逮捕の少年「勉強がうまくいかず死のうと」

この記事をシェア

  • LINE
東京 2022.01.15 12:25

15日朝、大学入学共通テストの会場となっている東京大学の前で高校生ら3人が刃物で切りつけられた事件で、現行犯逮捕された17歳の高校生の少年が「勉強がうまくいかず事件を起こして死のうと思った」と供述していることがわかりました。

警視庁によりますと、15日午前8時半ごろ、東京・文京区の東京大学の前の歩道で、受験生の高校生ら男女3人が突然、刃物で切りつけられケガをした事件では、愛知県名古屋市に住む17歳の高校2年生の少年が高校生2人を刺した殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されています。

調べに対し、少年は「3人を切った」と容疑を認めているということですが、その後の捜査関係者への取材で「勉強がうまくいかず、事件を起こして死のうと思った」と供述していることが新たにわかりました。警視庁が詳しい経緯を調べています。