巨人初回先制の好機逃す 2塁1塁でポランコ空振り三振

この記事をシェア

  • LINE
東京 2022.08.06 18:50

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト―巨人(6日、神宮球場)

初回、巨人は先制のチャンスを迎えましたが、得点にはつながりませんでした。

先頭打者の吉川尚輝選手からいきなりセンターへのヒットが飛び出しますが、2番・重信慎之介選手の場面で盗塁死&空振り三振の”三振ゲッツー”に仕留められ、2アウトランナーなしに。

それでも、フォアボールとヒットで2アウト2塁・1塁と先制のチャンスを迎えます。ここで打席には、前日の試合で2本のホームランを放ったポランコ選手。しかしインコース高めに入ったストレートに空振り三振。

巨人、先制のチャンスをつかむことはできませんでした。