別荘で女性監禁 男“遺体遺棄”の疑いで再逮捕へ

この記事をシェア

  • LINE
2022.06.24 00:01

茨城県内の林道で、行方不明になっていた23歳の女性が遺体で見つかり、別荘で女性を監禁したとして男が逮捕された事件で、警視庁は24日、男が遺体を遺棄した疑いが強まったとして、再逮捕する方針を固めました。

この事件は、行方がわからなくなっていた新野りなさんの遺体が18日、茨城県常陸太田市の林道で見つかったもので、警視庁は、新野さんを別荘で手錠をかけ逮捕監禁したとして、三瓶博幸容疑者を逮捕しています。

その後の捜査関係者への取材で、三瓶容疑者が、新野さんの遺体を遺棄した疑いが強まったとして、警視庁が24日、死体遺棄の疑いで再逮捕する方針を固めたことがわかりました。

三瓶容疑者の車のドライブレコーダーには林道を遺棄現場に向かう様子が残っていましたが、調べに対し現在は、黙秘しているということです。

警視庁は、新野さんが死亡した経緯についても、三瓶容疑者が何らかの事情を知っているとみて調べています。