DeNA・浜口遥大 3回までノーヒット投球も4回キブレハンに本塁打浴びる

この記事をシェア

  • LINE
東京 2022.09.23 20:25

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルトーDeNA(23日、神宮球場)

DeNAの先発・浜口遥大投手は3回までにノーヒット投球を見せていましたが4回に本塁打を浴びました。

打線にいきなり3点の援護をもらった1回裏、浜口投手はショート・森敬斗選手のエラーで先頭の塩見泰隆選手の出塁を許します。それでも1アウト後に山田哲人選手をピッチャーゴロでダブルプレーに打ち取り、この回を無失点に抑えます。

2回にはこの回先頭の村上宗隆選手を空振り三振に抑えるなど、2回3回と2イニング連続で3者凡退。初回にエラーでランナーを許したものの、3回までノーヒットピッチングを披露します。

7点リードの4回には先頭の塩見選手を打ち取るものの、続くキブレハン選手に138キロのストレートを捉えられ、これがこの試合初ヒットとなるソロホームランを被弾。続く山田選手にもヒットを許しますが後続を切り、4回まで2安打1失点の好投を続けています。

試合は雨のため2度にわたって中断されましたが、その後再開されて浜口投手は8-1と7点リードの5回のマウンドにも上がっています。