全国のニュース

“山本美香記念”奨励賞に大川史織さん

「山本美香記念 国際ジャーナリスト賞」の授賞式が24日に行われ、映画監督の大川史織さんが奨励賞を受賞した。 「山本美香記念 国際ジャーナリスト賞」は、2012年にシリア取材中に亡くなった、ジャーナリスト・山本美香さんの遺志を継ごうと創設され、果敢で誠実な国際報道を行ったジャーナリストに贈られる。 今年は、受賞者は選出されず、初めての奨励賞を映画監督の大川史織さんが受賞した。大川さんは、太平洋のマーシャル諸島で戦時中に餓死した日本兵をめぐり、その息子が慰霊の旅をする様子を撮影し、当時の日本兵の姿や現地の人々との交流を浮き上がらせた。選考委員は「世代を超えてどのように戦争の記憶を伝えていくか取り組む姿勢は尊い」などと評価した。 大川さん「マーシャルのことをジャーナリスティックに伝えることよりも、今回はまず映画では(マーシャルのことを)知らないということをじっくり考えられるような表現をできたらいいなということで作った」 大川さんは今後もマーシャル諸島について、いろいろな表現方法で伝えていきたいとしている。

2019.05.25 02:22

日韓外相会談 元徴用工訴訟問題の行方は?

元徴用工訴訟で日本政府は日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置を韓国に要請した。安倍首相も韓国の駐日大使と会談し、適切な対応を求めている。 しかし、23日の日韓外相会談で韓国が示した判断は、協議に応じず日本側の努力を求めるもの。今後、この問題は解決に向けて動くのか? 一方、文大統領は大阪で開かれるG20首脳会議の際に、安倍首相との首脳会談を行うことに期待感を示しているが、関係改善の兆しが見えない中、実現するのか? 日韓関係の行方を考える。 ※BS日テレ「深層NEWS」5月24日放送分より。詳しくは動画でご覧ください。

2019.05.25 01:55

名神高速で多重事故 1人死亡、16人ケガ

滋賀県草津市の名神高速道路で、女性1人が死亡し、16人がケガをする多重事故があり、観光バスの運転手の男が現行犯逮捕された。 24日午後4時20分ごろ、名神高速上り線の草津ジャンクション付近で、観光バスと乗用車3台が絡む多重事故があった。警察や消防によると、この事故で、乗用車に乗っていた50代の女性が死亡し、10歳未満の女の子が意識不明の重体、2人の女の子が重傷。観光バスに乗っていたのは中国人観光客など30人で、2人が軽傷。このほか2台の車に乗っていた11人が軽傷。 警察は、観光バスを運転していた鈴木武容疑者(52)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕した。鈴木容疑者は、「前の車にぶつかったことは間違いありません」と話しているということで、警察が事故の原因を調べている。

滋賀2019.05.25 01:19

メイ首相「愛する国のため」涙声で辞意表明

イギリスのEU離脱をめぐって崖っぷち。そう言われ続けたメイ首相がついに辞意を表明した。“もはや手はない”ということだったのだろうか。ロンドンから亀甲博行記者が伝える。 首相官邸前で演説したメイ首相は「愛する国のために尽くしてきた」と口にしたところで、こらえきれずに涙声になった。イギリスのBBCの記者は「メイ首相が感情をあらわにしたのを初めて見た」などと驚きを持って伝えている。 EU離脱に必要な協定案は議会で3回否決されている。メイ首相はあきらめずに4回目の採決をするとしていたが、身内である保守党議員からも「いい加減にしてほしい」という声があがり、引導を渡された形。 新しい首相には離脱推進派の顔、ジョンソン前外相らの声があがっているが、保守党は少数与党で、他の政党の協力が必要だが、厳しい状況。誰が首相になってもイギリス議会の混沌(こんとん)とした状況は続くことになりそうだ。

2019.05.25 00:47

トランプ政権、通貨安誘導国に高い関税検討

アメリカのトランプ政権が中国を念頭に新たな一手。商務省は23日、輸出を有利にする目的で通貨を安く誘導している国に対し、高い関税を課すことを検討していると発表した。 アメリカはこれまでも、中国の為替政策を問題視していて、貿易協議が難航する中、圧力を強める狙いがあるとみられる。 また、日本も対象になる可能性がある。そのトランプ大統領は25日から来日する。

2019.05.25 00:14

上皇ご夫妻 退位後初のコンサート鑑賞

上皇ご夫妻は退位後、初めてコンサートを鑑賞された。 上皇ご夫妻は24日午後、東京・新宿区にある東京オペラシティを訪れ、満場の拍手に迎えられた。ご夫妻が鑑賞されたのは、小澤征爾さんの指揮によるベートーベン作曲「ピアノ協奏曲第2番」で、世界的ピアニスト、マルタ・アルゲリッチさんが演奏した。 アルゲリッチさんは大分県別府市で行われている音楽祭「別府アルゲリッチ祭」の総監督を20年以上務め、ご夫妻が、アルゲリッチさんをお住まいに招くなど親交を重ねられてきた。 演奏終了後、ご夫妻は立って、長い間拍手を送られていた。その後、ご夫妻は小澤さんやアルゲリッチさんと和やかに懇談し、上皇后さまが好きな曲がアンコールで演奏されたことに喜ばれていたという。 上皇ご夫妻のコンサート鑑賞は退位後、初めて。

東京2019.05.25 00:04

東京五輪の暑さ対策“かぶる日傘”お披露目

東京都の小池知事は、来年の東京オリンピック・パラリンピックの暑さ対策として、都が製作した「かぶるタイプの日傘」をお披露目した。 小池知事「来年は2020年のオリンピック・パラリンピック大会本番。暑さ対策どうするんだと、非常に大きな課題になっているわけで。男性で日傘をさすのが恥ずかしい、気が引ける方は、思い切ってここまでいったらいかがでしょうか」 都が製作した「かぶるタイプの日傘」は、直径60センチ、重さは180グラムの軽量で、熱や光を遮る効果がある素材を使っている。まず900本を製造し、今年夏のテストイベントなどで配る予定。 夏の暑さ対策では、環境省も、男性に日傘の使用を勧めるキャンペーンを行っていて、「日傘男子」の普及を図っている。

東京2019.05.24 23:49

金融庁、西武信用金庫に業務改善命令

金融庁は西武信用金庫に業務改善命令を出した。 金融庁は西武信用金庫に対し、不動産融資の際に必要な預金通帳のコピーなど、業者が提出する審査のための資料が改ざんされているにもかかわらず見逃したなどとして、業務改善命令を出した。 さらに、反社会的勢力との関係が疑われる相手に対し、その疑いを理事長も知らされていたにもかかわらず十分な調査を行わず、融資をするなど内部統制が機能していなかったことも指摘された。 これを受け、西武信金は24日に会見を開き、落合前理事長が責任を取って自ら辞職したことなどを発表した。 西武信金・高橋一朗新理事長「申し訳ございませんでした」「(前理事長は)本日付で自ら辞任いたしましたので、今後、私ども新執行部がお客さまの信頼回復に向けて全力であたってまいります」 西武信金は、新たに就任した理事長らの報酬を当面減額するとしたほか、来月末までに業務改善計画を提出し、直ちに実行するとしている。

東京2019.05.24 23:35

世界最大の旅客機 初便が成田を出発

全日空がホノルル線で24日から使用する世界最大の旅客機「エアバスA380」の初めての便が、成田空港を出発した。 全日空が成田とハワイのホノルルを結ぶ路線で24日から使用するのは、2階建ての世界最大の旅客機「エアバスA380型機」。午後8時すぎに成田空港を出発した初めての便には512人が搭乗した。 全長約73メートルの機体には、ハワイで神聖な生き物とされるウミガメが描かれ、ハワイ語で「ウミガメ」という意味の「HONU」に「空飛ぶ」をつけて、「FLYING HONU」という愛称がつけられている。 「FLYING HONU」は、24日から成田・ホノルル間を週に3往復し、今年7月からは週10往復に拡大される予定。

千葉2019.05.24 23:01

浅田美代子、樹木希林さんに「感謝」

映画「エリカ38」(6月7日公開、日比遊一監督)の舞台あいさつが24日、都内で行われ、キャストの浅田美代子(63)、木内みどり(68)、山崎静代(40)、佐伯日菜子(42)らが登壇した。 2018年9月に他界した女優の樹木希林さんが生前、浅田の主演映画を作るべく企画。実際に起こった事件をモチーフに、実年齢を20歳以上詐称し、色香と話術で人から金を巻き上げていた女・エリカ(浅田)の半生を描く。 浅田は希林さんが入院していた際も、電話で撮影の進捗(しんちょく)状況を報告していたといい「病床の時も、樹木さんが『どうなってるの?美代ちゃん』とか、最後まで考えててくれて、うれしいなと思っています」と感謝。 最後のあいさつでは「(樹木さんが)一緒にいられないのが、さみしいです。ほんとに、わたしの身に余るほどのこのようなギフトを与えてくださった樹木希林さんに感謝しております」と感極まる場面も。「これだけのギフトをいただいたので、多くの人に見ていただきたいと思います」と呼びかけた。

東京2019.05.24 22:04

英・メイ首相が辞意表明 EU離脱が難航

EU(=ヨーロッパ連合)からの離脱の難航を受け、イギリスのメイ首相が24日、辞意を表明した。 日本時間の午後6時すぎから首相官邸前で会見したメイ首相は、6月7日に保守党の党首を辞任し、その後、新しい党首が決まった段階で首相の座からも降りると明らかにした。 会見の終盤、メイ首相は「愛する国のために尽くしてきた」と言いながら涙を浮かべ、無念さをにじませていた。 EU離脱を巡り、メイ首相は6月上旬に4回目の離脱協定案の採決を行うとしていたが、身内である保守党内からの辞任を求める声に耐え切れず、辞意を表明した形。 次の党首選びは6月中旬に始まり、離脱派であるジョンソン前外相や前回の党首選で最後まで争ったレッドソム議員らの名前があがっている。 メイ首相は2016年7月、EUからの離脱を巡る国民投票の結果を受け辞任したキャメロン前首相の後任として首相に就任した。もともとはEU残留派だったが、首相就任後は「国民が選んだことだ」としてEUからの離脱を推進してきた。 しかし、政権基盤を強化するため2017年6月に行った解散・総選挙で逆に議席を失い、以降は求心力が低下していた。 また、離脱交渉では、イギリスの北アイルランドと、アイルランドの国境をどのように管理するかで、党内をひとつにまとめることができず、暗礁に乗り上げていた。

2019.05.24 21:59

高速道路の点検・補修 最新技術の体験会

高速道路の老朽化が進む中、土木工学を専攻する学生が高速道路の点検や補修を行う最新技術などを実際に体験ができるイベントが開かれた。 イベントは東京・江東区の首都高湾岸線の高架下で、土木工学を専攻する大学生33人らが参加して行われた。 首都高速は、開通から40年以上経過した路線が全体のおよそ4割をしめるなど、老朽化が進んでいて、首都高速道路会社は点検や補修を行う作業車などを開発し、更新を順次進めている。 学生らは高所作業車に乗って、橋桁のコンクリートにひび割れなどがないかをハンマーでたたいて確認する検査を体験したり、人や作業車が入り込めない場所をドローンなどで点検する最新技術の説明を受けた。 参加した学生「普段できない体験や見ることができないことが多いので、とても貴重な経験になったと思います」 首都高速道路会社は、「土木技術を担う次の世代にインフラの維持管理にも興味を持ってもらいたい」としている。

東京2019.05.24 21:49

東京都“児童虐待防止策”検討会を立ち上げ

児童虐待の事件が相次ぐ中、東京都は、区市町村と合同で、児童虐待の防止策を話し合う検討会を立ち上げ、初会合が開かれた。 東京都・内藤福祉保健局長「大都市における児童相談行政にいかに取り組んでいくのかをオール東京で考えていくことが重要だと考えております」 24日の初会合には、東京都内の児童相談所や区市町村の担当者らおよそ80人が参加した。 参加者からは、増加する児童虐待に適切に対応するためには、人材不足の解消や、専門的な知識をもった職員の育成が必要であるとの意見が出された。 検討会では、今後、課題ごとに部会を設置し、児童虐待の防止策や、都の児童相談所と区市町村が担う子ども家庭支援センターとの連携強化のための具体策などを協議する。

東京2019.05.24 21:49

5月の月例経済報告「緩やかに回復」維持

政府は5月の月例経済報告で、景気の判断を前の月に比べ下向きに修正したものの、「緩やかに回復している」という判断を維持した。 5月の月例経済報告で、政府は「輸出や生産の弱さが続いている」という表現を加え、2か月ぶりに下方修正した。中国経済の減速をうけて輸出が落ち込み、企業の生産や設備投資が伸び悩んだことが主な原因。 一方、令和への改元やゴールデンウイークの10連休などで個人消費が持ち直していることなどから、景気が回復局面にあるという認識そのものは維持した。 茂木経済再生相は、雇用や所得環境が改善し、企業収益も高い水準にあるとして、次のように述べた。 茂木経済再生相「政府として現時点で景気回復が途切れたとは考えておりません」 一方、内閣府が13日に発表した3月の「景気動向指数」では、景気がすでに後退局面に入った可能性を示す「悪化」の結果が出ている。 専門家は今回の月例経済報告の景気判断について「夏の選挙を見すえて政治的な配慮が働いたと言われてもおかしくないくらいの甘すぎる表現。今後、景気が持ち直す可能性はあるが、米中の通商交渉の行方次第」としている。

東京2019.05.24 21:45

安倍首相 米・ボルトン大統領補佐官と会談

アメリカのトランプ大統領の来日を控え、安倍首相は、安全保障を担当するボルトン大統領補佐官と会談した。 アメリカ・ボルトン大統領補佐官「安倍首相と、ひとときを過ごすことができてとても光栄です。トランプ大統領の来日中に検討される予定のいくつかの問題について議論しました」 会談で安倍首相は、今回の来日を歓迎した上で、「日米同盟を一層強化していきたい」と、日米同盟を重視する姿勢を改めて強調した。これに対してボルトン補佐官は、「今後とも一層緊密に連携していきたい」と応じた。 また、会談では、北朝鮮情勢についても意見交換を行い、朝鮮半島の非核化に向けて、引き続き安保理決議の完全な履行が必要との認識で一致したほか、拉致問題の早期解決に向けても緊密な連携を確認したという。 なお、安倍首相からは、核合意をめぐってアメリカと対立するイランを来月中旬に訪問し、ロウハニ大統領と首脳会談などを行う方向で調整していることも伝えたという。

東京2019.05.24 21:33

「令和」の書のレプリカ 25日から公開

菅官房長官が掲げた新元号「令和」の書のレプリカが、25日の一般公開を前に国立公文書館で報道陣に公開された。 東京・北の丸公園にある国立公文書館で25日から公開されるレプリカは、本物の書と同じ種類の「奉書紙」に印刷され、同じ種類の額縁に入れられている。 政府は、本物の書については早ければ再来年4月にも国立公文書館で公開する方針だが、レプリカはそれまでの間、展示される予定だという。 国立公文書館には「令和」の書とともに「平成」の書のレプリカも展示されている。

東京2019.05.24 21:32

東京都“暴言”職員を停職6か月の懲戒処分

東京都は、同僚の職員や都庁を訪れた一般利用者に暴言を吐いたなどとして、50歳の男性職員を停職6か月の懲戒処分にしたと発表した。 東京都によると、会計管理局の50歳の男性職員は、2017年頃から、職場の上司や同僚に対し、「バカ」「死ね」などの暴言を吐いたり、特定の職員を「バカ職員」などと誹謗(ひぼう)中傷する内容のメールを別の部署の職員らに100回以上、送りつけたという。 さらに、都庁内の食堂などで体がぶつかった一般利用者にも、「あやまれボケ」と暴言を吐いたほか、警備員の胸を小突くなどの暴力行為があったという。 都は、この男性職員を懲戒免職の次に重い、停職6か月の懲戒処分にした。男性は、「相手側に非があった」と話しているという。 また、都立の児童福祉施設に勤める54歳の男性職員は、去年、入所者の女子中学生の左腕をたたいたほか、それ以前にも、入所している子どもに乱暴な言葉や態度を繰り返したとして、停職10日の懲戒処分にした。

東京2019.05.24 21:15

米中対立の中 華為・任正非CEOが語る2

米中の対立が先鋭化する中、渦中のファーウェイの創業者・任正非CEOが日本テレビの取材に応じた。(2/2) ■Q:安保上の脅威とアメリカは言っているが、そうではないと明確にするために具体的にやろうとしていることは? 私が思うに、この安全保障問題は、二つに分けなければならない。一つ目はネット上の安全、二つ目は情報上の安全である。 ネット上の安全においては、我々にはとても重要な責任がある。我々は日本政府とスパイ活動を防止する協定も結べる。通信網にバックドアはなくスパイ活動もしないという協定に署名もできる。もし、我々が日本政府と約束を交わし、監視を受けても足りないというのなら、中国政府も、バックドアがあってはならないと宣言している。 李克強首相も全人代において、ネット上においてバックドアがあってはならないと話している。 李克強首相がクロアチアの会議において、展示参加した我々に対しても、ネット上においてバックドアがあってはならないと厳しく指摘していた。 私が思うに、中国政府もネット上にバックドアを設けてはならないという契約を日本と締結するだろう。我々は今、世界のネット上の安全問題確保の締結に同意している。世界において、ネットに関わる全ての企業や設備メーカー等において、バックドアを設けないことに同意してもらいたい。こうすれば、世界中のネットや情報の管理が複雑になることはないだろう。 現状において、非常に複雑な状態に陥っており、また情報が管理されていない状況である。例えば、ファーウェイがアメリカで活動し、アメリカが情報の安全を失っているだろうか? たとえ、アメリカがネットや情報の安全を失ったとしても、我々ファーウェイと何の関係があるのか。アメリカは、ファーウェイがなければ、アメリカが安全を得るということを証明することはできない。アメリカは、このことを証明することはできない。 他の国においてファーウェイの設備を備えても、決して安全問題にさらされることはない。170数カ国が、30年にわたって、こうした安全問題に陥ったことは一度もない。 では、未来において、このような安全問題は、法律等で定めればよい。我々は各国政府による監視を受けてもよい。こうすれば、我々としてはこのような安全問題は解決できると思っている。 もちろん、アメリカの権威は強く、我々の声はとても小さいものだ。しかし我々は恐れない。なぜなら、我々は悪いことをしたことがないからだ。だから、アメリカが裁判を持ちかけても恐れることはない。皆さんが見ているように、我々のような小さな企業がアメリカと裁判をすると、小さな裁判では済まないということだ。 安全問題においても、ファーウェイは人々に貢献を続けてきた。我々は9万件に上る特許がある。この特許の中において、数十年で形成された、それぞれ異なる特許もある。あの頃、いくつもの伝統工業の中で、我々は9万件に上る特許を得たのだ。その状態の中で、我々は31億人のために事業を行ってきた。その中において、1万1500数項目の特許は、アメリカで作られたものである。アメリカ政府によって権利を与えられ、我々はアメリカにおいて特許を持っている。これらは、人類において多大なる貢献である。我々は、決してアメリカの安全を脅かすことをしていないし、アメリカに貢献を尽くしてきたのだ。こういうこともきちんと評価してもらいたい。 皆さんは、中国の一企業がアメリカに来て、情報を操作しようとしていると思っている。それでは、我々が、情報操作をして、何になるというのだ。それをして我々の何になるのだ。全く意味がない。 全世界が我々に物を売らなければ、我々の会社も破産し、全ての社員も首にしなければならない、残った私一人だけ債務を抱えたままでは、私はその債務を決して返せないと確信している。返せないなら私の命もないと同じである。どうして私が、このような小さな問題のために命を捨てなければならないのか。私は、このような末路はたどらない。我々のようなリーダーたちは、このようなことは、決してない。我々の全社員もこのようなことをしない。しかし、我々が各国において、もし法律に違反したならば、我々は各国の法規に従い、法律に違反した者を罰することを支持する。 ■Q:アメリカの排除に日本も追随する動きだが、それについてどう思うか。一連のアメリカの対応が、ファーウェイ製品の日本市場での影響についてどう考えるか? 日本はこの件での決定は出していないと思う。我々は、いつも日本の会社とあらゆる交流を友好的にしてきたし、この件に関するメッセージを表現したこともない。我々は、日本政府を、いつも非常に信頼している。しかも、我々は日本の経団連のメンバーである。 それに、考えてみてほしい。日本での震災の際に、我々は基地局を緊急修理し、日本がまるで自分の祖国のように対応した。我々は世界各地でその国の人を自分の祖国のように対応した。 アフリカでの紛争の際にも、高山でも、ジャングルでも、砂漠の中でも我々は頑張って奮闘してきた。リビア内戦の時、リビアが2派に分かれた際にも、2派に対して共に交流を求めると提言した、交流しないと基地局が中断される。一番厳しい戦争の環境の中でも、中国の社員がそこで通信を維持していた。 ドバイで政府側と部品協議に署名する際にも、エジプトで反対派と部品供給協議に署名する際にも、サービスを提供していた。戦争の地で、命がけでやっているのだ。そんな環境の中でも頑張って奮闘した。そんなところで金が稼げると思うか? 戦火で天地が覆るところで、ビジネスなどと言う場合ではない。実にファーウェイは、人類への、顧客への責任を負っている。顧客が我々を信頼しているからだ。 今日、アメリカがこんなに強くて、世界で最も権威がある国であり、経済的なパワーと国防的なパワーは世界で一番強い国であるにも関わらず、多大なる顧客がまだ我々を信頼しているのは、今まで20年、30年も積み重ねた信頼があるからである。このような信頼関係は一瞬で崩れるものではない。 ■Q:今後アメリカ市場ではなく、欧州に集中するという選択肢は? 可能性はある。今後アメリカや私たちの事業に賛同しない国には注力しなくてもよい。私たちの事業を認めている国々に対して力を入れる。世界の大多数の国は我々のサービスを求めている。アフリカの多数の国は非常に貧しい。我々はその国らにより多くのサービスを提供することができる。最後一つの質問にしょう。 ■Q:日本の経済界の重鎮や著名人と会っていると思うが、最も尊敬する人は? 稲盛和夫さん。私が思うに彼は尊敬に値する人物だと思うよ。彼は偉大なる日本人である。彼が言った言葉のどれも非常に印象に残ると思う。

2019.05.24 21:15

米中対立の中 華為・任正非CEOが語る1

アメリカのトランプ大統領が15日、中国の通信機器最大手、ファーウェイなどを念頭に、安全保障に脅威をもたらすとして、アメリカ企業との取引を禁止する大統領令に署名した。これを受け、中国政府が報復措置も辞さない構えを見せるなど、米中の対立が先鋭化する中、渦中のファーウェイの創業者・任正非CEOが日本テレビの取材に応じた。(1/2) ■Q:アメリカのトランプ政権によるファーウェイの締め出しについて トランプ大統領の、我々ファーウェイに対する打撃は、一種の試練だと思っている。我々はさらなる努力をして、こうした打撃に耐えなければならない。 それに、こうしたアメリカによる打撃は、我々が予測していたものだ。2002年から2003年の時期、我々は会社をアメリカ企業に100億ドルで売却しようと検討していた。我々は、売却に関する書類の全てに調印していた。双方の代表者が、話を終えており、我々は華やかな華やかな服で着飾り、ビーチでジョギングしたり卓球などをして契約の承認を待っていたのだ。 (ところが)その週、そのアメリカ企業の代表は、新しい代表を迎え入れた。その代表は、おそらく先見性がなく、この調印を否定したのだ。(アメリカ企業になれば)我々はアメリカに貢献し、中国に対しても努力して奮起し、人々に貢献することができると思ったのだ。アメリカ資本のもとで、中国の労働力を役立てていただろう。 アメリカ企業が、我々の会社を受け入れないことが決まった後、我々は役員会議で「今後、会社を売却すべきか、すべきでないか」について議論をした。最後に投票を行い、売却すべきではないとの決定に至った。それで、私は役員たちに「十数年後、あなた方役員たちはアメリカとの競争に直面する覚悟を持たなければならない。あなた方役員はアメリカからの圧力や打撃を受け入れる覚悟を持たなければならない」と言った。役員たちはみな口をそろえて「私たちは恐れない」と言った。 だから今日、アメリカから打撃を受けても、我々会社内部が分裂することはない。なぜならば、10数年前、すでにアメリカとの競争で打撃を受けることを恐れないと言っていたからだ。だから今や、何も恐れてはいけないのだ。 我々は、様々な準備をしているので、アメリカからの打撃を心配していない。世界中で最先端の準備を整えてきた。アメリカは、我々のあまりにも先進的な進め方を見て、脅威に感じていたのだろう。 それから、我々のヨーロッパにおける市場は巨大なものだ。我々は、イギリスで200ヘクタールの土地を買い、光学チップ製作工場を立ち上げた。ヨーロッパにおいてはARM系CPUを製造していた。ARM系CPUは世界をリードしていた。これらは全て、我々ファーウェイが関与している事業である。 我々のヨーロッパにおける投資は、ヨーロッパにも認知されている。だから我々も、引き続きヨーロッパに対して投資をする。もちろん日本においても同じだ。皆さんも知っている通り、我々は、日本の船橋で小工場を立ち上げた。我々は引き続き日本において投資を拡大していく。日本の材料を大量に購入し、日本に大きく貢献している。 日本の材料に関する技術はとても進んでいる。日本の技術は世界をリードしている。その中でも、未来におけるセンサー技術や関連部品等は、世界一だと私は思っている。 世界が人工知能(AI)技術に向かっている。そしてAI技術において一番重要な部分は、センサー技術である。だからAI技術の時代において、日本は最大の勝ち組になり得る。そう、一番の勝ち組と言える。 今、トランプ大統領による打撃を受け、一部犠牲を強いられているが、我々を壊滅させることはできない。我々は経営上、多少の影響は受けるだろう。収入成長率においては前年比39%だったのに対し、4月以降においては、25%に下落している。想定では、今年は成長率20%を越えないとみている。 こうして、成長率は下落して、トランプ大統領による打撃で影響を受けるだろう。しかし致命的なものではない。 ■Q:ビジネス面で代替策を探っているという一方、今回のアメリカの部品禁輸など圧力ととれるカードに関して、3月に提訴したように、法的手段は選択肢の一つとして考えているか? この問題に関しては、我々も法的措置で対応することができる。しかし、実行するかどうかは、アメリカ側の様々な状況や理事の意見を聞いてから判断したい。 我々としては、アメリカは「一人よがり主義」な考え方をするとみている。つまり、自分たちの想像だけを頼りに、一企業を処分している。これはあまり良くない。法治国家の体制としては適切ではないと思う。 なぜなら、我々がニューヨークにおける判決の前に、アメリカ側がすでにこうした決断をした。これは一種の行政的な命令ではあるが、司法的な命令ではないのだ。だから、我々は今、この問題をどのように処置すべきかに直面している。 ■Q:さきほど会社が完全に壊れることはないとおっしゃったが、アメリカとの戦いで勝算はあると考えているか? ファーウェイは生き残れるのか? 我々とアメリカは戦争をしている訳ではない。これは戦争と称してはならない。それは、メディアの宣伝である。ただ双方に通じないところがあるだけだ。 実際、目的は至って自由なものである。アメリカが我々に物を売らないのは自由であり、我々がアメリカから物を買わないのも自由である。ただ、売買は双方にとって共に利益があるものだ。もしアメリカが全ての物を我々に売らず、我々が買う物の代替品がなければ、アメリカの株式市場にも影響が出る。だから、ファーウェイが一方的に影響を受けるだけで、アメリカ自身が影響を受けないということではない。 この問題に関しては、双方とも影響を受けると思う。これは戦争ではなく、双方の関係の中において、一方が極端にネガティブな態度をとっているということだ。しかし、勝算があるかと言うと、我々には勝算がないと確信している。私が思うに、アメリカの意志は頑なものだ。アメリカは自分たちの言い分を貫くだろう。しかし、我々も自分たちのやり方を徹底する。我々は努力してこの困難を突破していきたい。

2019.05.24 21:15

里見浩太朗、米大統領にゴルフより時代劇

舞台「赤と黒 サムライ・魂」の公開けいこが24日、東京・有楽町の東京国際フォーラムホールCで行われた。 当初、黒澤明監督の名作「七人の侍」の舞台化を目指したが、上演までに権利関係をクリアーすることが難しくなり、急きょ新たな物語を立ち上げた。 江戸時代の中期、藩政改革のため、ある町が取り壊しになることに。嘆き悲しむ町民のため、権力に立ち向かうサムライの生きざまをドラマチックに描く。 主演の里見浩太朗(82)は「久しぶりに本格的な舞台劇を見ていただける。82歳の立ち回りを見ていただきたい」と、長年の時代劇キャリアに胸を張りPR。長年、付き合いのある京本政樹(60)とは舞台初共演になる。 ジャニーズのユニット「ふぉ〜ゆ〜」の越岡裕貴(32)、ジャニーズJr.内ユニット「MADE」の福士申樹(28)については「若手がはつらつとしていて、一生懸命にやっている」と目を細めた。 越岡は「初めての時代劇なので、めっちゃ勉強になります。せりふはこう言った方がいいとか、刀はこうさばいた方がいいとか教わっています」と頭を下げた。 さらに里見は、外国人に広がる日本ブームに触れ、公演初日の25日に来日するトランプ米大統領にも「ゴルフよりこっちの方が面白いと思いますよ」と観劇を呼びかけた。

東京2019.05.24 19:44

松本白鸚、子ども3人が仕事を継ぎ「喜び」

歌舞伎俳優の松本白鸚(76)、松本幸四郎(46)が24日、都内で「松竹大歌舞伎」東コース製作発表に出席した。 昨年1月に白鸚、幸四郎をそれぞれ襲名しており、今回の巡業は襲名披露公演となる。 襲名から約1年半が経過したが、心境の変化について幸四郎は「何もないというのが正直なところ」ときっぱり。幸四郎の発言に苦笑した白鸚は「新幸四郎は、確かに器は大きくなりました」と笑いを誘い、「本当に好きな踊り、歌舞伎を続けさせていただいて。去年11月の南座の勧進帳では、私が富樫で新幸四郎の弁慶を相手にしましたけど、その時の弁慶は最初に演じた時よりも数段よくなっておりました」と成長ぶりをたたえた。 さらに自身の心境の変化として白鸚は「私は息子に幸四郎を渡しましたけれど、ほかに娘が2人いまして。長女の松本紀保も私が小さな劇場でやっておりましたのを(受け継いで)コツコツと(舞台を)やっております。二女の松たか子は私がやっていたテレビやミュージカルを引き継いでやっています。3人の子が私のやってきた仕事を継いでくれるような気がします」としみじみ。 「2人の娘に言いましたら『私たちはそういう気は全然ない』、新幸四郎は今のように『全然変わらない』という感想をもらいましたけれども…」と続け、笑いを誘いつつも「私自身の中では、内心3人の子どもに自分のやってきた仕事を渡すことができた。それが小さな喜び、心境の変化でございます」と語った。 6月30日の東京・江戸川区総合文化センターから、全国24か所で公演をする。

東京2019.05.24 19:42

成形肉使用 マクドナルドに課徴金2千万円

マクドナルドが「ローストビーフ」と表示した商品で、実際には成形した肉を使っていた問題で、消費者庁は24日、およそ2000万円の課徴金を納付するよう命じた。 消費者庁によると「日本マクドナルド」は2017年、期間限定で販売した「東京ローストビーフバーガー」と「東京ローストビーフマフィン」という商品のテレビコマーシャルなどで牛のブロック肉を使っているかのように表示していた。 しかし、実際には大半で、細く切った肉をくっつけるなど加工した成形肉を使っていたという。 消費者庁は、去年7月、景品表示法違反に当たるとして「日本マクドナルド」に対して再発防止命令を出したが、24日、2171万円の課徴金を12月までに納付するよう命じた。

東京2019.05.24 19:32

サッカー強豪校 コーチが生徒にボール蹴る

群馬県にある高校サッカーの強豪校で、コーチが生徒に至近距離からボールを蹴り込み、鼻血を出すなどのケガをさせていたことがわかった。 生徒がケガをしたのは群馬県立前橋商業高校のサッカー部。 県の教育委員会などによると、5月11日の練習中、外部から招いているコーチの男性が、生徒をゴール前に1人ずつ立たせ、至近距離からボールを蹴って当てたという。生徒のうち1人は、ボールが顔に当たり鼻血が出たという。 学校側は、体罰だったかどうかを含め調査するとしている。 群馬県立前橋商業高校・根岸卓副校長「調査を進めながら、適切に対応していきたい」 コーチの男性はサッカー部を10年以上指導していたが、いまは指導から外れているという。

群馬2019.05.24 19:20

子どもを守れ!進化する「見守りサービス」

いま、自分の子はどこにいるのか、危険な場所に行ってはいないか。最新の技術を導入して、遠くから子どもを守るサービスが広がりつつあります。 大阪府は、全国で初めて先月から公立の小中学校で携帯やスマホの持ち込みを認めています。去年発生した大阪北部地震のあと、親から、災害時に連絡をとったり、GPSを使って居場所を把握したりするために、スマホを持たせたいという要望が相次いだためでした。しかし、大阪以外の多くの学校では、まだ携帯やスマホが原則禁止となっています。 そんな中、今親に注目されているのが、最新技術を使った子どもの「見守りサービス」。その多くは、子どもに持たせる端末にGPSが内蔵されていて、親のスマホで子どもの現在地が確認できるというタイプ。 中には、子どもが危険に遭った時に端末のボタンを押せば、そこにガードマンが駆けつけてくれるものも。このようにサービスは多様化してきています。去年から「見守りサービス」を始めたこちらの会社では—— ドリームエリア・寺下武秀代表取締役「“みもり”は、GPSと音声を使って子どもを見守るためのサービスです。端末自体が子どもを守る、そういった機能も持っています」 こちらのサービスでも、子どもにGPSを内蔵した端末を持たせ、一方の親はスマホに専用のアプリをダウンロード。変わっているのはここからです。親のスマホに表示されるのは、単に子どもや親の現在地だけではなく、子どもが今いる場所の風景もわかるんです。 子どもの今の状況をよりイメージしやすいのが特徴です。さらに、このサービスでは、子どもが「活動してもいい範囲」を親が設定することもできるんです。設定をして、行ってはいけない範囲に行くと—— 『この先は行ってはいけない場所です。戻ってください』と子どもの端末が警告を発し、同時に親のスマホにも通知されるんです。 寺下さん「音声を鳴らすことによって、子どもにそこが危ないと認識してもらうことが重要だと思っています」 このサービスではさらに警察や自治体が提供している不審者情報も通知されるんです。不審者が見つかった場所の近くに子どもが入ると、子どもには音声で、親にはプッシュ通知で知らせてくれます。 高度化する「見守りサービス」。しかし、頼りすぎてはいけないという意見もあります。 NPO法人 日本こどもの安全教育総合研究所・宮田美恵子理事長「安心感があるけど、すぐ目の前にお父さんお母さんが駆けつけてくれるわけではないですね。子どもが助けてほしいときは、自分の困っていることを人に伝えられるコミュニケーション能力も併せて必要です」 最新の「見守りサービス」に加え、何より、危険に近寄らないという子どもへの教育。さらに親以外にも、より多くの目で子どもを見守ることが大切です。

東京2019.05.24 19:20

記録的な暑さで“熱中症”に注意 対策は?

気象庁の会見(24日午後2時すぎ)「27日頃にかけて、5月として記録的な高温が予想される」 24日も、各地で季節外れの暑さとなった日本列島。気象庁は、週末さらに気温があがるとして、熱中症への警戒を呼びかけた。 5月に入り、早くも相次いでいる熱中症。23日も、運動会の練習をしていた児童らが熱中症とみられる症状を訴え、病院に搬送された。 夏本番を前に、今から準備する熱中症予防の方法とは… ※詳しくは動画でご覧ください。(news every.「ナゼナニっ?」より)

2019.05.24 19:19

アジア初の同性婚を認める法律 台湾で施行

アジアで初めてとなる同性婚を認める法律が、24日、台湾で施行された。 台湾各地では、多くの性別が同じカップルが、婚姻届を提出した。台湾メディアによると、24日の1日で、およそ300組の同性カップルが婚姻届を提出するという。 届け出をしたカップルからは「アジアで初めて同性婚を認めた台湾を誇らしく思う」などと喜びの声が聞かれた。

2019.05.24 19:06

野村HD 非公開情報漏えいで謝罪

野村ホールディングスが非公開の情報を投資家に漏らしていたとして謝罪会見を行った。 野村HDは野村証券の営業社員が今年3月、東京証券取引所の上場基準の見直しなどについての非公開の情報を投資家に漏らしていたと発表した。 これを受けて永井CEOが3か月間、報酬30%を返上するなど13人に処分を行うとしている。一方、金融庁は近く業務改善命令を出す方針。

東京2019.05.24 18:58

児童虐待防止のための法案 全会一致で可決

児童虐待を防止するための法案が与野党で修正したうえで全会一致で可決した。 衆議院厚生労働委員会で可決した法案は、相次ぐ虐待を受け、親権者による子どもへの体罰を禁止するなど、虐待防止策を強化するもの。 これまでの修正協議で野党側の主張も取り入れ、虐待をした親に対し、再発防止のため、専門家による「指導を行うよう努める」との規定が盛り込まれた。 こうした修正により全会一致で可決されていて、今の国会での成立は確実。

東京2019.05.24 18:56

景気「緩やかに回復」維持も… 消費に異変

政府は24日、5月の月例経済報告を発表した。景気の判断を下向きに修正したものの、「緩やかに回復している」という判断を維持した。 いま、消費の現場では、ある“異変”が起きている。    ◇ 都内にある焼き肉店。1番人気は牛タンや上カルビなどが一度に味わえる肉の盛り合わせ。この店では10連休のゴールデンウイークは大忙しだったという。 WithPetFamily・吉田達也社長「昨年に比べて8%から10%くらい売り上げの伸びを示していました」 想像以上の客足だったという。一方、その反動もあるという。 WithPetFamily・吉田達也社長「GW明けてからは、昨年に比べて数パーセントの下げ、落ち込みを」    ◇ 例年、ゴールデンウイークの後に落ち込むという“個人消費”。 全国の百貨店が加盟する日本百貨店協会によると、「今年は例年よりも長かったため、売り上げはよかったものの、ゴールデンウイークの後は、その反動で消費が落ち込んでいる」という。 街の人に聞いた。 街の人「5月いっぱいは結構(買い物を)控えました」 街の人「節約しようっていうのは、自分に言い聞かせています」 固く締まった“財布のヒモ”。    ◇ ゴールデンウイークあとの消費の落ち込みに「秘策」を用意したところもある。 回転ずしチェーンで先週から始まったのは、「ハワイアンフェア」。メニューは回転ずしにもかかわらず、ハワイで人気の「パンケーキ」と「ガーリックシュリンプ」。 カッパ・クリエイト、マーケティング部 牛尾好智部長「GW明けから実施することで、お客さまの消費を喚起するような狙いもございました」 “すしとハワイ”のような「意外な組み合わせ」が集客には有効だという。    ◇ 一方、集客を目指し、店舗を大きく改装したスーパー。新設されたイートインで食べられるのは、鉄板にのった本格的なステーキ。 実は、ここで提供されるステーキの一部は、売り場で買うことができる。また、肉だけでなく、海鮮丼に使われている魚も鮮魚売り場で購入が可能。 イオンリテール広報部・大瀧和孝さん「実際に食べていただくことで、次の献立にしようという機会になっていると思います」 “イートインの充実”で、利用者の来店回数が増えれば、売り上げアップにつながると期待している。    ◇ 様々な工夫を凝らして、消費者の購買意欲を高める企業の“試み”。 そんな中、24日、政府が5月の月例経済報告を発表した。 中国経済の減速をうけて、企業の生産や設備投資が伸び悩んだことなどから、「景気の総括判断」を2か月ぶりに下方修正。 一方、景気が回復局面にあるという認識は維持した。 専門家は、「夏の選挙を見すえて政治的な配慮が働いた、と言われてもおかしくないくらい『甘すぎる評価』と言わざるを得ない」と厳しく評価。 今後については「景気が持ち直す可能性はあるが、アメリカと中国の通商交渉の行方次第」と話している。

2019.05.24 18:55

中国がボ社に損害賠償請求 米への対抗か

中国メディアは、運航停止となっているアメリカの航空機大手、ボーイングの新型機について、中国の航空会社12社が損害賠償を求めたと報じた。アメリカが中国企業の排除を進める中、対抗措置の可能性がある。 中国メディアによると、墜落事故が相次いだボーイングの新型旅客機「737MAX」をめぐり、同型機を保有する中国の航空会社12社が、運航停止で損失を被ったとして損害賠償を求めたという。 航空当局の関連機関も「中国の航空業界は、ボーイング『737MAX』の最大の顧客であるとともに最も大きな被害者だ。賠償請求を積極的に支持し協力していく」との声明を出した。 アメリカ政府が通信機器大手、ファーウェイなど中国企業の排除を進める中、損害賠償請求で足並みをそろえた動きは、アメリカへの対抗措置の可能性もある。

2019.05.24 18:45

タイ拠点の詐欺 容疑者15人が日本に到着

タイで振り込め詐欺に関与したとして逮捕された日本人15人のうち、残る12人を乗せた航空機が、羽田空港に到着した。15人全員が日本に到着したことになる。 午後4時半過ぎの成田空港。詐欺の疑いで逮捕された日本人15人のうち、岩本颯容疑者、池原誠二容疑者、遠山康隆容疑者の3人が姿を見せた。 3人は警視庁の捜査員に囲まれ移送されていった。 そして、午後5時45分過ぎ、羽田空港に、残る12人を乗せた航空機が到着した。12人も機内ですでに逮捕されている。 15人はこの後、東京都内の警察署へ移送され、本格的な取り調べが始まることになる。

2019.05.24 18:36

防衛相 オスプレイを木更津に配備の方針

岩屋防衛相は陸上自衛隊の輸送機オスプレイについて、配備する予定の佐賀空港の受け入れ態勢が整っていないことから、千葉県の木更津駐屯地に暫定的に配備する方針を明らかにした。 岩屋防衛相は、24日の会見で去年の秋から佐賀空港に配備する予定だったオスプレイについて地元での調整が難航し、受け入れ態勢が整っていないことから千葉県の木更津駐屯地に暫定的に配備する方針を明らかにした。 こうした中、原田防衛副大臣は24日午前、木更津市役所を訪れ、渡辺市長に対し、来年3月から、順次、オスプレイを配備したいとの考えを伝えた。 渡辺市長は「市民の意見を聞きながら、議会や千葉県とも相談し、受け入れの可否を検討したい」と述べるにとどめた。

東京2019.05.24 18:23

「診療所の後継者不足」をまちづくりで解決

世の中で議論を呼んでいる話題について、ゲストに意見を聞く「opinions」。今回の話題は「診療所の後継者不足」。福井大学・地域プライマリケア講座教授の井階友貴氏に聞いた。 帝国データバンクの調査によると、休業、廃業した病院、診療所、歯科医院を合わせた医療施設は2000年が82件だったのに対し、2018年に400件と約5倍に増加している。そのうち、病床を持たない、ないし病床数が20床未満の「診療所」が305件と全体の4分の3を占めている。 その「診療所」について日本医師会総合政策研究機構のまとめによると2017年の時点で後継者が決まっていない「診療所」は、86.1%に及んでいて、後継者不足から、休業、廃業に至る医療機関が、さらに増加することが懸念されている。 ——井階さん、この現状はいかがですか? 私が赴任している福井県の高浜町も地方でありまして、周辺の自治体も含めて、いまのような話題、つまり開業医で後継者がいないということで、閉院を余儀なくされるということが本当に尽きません。 全国的に見ても、特に地方でそんな話題をよく聞きますし、これから日本は急激な高齢化が進みますので、そういう身近なかかりつけの医療を補うべき近しい診療所の先生が求められていくと思いますので非常に大きな問題だと思います。 ——そして、この話題について井階さんにフリップを書いていただきました。 「Accessibility ココロの距離」です。 “近さ”とか“近接性”という意味があるのですが、私の研究活動で住民がどういう医療を理想としているのかを聞いてまわる研究をしたことがあります。 例えば、都会の大きな病院が乱立するようなところに住んでいる方でしたら、最新の医療機器があふれているので、安心しているのかなと思ったのですが、意外と聞いてみると離島の方でも都心部に住んでいる方でも医療機関とのココロの距離ですね、何でも相談できたりとか、気軽に受診できたりとか、それがないと理想的な医療ではないというのがすごく印象的だったんですね。 ですので、このような医療を志す若手や学生を高浜町の方でも、非常に現場の視点とか、まちそのものを見ていただくような地域に近い医療などを学んでいただくように色々なきっかけを出させていただいています。 ——今年で12年目ということですけど、今までやってみて実感としてはいかがですか。 かつて町内の医師が5人くらいまで減ってしまったことがあるのですが、今はまた元通りの水準の12〜13名のレベルまでになりました。私が赴任した11年前が一番、厳しい時期でした。 ——そういったなかでお医者さんたちへの働きかけや地域のみなさんを巻き込んでやることが大切になるのですかね。 医療というのは、まちのものであり、住民のものと思っています。本質的に医療問題を解決していこうというときに医者や医療に携わる人だけで解決するのではなく、地域ぐるみの活動、医療や健康に関心を持っていない方々にもかかわっていただけるようなまち全体の取り組みをしています。 健康をあえて伏せたような…例えば、先日はギネス世界記録、世界最大のちらしずしを作ろうというイベントをまちのみなさんと一緒にやりました。そういったつながりをつくるなかで、おのずと健康に意識が向いたり、地域に参加する中で健康になっていくというそういうところを目指したいと活動しています。 【the SOCIAL opinionsより】

東京2019.05.24 18:10

イギリス・メイ首相が辞意表明

イギリスのメイ首相が先ほど、辞意を表明した。 メイ首相は去年11月にEU(=ヨーロッパ連合)との間で離脱の条件などを定めた離脱協定案について合意し、イギリス議会での可決を目指してきた。しかし離脱案は議会から3度否決され、3月29日としていた離脱期限も延期を余儀なくされるなど、窮地に追い込まれていた。 来月上旬に4度目の採決を行うとしていたが、党内からの辞任を求める声に耐え切れず、辞意を表明した形。 メイ首相は2016年7月、EUからの離脱を巡る国民投票の結果を受け辞任したキャメロン前首相の後任として首相に就任した。もともとはEU残留派だったが、首相就任後は「国民が選んだことだ」としてEUからの離脱を推進してきた。 しかし、政権基盤を強化するため、2017年6月に行った解散総選挙で逆に議席を失い以降は求心力が低下していた。 また、離脱交渉ではイギリスの北アイルランドと、アイルランドの国境をどのように管理するかで、党内をひとつにまとめることができず暗礁に乗り上げていた。

2019.05.24 18:09

名神高速で多重事故、子供ら2人重体 滋賀

滋賀県草津市の名神高速道路上で観光バスなどを含む多重事故があり、子供を含む2人が意識不明の重体だという。 事故があったのは、名神高速上り線の草津パーキングエリア付近で、24日午後4時半ごろ、通行していた男性から「観光バスと乗用車数台が関係する事故です」と消防に通報があった。 警察などによると、多くの乗客が乗っていた観光バスと4台の乗用車が接触した模様で、消防によると、けが人が30人程度いるという。 また、このうち成人女性1人と小さい子ども1人が意識不明の重体だという。 この事故により名神高速上り線は現在、草津ジャンクションから京都東インターの間で通行止めとなっている。

滋賀2019.05.24 17:46

台湾総統選有力候補 柯文哲台北市長が来日

来年1月の台湾総統選挙で有力候補として出馬するかが注目されている、台北の柯文哲市長が来日した。 柯文哲台北市長(59)は東日本大震災で被災した東北の復興状況の視察などのため、26日までの予定で日本を訪れている。 24日は自民党の萩生田幹事長代行と朝食をともにしたほか、安倍首相の弟、岸信夫衆議院議員や小池東京都知事とも面会するという。 無所属の柯市長は来年1月の総統選挙に向け、既存政党に不満を持つ人々などから有力候補として期待を寄せられている。今回の来日には多くの台湾メディアも同行していて、日本政界との関係をアピールする場にもなりそうだ。 記者からの「出馬するか」との質問には答えなかったが、緊張している台湾と中国との関係については「友好を目指す」と強調した。 柯文哲台北市長「もちろん我々(台湾)は日米陣営側にいるが、中国に対しけんか腰の態度をとる必要もない。『日米と親しく、中国と友好』は我々の基本戦略であり、簡単には変わらない」 また、台湾が続けている福島県などからの食品の輸入規制については「台湾独自ではなく、アメリカやヨーロッパなどと同じ基準で、科学的な方法で解決すればよい」と述べた。

東京2019.05.24 17:42

タイ特殊詐欺 容疑者3人が成田空港に到着

タイで振り込め詐欺に関与したとして逮捕された日本人15人のうち、3人を乗せた航空機が24日午後、成田空港に到着した。 成田空港に到着したのは、詐欺の疑いで逮捕された日本人15人のうち、岩本颯容疑者、池原誠二容疑者、遠山康隆容疑者の3人。 岩本容疑者ら3人は、ひょうひょうとした様子で、日本に到着した。3人はすでに航空機の中で逮捕されていて、多くの警視庁の捜査員に囲まれながら、移送されていった。3人は、この後、東京都内の警察署へ移送され、本格的な取り調べが始まることになる。 警視庁は、24日午前から15人を成田行きと羽田行きの2便に分けて移送している。残りの12人を乗せた航空機についても、午後6時前に羽田空港に到着する予定。 

千葉2019.05.24 17:10

無免許運転で小3女児ひく…16歳男子逮捕

千葉県市川市でスクーターを無免許で運転し、小学3年生の女の子をひいてけがをさせたとして16歳の男子高校生が逮捕された。 警察によると、23日午後2時40分ごろ、市川市で横断歩道を渡っていた小学3年生の女の子が直進してきたスクーターにひかれた。当時、女の子は下校中で左足首に大ケガをした。 警察は、スクーターを運転していた16歳の男子高校生を無免許での過失運転致傷容疑で24日、逮捕した。調べに対し男子高校生は「友人からスクーターを借りた」などと話し、容疑を認めているという。 事故当時、現場の横断歩道手前には信号待ちの車が数台止まっていて、警察は、男子高校生が車の横を通り、信号を無視して横断歩道に入った可能性があるとみて捜査している。

千葉2019.05.24 17:08

筧被告に二審も死刑判決、弁護側は即日上告

夫や交際相手に青酸化合物を飲ませて殺害したとされる筧千佐子被告の控訴審判決で、大阪高裁は、一審の死刑を支持し、被告側の控訴を棄却した。 筧千佐子被告は、夫や交際していた高齢男性4人に、猛毒の青酸化合物を飲ませて殺害した罪などに問われている。一審の京都地裁は、すべての事件を筧被告の犯行と認定したうえで、完全に責任能力があると判断して、死刑を言い渡し、筧被告側が控訴していた。 控訴審で、筧被告側は認知症が進行していて裁判を受ける能力がないなどと主張したが、24日の判決で大阪高裁は、「認知症の進行は遅く精神状態に大きな変化は見当たらない」として、一審の死刑判決を支持し、控訴を棄却した。 判決後、筧被告は「全て弁護団にお任せします」と話したということで、弁護側は即日上告している。

大阪2019.05.24 16:39

トランプ氏発言受けアジア株上昇も33円安

24日の東京株式市場で日経平均株価は値を下げた。平均株価の終値は前日比33円92銭安の2万1117円22銭。 前の日のアメリカ市場で株価が下落したことを受け、午前の東京市場では売り注文がふくらみ下げ幅は一時200円を超えた。外国為替市場で1ドル=109円台と円高・ドル安に傾いていることも株価を押し下げる要因となった。 しかし、トランプ大統領が現地時間23日、中国の通信機器大手ファーウェイについて米中の貿易協議で議論する可能性を示したことを受けてアジア株が上昇したことで、日経平均株価は下げ幅を縮めた。 東証1部の売買代金は、概算で2兆1284億円。売買高は概算で12億4671万株。

東京2019.05.24 16:36

首相「信問うこと考えてない」増税延期でも

ことし10月の消費税率の引き上げ延期を理由に安倍首相が衆参同日選挙に踏み切るとの臆測がくすぶる中、安倍首相は引き上げを延期した場合でも「基本的には国民に信を問うことは考えていない」述べた。 リーマンショック級の出来事が起きて引き上げを延期することはこれまでもその可能性について国民に説明していたわけだから、改めて信を問うことは考えていないという理屈。 国民民主党・玉木雄一郎代表「リーマンショック級の経済的な悪化があれば、逆に、先送りする可能性も否定されないと。仮にそうなった場合は、改めて国民に信を問うということでしょうか」 安倍首相「基本的には、信を問うということは考えていないわけでございますが、そのときの状況等によりますので、一概にはお答えできないとこういうことです」 安倍首相はかつて、引き上げ延期を「新しい判断」として国民に信を問うた。しかし、今回、仮にリーマンショック級の出来事を理由に引き上げを延期する場合は、「既にそう申し上げている。新しい判断ということではない」として解散することはないとの考えを示したもの。 一方、衆議院の厚生労働委員会では24日夕方、親権者による子供への体罰を禁止する児童虐待防止法などの修正案が全会一致で可決される見通し。

東京2019.05.24 16:13

五輪会場“ゲートを花で”子供たちが種植え

来年に迫った東京オリンピック・パラリンピック。競技会場の入り口は、子供たちが植えた花で飾られる。 組織委員会は、東京オリンピック・パラリンピックの期間中、観客のセキュリティー検査を行う競技会場の入り口にベルトや金属の仕切りではなく、子供たちが植えたアサガオなどの鉢植えを置いて、列を作る方針。 まず、ことし夏のテスト大会で行うことになり、子供たちがアサガオの種植えを行った。 組織委員会は、大会本番では競技会場近くの学校と協力して、全ての会場にあわせて4万鉢を並べる予定で、「子供たちが大会に参加したという良い思い出になってほしい」と話している。

東京2019.05.24 16:13

トランプ氏が激高?部下「冷静」と次々否定

アメリカのトランプ大統領が野党・民主党との会合で激高したと民主党側が主張しているのに対し、トランプ大統領は23日、自分の部下一人一人にこれを否定させる出来事があった。 民主党のペロシ下院議長は、トランプ大統領が22日に行われた会合で「ひどいかんしゃくを起こした」と主張している。これに対しトランプ大統領は、翌23日に行った演説の最中に、その場にいた部下一人一人にこれを否定させた。 トランプ大統領「私はどうだった?」 サンダース報道官「とても冷静だった。怒っている姿を見たことがあるが、きのうは確実に怒っていなかった」 米国家経済会議・クドロー委員長「大統領は冷静に話をしていた」 コンウェイ上級顧問「激高したとか全くのウソ。大統領はとても冷静だった」 ただ、前日の会合の後、急きょ開いた会見ではロシア疑惑の追及を続ける民主党に対し、怒りを爆発させていた。

2019.05.24 15:52

「地域をまるごと健康に」井階友貴氏

福井大学・地域プライマリケア講座教授の井階友貴氏。まちに積極的にかかわり、様々な企画を実施しているそのワケを聞いた。 ■井階友貴氏プロフィル 人々の生活が見える医療を志し、11年前に福井県高浜町の診療所へ。住民が医療の主役をモットーにかかりつけ医の普及、健康相談のできるカフェの企画、世界最大のちらし寿司でギネス世界記録に挑戦など20以上の企画を実施。医療に関心のない人も、様々なつながりの中でいつの間にか健康になっている。そんなまちづくりを実践している。 【the SOCIAL guestより】

東京2019.05.24 15:34

水道管破裂で水が激しく噴出 老朽化か

24日午前、横浜市で水道管が破裂し、水が激しく噴出した。 道路から噴水のように勢いよく噴き出す水。高さ5メートル近くまで噴き上がっていたとみられる。 横浜市水道局などによると、午前9時45分ごろ、横浜市磯子区の市道で「道路で水が噴き上がっている」という通報が相次いだ。市が調べたところ、地下の水道管が破裂していたという。水道管は設置から40年以上が経過し老朽化していたとみられている。 水道管のバルブを閉めたため、水の噴出は止まったが、市は、周辺の道路を通行止めにして水道管を修復している。

神奈川2019.05.24 15:32

女医殺害“凶器”ゴルフパター洗面所付近に

山形県東根市で、女性医師が殺害された事件で凶器とみられるゴルフのパターが遺体から離れた洗面所付近で見つかっていたことがわかった。 この事件は、今月19日、山形県東根市のマンションの一室で、眼科医の矢口智恵美さん(50)が頭を殴られ、殺害されているのが見つかったもの。 室内からは血のついたゴルフのパターが見つかっていて、矢口さんは、このパターで頭部を複数回殴られたとみられている。矢口さんはリビングで倒れていたが、その後の警察への取材で、凶器とみられるパターは洗面所付近で発見されていたことがわかった。 警察は犯行後、犯人が洗面所へと移動し、手についた返り血などを洗い流した可能性もあるとみて現場の状況を詳しく調べている。

山形2019.05.24 15:29

イラストレーターが認知症病棟で描く理由

福井市の病院が、認知症患者が入院する病棟の壁をカラフルに彩る 新たな取り組みを始めた。壁にイラストを描くのは、かつて、がん患者だったイラストレーターだ。患者の心を癒やすため、壁に絵を描き続ける。 認知症病棟で描くのは、イラストレーターの三木あいさん。今年から福井市の病院で、認知症患者の病棟の壁に絵を描いている。描くのは、空想の世界が広がりそうな風景や生き物たちだ。かつて三木さんはガンの治療のため、半年間の入院を経験した。 三木さん「自分が入院していた時に風がなくて、開いている窓がないのがすごくつらかったので、トイレとかで隙間を開けて息をしていたのですけど、認知症患者さんの窓が開いているわけがない。全てロックされているし、だから外とつながるようにしたい、頭の中だけでも」 これまでは患者が、白い壁を剥がしてしまうこともあったそうだが、絵が描かれてからは、壁を傷つける人はいなくなった。花や虫たちの絵は患者が棟内を徘徊(はいかい)し、自分の部屋が分からなくなった時の、目印にもなっている。 病院職員「患者様にも刺激を与えつつ、精神的な緊張の緩和になったと思う。笑顔が見られるようになりました」 作業中に患者が話しかけてくれた。 患者「なかなか、こう大胆にはできないよ」 患者「大したもんじゃ、きれいな」 三木さんは3時間ほどで、一気に壁一面を彩った。この日描いたのは、カップから世界が広がる夢のある絵だ。殺風景な病棟を、花や虫たちが溢れる世界に変える三木さんの絵は、患者たちの心を癒やしている。 【the SOCIAL lifeより】

福井2019.05.24 15:20

6〜8月「集中豪雨が起きるリスクが高い」

24日も、各地で気温が30℃を超える真夏日となっている。気象庁は、週明けにかけて「記録的な高温になる」として、熱中症に十分注意するよう呼びかけている。 東京都心では31℃とことし初の真夏日となり、高知県の四万十市では34℃まで上がっている。26日には、北海道の帯広や福島、山梨、岐阜で最高気温が35℃を超える猛暑日となる見込みで、気象庁は「5月としては記録的な高温になる」と発表した。 気象庁は、6月から8月の気温は全国的に「ほぼ平年並み」との見通しを発表した。一方、雨の量は「平年並みか多い」と予想していて、「集中豪雨が起きるリスクが高い」と説明している。

東京2019.05.24 15:19

新宿の団地にある“保健室”誰でも無料で

住む人の4割以上が65歳以上の団地で空き店舗を活用した施設が話題となっている。誰でも予約なしに、無料で医療相談などができる「暮らしの保健室」、地域住民との交流の場になっている。 高齢化が進む団地に誕生した地域住人のための医療相談所、暮らしの保健室。団地1階の空き店舗を利用した、誰でも無料で利用できる看護師が常駐する相談所だ。 相談所のある新宿区の戸山ハイツは、住民の4割以上が65歳以上の高齢者だ。持病への不安をぬぐいたいと通う人もいる。 大川成司さん「白血病ってやつだったから」 小野寺寿々恵さん「うつ病でした」 小野寺さんは引きこもりがちだったそうだが、ここに定期的に訪れるうちに病気が改善していったという。 小野寺さん「ありがたいです。トータルで健康面を支えられたんですね」 特に相談がなくても、立ち寄ってもらうために、健康講座やマッサージを受けられる日を設けている。 安達恵子さん「自分が来ていいんだという居場所。会話ができるところがあって、ありがたいなと思いますね」 誰かがいるという安心感。利用者を近くで見守る看護師たちは異変があると医療機関を紹介する。医師と利用者の橋渡し役を担う。 暮らしの保健室は、新宿で30年以上、訪問看護をしていた秋山正子さんが、2011年に開設した。現在、看護大学の学生など、30人以上のボランティアが運営を支える。 秋山さん「おだやかに暮らし続けて、望めばお家で最後まで過ごせる地域にしたいなと常に思っているので、こういう高齢化が進んだところには、こういう場所があればなと思っています」 秋山さんの構想は全国へ広がり、各地で看護師たちが暮らしの保健室を立ち上げている。現在、その数は50を超えた。 【the SOCIAL lifeより】

東京2019.05.24 14:40

丸山議員が欠席「2か月間の療養が必要」

北方領土について「戦争で島を取り返すしかない」との趣旨の発言をした丸山穂高議員が説明を求められた衆議院議院運営委員会の理事会を欠席したため、委員長らが丸山議員に会い、事実確認を行うことになった。 議院運営委員会の理事会は、丸山議員への議員辞職勧告決議案などの取り扱いを検討するにあたり丸山議員本人に24日、説明するよう求めていた。 しかし丸山議員は24日朝、「2か月間の療養が必要」との医師の診断書を提出し欠席した。 これを受け、理事会は高市委員長と与野党の代表者が丸山議員に会いに行き、事実確認を行うことを決めた。ただ、本人が応じるかは不透明。このため、問題の発言をした国後島に同行していた政府の職員らから聞き取りを行うことも検討する方針。

東京2019.05.24 14:33

自転車はね、警官逮捕 80歳女性が重体

24日朝早く、愛知県江南市で警察官の男が運転する乗用車が自転車に乗った女性をはね、現行犯逮捕された。女性は意識不明の重体。 警察によると、24日午前6時40分ごろ、江南市小折町で自転車に乗っていた宮川照子さん(80)が左から走ってきた乗用車にはねられた。宮川さんは病院に搬送されたが、意識不明の重体。 乗用車を運転していたのは愛知県警小牧警察署刑事課の警部補・飯田幸範容疑者(37)で、警察は過失運転致傷の疑いで飯田容疑者を現行犯逮捕した。飯田容疑者は出勤途中だったということで、調べに対し、容疑を認めているという。 現場は見通しの良い市道で、交差点には信号機はなく飯田容疑者側に一時停止義務があるということで、警察が当時の状況を調べている。

愛知2019.05.24 14:24

夕張メロン 史上最高額2玉500万円

北海道の初夏の味覚、夕張メロンの初競りが札幌市の中央卸売市場で開かれ、史上最高額となる2玉500万円で競り落とされた。 2玉で500万円という驚きの金額がついたのは、北海道の初夏の味覚、「夕張メロン」。札幌の中央卸売市場で24日朝、初競りが行われ、2玉で500万円という史上最高値がついた。 この「超」高級メロンを競り落としたのは大手飲料メーカーで、25日から新千歳空港などで展示されるという。

北海道2019.05.24 14:21

特定失踪者の家族ら“救出訴え”デモ行進

北朝鮮に拉致された疑いを排除できない「特定失踪者」の家族らが、首相官邸などの周辺で政府の取り組みを訴えるデモ行進を行った。 デモ行進に参加したのは特定失踪者家族会の大沢昭一会長をはじめとする特定失踪者家族や、その支援者らあわせておよそ160人。 参加した家族らは、特定失踪者や拉致被害者の顔写真を身につけ、一刻も早い帰国に向けた政府の取り組みを訴えながら、首相官邸や霞が関の周辺を練り歩いた。 国会の前では、政府に認定されている拉致被害者だけでなく、特定失踪者も含め、あらゆる手段を使って救出してほしいと訴える要望書を与野党の議員に対して手渡した。

東京2019.05.24 14:14

旧優生保護法救済法 初の一時金の支給認定

旧優生保護法のもと、不妊手術を受けさせられた女性5人に対し厚生労働省は、一時金320万円を支給することを決めた。被害者を救済する法律が施行されたことに基づくもので、支給が決まったのは初めて。 初めて一時金の支給が決まったのはいずれも、不妊手術を受けた事実が明らかで認定審査会で審査をする必要がない5人。北海道と宮城県に住む60代から80代の女性で一時金320万円は6月中に支給される。 一時金の受け取りを請求した人はこれまで89人おり、根本厚労相は、「対象となる方に確実に請求していただけるようにすることが大事だ」と述べて制度の周知に取り組む姿勢を示した。

東京2019.05.24 14:13

タイで振り込め詐欺 機内で15人全員逮捕

タイで振り込め詐欺グループの拠点とみられる住宅が摘発され、日本人15人が拘束された事件で警視庁は15人の日本への移送をはじめ、全員を航空機内で逮捕した。15人を乗せた航空機は24日夕方、日本に到着する。 詐欺の疑いで逮捕されたのは、岩本颯容疑者や池原誠二容疑者、遠山康隆容疑者ら15人。警視庁によると、15人は今年3月、福井県の女性にウソの電話をかけ、電子ギフト券30万円相当をだまし取った疑いが持たれている。 15人は、タイ警察が3月に振り込め詐欺の拠点とみられる住宅を摘発した際に、拘束されていた。 警視庁は、24日午前から羽田行きと成田行きの2便に分けて、15人を移送していて、24日夕方に日本に到着する予定。 警視庁は、15人が今年1月から3月にかけて80人以上から少なくとも7000万円をだまし取ったとみて、詐欺グループの実態解明を進める方針。

2019.05.24 14:05

安倍首相 来月12〜14日にイラン訪問か

安倍首相が、来月12日から14日の日程を軸にイランを訪問する方向で調整していることがわかった。 複数の政府関係者によると、安倍首相は、来月12日から14日にかけてイランを訪問し、ロウハニ大統領との首脳会談などを行う方向で調整しているという。 核合意をめぐってアメリカとイランの対立が激しさを増す中、安倍首相は、今月16日、イランのザリフ外相から、「日本の役割は大きい」として、アメリカとの仲介役に期待感を示されていた。政府関係者は「首相の真骨頂が問われるところだ」と話している。 安倍首相は、25日に来日するトランプ大統領とも協議した上で最終判断する考え。 現職の首相のイラン訪問が実現すれば、1978年の福田赳夫首相以来、およそ40年ぶり。

東京2019.05.24 12:58

金融業者「MRI」元社長に懲役50年

日本人の投資家らがおよそ1800億円をだまし取られた事件で、アメリカ・ネバダ州の裁判所は23日、金融業者「MRIインターナショナル」の元社長に懲役50年を言い渡した。 ネバダ州ラスベガスにあったMRIインターナショナルの元社長、エドウィン・フジナガ被告ら3人は、2009年ごろから数千人の日本人投資家から日本円でおよそ1800億円をだまし取り、ギャンブルなどに使った詐欺などの罪に問われている。 現地の裁判所は23日、フジナガ被告の量刑の審理を行い、「何年も金を盗み続け、状況が悪化しても豪華な生活を手放そうとしなかった」などと指摘し、懲役50年を言い渡した。また、投資家らへの賠償を命じている。 被害者の弁護団は、「妥当な判断だ」とした上で、引き続き、出資金の回収に取り組んでいきたいとしている。

2019.05.24 12:52

タイ振り込め詐欺 15人移送へ 3人逮捕

タイで、振り込め詐欺に関与したとして、逮捕状が出ている日本人の男15人の移送が始まり、警視庁は24日午前、3人を逮捕した。残る12人もまもなく逮捕する方針。 逮捕からおよそ2か月。15人は、24日朝早く、空港に到着した。15人もの日本人の移送は前代未聞で、空港内は騒然とした。 15人は、ことし3月、タイ警察が振り込め詐欺の拠点を摘発した際に、不法就労の疑いで逮捕された。 その後、警視庁が、3月に福井県の女性にウソの電話をかけ、電子ギフト券30万円相当をだまし取った疑いで逮捕状をとり、移送に向け捜査員30人以上をタイに派遣した。 15人は、羽田行きと成田行きの2便に分かれて移送され、24日朝、成田便が離陸し、リーダー格とみられる岩本颯容疑者ら3人が逮捕された。 このあと、残りの12人が乗った羽田便も離陸し、機内で逮捕される見通し。警視庁は電話機や手書きのメモなど大量の証拠品も日本に持ち帰り、今後、捜査を進める。

2019.05.24 12:44

米 アサンジ被告を17の罪で新たに起訴

アメリカ司法省は23日、内部告発サイト「ウィキリークス」の創始者、アサンジ被告について、機密情報を不正に取得したり公開したりした罪など、新たに17の罪で起訴したと発表した。 アメリカ司法省は23日、「ウィキリークス」のアサンジ被告について、新たに17の罪で起訴したと発表した。イラク戦争などに関するアメリカ軍の機密情報を元兵士から不正に取得したことや、機密情報を公開したことなどの罪に問われている。 入手した情報を「公開した行為」を罪としたことは、表現の自由を保障したアメリカ合衆国憲法の精神に反するとの批判もあり、ウィキリークス側は、「狂っている。ジャーナリズムの終わりだ」などと反発している。 アサンジ被告は現在、イギリスで収監されていて、アメリカが引き続き身柄の引き渡しを求めている。

2019.05.24 12:42

「紀州のドン・ファン」急死1年 捜査続く

「紀州のドン・ファン」と呼ばれた資産家男性が急性覚醒剤中毒で急死してから24日で1年。警察は、死亡した経緯について、引き続き捜査を続けている。 和歌山県田辺市の会社社長・野崎幸助さん(77)は、去年の5月24日、自宅の寝室で死亡し、遺体から多量の覚醒剤成分が検出され、死因は「急性覚醒剤中毒」だった。 警察は、野崎さんが口から覚醒剤を摂取した可能性が高いとみて、容疑者不詳の殺人容疑で自宅や会社などを家宅捜索したほか、ビールの空き瓶2000本や食器類などを押収して、いまも鑑定を続けている。 また、親族や数百人に上る会社の取引先にも事情を聞いたが、野崎さんが死亡した経緯を示す有力な手がかりは得られていないという。警察は、事件と事故の両面で捜査を続けるとしている。

和歌山2019.05.24 12:41

JOY、モデルわたなべ麻衣と結婚へ

タレントのJOY(34)が交際中のモデル、わたなべ麻衣(29)と結婚することが24日、分かった。 2人は2017年にバラエティー番組で共演。その後交際に発展したという。 JOYの所属事務所は本サイトの取材に婚約中であることを認め「婚姻届けの提出や挙式は未定。今後、正式に決定次第ご報告します」とコメントした。

東京2019.05.24 12:37

伊勢崎市の住宅で火事、焼け跡に2人の遺体

23日夜、群馬県伊勢崎市の住宅で火事があり、焼け跡から2人の遺体がみつかった。 警察によると23日午後9時半ごろ、伊勢崎市の住宅で「住人が家に火をつけた」とこの家を訪れた親族の男性から通報があった。 火はおよそ4時間後に消し止められたが、木造2階建ての住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体がみつかった。この家に住む福田力雄さんと妻の節子さんと連絡がつかないことから、警察は、遺体が2人とみて確認を進めるとともに、福田さんが自ら家に火をつけた可能性も視野に調べている。

群馬2019.05.24 12:27

入所者殺害 男「自分で転んだのでは」

東京・品川区の老人ホームで入所者の男性が殺害された事件で逮捕された元職員の男が男性について「自分で転んだのではないか」という趣旨の話をしていることがわかった。 介護福祉士の根本智紀容疑者は、先月、勤務していた東京・品川区の老人ホームで、入所者の黒澤喜八郎さんを殺害した疑いが持たれていて、24日朝、送検された。 黒澤さんはろっ骨を骨折し、病院に搬送された際には「若い男に蹴られた」と話していた。 根本容疑者は容疑を否認しているが、その後の捜査関係者への取材で、黒澤さんについて「自分で転んだのではないか」という趣旨の話をしていることが新たにわかった。 しかし、骨折の状況などから、外部から強い衝撃を受けた可能性が高く、警視庁は、根本容疑者が暴行を加えたとみて調べている。

東京2019.05.24 12:22

列島“記録的な高温”に 来週月曜かけ注意

日本列島は、各地で最高気温が30℃を超える真夏日になると予想されている。気象庁は、臨時の情報を出し、熱中症に十分注意するよう呼びかけている。 気象庁によると、高気圧の影響で24日は全国各地で気温が30℃を超える見込みで、東京都心では、すでに29.3℃まで上がっている。 気象庁は24日午前、「来週月曜(27日)にかけて5月としては記録的な高温になる」と発表した。26日には、北海道の帯広や福島・山梨・岐阜で最高気温が35℃を超える猛暑日となる見込み。 23日は、学校で運動会の練習をしていた児童や生徒が、熱中症の疑いで搬送されるケースが相次いだ。 気象庁は「まだ体が暑さに慣れていない時期のため、熱中症にかかりやすい」として、十分注意するよう呼びかけている。

東京2019.05.24 12:21

3人殺害 筧千佐子被告に二審も死刑判決

夫や交際相手に青酸化合物を飲ませて殺害したとされる筧千佐子被告の控訴審判決で、大阪高裁は、一審の死刑を支持し、被告側の控訴を棄却した。 筧千佐子被告は、夫や交際していた高齢男性4人に猛毒の青酸化合物を飲ませて殺害した罪などに問われている。一審の京都地裁は、すべての事件を筧被告の犯行と認定したうえで、完全に責任能力があると判断して、死刑を言い渡し、筧被告側が控訴していた。 控訴審で、筧被告側は、認知症が進行していて裁判を受ける能力がないなどと主張したが、大阪高裁は、筧被告側の主張を認めず、実質的な審理を行わないまま結審していた。 24日の判決は、午前11時から始まり、大阪高裁は、一審の死刑判決を支持して、筧被告側の控訴を棄却した。判決の言い渡しは現在も続いていて、筧被告は被告人席で静かに聞いている。

大阪2019.05.24 12:21

丸山議員“聴取欠席”体調不良を理由に…

北方領土について「戦争で島を取り返すしかない」との趣旨の発言をした丸山穂高議員から事情を聞くため衆議院・議院運営委員会の理事会が開かれたが、丸山議員は体調不良を理由に欠席した。 議院運営委員会の理事会は、丸山議員に対する議員辞職勧告決議案などの取り扱いを検討するにあたり本人から説明を聞く必要があるとして、丸山議員に24日の理事会への出席を求めていた。 しかし、丸山議員は24日朝になって医師の診断書を提出し、体調不良を理由に欠席したという。ある理事は「弁明の場がないことを批判していたのに、出てこないのはおかしい」と話していて今後、懲罰を科すことなども検討される見通し。

東京2019.05.24 12:14

タイで拘束の1人“家族危害恐れ逃げれず”

タイで振り込め詐欺に関与したとして逮捕状が出ている15人の容疑者のうちの1人が、タイで拘束中に日本テレビの取材に応じ、「詐欺の電話をかけることは、全く知らなかった」などと話した。 今週、タイの入管施設で日本テレビの記者の接見に応じたのは、古田幸一容疑者。古田容疑者は、去年の末、知人の男性からタイでの新規事業に勧誘されたとした上で、「テレアポの仕事だと聞いていた」「詐欺の電話をかけることは全く知らなかった」と主張した。 そして、「家族に危害が加えられることを恐れて、逃げることができなかった」「自分の他にもだまされて来た人がいる」と語った。 また、古田容疑者を知る人物は、勧誘の経緯について次のように話した。 古田容疑者の知人「(古田容疑者は知人男性から)タイで新しく事業をするからそこで電話を使ったりもすると思うし、(古田容疑者は)コールセンターでアルバイトしたこともあったので、スキルを生かしたい、お前の力を借りたい(と言われた)」 その後、タイへ渡った古田容疑者から連絡があった際には、異変を感じたという。 古田容疑者の知人「(タイに)着いてから2、3週間くらいして、とにかく尋常じゃないくらい帰りたがっているなって」 古田容疑者を勧誘したとされる男性は、日本テレビの取材に対し、「自分は一切関係ない」と事件への関与を否定している。

2019.05.24 12:00

737MAX 米で来月にも運航再開許可か

墜落事故が相次いだアメリカの航空機大手・ボーイングの旅客機について、アメリカ連邦航空局が来月後半にも運航再開を許可する見通しだと、ロイター通信が報じた。 ボーイングの新型旅客機「737MAX」は墜落事故が相次ぎ、今年3月から世界中で運航を停止している。 ボーイングは「737MAX」のソフトウエアの改修などの措置を進めているが、ロイター通信は、アメリカ連邦航空局が早ければ来月後半にもアメリカ国内での「737MAX」の運航再開を許可する見通しだと報じた。 ただ、アメリカの大手航空会社3社は実際の運航にはさらに時間がかかるとしているほか、アメリカ以外の国の規制当局が運航再開を認めるかは明らかになっていない。

2019.05.24 11:04

虐待か “暴行死”の長男、体に複数の傷

神奈川県の自宅で、生後1か月の長男に暴行を加え死亡させたとして36歳の女が逮捕された事件で、長男の体に虐待の疑いがある複数の傷があったことが分かった。 傷害致死の疑いで逮捕された神奈川県大和市の無職・伊藤サユリ容疑者は、24日、検察に身柄を送られた。 警察によると、伊藤容疑者は去年8月、大和市の自宅アパートで生後およそ1か月の長男・湊ちゃんに床に投げつけたり揺さぶったりするなどの暴行を加え、死亡させた疑いが持たれている。 その後の取材で、湊ちゃんの体には、虐待の疑いがある複数の傷があったことが分かった。 調べに対し伊藤容疑者は「子供が泣きやまなかったのでイライラした」と容疑を認めていて、警察は日常的に虐待がなかったか詳しく調べている。

神奈川2019.05.24 10:47

田口容疑者ら送検 器具に大麻使用の痕跡

KAT−TUNの元メンバー・田口淳之介容疑者と元女優の小嶺麗奈容疑者が大麻所持の疑いで逮捕された事件で、押収された吸引器具に大麻を使用した痕跡があったことがわかった。 大麻を所持した疑いで厚生労働省麻薬取締部に22日、逮捕された人気アイドルグループKAT−TUNの元メンバー・田口淳之介容疑者と元女優の小嶺麗奈容疑者は、24日午前、別々の車で送検された。2人とも後部座席に座り、顔はまっすぐ前を向いていた。 2人の自宅からは巻紙やグラインダーなどの吸引器具が押収されているが、その後の捜査関係者への取材で、吸引器具に大麻を使用した痕跡があったことがわかった。 麻薬取締部は、2人が大麻を常習的に使用していた可能性があるとみて調べている。

東京2019.05.24 10:46

前代未聞の邦人15人移送でタイの空港騒然

タイで、振り込め詐欺に関与したとして逮捕状が出ている日本人の男15人について、警視庁は24日、日本に移送し、逮捕する方針。男らを乗せた飛行機はタイの国際空港を離陸する。 逮捕からおよそ2か月。15人は24日早朝に勾留施設を出て、空港に到着した。15人もの日本人の移送は前代未聞で、空港内は騒然とした。 「(Q:だましていた?お金はどうなった?)…」「(Q:日本に帰ったら取り調べ素直に応じる?)はーい」 15人は今年3月、タイ警察が中部のパタヤで振り込め詐欺の拠点を摘発した際に、不法就労の疑いで逮捕された。その後、警視庁が今年3月に福井県の女性にウソの電話をかけ電子ギフト券30万円相当をだまし取った疑いで逮捕状をとった。 今回の移送は人数が多いため、警視庁の捜査員ら30人以上がタイ入りした。15人は、羽田行きと成田行きの2便に分かれて日本に移送され、機内に乗ったところで警視庁が逮捕する見通しで、24日、成田行きの便が離陸する。 警視庁は電話機や手書きのメモなど大量の証拠品も日本に持ち帰り、今後、捜査を進める。

2019.05.24 10:45

諫早湾“開門無効”見直しか 最高裁弁論へ

長崎県にある諫早湾の干拓事業を巡り、水門を開けるよう命じた判決を事実上、無効にするよう国が求めた裁判で、最高裁判所は7月に弁論を開くことを決めた。国の訴えを認めた去年7月の福岡高裁判決が見直される可能性がある。 長崎県の諫早湾では、1997年に水門を閉め、干拓して農地をつくる事業が行われている。この事業を巡っては、9年前に国に開門を命じた判決が確定した一方で、6年前には開門を認めない仮処分決定が出されていて、裁判所によって判断が異なる異例の事態となっている。 国は漁業者側に9年前の開門を命じた判決を強制しないよう求め、1審では国が敗訴したが、去年7月の福岡高裁は「漁業権が消滅しているため、漁業者側の開門を求める権利も消滅した」として一転して国の主張を認め、開門を命じた判決を事実上、無効とする判決を出した。 これに対して、漁業者側は上告していたが、最高裁は7月26日に弁論を開くことを決めた。福岡高裁の判断が見直される可能性がある。 弁論では、「9年前の開門を命じた確定判決に、漁業権が消滅した後も引き続き開門を継続する義務を負うという内容が含まれているかどうか」が争点となる。

東京2019.05.24 10:28

廃棄物処理場で火事、消火中 長野・松本市

24日未明、長野県松本市の廃棄物処理場で、資源ごみなどを焼く火事があり、午前10時すぎ現在も消防による消火活動が続けられている。 24日午前3時半すぎ、松本市の廃棄物処理場で「ごみが燃えている」と近くを通りかかった人から消防に通報があった。火は資源ごみなどを処理する施設の中から出火したとみられ、午前10時すぎ現在も消火活動が続けられている。 出火当時、施設は営業時間外で職員はいなかったため、けが人はいなかった。 近所の人「石油化学製品が燃えるような臭い。心配になりますね」 煙が市街地の方へ流れていることから、松本市は、不要な外出を控えるよう呼びかけると共に、健康相談窓口を設置するなど対応を急いでいる。このあと有害な物質が発生していないか調査を行うことにしている。

長野2019.05.24 10:20

トランプ大統領 華為は「とても危険だ」

アメリカのトランプ大統領は23日、中国の通信機器大手「ファーウェイ」について、「とても危険だ」と主張した上で、米中の貿易協議でも議論する可能性を示した。中国から譲歩を引き出す材料にする思惑もありそうだ。 トランプ政権は、安全保障上の懸念があるとしてファーウェイに対し事実上の輸出禁止の措置をとるなど締め付けを強めている。 トランプ大統領も23日、「ファーウェイは非常に危険だ。安全面、軍事面からファーウェイが何をしているかみたほうがいい。非常に危険だ」と述べ、ファーウェイに対する強い警戒感を示した。 その上で、ファーウェイの問題が米中の貿易協議の議題に「含まれる可能性もある」と指摘。問題を協議に絡めることで、中国から譲歩を引き出す思惑もありそうだ。

2019.05.24 09:49

トランプ氏 陛下と初会見の「私が主賓」

25日から日本を訪れるアメリカのトランプ大統領は、23日、自分は、外国首脳として初めて天皇陛下と会見する「主賓だ」とアピールした。 トランプ大統領は23日、記者が日本との貿易問題について質問したにもかかわらず、天皇が退位して、新天皇が即位するのが約200年ぶりであることを話し始め、「非常に大きな出来事だ」と強調した。 そして、「この200年以上ぶりのイベントで、世界の全ての国の中から、このアメリカを代表して、私が主賓となる」と述べ、その最大のイベントに自分は主賓として招かれていると繰り返しアピールした。 また、トランプ大統領は「安倍首相ともうまくやっている」と強調した。

2019.05.24 09:46

きょうの株価・為替予想レンジと注目業種

24日の日経平均株価は、前営業日比170円35銭安の2万0980円79銭で寄りついた。 24日の予想レンジは、日経平均株価は2万0800円〜2万1100円、為替はドル/円=109円20銭〜109円80銭。注目ポイントは「買い戻し」。注目業種は「ディフェンシブ銘柄」。 アルゴナビスの清水洋介氏が解説する。(詳しくは動画で)

東京2019.05.24 09:17

ワシントン州で“遺体を肥料に”認める法律

アメリカ西海岸のワシントン州で21日、人間の遺体を肥料として使うことを認める法律が成立した。環境保護を目的とした全米で初めての取り組み。 ワシントン州のインズリー知事は21日、人間の遺体を堆肥にして植物などの肥料として使うことを認める法案に署名し、法律が成立した。 遺体を堆肥にする技術を開発し法案を推進した企業によると、ワシントン州では現在、住民の76%が火葬されているが、遺体を堆肥にすることで消費されるエネルギーは火葬の8分の1になり、二酸化炭素の排出も抑えられるとしている。 遺体は木片などとともにボックスに入れられ、微生物によって分解されて数週間で堆肥になるという。 環境保護を目的とした全米初の取り組みで、法律は来年5月に施行される。

2019.05.24 09:12

24日:広い範囲で晴れ 今年一番の暑さも

24日は、23日以上に暑くなりそうで、今年一番の暑さになる所もある見込み。 【全国の天気】 24日も全国の広い範囲で晴れる予想。強い日差しが照りつけるので、紫外線対策を。天気が崩れる所はほとんどない見込みだが、北海道の太平洋側では、午後は突然の雨や雷雨に注意が必要。 【予想最高気温】 東北南部から九州にかけては23日以上の暑さになりそうだ。西日本・東日本では広い範囲で30℃以上の真夏日となるもよう。最も気温が上がる所では、熊谷、名古屋、京都などで32℃の予想となっている。東京や大阪などの都市部でも30℃以上の真夏日が予想されていて、熱中症に注意が必要。暑さに慣れていない時期なので、無理せず積極的に水分補給や休憩を。 暑さは24日で終わらず、この週末は、26日あたりをピークに記録的な暑さとなりそうだ。

2019.05.24 07:39

トランプ大統領 農家への大規模支援を発表

アメリカのトランプ大統領は、中国との貿易摩擦で打撃を受ける農家への支援策を発表した。大統領選を来年に控え、農家の不満をやわらげる狙いがある。 トランプ大統領「我々は農家が必要な支援を確実に迅速に行うことを約束する。私は農務長官に160億ドルの支援を農家と酪農家に行うよう指示した」 演説でトランプ大統領は、中国の報復関税により農産品の価格が下がるなどの被害を受けた農家に対し、支援を行うと発表した。資金援助や政府による買い取りなどを行い、最大で1兆7500億円規模の支援になるという。 再選を目指す大統領選を来年に控え、支持基盤である農家の不満をやわらげる狙いがある。また、アメリカが貿易摩擦の長期化にも耐えうるとのメッセージを中国に送り、譲歩を迫る思惑もありそうだ。

2019.05.24 07:25

ダウ続落 米中の早期合意は難しいと警戒感

23日の米・ニューヨーク株式市場は、アメリカと中国の貿易協議について早期の合意は難しいとの見方が広がり、ダウ平均株価は280ドル以上値を下げて取引を終えている。 23日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価は、前の日の終値から286ドル14セント値を下げ2万5490ドル47セントで取引を終えた。また、ハイテク株が中心のナスダック総合指数も122.56ポイント下げて、7628.28で取引を終えている。 この日は、中国商務省の報道官がアメリカとの貿易協議について「アメリカが間違った行為を訂正すれば協議を続けられる」などと述べたと伝わった。これを受け、米中の溝はさらに深まり、貿易協議の早期の合意は難しいとの警戒感が広がったことで、ほぼ全面安の展開となった。 また、相次いで発表されたアメリカとユーロ圏の経済指標がそれぞれ市場予想を下回り世界経済の減速が意識されたことも売りに拍車をかけ、ダウ平均株価の下げ幅は一時450ドルに迫る場面もあった。 市場関係者は、「米中協議にいい材料は見当たらないが、この日の取引終了前に買い戻しが入ったのは、アメリカ景気は底堅いとの見方が市場にあるからだ」と話している。

2019.05.24 07:18

新幹線が走行不能の想定 JR東海が訓練

JR東海は24日、東海道新幹線が駅の間で走行できなくなった場合の対応訓練を公開した。 訓練は、東海道新幹線が、東京駅と品川駅の間を走行中、車両に異常が見つかり、走行ができなくなった想定で行われた。復旧に時間がかかることから、乗客をはしごを使って線路に降ろし、徒歩で近くの駅まで案内した。 また今回は、来年の東京オリンピック・パラリンピックなどで、今後、外国人の利用が増えることを見越して、乗務員が7か国語に対応した運行情報が見られるホームページを外国人に案内する訓練も行われた。 JR東海は、「安心して利用できる新幹線をつくっていきたい」としている。

東京2019.05.24 06:30

タイで“振り込め詐欺”邦人15人を日本へ

タイで、振り込め詐欺に関与したとして逮捕状が出ている日本人15人について、警視庁は24日、日本へ移送し、逮捕する方針。15人は、まもなく身柄が拘束されているタイの入管施設を出発するとみられる。 日本人15人の移送に向け、タイの入管施設前には早朝から多くの報道陣が集まっている。 警視庁によると、逮捕状が出ている日本人15人は、今年3月、福井県の女性にウソの電話をかけ、電子ギフト券30万円相当をだまし取った疑いが持たれている。 15人の移送のため、警視庁の捜査員ら30人以上が22日、タイに入国した。23日は入管施設で、証拠品を引き取り大量の機材や電話機などが段ボールに箱詰めされ、トラックへ積み込まれた。 また、15人を移送するための車が準備されていて、まもなく空港への移送がはじまる予定。

2019.05.24 06:30

日韓外相 “元徴用工訴訟”めぐり会談

河野外相は23日、韓国の康京和外相とフランス・パリで会談し、いわゆる元徴用工訴訟をめぐり、来月下旬に開かれるG20大阪サミット(=20か国地域首脳会議)の前に、韓国政府が対応策を示すべきとの考えを明らかにした。 会談で河野外相は、韓国外務省の報道官が定例会見で、元徴用工訴訟をめぐり、日本企業に対して賠償に応じるよう求めたことに触れ、「事の重大性を理解していない」と批判。また、日韓請求権協定に基づく、第三国を交えた仲裁委員会の開催に応じるよう康外相に求めた。 さらに河野外相は会談後、来月下旬のG20大阪サミットの前に、韓国政府が対応策を示すべきとの考えを明らかにした。 河野外相「G20大阪サミットの前にでも対策をしっかり講ずる、あるいは対策を確定していただきたい」 一方、韓国外務省は、康外相が「日本側も被害者の苦痛と傷を癒やすため努力する必要がある」と指摘したとしている。

2019.05.24 06:01

断食月“ラマダン”の違った一面 エジプト

中東諸国などのイスラム圏は今、断食月「ラマダン」を迎えている。断食と聞くと、苦しいイメージだが、実際には少し違った一面もあった。 ラマダンまっただ中の中東・エジプト。国民の大半を占めるイスラム教徒は約4週間、原則として、日の出から日没まで食べ物や飲み物を口にできない。 高齢の男性「喉が渇くことが年寄りには一番つらいよ」 飲食店はシャッターを下ろし、閑散としていた。断食は貧しい人の苦しみや食べ物のありがたみを知ることなどが本来の目的だが、最高気温が40℃に達する日もある中、1日15時間あまりの断食は容易なことではない。 若い女性「礼拝したりコーランを読んだり、あえて忙しくして、疲れを忘れるようにしているの」 一方で、この時期、よく売れるモノがある。それは、イスラム教の聖典・コーラン。 コーラン専門店の店長「100冊や200冊以上まとめ買いして、贈り物として配る人もいます」 イスラム教徒にとって、もっとも神聖な月とされるラマダン。断食に耐えながら、信仰心はいや応なく高まる。 そして、近づく日没。この頃になると、街にも活気が戻る。レストランには大勢の人が詰めかけ、「イフタール」と呼ばれる日没後の食事を楽しむ。断食を終えた安堵(あんど)感からか、食事をする人たちは一様に明るい表情をしていた。 食事をする男性「ラマダン中の食事は特においしい」 そして、ここでも、信仰心の高まりを感じる光景に出会った。街の一角に設置されたテーブルで、「イフタール」をとる人たち。実は、食事代は無料。会社の経営者など社会的地位の高い人たちが匿名で貧しい人や道行く人に食事を振る舞う。“神からの食事”と言われる慣習だ。 “神からの食事”提供者「断食した人に食事を振る舞うことは神や預言者が勧めていて、イスラム教の精神そのものだ」「私もとても幸せな気分になる」 夜になると、イルミネーションに彩られた街に大勢の人が繰り出し、昼間は閑散としていた繁華街もにぎわう。断食を終えた人たちが深夜や未明まで家族や友人らと思い思いに過ごす。 繁華街で過ごす男性「イスラム教徒にとって、ラマダンは祭りのようなものだよ」 断食の苦しさと、夜の楽しさ。その両方がラマダンなのだ。 しかし近年、ラマダン期間中は、信仰心の高まりから、過激派によるテロ事件が増える傾向にある。 繁華街で過ごす男性「ラマダンの期間は(テロではなく)みんなを愛するべきだ」 テロとは無縁の、心穏やかに過ごせるラマダンはいつ戻ってくるのだろうか。

2019.05.24 05:46

レバノン訪問…黒柳さん、学ぶ大切さ訴える

ユニセフ(=国連児童基金)の親善大使として今月初めに中東・レバノンを訪問し、隣国・シリアの内戦から逃れてきた難民を視察した黒柳徹子さん。23日夜の「深層NEWS」で、子どもたちが学校に通って学ぶことの大切さを訴えた。 女優・ユニセフ親善大使 黒柳徹子さん「(戦時中)親も逃げたりするときに(子どもと)一緒の方がいいのに、何で学校に行かせたんだろうと、ずっと今まで考えていたんですよ。何でなんだろうなって。学校に行きたくなかったし、あんな(つらい)思いまでして学校に行かせるというのは」 「ところが、難民の子たちにしても、そこにいる子たちにしても、今度のレバノンに行って分かったのは、やっぱり小学生のときに勉強させないとダメなのね。いろいろなものを頭に詰め込むのには、あの年代に小学生が習うべきものを。私たちが今、いろいろなことを知っていることって、だいたい小学校で習ったこととか、それから後のこともあるけど、だいたい小学校で習ったことだと思うと、やっぱりあの年代で学校に行ってないとダメなんですね」 黒柳さんは自らの戦争体験を踏まえて、戦争で一番迷惑を受けるのは子どもたちで、子どもたちがきちんと勉強を受けられるためにも、日本の人に難民への関心を持ってほしいと訴えた。

2019.05.24 05:21

“米中貿易摩擦激化”で世界の経済成長率↓

IMF(=国際通貨基金)は23日、アメリカと中国の貿易摩擦がさらに激化した場合、世界の経済成長率が0.3%程度、押し下げられるとの試算を公表した。 IMFによると、米中の関税合戦が現在検討されているすべての輸入品に及んだ場合、世界の経済成長率が短期的には0.3%程度、押し下げられるという。先月出した今年の成長率の予想は3.3%だったが、下振れする可能性もある。 IMFは、企業や金融市場の心理が冷え込む他、世界のサプライチェーンを混乱させる可能性があると指摘。「世界経済の回復を危うくする」と懸念している。

2019.05.24 04:56

丸山穂高議員、国後島で他にも問題行動を…

北方領土について「戦争で島を取り返すしかない」という趣旨の発言をした丸山穂高議員が、国後島で他にも問題行動を起こしていたことが明らかになった。 訪問団に参加していた清水征支郎さん「テーブルたたいて、コップで。そういううるさい所で話もできないでしょ。それほどのうるささだった」「『女買いに行く』とか騒いで、大きい声を出してやってたと聞いた」 北方領土の視察を終えて宿舎に戻った丸山議員は食堂で酒を飲み、騒いでいた他、何度も外出しようとし、そのたびに関係者に制止されていたという。 訪問団・大塚団長「外に飲む所があったら飲みに出たい、散歩したいと言い出した。それはだめだぞ、禁じられていると(止めた)」 北方領土ではトラブルが生じた場合、拘束されてロシアの法律が適用される恐れがあるため、宿舎からの外出は禁止されていた。 こうした中、衆議院・議院運営委員会の理事会では24日、丸山議員を呼んで話を聞くことを決めたが、丸山議員は体調不良を理由に欠席する見通しだという。

2019.05.24 04:30

もっと読み込む