試合終了かと思いきや巨人のセンター・増田大輝がまさかの落球

この記事をシェア

  • LINE
東京 2022.08.06 21:56

◇プロ野球セ・リーグ 巨人3-2ヤクルト(6日、神宮球場)

巨人の増田大輝選手がまさかの落球を喫しました。

3-2と巨人1点リードで迎えた9回、5番手のクロール投手が簡単に2アウトを奪いますが、続く代打の青木宣親選手にヒットを許します。

2アウト1塁となり、クロール投手は代打・西田明央選手にセンターへの平凡なフライを打たせます。これで試合終了かと思われましたが、途中出場でセンターの守備についていた増田選手がこの打球をグラブに当てながらもまさかの落球。1塁ランナーは3塁まで進み、2アウト3塁1塁とピンチを広げてしまいます。

それでも続く中村悠平選手をクロール投手がサードゴロに打ち取りゲームセット。巨人が肝を冷やしながらも3-2で勝利しました。