ジョコビッチ 裁判を前に身柄拘束される

この記事をシェア

  • LINE
東京 2022.01.15 11:45

オーストラリアメディアによりますと、男子テニスの世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ選手が15日朝に、オーストラリア国境警備当局に身柄を拘束されました。

この拘束は裁判の審理が始まる前の正式な手続きです。

ジョコビッチ選手はビザが14日に再び取り消されたため、弁護士が差し止めの訴えを起こしています。

審理は全豪オープンの開幕前日となる16日(日)朝9時半(日本時間午前7時半)に予定されています。

身柄を拘束される前にジョコビッチ選手は国境警備当局から聴取を受けたということですが、報道の過熱を避けるために場所は非公開だったということです。

ジョコビッチ選手の弁護士は、今回のビザ取り消しの理由について「ワクチン反対派が増えるのを恐れた判断」と主張しています。

写真:AFP/アフロ