上げたシーズン安打数はこれで154となり、阪神の近本光司選手、中野拓夢選手の153安打を抜き、単独トップに。中日の残り試合数は5、3年目でのタイトル獲得の可能性を残しています。 【セ・リーグ安打数】※25日午後6時時点 1位 154安打 岡林勇希(中日) 2位 153安打 近本光司(阪神) 2位 153安打 中野拓夢(阪神) 4位 152安打 佐野恵太(DeNA) 5位 151安打 村上宗隆(ヤクルト) 5位 151安打 坂倉将吾(広島)

東京 2022.09.25 17:41

【スタメン発表】日本ハムはドラフト1位ルーキー・達孝太が初登板初先発 楽天は勝てば3位浮上

◇プロ野球パ・リーグ 日本ハム-楽天(25日、札幌ドーム) 両チームのスタメンが発表されました。 日本ハムの先発は、この日1軍に登録されたドラフト1位ルーキーの18歳・達孝太投手。194センチの長身から投げ下ろす球威のあるボールが武器で、ファームでは12試合に登板。プロ初登板初先発のマウンドでも持ち味を生かせるのか期待です。 また同じく高卒ルーキーの畔柳亨丞投手と松浦慶斗投手も1軍登録され、両投手の思い切りのよい投球に期待がかかります。 一方の楽天は勝利すれば勝率の差で3位に浮上します。 ▽以下、両チームのスタメン 【楽天】 1(遊)山崎剛 2(左)小深田大翔 3(二)浅村栄斗 4(指)島内宏明 5(中)辰己涼介 6(一)鈴木大地 7(三)茂木栄五郎 8(右)岡島豪郎 9(捕)太田光 先発:辛島航 【日本ハム】 1(一)清宮幸太郎 2(二)細川凌平 3(指)近藤健介 4(右)木村文紀 5(遊)上川畑大悟 6(三)谷内亮太 7(捕)宇佐見真吾 8(左)今川優馬 9(中)中島卓也 先発:達孝太

東京 2022.09.25 17:50

“挟殺プレー失敗”巨人1、3塁でのけん制でランナー挟むもアウト取れず 直後に犠牲フライ許す痛い失点

◇プロ野球セ・リーグ 中日7-1巨人(25日、バンテリンドーム) 巨人が挟殺プレーの失敗も絡み、痛い6失点目を喫しました。 1点を返し5-1と追いかける巨人は6回に守備のミスから失点を喫します。 この回からマウンドには4番手山崎伊織投手。しかし先頭の岡林勇希選手にスリーベースヒットを浴びると、続く大島洋平選手に死球を与え1、3塁のピンチを迎えます。 1アウトとしたところで、4番ビシエド選手の打席。1塁ランナー大島選手の代走・三好大倫選手に山崎投手がけん制。飛び出した三好選手を一、二塁間で挟む形になります。しかし3塁ランナーを警戒したこともあり、ショート坂本勇人選手と山崎伊織投手でアウトにすることはできず。そのまま帰塁を許してしまいました。直後にビシエド選手にレフトへの犠牲フライを浴びて、痛すぎる6失点目。巨人は中日に連敗です。

東京 2022.09.25 17:32

勝てば優勝 ヤクルトスタメン 村上宗隆の56号は? 前日途中交代の塩見泰隆と一軍復帰青木宣親がベンチスタート

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-DeNA(25日、神宮球場) ヤクルト-DeNAのスターティングメンバーが発表されました。 4番には56号ホームランの期待がかかる村上宗隆選手。 偉業が期待されていますが、8試合ホームランは出ていません。 また前日、初回にヒットを放ち一塁を回ったところで体勢を崩し、2回の守備からベンチに下がった塩見泰隆選手は、ベンチスタート。 さらに、この日一軍復帰した、青木宣親選手もベンチスタートとなりました。 ◇ヤクルトスタメン 1(中)山崎 2(左)宮本 3(二)山田 4(三)村上 5(一)オスナ 6(捕)中村 7(右)サンタナ 8(遊)長岡 9(投)小川 ◇DeNAスタメン 1(中)桑原 2(右)大田 3(左)佐野 4(二)牧 5(三)宮崎 6(一)ソト 7(捕)嶺井 8(遊)森 9(投)今永

東京 2022.09.25 17:30

日本ハム ルーキートリオを一軍登録 ドラ1達孝太 ドラ5畔柳亨丞 ドラ7松浦慶斗 達は先発予定

日本野球機構(NPB)は25日、日本ハムの出場選手登録を発表しました。 すでに最下位が決まっている日本ハムは、ルーキーの3選手を一軍に上げました。 3選手とも初の一軍昇格となります。 1人目はドラフト1位の達孝太投手。 天理高校出身で高校3年生の時、選抜高等学校野球大会に出場し3試合に先発しました。2軍では12試合に登板、6試合に先発し防御率5.68の成績。 2人目はドラフト5位の畔柳(くろやなぎ)亨丞投手。 中京大中京高校出身で高校3年生の時、選抜高等学校野球大会で2完封する活躍を見せました。2軍では13試合に登板、1試合に先発し防御率3.21。1勝をあげています。 3人目はドラフト7位の松浦慶斗投手。 大阪桐蔭高校出身の左腕。2軍では4試合に登板し、防御率は6.75の成績です。

東京 2022.09.25 17:05

強制収容された日系アメリカ人 初めて全員分約12.5万人の名簿まとめられる 米

第二次世界大戦当時、アメリカで強制収容された日系アメリカ人12万5000人あまりの名簿が初めてまとめられました。 今回初めてまとめられた名簿は「慰霊帳」と名付けられ、ロサンゼルスの博物館に収められました。 第二次世界大戦のさなか、全米75か所の収容所に強制的に送られた12万5000人あまりの日系アメリカ人全員の名前が記されています。全員分が名簿としてまとめられたのは初めてだということです。 慰霊帳を作ったダンカン隆賢ウイリアムズさん「歴史は(12万人という)数字ではなく、家も教育の機会も失った実在の人なのです。だから彼らの実名を記したかったのです」 強制収容の経験者「13歳から16歳のときに収容所に入れられた。(私たちの名前を)書いて覚えていてくれようとしてありがたいです」 名簿はインターネット上でも閲覧でき、誤字脱字などが見つかった場合は修正していくとしていて、博物館は後世に正確な記録を残す第一歩にしていきたいとしています。

2022.09.25 13:19

6回1アウト満塁も中田翔がタイムリーのみ“1点止まり” 坂本勇人は強肩・岡林勇希の前にタッチアップできず

◇プロ野球セ・リーグ 中日-巨人(25日、バンテリンドーム) 5-0と5点を追いかける6回、巨人は、先頭の代打・増田陸選手がヒットで出塁。その後2番坂本勇人選手、3番丸佳浩選手にもヒットが生まれ、1アウト満塁のチャンスを作ります。 ここで4番中田翔選手が中日先発の大野雄大投手からセンターへのタイムリーヒット。1点を返し、満塁のチャンスは続きます。 5番岡本和真選手の当たりは、センターへの外野フライ。タッチアップで1点を返せるかという場面でしたが、強肩のセンター岡林勇希選手の前に3塁ランナーの坂本選手は走ることはできず。続くポランコ選手もセカンドゴロに倒れ3アウトチェンジ。ビッグイニングの期待もありましたが、反撃は1点止まりとなっています。

東京 2022.09.25 16:45

「申し訳ない」5回途中4失点で降板 巨人・菅野智之 CS進出へ負けられない一戦で先発の役目果たせず

◇プロ野球セ・リーグ 中日-巨人(25日、バンテリンドーム) 巨人の先発・菅野智之投手が5回途中4失点で降板しました。 クライマックスシリーズ進出の3位の座を争う巨人は、直近2試合連続勝利の菅野投手に先発のマウンドを託します。中日先発の大野雄大投手との投手戦が予想された一戦でしたが、2回に2アウトから3連打を浴び1点を失うと、続く3回にもタイムリーを浴び、追加点を許します。 5回には先頭の1番岡林勇希選手にヒットを許すと、盗塁と進塁打で1アウト3塁のピンチ。続く3番阿部寿樹選手にセンターへのタイムリーを浴び、3点目を失ったところで降板。2番手畠世周投手も失点を喫し、リードを5点に広げられました。 菅野選手は5回途中で被安打8、4失点。大一番で先発の役割を果たすことはできませんでした。菅野投手は「大事な試合で自分の役割が果たせなくて申し訳ないです」とコメントしています。

東京 2022.09.25 16:01

指名手配の職員、今月17日に函館駅で札幌までの特急券購入 老人ホーム入所者殺害

東京・北区の特別養護老人ホームで入所者の高齢女性を殺害したとして職員の男が指名手配されている事件で、男が、今月17日に北海道の函館駅で札幌駅までの特急券を購入していたことが新たに分かりました。 指名手配されている東京・北区の「浮間こひつじ園」の職員・菊池隆容疑者は、今月15日から16日にかけて入所者の山野辺陽子さんを殺害した疑いがもたれています。 これまでの取材で、菊池容疑者は17日に岩手県から北海道の新函館北斗駅に向かったことが分かっていましたが、その後の捜査関係者への取材で、菊池容疑者はさらに新函館北斗駅から電車で函館駅に向かったとみられ、同じ日の正午前には函館駅で札幌駅までの特急券を購入する姿が防犯カメラにうつっていたことが新たに分かりました。 菊池容疑者は札幌方向に向かったとみられ、警視庁は、捜査員を派遣して行方を追っています。

北海道 2022.09.25 14:33

ロシア編入問う住民投票 “武装兵が強要”ウクライナ側が批判 予備役動員への反対デモで750人以上拘束

ロシア編入の是非を問う住民投票をめぐりウクライナ側は、投票を促す戸別訪問に武装したロシア兵が同行し、住民に投票を強要していると批判しています。 ロシアへの編入の是非を問う住民投票は、東部ドネツクや南部ヘルソンなど4つの州で行われています。 このうち、南部ザポリージャ州エネルゴダル市の市長は23日、戸別訪問に同行しているロシア兵が銃で投票用紙を指し示すなどして投票を強要していると批判しました。 投票は27日まで行われますが、タス通信は情報筋の話として投票の結果次第で、ロシア連邦議会が今月29日にも編入について採択すると伝えています。 一方、ロシアでは、プーチン大統領がウクライナでの「軍事作戦」で30万人の予備役を動員すると発表したことに反対するデモが24日もモスクワなど各地で開かれました。 当局による妨害を警戒し、開催はSNSなどで呼びかけられ、直前まで集合場所は伏せられていました。人権団体によりますと、24日のデモでこれまでに750人以上が拘束されたということです。 こうした中、ロシア国防省は24日、市民が招集に応じているとする映像を相次いで公開しました。国民の間に動員への反対論が広がるのを防ぐ狙いがあるとみられます。

東京 2022.09.25 06:33

「は?谷元あれ抑えたんか?」中日・谷元圭介 1死満塁のピンチを無失点 センター岡林勇希も好送球

◇プロ野球セ・リーグ 中日-巨人(25日、バンテリンドーム) ピンチで登板した中日・谷元圭介投手が見事な“火消し”を見せました。 中日は5点リードの6回、ここまで巨人打線を無失点に抑えていた先発の大野雄大投手が3本のヒットで1アウト満塁のピンチを招き、巨人・中田翔選手にタイムリーを浴びて1点を失います。 なおも1アウト満塁の場面で2番手として谷元投手がマウンドへ上がります。岡本和真選手を迎えた谷元投手はカウント2-2からの7球目、カットボールをセンターフライに打ち取ります。犠牲フライになるかと思われましたが、センター・岡林勇希選手がすぐさま本塁へ送球し、3塁ランナーの本塁突入を許しません。 これで2アウト満塁とした谷元投手はポランコ選手も7球目のストレートでセカンドゴロに抑え、3アウト。1アウト満塁のピンチを無失点で切り抜けた谷元投手、見事な“火消し”を見せました。 SNSでは「火消し谷元お見事!」「火消し人、それが谷元ですね」「は?谷元あれ抑えたんか?」といった声が上がっています。

東京 2022.09.25 16:33

優勝マジック2 ヤクルト青木宣親を1軍登録 勝てば優勝の試合でベテランの出番は?

日本野球機構(NPB)は25 日、ヤクルトの青木宣親選手の登録を発表しました。 青木選手は今月14日、登録抹消されていましたが、優勝マジック2と勝てば優勝が決まるDeNAとの一戦を前にベテランがチームに復帰します。 青木選手は今シーズン80試合に出場し、打率.248、安打55、本塁打5を残しています。

東京 2022.09.25 16:20

小学生らが100トンのジェット機に勝利! 成田空港で3年ぶり綱引き

成田空港で小学生らがおよそ100トンのジェット機と綱引きをするイベントが3年ぶりに開かれました。 成田空港でジェット機との綱引きに挑戦したのは、抽選で選ばれた小学生と保護者たちです。このイベントは1993年から実施されていましたが、去年と2020年は新型コロナウイルスの影響で開催されていませんでした。 小学生とその保護者130人が重さおよそ100トンのジェット機を綱で引っ張ると、ジェット機はゆっくりと動き出しました。 参加した小学生「面白かったです。みんなで力を合わせれば、 何でもできるかなと思いました」 綱引きは人間側の勝利! 最後はジェット機との記念撮影も行われました。

2022.09.25 16:05

「さすがです」「最高だ」ソフトバンク中村晃 2試合連続のスリーランで追加点

◇プロ野球パ・リーグ ソフトバンク-ロッテ(25日、PayPayドーム) ソフトバンクは5点をリードして迎えた5回、1アウト3塁・1塁と追加点のチャンスで、前日の試合でスリーランホームランを放った中村晃選手が打席に立ちます。 2ボール2ストライクと追い込まれてからの5球目でした。内角に投げられた133キロのフォークをはじき返すと、打球はライトスタンドへと吸い込まれて2試合連続のスリーランホームラン。ソフトバンクがさらにリードを広げました 打った中村選手は「打ったのはフォークです。追い込まれてしまったので、とにかくバットに当てることを第一に考えました。結果的にうまくコンタクトすることができて、スタンドまで運ぶことができました。チャンスをいかして追加点となる一本となって良かったです」とコメント。 この一撃にSNSでは「大事な終盤で打つ晃さんさすがです」「あきらさん2試合連続ホームラン最高だ」と中村選手を称賛する投稿が見られました。

東京 2022.09.25 15:56

打率タイトル狙う中日・大島洋平 巨人・菅野智之の前に3打席凡退で.320から.317まで下げる

◇プロ野球セ・リーグ 中日-巨人(25日、バンテリンドーム) ヤクルト・村上宗隆選手と打率タイトルを争っている中日・大島洋平選手がこの日の巨人戦では3打席凡退と苦しんでいます。 この日の試合前時点で村上選手が打率.325で、大島選手が.320と5厘差まで接近していました。 しかし1回の第1打席では巨人・菅野智之投手の前にファーストゴロに倒れると、続く3回の第2打席では菅野投手のストレートをうまく捉えますが、ここもライトへのフライに打ち取られます。 2打席凡退で打率を.318として迎えた5回の第3打席。ここも菅野投手にショートゴロに抑え込まれ、この日は第3打席までヒットは出ず。大島選手の打率は試合前の.320から.317に降下しています。この時点でヤクルト・村上選手とは8厘差に広がっています。

東京 2022.09.25 15:55

中日のレフト・大島洋平がファインプレーで大野雄大を援護 ここまで無安打も守備で存在感

◇プロ野球セ・リーグ 中日-巨人(25日、バンテリンドーム) 中日のレフト・大島洋平選手がレフト前に落ちるかという当たりをスライディングキャッチ。美技で先発の大野雄大投手を援護しました。 2-0でリードする5回、2アウト1塁の場面で打席には巨人8番大城卓三選手。大野投手から3球目のストレートを流し打ちした当たりはレフトへのライナー性。これを大島選手が好捕。抜けていればピンチが広がる場面で、ファインプレーを見せました。 大島選手の好守にSNS上では「「レフト大島の安心感すごいよなあ…」「下手なレフトならワンバンになってる」といった声。この試合の打撃は5回を終わって3打数0安打ですが、守備で実力を発揮しています。

東京 2022.09.25 15:48

「こんなん現地で見たら泣くわ」ソフトバンク・甲斐拓也 待望の今季第1号スリーラン

◇プロ野球パ・リーグ ソフトバンク-ロッテ(25日、PayPayドーム) ソフトバンクは2点をリードして迎えた4回、2アウト1塁・2塁と得点圏にランナーを置いて、打席には甲斐拓也選手が立ちます。 初球は高めに外れたカーブを見送ってボールとすると、続く2球目でした。真ん中に甘く入ったボールを捉えると打球はぐんぐん伸びていきレフトのテラス席へ飛び込むスリーランホームラン。 甲斐選手にとっては去年の10月以来となる今季第1号ホームラン。ソフトバンクに貴重な追加点をもたらしました。 甲斐選手は「しっかりと捉えることができました。今季初のホームランは素直にうれしいです」と笑顔でコメント。 SNSでは「まってたよぉぉぉ!」「しびれた。たまらんね」「こんなん現地で見たら泣くわ」とついに出た甲斐選手の一発に歓喜の声が上がりました。

東京 2022.09.25 15:37

巨人・ポランコ懸命のスライディングも捕球できず 菅野智之2点目失う

◇プロ野球セ・リーグ 中日-巨人(25日、バンテリンドーム) 巨人・ポランコ選手が懸命に走ってスライディングキャッチを試みますが捕球できず。先発・菅野智之投手が中日に2点目を献上しました。 1点を失った巨人は、さらに3回、菅野投手が2アウトながら3塁1塁のピンチ。ここで中日・木下拓哉選手に初球をライト方向へ運ばれます。 ライト前に落ちそうな打球をポランコ選手が懸命に走ってスライディングキャッチを試みます。間に合いそうなタイミングではありましたがこれを捕球できず。木下選手のタイムリーヒットとなり、巨人・菅野投手が中日に2点目を奪われました。

東京 2022.09.25 15:12

阪神ファン応援「阪神の命運託してるんや…」今季ホーム最終戦の中日 先発大野雄大が4回無失点の好投

◇プロ野球セ・リーグ 中日-巨人(25日、バンテリンドーム) 今季本拠地バンテリンドームでの最終戦のマウンドに上がった中日の先発・大野雄大投手。4回までを巨人打線を無失点に抑える好投を見せています。 直近2試合連続で7回無失点に抑えるなど、好調の大野投手。中8日での先発マウンドとなったこの日も初回から2つの三振を奪い、3者凡退に抑えるなど、素晴らしい立ち上がりを見せます。 2回には前日30号ホームランを放った岡本和真選手にヒットを許しますが、後続を打ち取り3アウト。援護をもらった後の3回、4回も3者凡退に抑え、4回まで無失点。被安打1と、安定したピッチングでチームに勢いをもたらしています。 好投を続ける大野選手に対しSNS上では「大野雄大が猛虎魂を見せつけるピッチングしてるな」「阪神の命運託してるんや…」と、3位巨人とクライマックスシリーズ進出を争う4位の阪神ファンから応援の声が上がっています。

東京 2022.09.25 15:14

「変化球拾うのうまいな…」 中日・土田龍空の先制タイムリー 巨人・菅野に“2アウトからの3連打”

◇プロ野球セ・リーグ 中日-巨人(25日、バンテリンドーム) 中日は2回、2アウトからチャンスを作ります。 マウンド上には巨人のエース・菅野智之投手。2回2アウトから6番高橋周平選手がチーム初ヒットで出塁すると、ルーキーの7番鵜飼航丞選手もヒットで続き1、3塁のチャンスを作ります。 この場面で打席には8番土田龍空選手。フルカウントからの8球目、菅野投手の低めのスライダーをうまく拾うと、センター前へ運び先制のタイムリーヒットを放ちました。 土田選手のタイムリーヒットに対しSNS上では「本当に変化球拾うのうまいな…」「鵜飼、土田と若い力が素晴らしいね」といった声が上がっています。

東京 2022.09.25 15:00

ソフトバンク ピンチの直後に先制 三森大貴・牧原大成にタイムリー

◇プロ野球パ・リーグ ソフトバンク-ロッテ(25日、PayPayドーム) 3回表に満塁のピンチを切り抜けたソフトバンクは直後の攻撃、先頭の周東佑京選手がセーフティーバントを決めて出塁。その後送りバントで1アウト2塁と、この試合初めて得点圏にランナーを進めます。 このチャンスに打席には三森大貴選手。三森選手は5球目、外角高めのストレートをはじき返すと、ライトへのタイムリーツーベースとなり、ソフトバンクが先制に成功。 三森選手は「つないでもらったチャンスで、なんとか先制点をという思いでした。大事な先制の一打となって良かったです」とコメント。 その後もソフトバンクは牧原大成選手が2ストライクと追い込まれてから、体勢を崩されながらも打球をレフトへ運ぶ技ありのタイムリーヒットを放つなど、この回2点を奪いました。

東京 2022.09.25 14:53

CS進出へ残り3試合の巨人 エース菅野智之が2回に失点

◇プロ野球セ・リーグ 中日-巨人(25日、バンテリンドーム) 巨人のエース菅野智之投手が2回に先制を許しました。 クライマックスシリーズ(CS)進出に向け、残り3試合の巨人は中日と対戦。両チーム無得点の2回、菅野投手は2アウトから中日・高橋周平選手にこの試合初となるヒットを許すと、続く鵜飼航丞選手にも連打を浴び、3塁1塁のピンチを背負います。 ここで土田龍空選手にフルカウントからのスライダーをセンター前に運ばれ、ランナー1人が生還。 巨人・菅野投手が2回に1点を先制されました。

東京 2022.09.25 14:50

前日先発14勝目の大谷翔平 2打点で今季92打点 2年連続100打点まであと『8』

◇MLB ツインズ8-4エンゼルス(現地24日、ターゲット・フィールド) 前日ピッチャーとしてメジャー自己最多の14勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平選手は3番指名打者で出場。 3回の第2打席には、1アウト2、3塁のチャンス。センターへの2点タイムリーヒットを放ち10試合連続安打を記録。これで今季92打点目、2年連続の100打点にあと『8』としました。 この日は5打数1安打、2打点でチームは敗戦。エンゼルスのレギュラーシーズン残り試合数は10となっています。

東京 2022.09.25 14:16

佳子さま「手話パフォーマンス甲子園」出席、手話使いあいさつ 鳥取

秋篠宮家の二女・佳子さまが鳥取県で開催されている高校生の手話大会に出席し、手話を使ってあいさつされました。 「全国高校生 手話パフォーマンス甲子園」は、3年ぶりに会場に集まっての大会開催となりました。開会式で佳子さまは、およそ5分にわたり手話を使いながらあいさつされました。 佳子さま「仲間と観客の思いや力を感じ、自分の思いや力も周りに伝えて、最高のパフォーマンスができるように、私も応援しています」 大会では全国から集まった高校生15チームが手話を使いながらダンスや演劇などを披露します。佳子さまは全てのチームの演技をご覧になる予定です。

2022.09.25 14:15

上皇さま 右目の白内障と緑内障の手術終えられる 上皇后さまも付き添い

上皇さまは25日、東大病院で右目の白内障と緑内障の手術を受けられました。 上皇さまは25日午前9時半頃、東京・文京区にある東大病院に到着されました。今月19日の左目の白内障手術に続いて、右目の白内障と緑内障の手術を受けるためで、25日は眼鏡を着けられていました。 上皇后さまも付き添いのため、午前10時過ぎに病院に入られました。 宮内庁によりますと、上皇さまはこれまでの検診の中で両目の水晶体に濁りがみられ、白内障と診断されたほか、右目は緑内障の症状もあり、点眼治療を続けられていたということです。 上皇さまはことし7月には、右心の心不全と診断されましたが、その後特段の変化はなく、上皇后さまと変わりなく日常を過ごされているということです。

東京 2022.09.25 12:09

カナダ・トルドー首相が安倍元総理「国葬」参列取りやめ 暴風雨被害対応のため

カナダのトルドー首相が、今月27日に予定されている安倍元総理大臣の国葬への参列を取りやめることを明らかにしました。暴風雨被害への対応のためとしています。 トルドー首相「日本での国葬に参列することはもちろんありません」 トルドー首相は24日、暴風雨被害への対応に当たるため、27日に行われる安倍元総理の国葬への参列を見送ると発表しました。ハリケーンから変わった低気圧の影響で、カナダ東部を暴風雨が襲い、停電や建物が流されるなどの大きな被害が出ていて、被災者の支援に全力を挙げるとしています。 トルドー首相は国葬に参列するため、24日から28日にかけて日本を訪問し、岸田総理とも会談することを明らかにしていました。

東京 2022.09.25 12:20

マジック6のソフトバンク 先発・千賀滉大が3回2死満塁のピンチ背負うも無失点

◇プロ野球パ・リーグ ソフトバンク-ロッテ(25日、PayPayドーム) ソフトバンク先発・千賀滉大投手が3回のピンチをしのぎました。 優勝へ負けられないソフトバンク、今季10勝を挙げている千賀投手は初回、ロッテ打線を三者凡退とします。 続く2回は2アウトから荻野貴司選手にセンターへのヒットを許し、この試合初めてのランナーを背負いますが、続く山口航輝選手を155キロのストレートで見逃し三振に打ち取って切り抜けました。 両チーム無得点の3回は1アウトから松川虎生選手にフォアボールを与えると、その後もヒットなどで2アウト満塁のピンチを背負います。 ここで迎えるのは4番の安田尚憲選手。千賀投手はカウント1-2からの4球目、138キロのフォークで安田選手の体勢を崩しセカンドフライに打ち取ります。 ソフトバンク・千賀投手が2アウト満塁のピンチを無失点でしのぎました。

東京 2022.09.25 14:09

【スタメン】3位巨人 菅野智之の2年ぶり2ケタ勝利は? 中日は大野雄大が先発 両チーム野手のスタメンは前日と変わらず

◇プロ野球セ・リーグ 中日―巨人(25日、バンテリンドーム) 巨人の先発は菅野智之投手(防御率3.07、9勝6敗)。自身2年ぶりの2ケタ勝利を目指します。中日の先発は大野雄大投手(防御率2.49、7勝8敗)です。 両チームスタメンの野手は前日から変更ありません。 ▽中日のスタメン 1(中)岡林勇希 2(左)大島洋平 3(三)阿部寿樹 4(一)ビシエド 5(捕)木下拓哉 6(二)高橋周平 7(右)鵜飼航丞 8(遊)土田龍空 9(投)大野雄大 ▽巨人のスタメン 1(二)吉川尚輝 2(遊)坂本勇人 3(中)丸佳浩 4(一)中田翔 5(三)岡本和真 6(右)ポランコ 7(左)ウォーカー 8(捕)大城卓三 9(投)菅野智之

東京 2022.09.25 13:22

もっと読み込む