KYTは今年 開局30周年を迎えます

KYT30周年アンバサダー

KYTは2024年に開局30周年を迎えます。30周年のアニバーサリーイヤー、そして鹿児島を盛り上げるために鹿児島出身のアーティスト・AIさん、クリエイティブディレクターの伊原亮さんがKYT開局30周年アンバサダーに就任しました。
30周年に向けて『鹿児島』に元気とワクワクをお届けします。

AI

プロフィール

アメリカ合衆国ロサンゼルス生まれ。鹿児島県鹿児島市育ち。中学卒業後、LAのパフォーミング・アーツ・スクール名門(LACHSA)にてダンスを専攻。同時期にゴスペルを学ぶ。卒業後、日本でソロ・デビュー。シンガー、ダンサー、ソングライター、プロデューサーとして活躍する中、『Story』『ハピネス』をはじめとする楽曲でミリオンヒットを放ち大ブレイク。その後も数々の映画・ドラマ主題歌を手掛け、日本を代表するアーティストの一人となる。
彼女の楽曲には、常に世界平和と人々の融和という一貫したメッセージが込められ、特に東日本大震災の復興時に日本の応援歌として広がった『ハピネス』、コロナ禍における人々の絆の大切さを説いた『アルデバラン』など、平和を願う人々の支えとなる楽曲を歌う国民的歌手として知られる存在となっている。

伊原 亮

プロフィール

鹿児島市出身
東京の広告制作会社「太陽企画」所属
クリエイティブディレクター
2017東京大学、大日本印刷共同開発のスキンエレクトロニクスのプロモーション映像で日本最大の広告賞ACCアワード、クリエイティブイノベーション部門グランプリ/総務大臣賞受賞
日テレZIP!のブランディングはじめ鹿児島のプロバスケチーム「鹿児島レブナイズ」のCCO(ChiefCreativeOfficer)を勤めブランディングやプロモーションのアドバイス、制作を担当。よかど鹿児島の空間演出、自治体の観光プロモーションなど鹿児島の案件にも多く関わり鹿児島の魅力をクリエイティブで盛り上げる活動を東京、鹿児島の2拠点で展開中。

最新情報発信中!

最新情報発信中!

ページトップへ