KYTアナウンサーブログ

通学という負担

2021.02.22(月)

こんにちは♪ 山下です。

急に暖かくなって春らしくなりましたね。

先日出会った河津桜。花が咲き乱れる季節です。



4月から年長さんになる我が娘。

1年後には毎日学校に歩いて行って勉強して…

想像しただけで期待と不安が入り混じります。

でも、それが例えば、毎日隣の市までバスで

往復2,3時間かけていかなければならないとしたら。

その不安はとてつもなく大きなものになります。


あすのevery.でお伝えするのは、

そんな子どもたちの現状です。


地元に特別支援学校がなく

長距離通学の負担を余儀なくされている

子どもたちが、県内に大勢います。


養護学校や保護者の皆さん、放課後デイなど

多くの方のご理解ご協力があって、

数か月やりとりを重ね取材させて頂きました。

義務教育なのに。

教育を受ける権利は等しくあるのに。

支援が必要な子どもたちに負担がかかる現状は

“仕方ない”ことなのでしょうか。

年々ニーズが高まっている特別支援教育の現場で

どんな問題が起きているのか、

少しでも多くの方に声が届いたら、嬉しいです。


追伸。

コロナ禍で1年以上会えていない祖母に

ひ孫たちの写真と鹿児島の味を送ったら、

かんころ餅がたくさん送られてきました。



幼い頃私が「美味しかった」と伝えたらしく

何度も何度も送ってくれた思い出の味です。

お芋が練り込んであって素朴な甘さ。

子どもたちと取り合って食べています。


きょうも見てくださってありがとうございました。





戻る

カレンダー

  • ホームティーチャーになりませんか?
  • 読売新聞オンライン
  • インフラテック
  • KYTハロウィン仮装フォトコンテスト2021
  • 草の根チャリティネットワーク