「医者になるため東大目指し…」切りつけ

この記事をシェア

  • LINE
東京 2022.01.15 17:03

15日朝、大学入学共通テスト会場の東京大学の前で高校生ら3人が刃物で切りつけられた事件で、逮捕された17歳の高校生の少年が「医者になるために東大を目指して勉強していたが、成績がふるわなくなり自信をなくした」と供述していることがわかりました。

逮捕された17歳の高校2年の少年は、愛知県名古屋市内の私立高校に在籍し、今回の共通テストの受験生ではありませんでした。捜査関係者によりますと、少年は名古屋から高速バスで上京し、地元の警察署には14日夜になって家族から行方不明届が出されていたということです。

そして、少年は取り調べに淡々と応じているということで、新たな供述として、「医者になるために東大を目指して勉強していたが、成績が一年前からふるわなくなり自信をなくした」と話していることがわかりました。

警視庁は、少年が東大の試験会場を狙い計画的に犯行に及んだ可能性があるとみて、詳しい動機と足取りを調べることにしています。