逮捕の少年の供述は?東大前で“切りつけ”

この記事をシェア

  • LINE
東京 2022.01.15 18:29

15日朝、大学入学共通テスト会場の東京大学の前で、高校生ら3人が刃物で切りつけられた事件で、逮捕された17歳の高校生の少年が「医者になるために東大を目指して勉強していたが、成績がふるわなくなり自信をなくした」と供述していることがわかりました。

    ◇

午前8時45分ごろ、東京大学の近くで撮影されたドライブレコーダーの映像には、容疑者とみられる少年が警察官に連れられ、車に乗り込む姿が映っていました。

大学入学共通テストの初日、騒然となった東京大学の前―。午前8時半ごろ、東京・文京区の東京大学の前の歩道で受験生の高校生ら男女3人が突然、刃物で切りつけられる事件が発生。

千葉県に住む男子高校生と女子高校生、東京都内在住の72歳の男性はいずれも背中を刃物で刺され、高校生らはケガの程度は不明ですが意識はあるといいます。一方、72歳の男性は救急搬送後、容体が急変し、手術が行われたということです。

高校生2人を切りつけた殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、愛知・名古屋市に住む17歳の少年。名古屋市内の私立高校に通っていました。

捜査関係者によると少年は。

――3人を持っていた刃物で刺しました。勉強がうまくいかなくて、事件を起こして死のうと思った。

少年は受験生ではなく、3人と面識はないということです。警察官が駆けつけたとき、門の前に座りこんでいたという少年。学生服姿だったといいます。

目撃した人は。

目撃した人「おまわりさんが怒るような口ぶりで、抱え上げながら『どこから来た?』って言って。塀によりかかっていた、座るような感じ」「うなだれて歩いているって感じかな」

事件直前には、現場近くの東京メトロ南北線の東大前駅の改札付近で、爆竹のようなものが破裂する騒ぎが発生。

駅の利用者「改札出たときくさかった。火薬だと思うんですけど」

少年は「東大周辺で火をつけた」とほのめかしているということで、警視庁が関連を調べています。

    ◇

事件を受け午後4時ごろ、文部科学省は緊急会見を開きました。

末松文科相「このような事案が発生したことは誠に遺憾でございます。被害にあった受験生の容体を見守りつつ、受験生本人の意向等も踏まえながら、今後の対応について検討いたしてまいります」

大学入試センターは午後、試験会場となる全国の各国公私立大学の担当者に警備体制の強化を要請しました。