東大で3人切りつけ 名古屋市の高校生逮捕

この記事をシェア

  • LINE
東京 2022.01.15 12:11

15日朝、大学入学共通テストの会場となっている東京大学で、受験生の高校生ら男女3人が刃物で切りつけられました。警視庁は名古屋市の17歳の男子高校生を現行犯逮捕して詳しく調べています。

警視庁によりますと、15日午前8時半ごろ、東京・文京区の東京大学そばの歩道で、受験生の高校生ら3人が突然、刃物で切りつけられました。

切りつけられたのは18歳の高校生の男女と大学関係者とみられる72歳の男性で、背中などを負傷し、病院に搬送されました。当初、3人はいずれも意識はありましたが、72歳の男性は搬送後に容体が急変して、現在、手術が行われているということです。

警視庁は現場にいた愛知県名古屋市に住む17歳の男子高校生の少年を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。調べに対し「3人を切った」と容疑を認めているということです。

受験生「一般の人もざわざわしていて、消防車とかもたくさんいて、ただならぬ雰囲気を感じました」

目撃者「何が起きたのかわからない。おまわりさんが怒るような口ぶりで抱え上げながら『どこから来た?』って。倒れているというか、塀によりかかっていた。座るような感じ」

また、少年は「東大周辺で火をつけた」とほのめかしていますが、事件の10分ほど前には現場近くの東京メトロ南北線の東大前駅の改札付近で爆竹のようなものが破裂する騒ぎがあり、警視庁が関連を調べています。

この事件を受けて、文部科学省は、刺された2人の受験生は今月29日と30日の追試験を受験できないことを想定し、特例措置を検討するほか、事件で動揺を受けた受験生への対応をどうするか検討するということです。