【SP対談前編】由伸が選ぶ佐藤最高の一発

この記事をシェア

  • LINE
東京 2022.01.15 20:48

日本テレビ系「Going!Sports&News」の新野球解説者に15日から就任する高橋由伸さんが、就任後初めての取材で阪神・佐藤輝明選手を直撃しました。

佐藤選手は去年ドラフト1位で阪神に入団すると、由伸さんの1年目のホームラン数・19本を超える、新人左打者最多24本のホームランを放ちました。

この成績に由伸さんは「24本というホームランはすごい」と絶賛。佐藤選手は「シーズン前半はホームランを結構打てたので、やっていけるなとは感じました。もうちょっと打ちたかったなというのがありますけど」と語りました。

中でも由伸さんが1番印象に残った一発は「西武戦の3本ホームランを打った時。3本目、154キロをホームラン」。

それは去年5月28日の西武戦。第1打席と第3打席でホームランを放った佐藤選手は、同点に追いついた9回。西武のギャレット投手が投じた154キロのストレートを右中間スタンドへ、第13号決勝3ランを放ちました。

この一発のすごさについて由伸さんは「154キロを打ち返せるところでも、パワーとスイングスピードは今のプロ野球選手でトップクラスなんじゃないかなと感じた」と分析。

佐藤選手は「思いっきり振った感じはなかったけど結構飛んだ。思い切り振れなくてもホームランは飛んでいくと、その時感じました」と振り返りました。